ナインイレヴン 運命を分けた日の作品情報・感想・評価

ナインイレヴン 運命を分けた日2017年製作の映画)

9/11

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:90分

3.3

あらすじ

2001 年9月11日、ニューヨーク。ワールドトレードセンタービルのエレベーターに偶然居合わせた、実業家のジェフリー(チャーリー・シーン)と離婚調停中の妻イヴ(ジーナ・ガーション)、バイクメッセンジャーのマイケル、恋人に別れを告げに来たティナ、ビルの保全技術者のエディの5人。突如、ビルに飛行機が激突し、彼らは北棟の 38 階辺りに 6 閉じ込められてしまう。外部との唯一の通信手段はオペレーターの…

2001 年9月11日、ニューヨーク。ワールドトレードセンタービルのエレベーターに偶然居合わせた、実業家のジェフリー(チャーリー・シーン)と離婚調停中の妻イヴ(ジーナ・ガーション)、バイクメッセンジャーのマイケル、恋人に別れを告げに来たティナ、ビルの保全技術者のエディの5人。突如、ビルに飛行機が激突し、彼らは北棟の 38 階辺りに 6 閉じ込められてしまう。外部との唯一の通信手段はオペレーターのメッツィー(ウーピー・ゴールドバーグ)だけ。恐怖と闘いながら外への逃げ道を探す5人が極限状態で下した決断とは・・・・。

「ナインイレヴン 運命を分けた日」に投稿された感想・評価

Linla

Linlaの感想・評価

3.5
忘れもしない。
この悪夢が起きたその頃、
野菜ジュースを作ろうと
慣れないミキサーをセットして
何でかギザギザの金具の部分を
本体に装着した瞬間、
スイッチを押してしまいー!
うぎゃぁー!
手のひらをあのギザギザがえぐり
血ミドロに、、、

生涯であれほど血を流した事無い


タクシーに乗り込み救急病院へ


その時のタクシードライバーが

「アメリカで戦争始まったみたいですよ!大変ですよ!知ってますか?!」

って。
何を言ってるんだろ、この人、
コッチは血が止まんない、痛い、
早く病院着かして~って思った。

えぐられた傷口に
直に麻酔注射打たれ絶叫し、
10針縫われた。

深夜帰ってきてTVで
出来事を知る、、、
運ちゃんが言ってた事、、、

映像が衝撃過ぎて血の気が引いた

自分に起きた些細な残酷と
人類あってはいけない残酷が
重なってしまって
信じられなかった。

自分の傷跡は今では
殆ど目立たなくなった。
医者が言うには、
あと3ミリ深かったら
神経やられてたらしい。

この被害に遭われた人達も
いた場所、時間がほんの少しでも違っていたら、、、という運命が
あったのかもしれない。

そんな象徴を
あのC・シーンが演じていた。

色々変人キャラが先行しているが
やはりアクターとしての技はあるんだなぁ~とは、思った。

久々のウーピーだったけど
キャラは弱め。
題材が題材だけにそこはもうね。

脚本、展開がー
重く重くすべきとは言わないけど
ちょっと
アメリカンジョーク的なの、
これ要らなくない?
って思ったトコもあったりして。

がー
ラストはかなり衝撃で
ずっしりきてしまった。
旅客機の操縦まで覚え、多くの善良な者達を道ずれに、己の命まで捧げた挙げ句がテロリストという末路 ... 「神ゎ偉大なり」でもお前達ゎクソ以下だょ❗(-_-#)

あの悲劇のスピンオフとしてゎ少々下世話な内容だったね

お騒がせチャーリー・シーンじゃこんなもんでしょ

(^_^;)
miku

mikuの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

9.11 WTC1のエレベーターに取り残された人々の話
実話が元になっている

ある視点からみた9.11
外の状況が分からない中で必死に生き延びようと外に出ようとする
ジェフリーの冷静さ判断力によって4人は救われたといってもいいんじゃないか
そんな彼が最期どうなってしまったかは分からないけど、今にも崩れ堕ちそうなビルの中で救出を諦めない消防士、手を離さず終わった最後のシーンはどう考えたって涙が止まらない。

遺族に捧げる作品とエンドロールに…
忘れちゃいけない。絶対。
Airi

Airiの感想・評価

3.0
忘れちゃいけない出来事だからこそ被害者の方、遺族の方々に捧ぐために残したとエンドロールで流れていた。

被害者のこと、遺族のことを思うと心が痛くなった。でもあの出来事を忘れないためにも必要な作品だと思う。

最後の終わり方も視聴者に考えさせるという終わり方だったのかな?と思った。変わらない日常なんてないんだな、明日がくるのかわからないんだなと考えることができた作品。
実話が基になっているようです。
他の9.11の有名な映画と比べてしまうと、エレベーター内とエレベーター管理室のみという閉鎖的な場面がほとんどなので
(他は閉じ込められた人達それぞれの家で家族がニュース中継見てるシーン)
スケール感が小さく感じてしまう。けれど、結構ハラハラはした。
まぁ

まぁの感想・評価

3.7
9.11…劇中の人々の話は…何処までが本当なのか分からないけれど…
(…ちょっと…というシーン、会話は…あったけれど…)

こういう人々のドラマが…沢山あったのだろうな…と想像するだけで…言葉が出ない…

「テロ」があったのは…「事実」…。
許しがたい行為…。
許してはいけない行為…。

あの日のテレビ映像…生で観ていた…
脳裏に今も…焼き付いている…

(…海外に夫が単身赴任中…海外ニュースに敏感になっている…怖い…)
Nori

Noriの感想・評価

3.0
9.11 トレードセンター内エレベーターに居合わせた5人とオペレーターの実話ベースの映画。

どこまでが本当なのかわからないが、実話ベースだから淡々進むし、結果は9.11だから、ある程度先が読める。

しかし、テロの怖さは充分伝わった、いつも変わらない日常から非日常へ放り込まれ、愛する人と急に別れを覚悟するのは、無念としか言いようがない。

この映画のメッセージはここにある。
wakaba78

wakaba78の感想・評価

2.2
ワンシチュエーションムービー。
9.11のあの瞬間、WTCのエレベーターに閉じ込められた5人と、それを見守る警備オペレーター。

登場人物はほぼこの6人。この密室劇で一番の鍵となり、映画の成功を握るのは会話となりますが、これが本当につまらない。内容がなく、悲壮感もない。更に苛立たせるのはこの状況下での謎である。一番重量感のあるオッサンを皆で支える謎。煙を避ける為のハンカチをやたらと外す謎。
1分1秒、生死を分けている状況でのアメリカンジョーク。
全く緊迫感のない残念な仕上がりになってました。
ERI

ERIの感想・評価

4.0
9.11は忘れられない日だよね…

テレビのニュースを見て衝撃的だったのを今でもハッキリ覚えてる。

エレベーターに閉じ込められた人を焦点にしてるから、話しのほとんどエレベーターの中。

いや~…
もぅ恐怖だね。

私的には終わり方が
『ん???』
って感じでバグったかと思いおもわず巻き戻してしまったわ。

でもあの終わり方が今になってはまたなんだか胸が締め付けられるよ。
雪

雪の感想・評価

3.3
ほんとにこんなこと繰り返しちゃいけない…。
怖い…。
心が痛みます…。
>|