ナインイレヴン 運命を分けた日の作品情報・感想・評価

ナインイレヴン 運命を分けた日2017年製作の映画)

9/11

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:90分

3.2

あらすじ

2001 年9月11日、ニューヨーク。ワールドトレードセンタービルのエレベーターに偶然居合わせた、実業家のジェフリー(チャーリー・シーン)と離婚調停中の妻イヴ(ジーナ・ガーション)、バイクメッセンジャーのマイケル、恋人に別れを告げに来たティナ、ビルの保全技術者のエディの5人。突如、ビルに飛行機が激突し、彼らは北棟の 38 階辺りに 6 閉じ込められてしまう。外部との唯一の通信手段はオペレーターの…

2001 年9月11日、ニューヨーク。ワールドトレードセンタービルのエレベーターに偶然居合わせた、実業家のジェフリー(チャーリー・シーン)と離婚調停中の妻イヴ(ジーナ・ガーション)、バイクメッセンジャーのマイケル、恋人に別れを告げに来たティナ、ビルの保全技術者のエディの5人。突如、ビルに飛行機が激突し、彼らは北棟の 38 階辺りに 6 閉じ込められてしまう。外部との唯一の通信手段はオペレーターのメッツィー(ウーピー・ゴールドバーグ)だけ。恐怖と闘いながら外への逃げ道を探す5人が極限状態で下した決断とは・・・・。

「ナインイレヴン 運命を分けた日」に投稿された感想・評価

hase46

hase46の感想・評価

3.5
題材が9.11なだけにコメントが難しいですが、エレベーターに閉じ込められ死の恐怖と戦い続けた人は大勢いたのでしょう。
この場合は通信がまだ出来ていたから外の状況が少しは把握できていましたが、実際はどうだったのか気になります。

もし自分が同じ状況になったらと考えるだけで怖いです。

ラストは最後まで語る必要はないという感じですね…

2018.8.17.244本目
ぴな

ぴなの感想・評価

2.0
観終わったあとにレビューで知った、フィクションなのね。

あくまで、"こんなことが起きていただろう"という物語。
普通の人の何気ない日常が奪われる悲惨さはわかるし、ビル内部で起きた出来事を語れる人がそんなに多くもないとは思うけれど、わざわざ9.11をフィクション仕立てにする意味がわからない。

あと、キャスティングのコレジャナイ感が否めない…。
被害者に捧げるというお決まりのテロップもあるけど、私が被害者や遺族なら、この作品を捧げられてもね。
鎮魂にもならないし、強く生きようという力にもならないと思う…。
何が起きたかも分からないのに、どうすればいいのかなんてもっと分からない。
みなさんのレビュー見てると、これフィクションなんですね。観てる間は実話として観ちゃいました。たしかに911にする必要性がよくわかりませんね。チャーリーシーン、ちょっと見直してたのに...。
ドラマとしては悪くなかったですけど。ハラハラ感もあり、ちょっとジーンもきましたし。
Kitty

Kittyの感想・評価

3.6
最後の瞬間に救い出したい人は誰?
貴方にとって一番に大切な人は誰?
と問われるフィルムです。
Nico

Nicoの感想・評価

3.5
一見B級映画のようだが、エレベーターと限られた空間を上手く作り込んでいる。

緊迫した状況のハラハラ感が息を呑む。

しかしながら、アメリカ映画でいつも思うのだが緊迫した状況でも喚き散らすのは国民性なのか。
山桃

山桃の感想・評価

-
9.11の飛行機激突からビル崩壊までの時間、何が最善の方法かなんて自分では到底判断できない。何も知らずに亡くなった人々がかわいそうでならない。家族の無事の帰宅を願っていた人々も。
実際にあったかもってやつ

9.11にあやかった感がすごいから
何も感情移入できんかった。

フィクションなら9.11にせんかったらよかったのに。

このレビューはネタバレを含みます

これは現実を基にしたフィクションなのかな?
17年前、テレビの前で呆然としていたのを思い出す。あの映像を久しぶりに見た。

あの日、いろんな体験をした人がいただろうな。
結末が詳細に描かれずプツッと終わったのは衝撃だった。
映画とはいえ現実に起きたことだもの、簡単にハッピーエンドにはできないし、救助に行った人たちもたくさん犠牲になったことを改めて突きつけられる思いだった。

2018/7/28 WOWOW録画
もしも本当にこの出来事を風化させないためにという思いがあるのだとしたら、なぜこんな作りになるのか全く理解ができない。話題を集めるためにこの出来事を利用し、個性を出すために『CUBE』のワンシチュエーションをパクったこの映画は悪です。マルティン・ギギというこの映画監督が己の金儲けのために作られた映画としか思えない。
>|