ナインイレヴン 運命を分けた日の作品情報・感想・評価

ナインイレヴン 運命を分けた日2017年製作の映画)

9/11

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:90分

3.4

あらすじ

2001 年9月11日、ニューヨーク。ワールドトレードセンタービルのエレベーターに偶然居合わせた、実業家のジェフリー(チャーリー・シーン)と離婚調停中の妻イヴ(ジーナ・ガーション)、バイクメッセンジャーのマイケル、恋人に別れを告げに来たティナ、ビルの保全技術者のエディの5人。突如、ビルに飛行機が激突し、彼らは北棟の 38 階辺りに 6 閉じ込められてしまう。外部との唯一の通信手段はオペレーターの…

2001 年9月11日、ニューヨーク。ワールドトレードセンタービルのエレベーターに偶然居合わせた、実業家のジェフリー(チャーリー・シーン)と離婚調停中の妻イヴ(ジーナ・ガーション)、バイクメッセンジャーのマイケル、恋人に別れを告げに来たティナ、ビルの保全技術者のエディの5人。突如、ビルに飛行機が激突し、彼らは北棟の 38 階辺りに 6 閉じ込められてしまう。外部との唯一の通信手段はオペレーターのメッツィー(ウーピー・ゴールドバーグ)だけ。恐怖と闘いながら外への逃げ道を探す5人が極限状態で下した決断とは・・・・。

「ナインイレヴン 運命を分けた日」に投稿された感想・評価

明らかに低予算で作られている映画なんです。

ちょっと急ごしらえの生放送というか
舞台の初演みたいな落ち着きのなさを観ながら感じていました。

この映画は実際生き残った人の話をそのままに製作されたらしいです。

生死の瀬戸際にいた人たちの数時間。

映画にはエンターテイメントを気づけば求めてしまう。
体験した恐怖感や絶望感を表現するにはエンターテイメントも必要なのかもしれないけど。

だけどこの映画で言いたい事って
多分ドキュメンタリーで伝えた方が近いのかなあって。

ラストシーン、ズシンときました。






急に映画を観ている事が
観客でいる事が
恐ろしく思えて。

この実話をスリルとか感じる為に観ているのかなあ
っていう恐怖です。

9.11を経て訴えたかった気持ちが
yuko

yukoの感想・評価

1.2
2017.10.30 札幌シアターキノ

これはひどい!
エレベーターに閉じ込められた5人の、どうでもいいような身の上話や面白くないジョークがダラダラと続く。生きるか死ぬかって時に。
この映画を9.11の犠牲になった方々に捧げるのはいかがなものかと(ー ー;)
エレベーター落下のシーンだけ、おぉっ!と思った(別の意味で)。
老けたチャーリー・シーンが加山雄三に見えた。
最初から最後まで9割ハラハラドキドキして心臓抑えてたくらい‼︎
それくらいリアリティがあって当時の事件のニュースを思い出した。
実際には本当にこんな感じだったのかなって思うと恐ろしい。
子供のシーンは泣けた。エレベーターで主人公二人が愛がある感じも泣けた。救助隊の最後まで人を助けたいって気持ちにもすごく感銘を受けた。誰かのために懸命に生きるって本当にかっこいいな。自分にはこんなことできるのかなって思いながら見た。
忘れちゃいけない事件を思い出させてくれて良い映画だった。
単純で分かりやすく、ハラハラドキドキ、最後に感動するいい映画。皆さんの評価は決して高くはないけど、1995年にワールドトレードセンターに登ったことのある自分には最高の映画だった。
ken

kenの感想・評価

3.0
タイトル通り、9/11同時多発テロを題材にした映画。

エレベーターに取り残された5人の男女に焦点を合わせて、ヒューマンドラマ。

狭い空間で、何の情報もなく、助けが来るのかもわからない状況、恐怖以外のなにものでもない。
自分なら確実にパニック、あんなに冷静になれるとも思えない。

あの日、ビルの中では、こんな状況が無数に存在していたと思うと、本当に悲しくなる。。

たまにみる、チャーリー・シーンはとても新鮮で良かった。
oga

ogaの感想・評価

3.3
チャリー・シーンがまたウォール街の男を演じています笑
N

Nの感想・評価

3.5
パニック系!おもしろそう!って軽い気持ちで観たけど、最後はちょっとうるっときた(*´Д`*)
9.11のテロに巻き込まれ、閉じ込められてしまったエレベーターからの脱出劇で、後半はエレベーターが落ちて誰かが挟まれたりしないかハラハラ。
落下したシーンはちょっと自分も落ちたような感覚になったし怖かった。
大金つぎ込んだフィクションのアクション映画の様な派手さは無いけど低予算でチープな作りとか関係なくおもしろかった。ラストがいい!
9.11は本当に悲惨な事件だったんだなって胸が痛くなった。
チャーリー・シーンがめっちゃかっこよく見えた!
ジーナ・ガーションは幾つになってもアヒル口全開で笑うww
でも好きな女優です(o^^o)
あの日たまたまエレベーターに居合わせた人たち。これすごく怖さが伝わる。情報も得られない、外と通信遮断された密室で何が起こってるかわからない状態であの瞬間迎えたら…。過度にドラマチックに煽らない終盤の展開良い。似た体験をした方々がいるのだろうな。
BC

BCの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

都合よく懐中電灯が出てくる場面でなんか興醒めしてしまった。。。

単にエレベーターに閉じ込められた人達の脱出劇なら9.11を題材にしなくてもよかった気もする。
実際に起きたテロをモチーフにするなら複数のエピソードを絡ませ伏線を回収していくようなスケール感がほしかった。

ぶつ切りのラストはヨーロッパのアート映画感を出したかったんだろうけど、
それまでがご都合主義のオンパレードな展開な上に
最後に救出された人が残された主人公をあっさり見捨てていくのもいただけず、後味悪かったです。。。
みー

みーの感想・評価

3.5
ニューヨーク最高のビルで起きたテロの日、エレベーターに閉じ込められた5人の話。
離婚協議中だけど、夫が努力してお金持ちになったのを一生懸命訴える妻のシーンは心に残った。
じゃあどうして離婚するの?ってなるし、余裕のジョークとチャーリー・シーンのかっこよさからもそれはわからない。家を省みないのは大きな問題なんだな。
息がつまるほど緊迫する場面もたくさんあるし、どうしようもなく悲しい余韻が残る。
それでも、観てよかった。
>|