マリアンヌの作品情報・感想・評価

マリアンヌ2016年製作の映画)

Allied

上映日:2017年02月10日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

1942年、カサブランカ。マックス(ブラッド・ピット)とマリアンヌ(マリオン・コティヤール)は出会った。極秘諜報員とフランス軍レジスタンス―決して交わることのない人生を歩んでいたふたりは、ある重大なミッションによって引き寄せられる。それは夫婦を装って、敵の裏をかき、ドイツ大使を狙う作戦だった。その後、ロンドンで再会したふたり、愛が芽生え始めるのは自然のことだった。しかしマリアンヌには愛した人にも…

1942年、カサブランカ。マックス(ブラッド・ピット)とマリアンヌ(マリオン・コティヤール)は出会った。極秘諜報員とフランス軍レジスタンス―決して交わることのない人生を歩んでいたふたりは、ある重大なミッションによって引き寄せられる。それは夫婦を装って、敵の裏をかき、ドイツ大使を狙う作戦だった。その後、ロンドンで再会したふたり、愛が芽生え始めるのは自然のことだった。しかしマリアンヌには愛した人にも決して言えない「ある秘密」を抱えていたのだった。

「マリアンヌ」に投稿された感想・評価

luckoji

luckojiの感想・評価

3.0
時代の雰囲気、ファッションが素敵。
スパイ・サスペンス映画として期待したのでもう一捻りほしかった。
ラブロマンスとしては面白かった。
すぽ

すぽの感想・評価

3.3
内容の割に重みを感じない所と、セットやVFXが小綺麗にまとまりすぎていて深みにかける所なんかは良くも悪くもロバート・ゼメキス監督らしい。
KOU

KOUの感想・評価

4.0
第二次世界大戦下のラブロマンス。
スパイとしてカサブランカに派遣された2人が任務を通して結ばれるも、妻には秘密が、って言う話。

ロバート・ゼメキス監督で主演がブラッド・ピットとマリオン・コティヤール、、この時点で最高。

銃撃戦やこの時代の派手さはないが息を飲むスパイシーン。そして明らかになる過去とその行く末。
終始息をつく暇も無くラストまで突っ走り、愛だけでは結ばれない2人の決断で綺麗にしめる。良い。

マリオン・コティヤール美人すぎる、、
車の中でのセックスシーンでの砂嵐や電話が鳴るまでの1分間の場面、何度も裂かれる写真、宝石店での殺人でも奥さんの方の表情を映してるなどなど映画的だなーって思えるシーンがいっぱいあって大満足。ストーリーも単純で純粋なラブストーリーでよし。
ムック

ムックの感想・評価

4.5
せっかく結ばれた2人なのに…
悲しいラスト
マリオンコティヤールの最期のセリフ
「愛してるわ、ケベック人」
泣ける、、、、
451

451の感想・評価

4.5
2月19日(月)
「ヘマをするのはセックスのせいじゃない、感情だわ」
悲しくて泣いた、、せっかく結ばれた二人なのに、すごく切ない。
FT

FTの感想・評価

3.8
super complicated‼️ 結構面白かった‼️

ストーリーは、第二次世界大戦下でのラブストーリー。主人公のブラッドピットとそのバディーのマリオン・コティヤールは、最初は仕事をする上での相棒であったが2人で時を重ねるうちに…

いやー切なかったー、特に最後のシーン🤣。ネタバレになってしまうからあんまり言えないけど、ブラッドピットの複雑な状況の中でも変わらない優しさと愛情に感動した。
KoTA

KoTAの感想・評価

4.0
スパイ同士が初めは偽りの愛だったのがだんだん本気の愛に変わっていくことが罪になる。そーゆー悲しい結末が待ってるのに2人で乗り越えて行くところがすごく良かった♪♪
どんなに嘘が上手いスパイでも、愛だけは何があっても嘘じゃなく本気なんだよね。
これは涙無しには見れないです!!!!
zelig

zeligの感想・評価

3.3
良くも悪くも明快なロバートゼメキス演出の面白さが冴え渡る。ただ恋愛映画としてはやや軽い
>|