マリアンヌ(2016年製作の映画)

Allied

上映日:2017年02月10日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:124分
    監督
    ロバート・ゼメキス
    脚本
    スティーヴン・ナイト
    キャスト
    ブラッド・ピット
    マリオン・コティヤール
    リジー・キャプラン
    マシュー・グード
    ラフィー・キャシディ
    ジャレッド・ハリス
    クリスティアン・ルーベク
    あらすじ
    1942年、カサブランカ。マックス(ブラッド・ピット)とマリアンヌ(マリオン・コティヤール)は出会った。極秘諜報員とフランス軍レジスタンス―決して交わることのない人生を歩んでいたふたりは、ある重大なミッションによって引き寄せられる。それは夫婦を装って、敵の裏をかき、ドイツ大使を狙う作戦だった。その後、ロンドンで再会したふたり、愛が芽生え始めるのは自然のことだった。しかしマリアンヌには愛した人にも決して言えない「ある秘密」を抱えていたのだった。

    「マリアンヌ」に投稿された感想・レビュー

    Miho
    Mihoの感想・レビュー
    約12時間
    3.0
    気になっていたところ、試写会に招待いただいて鑑賞。
    ブラッドピットがあの年齢でがっつりラブストーリーを主演できるということ、そしてマリオンコティアールと二人の美しさ。戦時下の、スパイという特殊な環境下でのせいやくのある愛と裏切り。

    見ごたえのある要素がたくさんありました。でも、なんか納得のいかない結末でした。もう少し、感情の変化をうまくストーリーに盛り込んであればなぁ と。
    slop
    slopの感想・レビュー
    4日
    -

    0118cinema cafe試写会にて。
    nori8
    nori8の感想・レビュー
    5日
    4.1
    ブラッド・ピット×ロバート・ゼメキス
    がタッグを組んだ正統派のラブストーリー。
    第二次大戦中のカサブランカを舞台に描かれる前半は、クラシックかつ耽美な映像に酔いしれながら
    スパイもの特有の緊張感が作品を支配する。

    ミッション達成のための“かりそめの妻”として出会った女スパイを演じるのは、最新作「たかが世界の終わり」がカンヌ映画祭でグランプリを獲得した
    オスカー女優 マリオン・コティヤール。

    彼女の“動”と“静”の演技が圧巻。

    強気で冷静なスパイが
    やがて本当の愛を知り母となる。
    そんな穏やかな生活に忍び寄る
    運命的な試練…

    時を経て移ろいゆく“目”の表情に注目して見てほしい。
    スパイの任を終え、“夫”と子供を献身的に愛する…
    その眼差しは本物なのか?
    その一挙一動を、いつしか“夫”の目線で祈るような思いで見つめるようになる。

    スパイという悲しい運命に翻弄されつつ
    愛し、時に疑い、そして最後は命をかけて守ろうと
    する“純愛”の物語。

    カメラワークの一つ一つに心理描写の機微を
    感じさせるロバート・ゼメキスの繊細な演出が光る。
    ラストシーンでは、期せずして涙が溢れた。
    期待を裏切らない感動作だ。
    Ayuri
    Ayuriの感想・レビュー
    7日
    3.7

    このレビューはネタバレを含みます

    マリアンヌの服が本当にかわいかった!
    この時代のヨーロッパの服ってほんとうに素敵。お化粧も。
    綺麗すぎて彼女から目が離せなかったです、、
    これは第二次世界大戦中の話で、イギリス兵のプラピが結婚したマリアンヌは、実はフランス人スパイだったという話で
    かなしいけど、母としての妻としての愛を感じる映画。
    ちなみにメキシコではタイトルが
    Aliados でした
    ドロロンパ
    ドロロンパの感想・レビュー
    9日
    -
    タイトル:
    「マリアンヌ」

    観たい鑑賞して見たい
    中の一作品。!!!!


    監督:ロバート・
    ゼメキス
    バクトゥーザフィーチャー
    やコンタクト・
    ポーラー・エクスプレス
    クリスマス・キャロル
    フライト等々の監督さん。
    脚本家:スティーヴン・
    ナイト。有名な?脚本家。

    アメリカ公開日:
    2016年11月23日。
    日本公開日:2017年2月10日。
    💝💝💝

    アメリカ:パラマウント映画
    日本:
    東和ピクチャーズ(配給)

    上映時間:124分。

    アメリカ作品

    マリアンヌは、本当に
    有りました出来事、
    (実話)をベースに
    書かれました
    作品で御座います。


    第二次世界大戦ものの
    恋愛スパイスリラー
    ラブロマンス作品


    壮大かつ緻密に
    描かれました
    愛の作品に
    成りそうな
    気がします。!!!


    大まかな解説展望
    ストーリー


    過酷な時代に
    翻弄されながらも
    究極の愛を試される
    男女の運命を
    描きました
    作品マリアンヌで
    御座います。
    舞台は1942年、
    カサブランカ。
    (モロッコ最大の
    都市・カサブランカ)
    秘密諜報員と
    成っていますマックス
    とフランス軍
    レジスタンスの
    マリアンヌ(女性)は、
    ある重大な
    ミッション
    を通して
    運命の
    出会いを
    果たします。
    それは、
    夫婦を装って
    敵の裏をかき、
    ドイツ大使を
    狙うと
    言うものでした
    その後、
    ロンドンで
    再会しました。
    2人は恋に落ちますけど.....
    マリアンヌは誰にも
    言えない秘密を
    抱えていた。
    と言います物語展開で
    御座います。


    ※※マックス(男性)
    (ブラッド・ピット)
    マリアンヌ(ヒロイン)
    (ブラッド・ピットの
    相手役フランス人の
    女優さん
    マリオン・コティヤール)
    arika
    arikaの感想・レビュー
    9日
    4.2
    これは見るべき
    Honoka
    Honokaの感想・レビュー
    12日
    3.2
    二人の美しさが際だつ作品…美しいの一言につきる…!
    ewe
    eweの感想・レビュー
    16日
    3.6
    ||劇場|| タキシードとドレスでマシンガンは本当に爽快で美しい・*:.

    カサブランカでの出来事は流れで観てたのですが、ロンドンへ連れ帰ってからのラブラブっぷりが可愛い。…かーらーのー、ですね。まあそんな事だろうとは思ったけど。要はベタなラブストーリー。戦争だったから。仕方がないの。
    最後の72時間がマックス目線でとても切ないです。なんとかしたかったね…

    それにしても、本土攻撃を受けてても綺麗な服着て、ピクニック行ったりパーティしたりしてるのね。東京の空襲とは大違いや…

    2017-01
    ミッツォ
    ミッツォの感想・レビュー
    25日
    3.0
    奈菜に言われたとおり私の言語能力じゃまだマリアンヌの裏切りが最後まではっきり理解できなかった、、。はやく日本で上映されないかな。
    こんなに綺麗な女性久しぶりに見たってくらいマリオン・コティヤールに惹き込まれた。美しく知的なマリアンヌだけれど、時々見せる下品な笑い方も彼女の魅力。
    惚れた。惚れました。
    hrn
    hrnの感想・レビュー
    27日
    -
    とにかく美しい。
    ラストは自然と涙が流れていた。