イングリッシュ・ペイシェントの作品情報・感想・評価・動画配信

イングリッシュ・ペイシェント1996年製作の映画)

The English Patient

上映日:1997年04月26日

製作国:

上映時間:162分

ジャンル:

3.5

あらすじ

『イングリッシュ・ペイシェント』に投稿された感想・評価

rtsoym476

rtsoym476の感想・評価

5.0
私にとっては完璧な映画。

翌年オスカーのタイタニックと共通した造りをしている気もします。

色恋沙汰の側面と
人類を描いた側面。
john

johnの感想・評価

3.6
ストーリー構成が素晴らしくて時間が経つのがあっという間だった。
戦争が背景にはあるけど、どっぷり恋愛映画。
2人が惹かれ合うのは良く分かるが、何故か共感は出来なかった。
アルマシーが自分の事だけで突っ走りすぎ。
それでも、面白かったし見応えがあった。
めじろ

めじろの感想・評価

3.4
砂漠に飛行機
カサブランカやサン・テグジュペリの人間の大地を彷彿とさせるような映画でした。
愛する人を失う寂しさ
空を見上げると亡くなった方が今でも生き続けているように感じました。
アカデミー賞作品賞83作目鑑賞
なを

なをの感想・評価

4.0
長いことを除けば好きな映画!終戦だってなって雨の中アルマシーを担架に乗せて走るシーン好き。
ウィレム・デフォーがセルフ注射するところがエロティックで良かった

1930~40年代の戦時下を舞台に、2つの大陸にまたがって繰り広げられる愛の物語く。

1944年、イタリア。砂漠の飛行機事故で全身に火傷を負い、記憶を失った男が野戦病院に担ぎ込まれた。その男アルマシーは徐々に記憶を取り戻し、看護師ハナに断片的な思い出を語り始める。ハンガリーの伯爵家に生まれた冒険家の彼は、アフリカのサハラ砂漠で地図製作に没頭していた。1938年、アルマシーはイギリスから来た人妻キャサリンと激しい恋に落ちるが……。

マイケル・オンダーチェの小説「イギリス人の患者」が原作。
だいご

だいごの感想・評価

3.0
一応アカデミー作品賞。無駄に長いくせに何も得るところがない映画。こういう映画は観てると腹立ってくる。もっと気楽に構えないとなぁ、、、と反省。
賞に惑わされてないかなぁという評価が多数。
まあシク教徒の蝋燭を使ったアプローチだけは記憶に残ったが。
kid

kidの感想・評価

3.0
スケールの大きさに圧倒された…

砂漠の神秘的で広大な美しさ
悲しげな音楽
舞台は戦争
どことなく空虚が漂う。   

キップとハナの優しい愛が小さな花のようで愛らしい。
砂漠のオアシスのように。

許されざるはずだけどなぜか美しく見えた二人の愛
愛のために敵を敵だと考えなかった
仇になったのか良かったのか 
ただ本当にその人1人を最後まで愛し抜いた姿は美しかった
Pぃこ

Pぃこの感想・評価

3.9
志願するのかな従軍看護婦
戦場では自分の想像超えた美しい存在、であってほしい
私、自業自得の恋愛劇から逃避してます
シンプルにあんまおもんなかった。
お金がすご~くかかってるであろう撮影はスケールが大きくて良いのだけど話はまあ長ったらしいメロドラマだった。
iyo

iyoの感想・評価

3.5
愛を読む人にでてたからなのもあるけど、あの映画と同じ感じがして観ていた。国籍によって翻弄されるのもすごい似てたし、第二次世界大戦が舞台だから余計思うこともあった。

レイフファインズの演技が大好きよ
不倫がテーマではあるので、不憫だけど浮気されるコリンがよかったです
>|

あなたにおすすめの記事