イングリッシュ・ペイシェントの作品情報・感想・評価

「イングリッシュ・ペイシェント」に投稿された感想・評価

公開した時に映画館で観たのですが 自分にとっては 記憶に残らない不思議な映画
vary

varyの感想・評価

4.8
Apr. 18th

Anthony Minghella監督・脚本
Walter Murch編集・音響担当
Ralph Flennes主演
Gabriel Yared音楽
1996年アカデミー賞作品賞、監督賞、助演女優賞、撮影賞、編集賞、美術賞、衣装デザイン賞、録音賞、作曲賞受賞

The English Patient

完璧。まさに完璧の一言。なんじゃこれ、ここまで完璧に作れるもんかね?
二つの時間軸で紡がれるユニークなストーリー。
戦争シーンがほとんど出てこない戦争映画。
全く無駄のない編集。
キャラクターの感情を何倍マシにもする音楽。
エジプトとイタリアという舞台での第二次世界大戦前後の美術。
なんじゃこれ。半端じゃねぇな。

Anthony Minghellaの脚本が爆発してる。前半のクロスカットで時代設定と舞台設定を美術と衣装に一任し、二つのストーリーラインがクロスする第二幕の始まりからは、戦争という大きなテーマの中に、一つの恋愛のストーリーがシャープに突き刺さりはじめる。大きく分けて3つのストーリの往復のタイミングがばっちし。感情を橋渡しに時代を超えるプロットはまさに映画。

Walter Murch先生の編集も流石の一言。こんなに編集が気にならないのまじでありえない。一つ一つのカットがめちゃくちゃ自然。本当にありえないレベル。彼曰く視聴者が瞬きをする瞬間がカットするタイミングだという。まさにその通り、視聴者が自然と瞬きをするのに合わせてカットするところもあれば、意図的に数フレーム引っ張って瞬きをさせないような緊張感を作ったり、数フレーム食い込んで意図的に瞬きをさせたり。技術の塊。ほんで、Walter Murch先生のもう一つの武器がサウンド編集を行うということ。今回はミックスにも関わり、サウンドと編集が密に関係していた。最近彼の作品を見て思うのだが、彼の作品の音にはスペース感がある。動作や会話などの近い距離の音は、ショットごとに視聴者に近づいたり、離れたりするが、そのシーンの地盤を築くようなバックグラウンドのアンビエントサウンドや、音楽などは距離感が変化しない。それゆえ、一つのシーンは一つの色を保ちながら、それぞれのショットで変化をつけていくという手法が使われている。めちゃめちゃ細かい作業なんだろうなと思うぐらい、Foreyも使われているだろうし、なんかマジでありえない。

恋愛と言いながらも、許されない恋愛、そして、叶わない恋愛というテーマなので、失恋映画といっても過言ではない。それでも最後に残るのは、愛情。もちろん、この映画にも共通して、愛には理由なんてないというコンセプトは軸にあります。しかし、他の映画と違うのは、恋愛や猜疑心の感情を表す映画的表現がとても豊かで、その感情に吸い込まれるということだ。なんでそんな行動をしたかを明確に表現するのではなく、とても濃いストーリーテリングが、視聴者の感情を引き出す、といった感じである。それゆえ、もう一度見ても別のことに気づくし、違った感情になると思う。むしろ、同じ感情になるためには何百回って見ないといけいないのかもしれないっていうレベル。

これはベストフィルムだ。
花

花の感想・評価

4.5
美しくて味わい深い大人の映画でした。戦争下の中、大怪我をして運ばれた患者の記憶を辿りながら、禁断の恋の話が語られていく。現在と過去が入り交じりながら砂漠の美しい景色やどこを切り取っても絵になるシーンなど。名作だと思います。
kumik00

kumik00の感想・評価

3.8
ずっしり。
映像も、心も綺麗。
ただただ切ない。

最初意味不明だったけど二回目でようやく理解。長くて一回見るのもやっとだけど我慢して見ると良いことあるかも。映像きれいだから過去と現在を行ったり来たりするややこしいところ抜きに写真集のようにも楽しめるし、ハナとキップと恋だけ、過去のアルマシーとキャサリンの恋愛だけ、戦争が進むにつれて変わる空気感だけでもそれぞれが独立して成立するくらい重みがあるから一本で三本分見た感じがした。

患者は、突然過去を思い出したわけじゃなくて最初からずっと心に秘めて明かせなかった色々な過ちを、戦争の終結と共にようやく吐き出す事が出来たんじゃないかな。
だって、戦争中の裏切り、自分のせいで愛する人を失ったこと、そのせいで仲間を裏切り多くの人の運命を変えたこと、自分だけが助かって生き長らえている中で忘れられるはずないもの

ハナの綺麗な純粋な心がみんなを変えたと思わざるを得ない
pongo007

pongo007の感想・評価

5.0
 切ない!不倫の関係だけど純粋に愛し合っている姿に感動しました。もし戦時下でなかったら二人は結ばれていたのかも。レイフファインズは相手を救うためにナチスと取引までしたのに。本当に切なかったです。
sorahi

sorahiの感想・評価

4.0
「何か読んでくれ。聞きながら眠りたい」

静かにじわじわと、カメラの風景の中に引き込まれていきます。確かに長いけど、半分まで我慢してみて。見応えありますから。

何人もの悲恋が重なりあって展開します。私が感じたテーマは人間の業。

エンドロール前の、街路樹と差し込む太陽光のカットが美しい。
Yukiko

Yukikoの感想・評価

3.8
2018年4月4日
『イングリッシュ・ペイシェント』 1996年制作
監督、アンソニー・ミンゲラ。
他に『コールド・マウンテン』や『リプリー』の監督作品がある。

ペイシェント【patient】とは、患者、病人。
イングリッシュ・ペイシェント=イギリスの患者の意。

第2次大戦中、イタリアのある修道院の壊れた建物に、
イギリスの連合国側の患者として、全身やけどの身元不明の
男(レイフ・ファインズ)とその彼を世話する看護師ハナ
(ジュリエット・ビノシュ)が住み着いた。

彼は記憶を失っていたが、次第に思い出し、ハンガリー
人でエジプト・リビアでの考古学調査をし、サハラ
砂漠の地図を作成しているアルマシー伯爵だった。

その調査を一緒にする仲間にクリフトン夫婦がいた。
その妻キャサリン(クリスティン・スコット・トーマス)
にアルマシーは恋をし、妻もアルマシーを好きになり、
それを知った夫は・・・・!!


レイフ・ファインズと言えば!!『グランドブタペストホテル』
のあの伝説のコンシェルジュのお方♡
忘れられない映画です。

この『イングリッシュ・ペイシェント』の映画は、
なんと言っても砂漠の美しさ♡
砂漠の模様がきれいです。
息遣いさえ感じるようです。

その砂漠で繰り広げられるキャサリンさんの知的な
人妻の美しさ…夫がアルマシーに嫉妬するのは当たり前。
戦争の最中だというのに、何やってんだ!?アルマシー
伯爵は…と思うものの、人の気持ちは仕方なかぁ~~。

映画館での上映時に観たはずなのに、すっかり内容を
忘れていました。
しかし、その映画館で観た時も、今回も今一つその
世界観に入り込めないなぁ。

現代と過去を行き来する映像。
少しづつ思い出すアルマシー。
美しく綺麗な映画ではあるけれど、人の奥様を寝取った
アルマシーは、なんだか皆を不幸にしてしまったような
恋愛ですねぇ。
クリフトンの夫がかわいそう過ぎる。

アカデミー賞作品賞獲得の映画。
クワン

クワンの感想・評価

3.7
美しい砂漠を背景に、これぞイギリス映画といった端正できめ細かいラブストーリーだ。物語は第二次世界大戦末期、看護婦のハナ(ジュリエットビノシュがアカデミー助演女優賞)が大やけどで運ばれた患者を廃墟の修道院で看病することから始まる。やがて患者はなくしていた記憶を取り戻す。彼は伯爵で冒険家。これまた、レイフ・ファインズがぴったり。彼とある女性の悲劇的な愛が語られる。ヒロインはクリスティン・スコット・トーマス。「チャーチル」では首相夫人役でお老けになったなぁと感慨を覚えていたが、この作品の彼女は美しい。その話を聴いて心揺さぶられながらも、看護婦のハナも地雷処理のインド人中尉と恋に落ちていく。砂漠と恋愛というのは相性がいい。ロマンティシズムと悲劇性と官能性が広がっていく。ジョン・トールの情感溢れる映像美も美しい。悲劇性が強い作品ながら希望に向かっていくクライマックスが心に沁みる。
evey

eveyの感想・評価

3.5
とても人間味のある映画。
女性目線だからか、キャサリンの魅力が分からずモヤモヤだったが、人それぞれの好みなので…。本筋は決して良い話とは言えないが、主人公を看護する中で描かれる過去と現在の描き方がとても良かった。
10代の頃見たけど、正直あんまピンと来なかった。もう一度見直したい
>|