忍びの国の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「忍びの国」に投稿された感想・評価

#2018-68
あの最後の最後の演出は現代社会への問題提起を毎回取り込む中村義洋らしいシーンではあるけど、あまりにも唐突無稽、無茶苦茶すぎて言葉が出ない。

この常に平坦なアクションコメディのテイスト自体個人的にはハマらなかったし、最後まで見た自分を褒めたい。
すんごい反響があったので
気になって見てみました!

が!
わたし的にはもや〜っとして終わってしまった感じ…😭

だいぜんさん(伊勢谷友介さん)がかっこよかったです!
よっこ

よっこの感想・評価

3.6
大野ワールド。笑
強すぎでしょ…ちょっとグロいシーンも。
昔の世界とちょっと現在を融合してた!
金▷命の輩たちがどう変わっていくか見ものです。

話は面白いのに、途中途中のコメディとかクソしょっぽいCGが本当に冷めさせる。

なんとかならないもんなのかね。
何故だか「少林サッカー」思い出した。
時代劇の重厚さは期待しちゃいけないかも。

そして何よりも伊勢谷友介。
この人、主役で良くね?
迫力に迫力かぶせて迫力のせた感じ。
この人に言われたら戦争するしかないよな。
知念侑李を殴るところ最高。
伊勢谷友介と知念侑李の城内のシーンだけでも価値があるかも。

でんでんは今までの役柄のせいもあるけど本当に怖い。
優しいおじいさん顔なのにあんな怖い人いないだろ。

関係ないけど知念侑李の兜、滅茶苦茶重そう。
しょー

しょーの感想・評価

3.0
個人的に大野と伊勢谷がキャラが合っていて良かった!
他は微妙かな!
きたろうは笑った!
アクションシーンも川は良かったけど、他が微妙!
ラストは無理矢理感動に持っていった感があるかな!
思ったより軽い。もうちょっとアクション見たかったなぁ。それまでの国や登場人物の掘り下げが薄いからか最後の展開もいくらなんでもサイコすぎん!?ってなってしまいあまり響かず。大野君の飄々とした感じはよく似合ってた。
TANAKA

TANAKAの感想・評価

2.8
お金のため、己の技を磨くためだけに人の命を奪うことを躊躇わない集団、伊賀の忍び。今は亡き一族であるが、その「人でなし」という概念は決して滅びることなく、現代社会にも潜伏し生き続けている…。
がく

がくの感想・評価

3.2
見やすく飽きさせない、娯楽としては優れた映画だと思う。大野智演じる無門のユーモア溢れる戦闘スタイルは斬新で、時として魅せる彼の本気には刮目である。一方、ストーリーの重厚感は少々物足りないが、息を呑む展開もあり、映画としてはよくまとまっている。
page

pageの感想・評価

3.0
思ったよりB級映画だったし、そんなに笑いも感動もしなかった…
>|