忍びの国の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

忍びの国2017年製作の映画)

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:125分

3.5

あらすじ

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀…

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀は武力・兵力では到底かなうはずもない。しかし、無門率いる忍びの軍団は誰も想像できない秘策を用意して織田軍に抗戦するのだった!侍VS忍び、逆転劇の幕が開く!

「忍びの国」に投稿された感想・評価

伊勢谷友介の演技がかっこよすぎて周りから少し浮いていた気がした。
大野くんは微妙だった…
みくた

みくたの感想・評価

4.2
兎に角、大野智がカッコいい映画でした。舞台は主に第一次天正伊賀の乱、織田信雄と伊賀の忍びの戦です。銭の為にしか動けない人でなし忍び達。その中で最強の忍びが大野智演じる無門。私は予てから大野くんが好きでしたのでこんなに長く大野くんが見られるというのはとても良きかな。石原さとみ演じるお国も美しく、演者達の演技力も素晴らしかったので物語がすんなり入ってきました。史実に100%従順に沿っているわけではありません。終わり方が少し微妙でしたのでこの評価とさせていただきました。
MISAKI

MISAKIの感想・評価

4.0
大野くんかっこよすぎ。
アクションすごいし
笑えるし泣けるし面白い!
うめ

うめの感想・評価

3.5
大野くんありきの戦国アクション映画。
大野くんのダンスするように滑らかに動く姿がカッコ良い。
大野君って本当不思議な雰囲気を持ってる人だ‥というのが真っ先に出た感想。
嵐のバラエティ番組で見かける大野君に寄せているキャラ設定。のほほんとしながらも技はピカイチというギャップはそのまんまですね。
ふんだんに使用したであろうワイヤーとCGで忍者の身軽さとすごさが大げさに表現されていて、それはそれで面白かったです😁
最後はそんな感じで終わるのか、、と思ったけれど、エンタメ要素も取り入れたアクションシーンが満足度を上げてくれました。
男の子が忍者になりたがる理由が分かるなぁf^_^;色んな術があるもんだ。
ストーリーや配役の妙もあり、面白いとは思います。
だだ、CGっとあからさまに解ってしまうシーンが多いのが残念。
かっこいい忍び、と言うよりも、現実では、この映画で描かれていた様な駆け引きや打算があったんだろうなぁと思わせてくれる所はとても良かった。
隠しきれないCG感が嫌だったけどストーリーとかキャストとかは好き!
ほべ

ほべの感想・評価

3.3
大野くんと鈴木さんの「川」のシーンが良かった。満島真之介顔濃いな!
鴉

鴉の感想・評価

3.0
石原さとみの無駄遣い感、半端ない…
でも、面白かったけどね!
fisher

fisherの感想・評価

2.9
中途半端にコメディ、中途半端にカッコいいアクション。
両方の要素を取り入れるのはもちろんありだが、原作から入った私としては終始苦笑い。
なんだろう、切ない。
これは大野智の役柄に偏りすぎ。
>|