忍びの国の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

忍びの国2017年製作の映画)

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:125分

3.6

あらすじ

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀…

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀は武力・兵力では到底かなうはずもない。しかし、無門率いる忍びの軍団は誰も想像できない秘策を用意して織田軍に抗戦するのだった!侍VS忍び、逆転劇の幕が開く!

「忍びの国」に投稿された感想・評価

しい

しいの感想・評価

4.7
大野くんが好きっていうのもあると思うけど話面白かったし忍者の映画って見たことないから目新しかった。
忍法の画の表現が良かったと思う。CGのちょっと思い切った感じが良い。
私は大野くんが突然カメラ目線になったところで一番笑った。
春先に科学館(?)で忍者がテーマの展示物を見て、忍者が本当にいたことを実感。そこにこの映画。早速見に行きました。期待以上の内容で何度も見てしまいました。
こんなに何回も観たいと思い
実際16回も観た映画は始めてです。
けこ

けこの感想・評価

5.0
ポップな軽いノリの映画?と思いきや、ひとりの人間の成長が描かれている映画。
無門と平兵衛の一騎討ちのシーンは素晴らしく、アクションはもちろんだが二人の心情の変化が表現されていて心にグッときた。
これでもかとジャニーズを
押されてどうすれば...?
と映画館でなっていた.笑

大野くんのキャラと無門が
とてもマッチしていて、
無気力だけど最強なところ
上手く表現されてました!

川のところすごく好き!
それまで防戦一択だったのに
目的となったらざっくり
いっちゃうところ、忍びらしさが
でててよかったです!!

ただ一回で十分です!!笑
キャストがぴったりでした!
笑いだけじゃなく、泣ける部分もあるので、もう一回みたい
mami

mamiの感想・評価

5.0
主人公 無門を演じる大野智さんの表現力に、圧倒され、感動しました。
鈴木亮平さんと大野智さんのスピード感ある接近戦の殺陣は、圧巻でした。そして、織田軍と伊賀忍者の総力戦も迫力満点でした。また、所々に、笑えるシーンもあり、重いだけの内容ではないです。
久しぶりに、面白い時代劇を見ました。


#映画ファン賞 2017
よしぞ

よしぞの感想・評価

5.0
キャストの魅力が炸裂するような絶妙なテンポのストーリー展開で、この国にひきこまれました。何度も繰り返し観ても、新しい感動があって、大切な作品に出会えました。
ta

taの感想・評価

4.5
迫力があり、ストーリー性もあり、
文句なしの映画であった。
最後は完全に無門に感情移入しており涙が止まらなかった。
もう1回みたいと何回でも見たいと思う映画だった。
のん

のんの感想・評価

5.0
主演有りきでなく
其々の登場人物がしっかりと
描かれていて、いたる所に伏線が
張られており、とても解りやすく
素直な気持ちで鑑賞できました
>|