忍びの国のネタバレレビュー・内容・結末

忍びの国2017年製作の映画)

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:125分

3.7

あらすじ

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀…

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀は武力・兵力では到底かなうはずもない。しかし、無門率いる忍びの軍団は誰も想像できない秘策を用意して織田軍に抗戦するのだった!侍VS忍び、逆転劇の幕が開く!

「忍びの国」に投稿されたネタバレ・内容・結末

まさに大野くんらしさ全開の映画。
アクションは文句なく素晴らしく、何度でも見たくなる。
残念なのが、お国との夫婦の愛情があまり描かれていなかったため、最後お国を殺されて涙する無門に今ひとつ感情移入できなかったこと。無門に冷たくするばかりでなく、ちょっとでもいいから2人の微笑ましい仲のいいシーンがあったら良かったのに、と思う。
大野智さんの身体能力アクションをたのしみにしていたが
雑誌やTVの予告で主人公が金の亡者と変わった性格なのかと思っていたら
忍者みな金の亡者で、今までの映画などの忍者のイメージとは違ったリアルな生活感実在感を感じとても興味深かった。
そして侍と忍者の社会の異なる対照的なところや、
下忍が人でなしにならなければ生きてこれなかった背景も切なく感じ、
見れば見るほどそれぞれの想いに、深い気づきがある、何度も見たくなる映画であった。
生身感のある殺陣アクションも素晴らしかったが、後半、活き活きしてくる主人公無門の表情に惹きつけられ、
無門のような下忍が実在したように感じる、映画のその後も想像せずにはいられない余韻に浸ってしまう、原作とは異なるエンディングがあたたかくよかった。
原作を読んで理解しているつもりでも、映像化されたことによる面白みがそこはかとある。
随所に仕掛けが施され、後になるほどと考えさせらる。
一見、コミカルな忍者たち、シリアスなサムライたちの構図に見えて、老若男女分かりやすく進む。無門演じる大野智と、平兵衛こと鈴木亮平とのラストのアクションは、後世に語り継がれる名シーン。正直、この決闘からのお国との別れの場面を堪能したくて、劇場へ何ども通ってしまいました。
息をする事さえ忘れて、1カットも見逃せない、あえてセリフさえもカット。
良い意味で裏切る予告、ラストアクションでの手に汗握る、見終えた瞬間に爽快な気持ちともう一度、あの無門に会いたくなる。始まりから術にかけられていた事に気づかされる作品。
最後の無門と平兵衛と川のシーン迫力ありました。
戦っているうちに無門が変わって行くのを見ていて、戦いには負けたかも知れないけれど無門の心を変えた平兵衛は、見事に無門に術をかけていたのかも知れないなと思いました。
心を持たなかった無門が唯一大切な存在としていたお国の最期。無門の叫びがたまらなく切なく、お国を抱えながら無門が平兵衛と同じ言葉を仲間にあびせかけていて、初めて人の命の大切さをこんな悲しい結末で無門も思い知ったのでしょう。
最初、コミカルな感じでクスクス笑って見ていたけれど、最後、泣かされてしまいました。
冒頭のロックな音楽がこれまでの時代劇ではないと感じさせる。
始まってすぐに虎狼の輩による殺し合いのシーンがあり、本来なら残酷なのにあっさりと終わってしまう。まさに戦国エンターテイメント
人を殺す事をなんとも思わない無門を大野智が演じているが、これがはまり役である。
また、愛するお国の前では頭が上がらないダメな男になるのも面白く、残酷さだけでなく笑いもある。
無門と鈴木亮平が演じる平兵衛との対決シーンは見もの。
無門がお国を失うシーンの慟哭は、胸が痛くなる。
ラストシーンは原作とは違うが、映画のラストは希望を感じさせる終わり方でこれはこれで良いと思う。
虎狼の族として無敵の無門が、人を愛し、また人として成長する。ラストの遠ざかる2人の後ろ姿と、広がる風景が静かな感動を呼ぶ。
また、随所にちりばめられたアクションシーンも素晴らしく、特に、無門と平兵衛との対決シーンは秀逸。
己自身の『生』にすら、執着が特別無かった、伊賀最強の忍者、無門が
愛する者、守りたい者を得、少しずつ変わっていく。

必要と思ったことの無かった『友』は特別かもしれないと気付いた時には殺すしかない相手で愛しい女は、余りにも弱く儚い

なにもかも無くして2年。
無門がたどり着いた答えは、人の子の親になること。

誰かを真剣に愛し、守りたいと心から願った経験があれば

人は、変われる。大人になってからでも。たとえ虎狼の族であっても。

大野智 渾身の、
忍者アクションエンターテインメント
「忍びの国」

2017年、夏。
素晴らしい作品に何度も感動し
心を揺さぶられました。
無門と平兵衛との川のアクションシーン、とても迫力があり 息をするのも忘れてしまうほど見入ってしまう。ところどころにクスっと笑えるところもあり、涙する所もあり、老若男女問わず楽しめる映画でした。
アクションあり、笑いあり、お国と無門の恋愛要素もあり、楽しめる映画でした。終盤の無門対平兵衛の戦いは、見ごたえがある。
こんなに何度も見た映画は初めてです。
初めて観た時に「もう一回観たい」「なんで⁉︎また観たい」と感じる映画です。殺陣といったらいいのかアクションも様々で、ポップな所や緊張感あふれるところなど、とてもバランスが良く見応えがあります。忍びの無門がお国と出会い、人して成長していきますが、笑いも涙もあり、感情がとても忙しいですね。私の一番好き場面は、お国が無門に小なすを渡す所。「決して死んではなりませぬぞ」「わしは伊賀一の忍びじゃ死ぬ訳なかろうが!」心が通い合った、その場面は忘れられません。たくさんの人に観てもらいたい、色んな事を感じてもらいたい、大好きな映画です。
>|