忍びの国のネタバレレビュー・内容・結末

忍びの国2017年製作の映画)

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:125分

3.5

あらすじ

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀…

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀は武力・兵力では到底かなうはずもない。しかし、無門率いる忍びの軍団は誰も想像できない秘策を用意して織田軍に抗戦するのだった!侍VS忍び、逆転劇の幕が開く!

「忍びの国」に投稿されたネタバレ・内容・結末

知念有季の演技がどうしても他の人と比べると残念な目立ち方をしてる。伊勢谷友介が間近でカッコいい役なので尚更。
また大野智も役柄だから仕方ないけど、戦いの中でもあまり真剣な表情は見せないし、コメディ風の演出が全体的に多いのが個人的には微妙。

あと伊賀のお偉方と忍者達は金の事しか考えない奴等という感じに描かれてる。
これだと迫る織田軍も伊賀の方もどっちも悪い奴らで、感情移入しにくい。
特にラストのお国のシーンで痛快アクションだったのが急に戦争映画のような悲惨な雰囲気を帯びて湿っぽくなってる。

おまけに牢屋の姫様のお願いは結局叶えずお宝も壊す始末。命をかけた願いだったのでは…?
しかも兵平衛の「自分を殺しても周りの人は殺すな」という願いは戦いの中での男の友情からか聞いてあげるという。あべこべでしょ。
そこは織田信雄を斬ってくれよ。まあ史実と違ってしまうとマズイけど。

アクションが良かった分ストーリーが微妙だったかなー。
大野くんにぴったりの役だった٩(*´︶`*)۶
戦うシーンとかはめっちゃかっこよかった!けど最後切なかったーーー!原作通りだったけど、死んで欲しくなかったーーーー奥さんーーーー😭😭😭😭😭😭
大野くんが最高に可愛くて格好よくて面白かった。
ラジオのときの大野くんみたいな感じ。
ただ、最後が悲しすぎる。
私は無門とお国に幸せになって欲しかった。
原作の小説も良い。
大野くんらしさが出てて面白い。
時代劇で、堅苦しくて難しい所は一切なし!というところがイイ。
最後の終わり方がイマイチ。石原さとみは生きていて欲しかった。
一騎打ちの戦いの所は見応えあり
父の仇を託して自害した凛が一ミリも救われないし登場キャラクターの誰もが凛を偲ぶ事すらない(後半にはもう念頭にないだろ)っていう可哀想な話
面白かった。

無門の格闘シーンは見応えあり。
大野くんの動きの良さ。
伊賀の次郎兵衛との『川』対決は無門の強さが引き立ち、平兵衛との『川』対決はほぼ互角。

ただ…お国死んじゃうのかぁ〜、残念…。
忍びの国、はちゃめちゃな国。
伊賀で人を想うことは変人扱いで、人を人と思わぬ人でなし。無門がお国を想う気持ちも信雄が(父)信長への葛藤も良かったけど原作を読んだらもっと分かるかな、読みます。
おもったより楽しめた
びっくりするほど
序盤に満島信之助くんが死ぬのに
おどろいた
ふざけた感じだったのが、急にシリアスに。

大野くんと鈴木くんの最後の「川」はすごい迫力だったなぁ。

藤子不二雄の「忍者ハットリ君」も確か伊賀だったような…

ハットリ君も虎狼の族なのか?
正直あまりノれなかった。
確かにいくつかの戦闘シーンで多少テンションは上がるし、そこでの音楽も良いが、それだけという感じ
そして大筋のストーリーも、その戦闘を見せるための繋ぎのものにしか見えなかった。
そのせいで、「ここで戦いが起きてしまうのか!」「この二人が戦うのか!」というような興奮もなく、戦闘のための戦闘という感じ。

CMを見て、カッコいい!と思った、大野君が相手の攻撃を近距離で避けるやつ。あれも本編を見ると、CMで使いたいがために取り入れたようにも見えてしまった。そこだけがそんなに見せたいなら嵐のMVで殺陣やれば?と思ってしまいました、ごめんなさい
あと、多用されるCGもダサい…

ストーリーとしては、自業自得ということなのかな
人でなしだった忍者が、人でなしにやられるという。
そしてなんやかんやあって大切な人を失う場面で泣きながら叫ぶが、これもCM映えかな~とw
これを見せられても特に主人公に感情移入しているわけでもないので、何だかな~と。
何で主人公があんなに強いのか、特に説明もないし。さっきまで普通に人殺してたし。。。

色々書いてきたけど、そんなに怒りが込み上げてしょうがないという感じでもなく、全体的に体温低めです…w
でもあと一つだけ。
最後の方の、急に現代に絡めたメッセージ性っぽいの。あれ、いる?w

石原さとみの演技は良いし、全身黒の大量の忍者が出陣するシーンは、心の中で多少「おお」とはなります。

忍者が好きな人はぜひ!
>|