忍びの国のネタバレレビュー・内容・結末

忍びの国2017年製作の映画)

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:125分

3.5

あらすじ

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀…

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀は武力・兵力では到底かなうはずもない。しかし、無門率いる忍びの軍団は誰も想像できない秘策を用意して織田軍に抗戦するのだった!侍VS忍び、逆転劇の幕が開く!

「忍びの国」に投稿されたネタバレ・内容・結末

侍ではなく忍者の話という設定は好き💓
内容はちょっと薄いかな〜
演出かもしれないけど
最初、大野くんの動きが機敏すぎて
アクションというよりダンスしてるみたいで
なんだかPVをみているみたいだったけど
最後の方の戦闘シーンはちゃんと
アクションしててかっこよかった!✨
私も昔、嵐ファンだったので大ちゃんファンは
喜びそうな映画だなと思った😊
まずコメディだったことに驚き。アクションで魅せるタイプね、と思って視聴するもアクションもかなりショボくて呆れた。演技も伊勢谷友介以外はグッと来なかった。
無門が人でなしから人になる物語であるが、女子供も殺すと威勢で言われただけでキレたりと心の移りが全く理解できないシーンが多々あった。シリアスなシーンも延々と茶番劇を見せられているような気持ちになり経過時間を何回確認したか分からない。

ラストシーンで伊賀の忍と現代社会のスーツ姿の男性数人がシンクロするシーンがある。忍の一般倫理を身につけていない様子や平兵衛の伊賀国のシステムそのものの異常に気付いて反乱したことからも明らかであるように、現代の政治へのアンチテーゼになっている。くだらない。
最後の終わり方がなんとも言えない…
そんな簡単に死ぬ必要があるのか?と思ってしまった。
大野くんの表情豊かな演技力には圧倒されます。
忍者アクションはすごいし、武将達もかっこいいけど。登場人物達の最低な奴らばっかりなのがいまいちでした。ラストでそいつらを掃除してくれるからスッキリしたけど。
冒頭は忍び同士の戦いから始まるが、あまりにも緊張感や迫力がなかったので、てっきり仲間同士の訓練か何かなんだろうなと思ってたら、普通に実戦で殺し合いをしていたらしい。

この映画の戦闘は大体そんな感じで、命のやり取りをしているという緊迫感はない。

それでこの映画はそういうコメディ寄りの作品として作ったんだろうと解釈したが、後半やラストがシリアス気味だったので、バランスが悪いような感覚があった。

戦闘シーンだけでもふざけずにもっと真面目にやっておいた方が良かったと思う。
無門が強いのか弱いのかよく分からない
弱いわけではないが 序盤が強く描かれてたので 無門無双を期待してたのだが
全くといっていいほどの 強さが感じられなかった
しかしながら お国や平兵衛のおかげが 今まで なにも考えずに生きてきた無門にも変化がおき 何のために戦うのか 等の成長を感じさせてくれた
それがこの作品の肝なのだろうが 正直 もっと無門無双にして欲しく もっとコミカルで良かったような気がする

史実に沿ってるとはいえ 信孝を殺さない流れの意味が全くわからなかった
ストーリーが面白い面と理解できない面が両極端でしたね

大膳の強弓はありだと思ったが それを信孝が射てるというのは どうなんでしょうね…

興行収入 25.1億円
金だけを目的に生きるのはやめようと言っていました。

今どき金を稼ぐためだけに生きてる人の方が少ないだろうと思いますがどうなんでしょうか。

まだ社会を知らないだけかな。

目的と手段が入れ替わった人は、自分では全然気が付かないけど、傍から見たら明らかだと思いました。
知念有季の演技がどうしても他の人と比べると残念な目立ち方をしてる。伊勢谷友介が間近でカッコいい役なので尚更。
また大野智も役柄だから仕方ないけど、戦いの中でもあまり真剣な表情は見せないし、コメディ風の演出が全体的に多いのが個人的には微妙。

あと伊賀のお偉方と忍者達は金の事しか考えない奴等という感じに描かれてる。
これだと迫る織田軍も伊賀の方もどっちも悪い奴らで、感情移入しにくい。
特にラストのお国のシーンで痛快アクションだったのが急に戦争映画のような悲惨な雰囲気を帯びて湿っぽくなってる。

おまけに牢屋の姫様のお願いは結局叶えずお宝も壊す始末。命をかけた願いだったのでは…?
しかも兵平衛の「自分を殺しても周りの人は殺すな」という願いは戦いの中での男の友情からか聞いてあげるという。あべこべでしょ。
そこは織田信雄を斬ってくれよ。まあ史実と違ってしまうとマズイけど。

アクションが良かった分ストーリーが微妙だったかなー。
大野くんにぴったりの役だった٩(*´︶`*)۶
戦うシーンとかはめっちゃかっこよかった!けど最後切なかったーーー!原作通りだったけど、死んで欲しくなかったーーーー奥さんーーーー😭😭😭😭😭😭
大野くんが最高に可愛くて格好よくて面白かった。
ラジオのときの大野くんみたいな感じ。
ただ、最後が悲しすぎる。
私は無門とお国に幸せになって欲しかった。
原作の小説も良い。
>|