忍びの国の作品情報・感想・評価

「忍びの国」に投稿された感想・評価

ばやし

ばやしの感想・評価

3.2
大野智君の大ファンなので見に行きました
鈴木亮平さんとの決闘のシーンは手に汗握りました!
出演陣の身体能力が非常に高くこの映画に向けて相当特訓を積んだのではないかなと思わせられる作品でした!
玄米茶

玄米茶の感想・評価

1.0
日本の映画界のクソな部分を全て詰め込んだような作品でした………。観る前からクソ映画だなって分かってたんですよ。ジャニーズ出てるわ、予告もポップだわ。でも、原作ファンだからついつい観てしまったんですよね。まぁ、後悔しますわな。原作者は和田竜さんなんですが、この方の他作品である「のぼうの城」の実写化は結構良かったんですよね。主演に野村萬斎さんを置いたり、ストーリーもよくある日本の軽い感じじゃなかったし。それでまぁ、余計に残念というか。

とりあえず主演の大野くんファン以外の方は観ない方が良いかもですね。
「己らは人間ではない」。戦国時代、忍びの国と呼ばれていた場所で生きていた者達の生き様が描かれていて、まるで盗賊の様で驚きました。アニメナルトとは全く違い、お金だけが目当て。豪華キャストでアクションシーンも迫力があり、少しコメディーが入っていて面白かった!大野くんが出ている映画は初めて見ましたがとてもキャラにあっていて良かった。日本史も学べて満足。しかしどこからどこまでが実際に起きた出来事なのか分からないが、知れたらもっと良かったかも。
げし

げしの感想・評価

3.5
大野君が歌うし踊るしアイドルだった。
石原さとみが大画面でも隙なく可愛かった。
虎狼の族と呼ばれる欲望に忠実な忍び集団、その中で起きた小さな歪み。住む世界が変わっても人情を忘れないお国から最強の忍、無門が人の心を学ぶお話。
最後心がひゅってなったけど面白かったな〜。
風神

風神の感想・評価

3.8
大野くんってそんなに演技派では
ないけれど、なんであんなに素敵なんでしょうか?
石原さとみとの掛け合いは
大変笑わせていただきました!

テンポも良く、楽しい作品でしたが
色合いがキツく、ちょっと目に
きました。
大野と知念ジャニーズの先輩・後輩共演。基本ゆるいけど大野の本気を出した忍者は強い。

石原さとみがまた本気のお姫様なので物語の進行上浮いてる。

そして伊勢谷友介・・・やってしまったね。自身が逮捕されるのは勝手だけど周りに迷惑が大いにかかる芸能界。なんとかならないもんなのか。
suguru

suguruの感想・評価

3.0
人間の尊厳を描くコメディ調の忍者アクション。
宣伝で大野君がカッコイイのでシリアスな時代アクションを期待して
(そんな人はいないと思うけど)観た人は物足りないか。

それでも、忍者・間者・スッパとは冷酷な殺人マシーンよねって
改めて劇中で思わせられて、昔観たうら寂しい忍者アニメを思い出しました。

根底にある忍びの国の素性をより陰湿で粗野なものと自覚させるためには、あれくらい無駄に人が死ななきゃならないということなのか。

國村隼は流石の演技。
大野君は好きなので殺陣と表情、夫婦のやり取りで見せるコミカルな演技等見どころは沢山あり+1、
昔観た救いようのない暗さの忍び映画に比較すると娯楽映画として良い出来だと思います。
ただ過剰な笑顔の演出が(そーいったリードであるのは重々承知なんだが)残念で、一気にアイドル映画に成り下がった気がします。
矛盾なく同居する織田軍の方が人間らしくわかりやすい。
後味は良くない。ハッピーエンドじゃない。
サイコパスではちゃめちゃ。なのに心に残ってしまう映画。

祖先の生き様にはこんなんがあったんだ、と思い込んでしまいそうになる。
大野さん忍者すぎる
お国も実はこっそり毒耐性つけてて死んでないという続編期待します
勝沼悠

勝沼悠の感想・評価

2.4
 天正伊賀の乱を舞台にした小説を映画化。
 
 これは忍者はみな上から下まで命を命と思わぬ修羅の集まりという無情を描いた映画なのだが、主演が嵐の大野君というのはさすがに荷が重すぎた。『のぼうの城』はいかにも草薙君がやってそうな主役を野村萬斎がやってたのに。。。
小松

小松の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

お金のためなら何でもやる
人を人と思わぬ忍者の国の話


弱いものは死ぬ
人情は通じない

本当にこういう時代があって、無差別に人が沢山死んでたって考えたら悲しくなった。


無門とお国のやりとり好きだったのに最後、😭
やっと無文が唯一「人」になれた相手だったのに、、
>|