忍びの国の作品情報・感想・評価

忍びの国2017年製作の映画)

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:125分

3.6

あらすじ

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀…

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀は武力・兵力では到底かなうはずもない。しかし、無門率いる忍びの軍団は誰も想像できない秘策を用意して織田軍に抗戦するのだった!侍VS忍び、逆転劇の幕が開く!

「忍びの国」に投稿された感想・評価

だめだこりゃ。

「関が原」は、割と美術や設定、ロケ地が凝っていて面白かったんだけど、こっちは適当な歴史モノ。
まったくこだわりがない駄作。
Yoshiyuki

Yoshiyukiの感想・評価

3.2
内容はいまいちだけど、面白かった!
見慣れた人気役者揃いなのとコミカルさが、心地よく観れる。
django

djangoの感想・評価

3.0
ジャニーズ主演ってだけで馬鹿にしてたが、なかなか良い映画。
と途中までは思っていた。

主題歌は全然合ってないからやめろ。
話にならん。
ラストに伊勢谷友介が台詞で言いたいこと言うのも三流の仕事だな。

主演の大野智が良い。
序盤の『川』という特殊な決闘。
あれは、古武術にダンスを混ぜたみたいな戦いだった。
あの瞬間、この映画に惚れたよ。
真面目に観ようと思ったんだ。
無駄な力の入らない古武術は無門というキャラクターに合ってるしね。
逆に、後半の『川』は軍隊格闘技か何かになっていて違和感を感じた。
大方、カリかシラット辺りだろう。
なんか見たことあるぞ。

アクションに力を入れるのかと思えば、ミステリー要素もある。
ストーリーを何度かひっくり返す。
それはなかなか良い。

鈴木亮平、満島真之助、伊勢谷友介辺りの演技も良い。
ジャニーズを使う時は、敵役に良い役者を使っているな。

この映画は、人から誤解されやすい映画だと思う。
コメディ風に何もかもふざけた感じで作ってはいるが、実際は、結構真面目なことを言いたいのかもしれない。
そこに行くのに、映画の時間を9割8分程使った印象。
だったら、無門の怒りをもっと僕に見せてくれないと駄目だった。
皆殺しにしないと。
少なくとも、何人かは殺さないとな。
この映画は、軽いコメディではなく、本当はとても悲しい話なんですよ。
それを観客に向かって説教めいた話しても、それはストーリーじゃないでしょう。映画の中でケリをつけてない。
そこに空気を読まない嵐の曲が流れるから最悪なんだ。

原作は読んでません。
勢いで誤魔化すにはストーリーが重すぎた。そもそも客層がそれを望んでないだろうし、だから、誤魔化しが余計に増えて違和感ばかりが募る。
観ました‼

\(^o^)/(笑)(笑)(笑)

忍ひの国に暮らす無門のお話
無門は忍びの国で嫁さまのお国とくらしています。忍びの国ではささいな事で小競り合いをしたり、お金で雇われ忍び家業をしているお話。。。

見所
石原さとみの可愛いさ‼
あの💋唇いいなぁ~♪

変な決闘の仕方
小さくまとまってやるから‼(笑)

私の知る限りの忍びではない(笑)

観たい人だけみる映画やったのでオススメは特にしないのです‼
何じゃ?あのカメラ目線は(笑)

天正伊賀の乱といえば、忍者モノでは良く扱われる題材だけど、
史劇と忍者アクションの両方を高いレベルで見せている良作ではないでしょうか。

結末が分かってるので、同題材の作品の様に悲哀感ある物語を想像するけど、今作では何故かそうはなりませんね。
観る者の多くは、
「ま、そうなるわな」
と、妙な納得感と清々しさをもって観終えるのではないかと。

最小単位で行動するのが原則であるはずの忍者ですが、忍者映画史上最大最多数の忍者軍団が、ドワァーッ!と登場します。☆(笑)
まぁCGだけど。

ハイライトはやはり、無門(大野智)vs下山平兵衛(鈴木亮平)の「川」でしょう。あれは凄かったね。
だからこそ、もっと短く収めた方が良かったと思う。
観ている側が一息ついちゃう長さだと、緊張感も途切れるからね。

石原さとみ、せっかくイイ女優さんなのに、また『シン・ゴジラ』みたいな使われ方されてるじゃないですか。
原作小説では、あの場違い感満載キャラをどう描写してるのかな?

そして…
―――どうした?でんでん!
君には守兵など必要無いだろう?
『CURE』で見せた、あの十文字斬りはどうした!?
『冷たい熱帯魚』で見せた、あの透明の術はどうしたッ!!☆
(笑)
すずき

すずきの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

大野くんがひたすらかっこいい。

でも石原さとみは
死ぬ必要があったのでしょうか。
殺さなくてもいい終わり方が
できたと思います(笑)
TAIGA

TAIGAの感想・評価

3.2
原作がすごい好きだったのでレンタルして観ました。
原作に比べてコメディ寄りのゆるい作品になってたけど、忍達が欲望のまま自分勝手にやってる描写や終盤のアクションシーンは面白かった。
あと石原さとみが可愛い。
エンターテイメントですね。
まじめに見る必要一切無し。アクションもかっこいいとダサいが混在。
MAeKeN

MAeKeNの感想・評価

3.7
忍(伊賀) 対 織田軍
無門という一人の忍びを主人公に置き、忍びと織田軍との戦い“天正伊賀の乱”をシリアスコメディーに描いた映画。

伊賀の国の奴らの命の概念が軽すぎてビビる。からの“川”。この意味は観るまでのお楽しみということで!

終わり方が割と好き。
mah

mahの感想・評価

3.6
虎狼の輩。銭にのみ執着し、他人の心など気にも止めない者共。その血は現代にも絶えることなく息づいている。
伊勢谷さんがとても格好良かった。伊賀最強の忍でも奥さんにも勝てないんだなぁww
>|