忍びの国の作品情報・感想・評価

「忍びの国」に投稿された感想・評価

普段はあんまり見ない感じのʕʘ‿ʘʔ
悲しいシーンがあったʕʘ‿ʘʔ💦
kiratomo

kiratomoの感想・評価

3.3
大膳の前のおちゃらけはいらなかったなぁ。
あと、現代とのリンクもいらない。


伊勢谷友介かっこよすぎだわ
鈴木亮平大好きだけど、ちょっと地味だったなぁ。

物語は好き。最後切なかったなぁ。。。
嵐の大野智さんが出演ということでアイドルものかと思っていたら、まったくそんなことはなく時代劇のエンターテイメントでした(昼間の緑が多いしげる中、黒装束はなぜ?とツッコミたくなりますがそこはエンタメと割り切りました)。伊賀の主人公の無門演じる大野智さんと敵というか強敵(ライバル)の織田の下山平兵衛演じる鈴木亮平さんとのとてもハマっている作品だったと思いました。
下山平兵衛が人と人を思わない中であって人でありつづけ、それが最後になると無門へ感化していくさまがラストに向けて感動していきます。とくにラストの二人の川の殺陣は、瞬きができませんでした。
アクション時代劇では、最近鑑賞したなかでは一番と思います。
あいり

あいりの感想・評価

3.5
展開に引き込まれていく映画
シリアスとコメディ要素が織り込まれていて普通に楽しめる
ただ、一回目は「うわ、だまされた!」みたいな部分があって面白いけど、二回目以降はそれがない分、面白さは半減てとこがあるかな(^^;
かほ

かほの感想・評価

3.7
2019.1.5 マミーと
中村監督 どの作品でも後半の追い上げスピード感はんぱない。

*大ちゃんかわいい
*伊勢谷の最強イケメン
*欲望だけで生きることについて
*人間らしさとは
たくや

たくやの感想・評価

3.7
意外に面白かった。
〝どうせジャニーズ映画でしょ〟って敬遠してだけど。
主演の大野君も良かったし、わきを固めるでんでんさん、そして鈴木亮平と伊勢谷さんたちの演技がこの作品の面白さを担っていた。

また全体的に、映画のセンスというより、原作(私は未読です)が素晴らしいんだと思う。
原作者の和田竜さんはワクワクさせるエンターテイメント要素のセンスがとても高い。
『のぼうの城』も楽しかったし。

もったいないのは、最後の現代の若者に置き換えるシーンとか蛇足だし、大野君アクションもあんまりセンスなかった。
突っ込みどころも多いけど、観て損はない作品。ぜひ!
ぴぽぱ

ぴぽぱの感想・評価

3.4
今までにないまったく新しい時代劇🐴
音楽やアクションシーンが時代劇とは思えないくらいアップテンポでハイテンション🎵
かなりコメディなので笑って鑑賞できます😂
でも、おちゃらけエンターテインメントなだけでなく、しんみり考えるところもあるためメリハリが効いていて良かったです👍✨
me

meの感想・評価

2.5
画面の色付とかBGMとか衣装とか残念
大野智さんも、忍たま乱太郎かな?
じ

じの感想・評価

3.5
お堅い歴史物映画ではなくだいぶゆる〜いおふざけ映画なので気軽に見れて良きでした!最強伊賀忍者が暴れるお話。最強忍者がもう人間の動きじゃなくてめちゃくちゃやってくれてました!個人的にはもっと人間離れした動きをして戦場をめちゃくちゃに荒らしてほしかったですがあれで十分ですかね!?
最初からおふざけ映画として見ていたので特にストーリーでつっこみたくなるような感情にはならなかったです!
やっぱり、無門が大野はナシ。原作は名作極まりない小説なんだけど、なにがすごい!って、和田竜の小説って情景がアリアリと浮かぶんだよね。
読んでる脳内にすでに映画が出来上がる。
がゆえに、読了している人は誰一人として大野を認ないと思うよ。
大野は猿飛佐助で良いし、無門は鈴木亮平だろ。大野に人間離れした怖さはない。
ジャニーズを主役に置かなきゃいけない事情はわかるけど、配役が無理ありすぎる。
主役が全く別物だけならまだしも、魅力も半減してるもん。これはこれでアリとは言えない。なぜなら、勿体無い。
せっかくの良質の題材(原作)あるのに、ちょっとした配役ミスで面白さが半減するのは、勿体ない。って思っちゃった。
>|