忍びの国の作品情報・感想・評価

忍びの国2017年製作の映画)

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:125分

3.7

あらすじ

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀…

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀は武力・兵力では到底かなうはずもない。しかし、無門率いる忍びの軍団は誰も想像できない秘策を用意して織田軍に抗戦するのだった!侍VS忍び、逆転劇の幕が開く!

「忍びの国」に投稿された感想・評価

史実上の忍者ってえげつないなーって思った。アクションは見ごたえあった。
ふとん

ふとんの感想・評価

3.5
もう伊賀忍者たちの人間性のなさが…
本当に最後の最後まで…というか
ものすごく何かを得た気がしました。
現代に結びつくというのが
珍しい感じでした。

伊勢谷さん素敵です←
アクション重視なのかな?
戦略とかはあまり重要視されてない様に感じました。
内容的にはそんなに特別な事はしてない様に感じましたが、忍者や侍の戦闘とかが好きな方は楽しめるのではないでしょうか
Yuka

Yukaの感想・評価

3.8
意外と真面目な内容もあってびっくり!アクションシーンはかっこよかった!石原さとみが重要な役どころ!
MoRI

MoRIの感想・評価

4.0
全然期待していなかったが、口コミが良かったので鑑賞。途中まで退屈の感じがしたが、段々と面白くなった。実際にこの村があったことが驚き。ラストも予想を裏切り面白かった。とても満足した。
学生時代の先輩 沖田祐樹(利助 役)さんが出演されているので

これからもご活躍をお祈りしてます

敬愛するきたろうさんも出演されていて真面目なシーンすべてシティボーイズに見えてまう
チバ

チバの感想・評価

4.5
見所はラストシーン!!!無門と平兵衛の戦うシーンは言葉は無いけど2人とも感情が溢れてていて、、、!それにスピードの速いこと!
途中途中でゆるくて可愛らしい無門とラストシーンのギャップも是非見てほしい!
hotkeiko

hotkeikoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

まさに大野くんらしさ全開の映画。
アクションは文句なく素晴らしく、何度でも見たくなる。
残念なのが、お国との夫婦の愛情があまり描かれていなかったため、最後お国を殺されて涙する無門に今ひとつ感情移入できなかったこと。無門に冷たくするばかりでなく、ちょっとでもいいから2人の微笑ましい仲のいいシーンがあったら良かったのに、と思う。
tm

tmの感想・評価

4.5
シリアスとコミカルの絶妙な配分、緩急のあるストーリー展開にあっという間の2時間だった。無門、織田方の武将は言うまでもなく、伊賀の下忍の存在感のある描かれ方がよかった。冒頭と終盤の「川」、その意味の違いにグッとくるものがある。
panky

pankyの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

大野智さんの身体能力アクションをたのしみにしていたが
雑誌やTVの予告で主人公が金の亡者と変わった性格なのかと思っていたら
忍者みな金の亡者で、今までの映画などの忍者のイメージとは違ったリアルな生活感実在感を感じとても興味深かった。
そして侍と忍者の社会の異なる対照的なところや、
下忍が人でなしにならなければ生きてこれなかった背景も切なく感じ、
見れば見るほどそれぞれの想いに、深い気づきがある、何度も見たくなる映画であった。
生身感のある殺陣アクションも素晴らしかったが、後半、活き活きしてくる主人公無門の表情に惹きつけられ、
無門のような下忍が実在したように感じる、映画のその後も想像せずにはいられない余韻に浸ってしまう、原作とは異なるエンディングがあたたかくよかった。
>|