忍びの国の作品情報・感想・評価

忍びの国2017年製作の映画)

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:125分

3.5

あらすじ

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀…

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀は武力・兵力では到底かなうはずもない。しかし、無門率いる忍びの軍団は誰も想像できない秘策を用意して織田軍に抗戦するのだった!侍VS忍び、逆転劇の幕が開く!

「忍びの国」に投稿された感想・評価

えりみ

えりみの感想・評価

3.8
WOWOW録画。
原作を読んだ方がええのかな。
原作もこんなとぼけた話なんかな。
アクションパートは大袈裟ながら見応えあり。アクションやれる監督と思って無かったので意外な発見♪
大野君の身体能力の高さよ。
決闘「川」のシーンが見どころ。
伊勢谷友介の殺陣も魅せる。
鈴木亮平もええんやけど妙に浮いてる。

中村義洋監督に期待していたドラマパートがパッとしなくてガッカリ。
北畠信雄パートが特に陳腐、ジャニーズがゴリ押ししたせいか。
わしが知念君をどうしても受け入れられへんせいか。
2年後の話も別に要らんかなぁ、と。
忍者を金でしか動かない虎狼の族、っていう設定は面白かったのになぁ。
石原さとみは安定の可愛さ😊
一人だけちっとも汚れなくても全然気になれへんよ😘
平祐奈もチョイ役ながら可愛い♪😉
風来坊

風来坊の感想・評価

2.5
攻めるもクズ、迎え撃つもクズ。そんな映画。冒頭、何とも生死に感情が薄い世界観だなと思っていたら設定でした。主人公を始めとして感情が渇ききっている。鈴木亮平さん演じる悪役の半兵衛が一番人間らしさを感じるという何とも不思議な感じ。まあそういう輩のお話しなんですが…。

主役の人は普段の飄々とした感じが役柄とマッチしていてまあ良かったんじゃないでしょうか。コミカルなのに笑えない。「超高速!参勤交代」や「のぼうの城」のような痛快な感じを期待したが根底にある暗さがどうしてもネックでしたね…。愛する者を亡くして初めて気付く事もあるという事か…。無門が仲間に最後に吐く台詞も説得力がなく虚しい。

期待せずに観たのが幸いしたのか、まずまずは楽しめましたが何度も観たいとは思わないですね。
ただ愛だけを大事にする無門がかっこいい。そしてその愛をただ受け取るんじゃなくて取って投げ返すような御国が無門以上にかっこいい。

爺たちはかっこ悪い。
Insop

Insopの感想・評価

3.0
原作は和田竜の小説。

時は天正。有力上忍家同士が小競り合いを繰り返す伊賀の忍び「無門」は伊賀一の忍者であった。その頃、北畠家に養子に来ていた織田信雄は当主北畠具教を殺害し伊勢国を手中におさめる。人を人とも思わぬ伊賀の者たちを憎む伊賀上忍下山甲斐の嫡男平兵衛は信雄に伊賀攻めを進言する。無謀な伊賀攻めを信長から止められていた信雄であったが、ついに伊賀に出兵するが、、、的なお話。

天正伊賀の乱を題材にしています。

冒頭のチャンバラシーンがあまりにもショボくて心配だったのですが、ショボいのはそこだけでした(笑)。
伊賀勢VS信雄軍の戦いはワイヤーアクションもカメラワークもかなり面白いですし、平兵衛と無門の一騎討ちも手に汗握れます。

キャストはそれなりで、伊賀上忍衆を演じる立川談春、でんでん、きたろう、上田耕一らの熟練の演技はさすが。
大野智の飄々とした無門も、知念侑李演じる青二才な信雄も良いですね。特に知念は他作でもそうですけどかなり上手いと思います。
國村隼、鈴木亮平、伊勢谷友介、小松敏昌らの名演は言うことなしなのですが、マキタスポーツがいただけない。残念ながらこの人だけ下手。結構大事なキャラなのに残念です。

石川さとみ、良いですね。綺麗だけど迫力のあるキャラを丁寧に演じてます。

時代考証をきちんと掘り下げている部分とそうでない部分がごっちゃになっていますが、これはこれで良いと思います。

ユーモラスでポップな部分は最近の時代劇にありがちな感じだとは若干思いますが、十分に楽しめる範囲。

硬派な時代劇というよりは娯楽作品として十分に楽しめました。
みやり

みやりの感想・評価

3.3
けっこう面白かった。忍者の戦闘シーンとか〇〇の術みたいのが次々と繰り出されてみていて飽きなかった。

大野くんも最初ちょっとマヌケすぎるだろと思ったけどだんだん馴染んできて最後の方の泣いたり叫んだりするところの演技はすごく良かった。
ayafraise

ayafraiseの感想・評価

2.8
大野くん主演なので、そのことを前提にしないといけないんだけど、、。
いや、周りの役者陣の芸達者ぶりが凄いので、大野くんが画面に出てくる度に作品のテイストが大きく変わってしまうんだよなぁ。。
なんなの?この落差…??
と、毎度気になってしまい作品に集中できなかった、残念
落とし所が理不尽、とはいえ歴史劇はこういうもの?(笑)というところはある。

話の筋は置いておいて、怪物くん的な大野扮する無門が超人的な活躍をしつつ、大河をこなす名助演名脇役が良くも悪くも憎めない憎たらしいステレオタイプなキャラ芝居で物語が進む。この辺りは確かな安心感があった。

運動神経光る大野と、役を作り込む鈴木亮平の決闘シーンは気合が入ってて圧巻。それまでのさむい空気の大野の芝居と台詞回しもここの為のフリか、と思うとすごいと感じるような、やっぱ素で下手なような(笑)

織田軍の殿中劇も目頭が熱くなった。

石原さとみの存在がいまいち安定感がなく、ちょっともやりました。
hase46

hase46の感想・評価

3.2
アクションは確かに凄かったが、CG感出すぎてる場面がなかなか引き込まれずらかった。
まぁ、忍者ってなるとCG使わずにはいられないんですけどね。

子供の修行風景が印象的。
何かを伝えるというよりは、なにも考えずに見るエンターテイメント作品という感じ。

2018.6.17.183本目
のぞみ

のぞみの感想・評価

3.5
♡記録_2018-7

無門は大野智だった。飄々とした感じ、締めるところは締める感じ。アクションシーンよかった。ただ、お国の魅力がよく分からなかった。
Shibaatsu

Shibaatsuの感想・評価

4.0
大野くんが好きならかなり楽しめる。物語よりアクションとかコメディを楽しむ映画?
冒頭のタイトル入るところが格好良くて好き。
>|