決算!忠臣蔵の作品情報・感想・評価・動画配信

「決算!忠臣蔵」に投稿された感想・評価

結構お金かかるんだね〜
今までにない忠臣蔵で、これはこれでよかったかも。
なるほど!と思わせられる着眼点ではあったけど、期待値ほどではなかった。

それなりには楽しめた映画ではあった
勝沼悠

勝沼悠の感想・評価

3.6
 忠臣蔵の大石内蔵助は討ち入りまでの帳簿を残していた。その書籍を映画化。

 討ち入り費用というよりお家再興も踏まえた刃傷以降のあれやこれやを出費を軸に描く。帳簿を付ける矢頭長助のキャラクターがいい。この人史実では討ち入り前に病死してたのね。
 戦のないこの時代は特にだが、武士って要するに公務員だからねぇ。史実もけっこうこんな感じだったんじゃないかなぁ。
 あえて討ち入りシーンは描かないのも良い。
まの

まのの感想・評価

3.7
吉良上野介への仇討ちを経費の面から考えた作品で、着眼点がとても興味深かったです。
考えてみれば何をするにもお金は必要だし、何かをするにはいくら予算が必要か一つ一つそろばんを弾いていく様子や、それに一喜一憂する侍達の表情の面白さについつい引き込まれてしまいました。

時代劇は殆ど見ませんが、今回は辛いシーンは殆どなく、最後までコメディに徹した作品で、とても楽しめました。
歴史には余り興味が無いので、忠臣蔵に期待も何も無かった。その為、とっても面白かった。
この映画に赤穂浪士のロマンを求めてはいけない。コミカルなお侍さん達の物語くらいに思って見ると楽しめる。

歴史音痴なので、大石内蔵助しか解らんのだが、この映画では優柔不断で怒ると手がつけられない、エロオヤジでしたね。堤真一が吉本の芸人さんにも負けずに上手い間の取り方で笑わせてくれました。

役方の岡村隆史。誰の役かわからんが、番方はいつもこれや。金の勘定もでけへん!と吐き捨てるが、経理に経費使いすぎと怒られる営業マンみたいで面白い。

妻夫木聡は冷静沈着だし、濱田岳はなんだかチョロチョロしてるし。おバカな奴らも結構いる。 この通りとは言わないが、武士と言えども、実際、ここでのやり取りに近いものもあったんではないかと笑える映画だった。
bara

baraの感想・評価

3.0
戦争にも金はかかる。当たり前のことを、実際の金額に落とし込むのは面白い。ただ、想像を超える驚きはなく、平均点。
おさる

おさるの感想・評価

3.5
歴史的な出来事は、時を経て物語化する中で、ある者は美化され、ある者は貶められ、事実だったこととは離れていくのだろうと思う。が、人間自体が飛躍的に賢くなったり馬鹿になったりするわけでないので、数百年昔も、こんな風にドタバタしながら、そろばん数えて、頭に血がのぼる人をなだめつつ、討ち入りをしたんじゃないかと想像できてしまう。
詳細の歴史実証などは別にして、登場人物が皆アホで非常に人間くさいところからして、王道忠臣蔵映画などの美しいストーリーより、よほどリアリティーを感じるところに好感をもつ映画。
りょん

りょんの感想・評価

2.8
着眼点とコンセプトは非常に良い。
なのに味付けを間違ってしまったカンジ。

肝心の金勘定の話も物足りず、
忠臣蔵にまつわる話も中途半端。
いっそ、お金に全振りでよかったのに。


(スコア内訳)
配役…………3
物語…………3
序盤…………4
終盤…………3
台詞…………2
音楽…………3
演出…………2
リピート… 2
オススメ… 3
総評…………3
れおな

れおなの感想・評価

3.2
歴史物でコメディ系が好きなので笑いありの楽しく観れる作品でした
現在の貨幣価値に置き換えた時にこんなに金が掛かるのかと笑わせてもらいました。

江戸に行くにしても金が掛かり何事も計画的に使わないと駄目だということが良くわかります。

金勘定がしっかり出来る人は大事だなぁ。
>|

あなたにおすすめの記事