十三人の刺客の作品情報・感想・評価・動画配信

「十三人の刺客」に投稿された感想・評価

marie

marieの感想・評価

3.7
「悪の教典」が好きで3回は見たけど、ほかの三池作品に興味を持てず特に追いかけてなかった。しばらく放置していたが、「初恋」で度肝を抜かれ、評価の高かったこの映画を鑑賞。期待通り、面白かったー!!すっきり!という感じ。
ウタ

ウタの感想・評価

3.8
面白かった!前半がちょっと長く感じたけど、後半は片時も目が離せなかった。勿論ラストの50分。戦いだけで50分なんて観ていて飽きないのかと思っていたけど、とんでもない!色んな仕掛けや効果が上手く使われていて引き込まれた。全体的に人がばったばった死ぬ後半より前半の方が残虐に見えた。特に手足と舌を切り取られた女性の演技には鳥肌が立った!稲垣さんの鬼畜&暴君っぷりも意外に嵌っていて観ていて嫌悪感が抱けたし(褒め言葉)。ただ、ラストに出てきたアノ人は…亡霊じゃなくてちゃんと生きた人なのかな?そこだけ気になる。
雪夜叉

雪夜叉の感想・評価

4.1
稲垣吾郎のハマりっぷりが見事すぎるw

松方弘樹の殺陣の見事さ、
伊勢谷さんのフィクション感も最高でした!

いやー、グロシーンもあるけど楽しめたぁ!
伏線の回収がお見事な一本。

腹立つ奴をバッタバッタと斬り倒そうではありませんか。
サムライ映画の歴史に残る一大決戦

最後の激戦は凄まじい!

斬って、斬って、斬りまくれー!
じゃ

じゃの感想・評価

3.7
圧巻 殺陣のシーン迫力ありすぎてゾワゾワした。ちょっと意味わからんところもあったけど、面白かった〜。俳優さん達豪華
コブラ

コブラの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

み な ご ろ し 
(ゾワッ!

三池崇史が、という点でもバジェットという点でもこんな真っ当で血湧き肉躍る時代活劇はもう作れないのかな。寂しいな。

上映時間的に13人全員のキャラは流石に掘り下げ不足でギャラの安い若侍(俳優)が死んでも正直ピンとこなかったり、松方弘樹の演技(ノリノリで浮いてる)と殺陣(上手すぎて浮いてる)が今作にはフィットしていなかったり、重厚な作りで感心した所で一徳のアナル処女貫通が唐突にぶっ込まれてきたり(笑うが)、気になる箇所もあるけどもそれらを補って余りある正統派への担保。

さらに上のステージに押し上けてるのは間違いなく稲垣吾郎の怪演。侍社会の理不尽さを誰よりも深く理解しつつ悪逆の限りを尽くす凶王振りは日本映画史上最凶かつ最強。
四肢斬り人犬最悪、子供殺しも最悪、飯食う姿も最悪。コイツぶっ殺さなきゃ国が滅びるレベルの悪って、、それどんなトランプ?

演出も見事で、特にラスト。「テメーをこれからぶっ殺す大義はここにある!」ってな感じで家斉に見せつける血文字の「みなごろし」はホントに震える。

お手本のような勧善懲悪と、命令には逆らえぬ武士の不条理さ虚しさを同時に無理なく落とし込んだ脚本に拍手。

何度観ても面白さが償却されない大傑作活劇。

追記
これはダメな所というか勿体ない所なんだけど吾郎ちゃんの末路について。構図からして絶対これ厠オチする!って思ってたら、、、、なんだよ。事務所的には絶対NGだったんでしようが その寸止めオナニーはキツいよ。射精させてよ泣
リ

リの感想・評価

4.0
松方弘樹さんの殺陣シーンだけ効果音が違ってきこえた様な気がした。そんくらいかっこよかった。
映像から気合入ってるな〜お金かかってるんだろうな〜っていうのが悪い意味でなくバンバンに伝わってきて気持ちいい。何回も見たい。
shinchiki

shinchikiの感想・評価

3.8
2012/02/19
勧善懲悪とは少しだけちがうところがいい。あくまでプロとしての役割を演じている、もしくは演じざるをえなかった時代の矜持を感じさせられる。緊張感のある演技、映像であり、アクションも見ものであった。
いずみ

いずみの感想・評価

3.6

途中から気づいたら
口開けて観てました。

世間知らずでわがままで
頭の悪い子供みたいで
観ててイラっっとさせるあの演技。
稲垣吾郎凄いな。

殺陣が観たくて何気なく観たけど
やっぱりかっこいいなあ。
>|