手紙は憶えている(2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:
  • カナダ
  • ドイツ
  • / 上映時間:94分
    監督
    アトム・エゴヤン
    脚本
    ベンジャミン・オーガスト
    キャスト
    クリストファー・プラマー
    ブルーノ・ガンツ
    ユルゲン・プロフノウ
    ヘンリー・ツェーニー
    ディーン・ノリス
    マーティン・ランドー
    ナタリー・クリル
    ジェイムス・ケイド
    あらすじ
    最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

    「手紙は憶えている」に投稿された感想・レビュー

    朝稲青沙
    朝稲青沙の感想・レビュー
    7時間
    4.0
    認知症と復讐をかけ合わすのは難しいと思ったけどなるほどそういう仕掛けかぁ。

    アウシュヴィッツの恨みは根深い。

    「きっとここが帰る場所」もナチを探す話だったので少し似てる。

    老人は立ってるだけで絵になるから良い。

    最後の家が素敵すぎて住みたい。
    ワタタ
    ワタタの感想・レビュー
    8時間
    3.6
    映画館で観忘れていたのでレンタル視聴。
    序盤から漂う「メメント」感。

    アウシュビッツで家族を失った認知症の90歳のお爺ちゃんが、ある手紙を頼りに復讐計画を実行しようとする話。

    ラストの会話は緊迫感あります。
    ラストの為の映画。
    ここで評価がグッと上がる。
    好きです。面白いです。

    だけどメメントの文脈に乗っているせいで、どうしてもメメントと比べてしまって個人的評価が少しダウンの映画になってしまった。
    Joey13
    Joey13の感想・レビュー
    10時間
    3.6
    認知症ミステリー!
    衝撃のラストが待ち受ける!

    〜〜〜〜〜〜〜〜
    最愛の妻が死んだ。

    認知症のゼブはそれも忘れてしまう。

    ある日、
    同じ病院の
    アウシュビッツの生き残り仲間に
    「覚えているか...?」と
    ゼブが誓った決意を記した、
    1通の手紙を渡される。

    その決意とは、
    家族を殺したドイツ人兵士への復讐。

    認知症も進んでいるが
    わずかな記憶と1通の手紙を頼りに
    リベンジが始まる。。

    そして、、、!
    〜〜〜〜〜〜〜〜


    衝撃すぎる!!!
    ラストが衝撃。

    ひたすらゼブ。
    ゼブストーリー。

    これ、意外とラストが重い。


    P.S.
    手紙にコーヒーこぼしたウェイトレス
    あの拭き方ある?
    さいあく。(笑)
    EIR
    EIRの感想・レビュー
    13時間
    3.8
    記録
    BB
    BBの感想・レビュー
    15時間
    3.7
    5月26日
    高齢者映画の極み
    認知症とナチスへの怨みが主題
    やられた方は忘れない
    しんだぞ
    しんだぞの感想・レビュー
    19時間
    3.7
    悲しい話かと思っていたけれど、別の意味で悲しい話だった。
    こんな悲惨な話を撮ろうってなったのがすごい
    映画が終わって10分くらい「はぁ、マジか…」と連呼してました
    リュパン
    リュパンの感想・レビュー
    21時間
    4.2
    ラストの暗転でREMEMBERの文字が表れた時、これが原題かぁと納得というか、やられたぁという感情が起こった。復讐劇というので次々と殺していくのかと思えば、そうではなく最後の最後迄どういう結末になるのか読めない内容だったのは見事な作品である。出演者も淡々と演技しており力まずに鑑賞出来た。
    ヨシュカ
    ヨシュカの感想・レビュー
    21時間
    4.0
    確かにミステリー要素はあるけど私は人間ドラマの要素の方が強いと感じた。認知症の老人による復讐という悲痛なストーリーに最後のエッセンスにミステリーがあるって感じ。ミステリーとして見るともう少し謎が欲しいが、人間ドラマとして見ると最後のエッセンスもいい仕事をしていて面白かった。
    てるる
    てるるの感想・レビュー
    1日
    3.7
    施設で妻を亡くし、認知症を患うゼヴ。友人のマックスから渡された手紙を元に、アウシュビッツで家族を殺したオットー・ヴァリッシュをその手で裁く旅に出る。手がかりはオットーが使ったと思われる偽名ルディ・コランダーという名前のみ。

    寝て起きる度に記憶を失い、自分の体に書いたメモや手紙を読まないと目的すら忘れてしまうのは「メメント」を彷彿とさせる。
    でもこれは90歳おじいちゃん設定なので、とにかくヨボヨボ。クリストファー・プラマーの演技が上手いのか地なのか区別がつかないくらいよたよた歩くので「おじいちゃん大丈夫?!」てそっちばかり心配になっちゃうw

    ホロコーストを題材にした作品はどれも重苦しい雰囲気だけど、これは途中まではおじいちゃんロードムービーぽいので意外と楽しかったりする場面もある。
    でもラストに向けてだんだんと緊張感が高まっていき、3人目あたりからかなりエグい展開に…。

    ただ、映画館行き過ぎの弊害でこの映画の予告を映画館で何度も繰り返し観てしまったのでオチが予測出来てしまい、その予測通りになってしまったのが残念。
    もしこれ前情報なく観てたら衝撃受けてたかもと思うと悲しい。
    これからは予告の時には目をつぶるようにしようかな。
    そのまま寝ちゃいそうだけど…。

    それにしてもディーン・ノリスは「ブレイキング・バッド」の印象が強過ぎる。
    ジニョク
    ジニョクの感想・レビュー
    1日
    3.6
    この、よぼよぼのじいさん、大丈夫かい。。
    手は震えてるし、認知症だし、本当に目的を果たせるのかいな、と心配し半ば応援の気持ちで観ていたのに!
    驚きのラスト。
    計画を企てた方もすごい。

    ピアノを弾く姿は美しかった。
    >|