手紙は憶えているの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

gaku

gakuの感想・評価

3.9
ナチスという題材の中でサスペンスのような結末もあり、楽しめました。主演のセブ役が85歳なのは驚き。
BUSSAN

BUSSANの感想・評価

4.0
ストレイトストーリーの緊張感持ったバージョン。
konomin

konominの感想・評価

4.5
ラストは「ほぇ〜〜〜〜」って言ってました。
niconico

niconicoの感想・評価

4.5
キャストがシブくて最高だ。
クリストファープラマー、ブルーノガンツって。マーティンランドーも。
派手さはないけど秀逸。
メメントなんかを思い出したけど、それを応用したような作品。
社会派作品でもあり。
できればラストは静かに終わって欲しかったなあ。キャストに語らせるのは好みじゃない。語らなくても分かるでしょ。
mimu

mimuの感想・評価

3.5
オチは読めてしまった。
が、いわゆるアウシュビッツの悲惨な画や描写は一切無く、登場人物たちの''記憶''の描写だけで観る側に恐怖心や憎悪を連想させる演出は見事。
被害者と加害者の線引きが困難な時代を生き抜いた人々の生命が消えようとする瞬間、憎しみは消えるのだろうか。
ryothis

ryothisの感想・評価

3.9
オチは見当が付きます。

ただ、それを込みにしても面白い。
扱ってるのはナチに認知症だけど、社会派と言うよりは普通にサスペンス映画です。

壮大な復讐劇でしたとさ。
junsan

junsanの感想・評価

4.0
真実はなんとなく読めていたけど、
最後はポカーンとなりました。
よくできた脚本。
すばらしい演技。
ぼぶ

ぼぶの感想・評価

4.7
辛くて切なくて、だけど噛み締めると映画の面白みが詰まってる素敵な一作。
ジャケットとタイトルに惹かれ、事前知識無しで観て良かった。

最初は、記憶が保てない系の切ない記憶ムービーなのかと思っていたけれど、全然そんなことはなかった。
練りに練られた脚本に呼応するのは、練りに練られたカットワークのカメラと、圧倒的なクリストファー・プラマーの演技力。
数多くの、目覚めた時に状況が把握出来ていないシーンや、誰かと会話するシーン、ラストの混乱していく様子、抜群であった。(元ピアニストだけあって、ピアノもめちゃウマだった。

ホロコーストや認知症が題材になっているせいか、重めの配色だったり、スリラー的な音楽の使い方が上手な印象を受けた。

しかし、何よりも面白かったのは銃の扱いやピアノ、囚人番号の刺青の数字の向き、顔写真の向き、など多くの伏線からのラストの脚本力。
ルースや色んな子供たちへの優しい愛情をたくさん見せられていたり、手紙の内容を愛くるしい女の子に読ませるあたりも、かなりニクい。
そしてラストを見ると、それまでの逃避行もなんだか納得がいく。

だんだんと当時から時が経ち、皆当時の人らが高齢になってきていても、今もなお根深い、戦争の爪痕を忘れない、忘れさせないメッセージを感じた。
それがたとえ認知症であっても。

かなり面白かった。
ただ、タイトルはそのままが良い。
rememberだからこそ、忘れないし忘れさせないし、憶えているし、思い出すのだから。
>|