手紙は憶えている(2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:
  • カナダ
  • ドイツ
  • / 上映時間:94分
    監督
    アトム・エゴヤン
    脚本
    ベンジャミン・オーガスト
    キャスト
    クリストファー・プラマー
    ブルーノ・ガンツ
    ユルゲン・プロフノウ
    ヘンリー・ツェーニー
    ディーン・ノリス
    マーティン・ランドー
    ナタリー・クリル
    ジェイムス・ケイド
    あらすじ
    最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

    「手紙は憶えている」に投稿された感想・レビュー

    える
    えるの感想・レビュー
    6時間
    3.2
    忘れたいこと、忘れたくないこと。忘れていいこと、忘れちゃいけないこと。私たちの脳は、記憶を様々に書き換えていく。それは、自分でも他人でもできてしまう。だけど、事実は変えられない。最後に真実をまさに『REMEMBER』する主人公の心情が劇的に描かれていた。
    sachiko
    sachikoの感想・レビュー
    1日
    4.0
    悲しい。
    戦争は悲しいんだわ。
    bigslope
    bigslopeの感想・レビュー
    1日
    3.7
    忘れることの罪深さ…
    最後の復讐劇は、予想できなかった!
    ジャッキーケン
    ジャッキーケンの感想・レビュー
    1日
    4.0
    認知症のお爺ちゃんがアウシュビッツで家族を殺された復讐を手紙を頼りに果たそうとするナチキラー映画

    一度眠りにつくとその日の記憶をなくしてしまう「メメント」のような危うさ
    その復讐がラスト数分で全て覆される圧巻のラスト
    まさに周到な準備が勝利を招く

    あと「ブレイキングバッド」のハンクがナチス崇拝者として登場
    MeiSuzuki
    MeiSuzukiの感想・レビュー
    2日
    3.6
    飛行機の中で鑑賞。衝撃のラスト◯分!と謳っていたから、予想通りのラストだった…。
    ヱミッチ
    ヱミッチの感想・レビュー
    3日
    4.0
    ナチスのホロコーストがモチーフとしてだけ扱われ映画がエンターテイメント的に特化しているとなんだか不謹慎に思えてきて心から楽しめない。
    おまけにこの作品は主人公が認知症を患っているというパーソナリティもミステリー要素に一役買っていてどうなのとか思わないでもなかったけどおもしろかったです。
    kyohei
    kyoheiの感想・レビュー
    3日
    4.0
    認知症のおじいさんがナチスの残党に復讐していく話なのかと思ってました。

    正直、このおじいさんが旅に出始める道中は心配になりました。
    寝たら忘れて、亡き奥さんを呼ぶので…

    至るところでこのおじいさんは強制収容所にいたのかと思えるシーンが多かったので騙されました。

    手紙の指示によって動いて行く話。

    冒頭で列車でたまたま知り会った少年に自分の名前の意味(狼)がラストで効いてくる。

    銃を持っているのがばれるかばれないかでドキドキしました。

    確かにラストが衝撃的でした。
    まさにお前、思い出せでした。
    mmmcy
    mmmcyの感想・レビュー
    3日
    -
    パスポートチェックでつかまりそうでつかまらなかった。あのシステムはザルということ?

    私は自分を信用してないのでメモ多めなんだけど、「メモは憶えている」かどうか気をつけようと思った。
    まめまめまめちゃん
    まめまめまめちゃんの感想・レビュー
    4日
    4.0
    数ヶ月待ってやっと最寄りのミニシアターで公開された。評判が良いと聞いていただけでその他は何も知らずに見に行ったのは大正解。ただエンドクレジットが終わるまで余韻で動けないくらいのズッシリ感のため、複数本見る予定の日の1本目にしない方が良かったなと思った(速攻帰宅)。

    第二次大戦以降におけるナチス残党とユダヤ人捕虜の関係や、人探しの話でもあるのだが、とにかくこの旅する主人公の身が心配でたまらない。ウトウトする度に直前の行動を忘れてしまうのはいかにも認知症である。妻を亡くした喪失感で別の疾患まで発症し兼ねない老人の頼みの綱はポケットに入れた友人からの手紙だけ。使命感か誰かの差金か、そのために知らない土地の国境まで越えるのだ。早くそのミッションをどんな形でもいいから終えてほしい…と願いながらその途中で、なんとなくいろんなことに気がついた。そしてしんみりとなってしまった。

    人はやがていろんな人間に責任ある立場となり、その後肩の荷が少しずつ外れていって生涯を終える。責任ある立場になる前に、つまり心配する人間が増える前に、被害者でも加害者であってもある程度の決着が必要なのだろう。確かに認知症も中盤までなら昔のことは覚えているけれど、精神が防御に走るあまり記憶を曖昧にする可能性や、時間とともに風化してしまった場合でも、人間として罪を問わずにいられるか否かを考えてしまった。それでしんみりとするほどに、具体的な記憶が語られないままにも関わらず、主人公にはすっかり感情移入してしまった。こちら側の想像力をうまくかきたて、ストーリー運びに利用された感じである。
    け
    の感想・レビュー
    5日
    3.3
    途中から展開が読めたなー
    悪くはなかったけど
    >|