顔のないヒトラーたちの作品情報・感想・評価

顔のないヒトラーたち2014年製作の映画)

Im Labyrinth des Schweigens/Labyrinth of Lies

上映日:2015年10月03日

製作国:

上映時間:123分

3.8

あらすじ

1958年、フランクフルト。戦後十数年が経ち、ドイツは経済復興の波にのり、人々は戦争の記憶を忘れつつあった―。大きな野心を持つ若き検事ヨハン・ラドマン(アレクサンダー・フェーリング)だが、担当する裁判は交通違反ばかり。ある日の裁判で、交通違反で出廷した女性・マレーネ・ウォンドラック(フリーデリーケ・ベヒト)に魅かれ、彼女の罰金額の一部を立て替える。 検察庁のロビーに現れたジャーナリストのトーマ…

1958年、フランクフルト。戦後十数年が経ち、ドイツは経済復興の波にのり、人々は戦争の記憶を忘れつつあった―。大きな野心を持つ若き検事ヨハン・ラドマン(アレクサンダー・フェーリング)だが、担当する裁判は交通違反ばかり。ある日の裁判で、交通違反で出廷した女性・マレーネ・ウォンドラック(フリーデリーケ・ベヒト)に魅かれ、彼女の罰金額の一部を立て替える。 検察庁のロビーに現れたジャーナリストのトーマス・グニルカ(アンドレ•シマンスキ)は、友人である元アウシュヴィッツ収容者のシモン(ヨハネス・キルシュ)から、元親衛隊(SS)のアロイス•シュルツが違法に教師をしていることを聞き、その苦情を申し立てる。しかし、検察官の中で、彼の話に耳を傾ける者はいなかったが、ただ1人興味を示したヨハンは、調査を始める。

「顔のないヒトラーたち」に投稿された感想・評価

だぶ

だぶの感想・評価

2.5
正義感溢れる青年検事、こっそり生活してる元ナチを裁判にかけようとドタバタする映画

もっと面白く出来たとおもうんだけどな
アウシュビッツがポーランドにあることすら知りませんでした。
内容的には知らないことがあって面白かったが、全体的に展開が早かった
TKUCSY

TKUCSYの感想・評価

3.8
ヨーゼフ・メンゲレの双子の話にゾッとし、調べてみたら実話だった。アウシュビッツ裁判っていうのがあった事も知らなかった。

歴史の勉強になったし、映画としても◎

ヨハンの夢で彼の心理状態を表しているところが印象に残る。
田所聡

田所聡の感想・評価

3.7
やっぱりナチス関連の映画は面白いものが多いと思うけど本当にあったことだと思うとゾッとしますね!短いシーンがたくさんあって少し見にくかった印象
ちはる

ちはるの感想・評価

4.2
とくに、語られるメンゲレの残虐な行為が衝撃でした。顔のないヒトラーたち、、、邦題の意味がよく分かった、、、。
ラドマンが動かなかったら
知られなまま、隠蔽されたままだったかもしれないと思うとゾッとする
アウシュビッツ裁判にいたるまでを描いてるけど、史実を淡々と描くだけでなく、ミステリー風味で、フィクションもまじえ、題材は固いがエンタメとしてもよかった。いろいろ調べるうちに知ってしまったこと、あれはどんな心境だか計り知れない。当人はそれが一番辛かろうと思う
Noriko

Norikoの感想・評価

3.8
今では世界の誰もが「アウシュビッツ収容所」がどういった場所か知ってるけど、戦後間も無くは隠蔽されてたんだなって驚愕..
>|