顔のないヒトラーたちの作品情報・感想・評価

顔のないヒトラーたち2014年製作の映画)

Im Labyrinth des Schweigens/Labyrinth of Lies

上映日:2015年10月03日

製作国:

上映時間:123分

3.8

あらすじ

1958年、フランクフルト。戦後十数年が経ち、ドイツは経済復興の波にのり、人々は戦争の記憶を忘れつつあった―。大きな野心を持つ若き検事ヨハン・ラドマン(アレクサンダー・フェーリング)だが、担当する裁判は交通違反ばかり。ある日の裁判で、交通違反で出廷した女性・マレーネ・ウォンドラック(フリーデリーケ・ベヒト)に魅かれ、彼女の罰金額の一部を立て替える。 検察庁のロビーに現れたジャーナリストのトーマ…

1958年、フランクフルト。戦後十数年が経ち、ドイツは経済復興の波にのり、人々は戦争の記憶を忘れつつあった―。大きな野心を持つ若き検事ヨハン・ラドマン(アレクサンダー・フェーリング)だが、担当する裁判は交通違反ばかり。ある日の裁判で、交通違反で出廷した女性・マレーネ・ウォンドラック(フリーデリーケ・ベヒト)に魅かれ、彼女の罰金額の一部を立て替える。 検察庁のロビーに現れたジャーナリストのトーマス・グニルカ(アンドレ•シマンスキ)は、友人である元アウシュヴィッツ収容者のシモン(ヨハネス・キルシュ)から、元親衛隊(SS)のアロイス•シュルツが違法に教師をしていることを聞き、その苦情を申し立てる。しかし、検察官の中で、彼の話に耳を傾ける者はいなかったが、ただ1人興味を示したヨハンは、調査を始める。

「顔のないヒトラーたち」に投稿された感想・評価

kei77

kei77の感想・評価

3.9
当時ドイツ人がアウシュビッツでの虐殺を知らなかったことにまず驚いた。そんな状況下で過去の真実を追い求めるのは非常に覚悟が必要なことだっただろう。

先日、実際にアウシュビッツ強制収容所に行く機会があった。そこには多くの国の人々が訪れており、ポーランドの若者達も集団で来ていた。
ヨハン達が真実を調べてくれたからこそ、現代の人々もその悲劇を学ぶことが出来ていると実感した。
Yasu

Yasuの感想・評価

3.5
ドイツナチスの負の遺産に向き合った映画です。実話に基づいた映画だと思いますが、真実を追求する葛藤が表現された映画でした。
Hawkwind

Hawkwindの感想・評価

3.0
これもホロコースト後日談。アイヒマンのような指示だけ出していた大物ではなく、アウシュビッツ現地にいた所員達を探して裁くのに執念を燃やす、若い検事を描いたもの。
人体実験で有名な狂気の医師ヨーゼフ・メンゲレを取り逃がしたり、恋人や自身の父親が党員だと判明してから一時挫折してしまうが、再度奮起して10数名を逮捕し有罪にする。
1958年という戦後10年ちょっとの時点で、ドイツは国をあげてナチスを黒歴史として忘れてしまおうという傾向だったのに驚く。
ホロコーストものでいつも思うのは、人間は大きな組織の忠実な一員になると、殺人や虐待など犯罪行為でさえ平気になってしまうものだという事。
うさこ

うさこの感想・評価

3.2
ヒトラーやホロコースト関連の作品はよく見てるけど、裁判ものは初めて。
知らないことだらけで色々と調べるきっかけにはなった。ネットで調べるくらいだけど、知らないでいるよりかは良かったかも。
クラゲ

クラゲの感想・評価

3.3
読書ノート[9]

「顔のないヒトラーたち」観た。

うーん、、、なんか他人事とは思えない。

ある意味、国の恥とされるような過去に、国民としてどう向き合うべきなのか?っていう。

歴史に潔癖を求めても無駄だと思うし、有罪か無罪かだけでは語れないっていうのもわかる。

自分の歴史観を確認するのに良い作品だと思う。
Toku

Tokuの感想・評価

3.8
気になった音楽たち
Siebenmal In Der Woche, Foxtrott/Vico Torriani
Rachamana/Cantor Gideon Zelermyer
西ドイツの「アウシュビッツ裁判」に至るまでを描いた映画
吹替がなく字幕のみなので目は離せない

日本の場合で言えば「東京裁判」みたいなものだろうか
東京裁判では逆に戦勝国から謂れもないA級戦犯や
虐殺がでっちあげされていたという事実は
今となっては当時の諸々の証拠によって周知することになったが
現段階では実はアウシュビッツやホロコースト自体が
無かったのではないかという見識にまで至っている・・・
(ガス室処刑でさえ本当は殆どなかったという証明もされつつある)

さて、この現時点での歴史的修正を前提に認識した上で
この「アウシュビッツ裁判」に至るまでを見ていくと
公にアウシュビッツが知れ渡ってから現在に至るまでの認識の歪曲等も
一緒に想像したり考えさせられたりして、とても勉強になる映画だった

アウシュビッツの悲劇は戦後すぐに認知されたわけではなく
この「アウシュビッツ裁判」によって一般に知れ渡ることとなる
各々の供述のシーン等は多くを語るものではなく
「見せる」という形で観客の想像に委ねられているのも
「現在の皆さんも周知のアウシュビッツの非道な体験談ですよ」
という見せ方も個人的には考えさせられたりして良かった
色々な事実と照らし合わせながら見てほしい映画でした
こんな裁判があった事すら知らず。
これがなかったらアウシュビッツの実態は明らかにされてなかったのか?
もちろんこれは虐殺行為で許される事ではないけど、戦争という異常な状況下で、党員自らの判断で殺害したのか、命令に背くと自分の身が危険だったのか、その辺りももう少し描いてあればもっと分かりやすかった。
自国の罪を自国で裁く。
そんな国他にはない。
ナギサ

ナギサの感想・評価

3.5
シモンの双子の娘の証言で一気に引き込まれ、彼女との恋模様なんかが鬱陶しいと感じるぐらい残虐行為の真相を知りたいと思っていた。
imagoo

imagooの感想・評価

3.6
正義と言われると違和感を持つし自分がナチであれば不当な裁判だと思うはず、こういう状況を作り出す戦争の恐ろしさの本質を考えさせられる作品。
>|