顔のないヒトラーたち(2014年製作の映画)

Im Labyrinth des Schweigens/Labyrinth of Lies

上映日:2015年10月03日

製作国:
  • ドイツ
  • / 上映時間:123分
    監督
    ジュリオ・リッチャレッリ
    キャスト
    アレクサンダー・フェーリング
    フリーデリーケ・ベヒト
    アンドレ・シマンスキ
    あらすじ
    1958年、フランクフルト。戦後十数年が経ち、ドイツは経済復興の波にのり、人々は戦争の記憶を忘れつつあった―。大きな野心を持つ若き検事ヨハン・ラドマン(アレクサンダー・フェーリング)だが、担当する裁判は交通違反ばかり。ある日の裁判で、交通違反で出廷した女性・マレーネ・ウォンドラック(フリーデリーケ・ベヒト)に魅かれ、彼女の罰金額の一部を立て替える。 検察庁のロビーに現れたジャーナリストのトーマス・グニルカ(アンドレ•シマンスキ)は、友人である元アウシュヴィッツ収容者のシモン(ヨハネス・キルシュ)から、元親衛隊(SS)のアロイス•シュルツが違法に教師をしていることを聞き、その苦情を申し立てる。しかし、検察官の中で、彼の話に耳を傾ける者はいなかったが、ただ1人興味を示したヨハンは、調査を始める。

    「顔のないヒトラーたち」に投稿された感想・レビュー

    ウエ
    ウエの感想・レビュー
    3日
    4.0
    アウシュビッツ収容所での、一度お咎めなしで放された犯罪者達をもう一度裁判にかけるまでの話。
    政治くさすぎて興味無かったんだけど、なんかよくわからないけどすごく面白かった。

    正義と信じてたものが悪だったり、悪だと決めつけていたものの中にどうにも出来なかった正義があったり
    何が悪で何が正義なのか、誰がどこまで裁けるのか、葛藤の中で主人公がよく頑張ったな!って拍手したくなる感じ
    ドイツってほんと凄い国なんだな…
    misaki
    misakiの感想・レビュー
    5日
    3.7
    有罪か無罪かだけでみることが出来ない
    真実に向き合う話。

    「ウソと沈黙の終わり」
    みっちゃん
    みっちゃんの感想・レビュー
    2017/04/19
    4.3

    このレビューはネタバレを含みます

    自国で自国の恥の犯罪を裁けるのはすごい。
    ヒトラー1人が死んだからといって、戦争が終わったわけではない。ナチ党員はその後も何食わぬ顔顔して生きている。
    命令に従わなかったら自分が殺されてた。
    まさにいじめの加害者のセリフ。
    戦後は子どもにアメをあげる優しいパン屋さんに様変わり。

    “生まれた時から英雄なんて誰もいない”

    その通りだと思う。でも、正義を貫ける人間でいたい。

    教育勅語を道徳の教材にという選択肢が現れただけでも恐ろしい。
    HideoKomori
    HideoKomoriの感想・レビュー
    2017/04/18
    4.0
    面白かったぜよ
    sugar708
    sugar708の感想・レビュー
    2017/04/17
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    ホロコーストを題材にしたものは、収容所の中での話や重要人物の話が多いので、この視点での話は非常に興味深かったです。

    臭いものには蓋をするではありませんが、ホロコーストはもう過去のものにしたいという社会の風潮がある中で真実、正義のために立ち向かう姿が印象的でした。

    命令が出ていないにも関わらず虐殺を行った人物もいれば、当時の情勢では「やらなければやられていた」という部分もあり、父親の件を含め主人公が「自分も当時だったら、どうだったかわからない」と思い悩む姿がこの裁判の難しさを象徴しているのかなとも思いました。
    kihopa07
    kihopa07の感想・レビュー
    2017/04/16
    -
    言葉が見つからない。
    七色仮面
    七色仮面の感想・レビュー
    2017/04/16
    3.4
    記録
    paucibed
    paucibedの感想・レビュー
    2017/04/11
    -
    記録
    エスパーいとぅ
    エスパーいとぅの感想・レビュー
    2017/04/07
    4.2
    事実に基づく物語。

    第二次大戦で敗戦国になったドイツと日本。
    ドイツ人がなぜ自国に誇りを持ち、過去の過ちを真摯に受け止めることができるようになったのか。それはこの映画の主人公のように、真実から目を背けることを辞め、様々な困難を乗り越えて現実と向き合い、その結果を国民と共有するという偉業を成し遂げた結果だと思う。

    自分は日本人として本当に「日本」という国に誇りを持てるのか?
    そんなことを考えさせられる映画でした。

    良作ですね。
    pink
    pinkの感想・レビュー
    2017/04/05
    3.6
    こんな過去があったとは…。この時代に生きていた人たちは、人生をどう思って生きていたのだろうか…。
    >|