顔のないヒトラーたちの作品情報・感想・評価

顔のないヒトラーたち2014年製作の映画)

Im Labyrinth des Schweigens/Labyrinth of Lies

上映日:2015年10月03日

製作国:

上映時間:123分

3.8

あらすじ

1958年、フランクフルト。戦後十数年が経ち、ドイツは経済復興の波にのり、人々は戦争の記憶を忘れつつあった―。大きな野心を持つ若き検事ヨハン・ラドマン(アレクサンダー・フェーリング)だが、担当する裁判は交通違反ばかり。ある日の裁判で、交通違反で出廷した女性・マレーネ・ウォンドラック(フリーデリーケ・ベヒト)に魅かれ、彼女の罰金額の一部を立て替える。 検察庁のロビーに現れたジャーナリストのトーマ…

1958年、フランクフルト。戦後十数年が経ち、ドイツは経済復興の波にのり、人々は戦争の記憶を忘れつつあった―。大きな野心を持つ若き検事ヨハン・ラドマン(アレクサンダー・フェーリング)だが、担当する裁判は交通違反ばかり。ある日の裁判で、交通違反で出廷した女性・マレーネ・ウォンドラック(フリーデリーケ・ベヒト)に魅かれ、彼女の罰金額の一部を立て替える。 検察庁のロビーに現れたジャーナリストのトーマス・グニルカ(アンドレ•シマンスキ)は、友人である元アウシュヴィッツ収容者のシモン(ヨハネス・キルシュ)から、元親衛隊(SS)のアロイス•シュルツが違法に教師をしていることを聞き、その苦情を申し立てる。しかし、検察官の中で、彼の話に耳を傾ける者はいなかったが、ただ1人興味を示したヨハンは、調査を始める。

「顔のないヒトラーたち」に投稿された感想・評価

Akiramovie

Akiramovieの感想・評価

3.6
う~ん?、ドイツ社会での ユダヤ人に対する差別意識とか収容所の認識が 映画からは余り分からないので、何故かピンとこない。少しドイツ人の言い訳の様な。
AYANO

AYANOの感想・評価

4.0
ただただ辛い;(

死の天使ヨーゼフメンゲレの実験で、双子たちが大変なことに…

調べると結構写真とか出てきて本当に辛かった
Himawari

Himawariの感想・評価

3.9
こういう、自国の汚点?
に切り込んだような映画は、
日本には出来なさそうだなあと思った。
Roze

Rozeの感想・評価

-
アウシュビッツに行ってきた
身からの意見ですが

主人公と彼女の設定のところ
大事なところが抜けてた
こういう題材ってもっと丁寧に
描いて欲しかったから
始まって5分で観るのやめました。
new

newの感想・評価

4.0
正義感に溢れる検事ヨハンは、アウシュヴィッツ収容所に収容されていた人物から、元ナチス親衛隊の人物が違法に職に付いていることを聞かされる。
検事たちが誰一人と聞く耳を持たない中、ヨハンは一人捜査に乗り出す。

実際にあったフランクフルト・アウシュヴィッツ裁判を元に作られた作品。
一見、重そうな内容であるが、恋愛要素や友情要素といった万人受けするテーマを取り入れて、非常に見易いエンターテインメント作品として成立していた。
それでいながら、作品本来が伝えるべき題材は決してないがしろにしておらず、アウシュヴィッツでの凄惨さ、ナチズムの非道さ、というのはきちんと描いていた。
アウシュヴィッツで働いていた人物全てが"悪"では決して無いんというケアもされているのもポイントだと思う。
kasa1024

kasa1024の感想・評価

3.9
消された罪、消せない記憶か🧐
うーん🤔こんな歴史があったんだなぁ。 いやー考えさせられる‼️
ヨーゼフメンゲレの実験は残酷な物が本当に多かったみたいだ‼️
見ていて本当に辛い_:(´ཀ`」 ∠):
切身

切身の感想・評価

3.7
仕事に真摯で情熱的且つヨーロッパ特有イケメンで観ていて飽きなかった。
仕事から離れると仕事したくなる…笑。
私もあんな風に何かに熱くなれる夢中になれる仕事したいなぁ久しぶりに。
whitelily

whitelilyの感想・評価

3.0
アウシュヴィッツ裁判が行われるまでを描いた作品。

人々の記憶から薄れつつあった迫害の記憶。そもそもアウシュヴィッツ裁判が行われるまではアウシュヴィッツを含め多くの強制収容所で行われていたことが明るみに出ることがなかったわけですから。同じ街で普通に職に就き生活している人々が党員時代、多くの人々を死に追いやっていたという事実。人間は状況によっては悪にも善にも染まれる、それは誰にでも起こり得ること。本当に恐ろしいのは人間に潜む狂気だと思う。

ヨハンやグ二ルカのような罪の意識を内に秘めながらも正義を重んじた人々がいたからこそ世界が知ることのできたホロコーストの真実。その苦悩と努力は測り知れない。
長い長い時間をかけ周到な準備をして臨んだ裁判であったことを知ることができ、その執念と信念に感服した。

ホロコーストそのものの映像は無くストーリーもとてもわかり易く観易い作品だった。
shiho

shihoの感想・評価

3.8
二度とナチスの過ちを犯さないように、改革を起こそうと頑張る、正義の味方のお話し。迫害される側が主役じゃないパターン。
眠り猫

眠り猫の感想・評価

3.5
「あいつは!あいつはきっと黒幕なんだ!」と疑ってた人が全然違った。なんか、ごめん。
>|