顔のないヒトラーたち(2014年製作の映画)

Im Labyrinth des Schweigens/Labyrinth of Lies

上映日:2015年10月03日

製作国:
  • ドイツ
  • / 上映時間:123分
    監督
    ジュリオ・リッチャレッリ
    キャスト
    アレクサンダー・フェーリング
    フリーデリーケ・ベヒト
    アンドレ・シマンスキ
    あらすじ
    1958年、フランクフルト。戦後十数年が経ち、ドイツは経済復興の波にのり、人々は戦争の記憶を忘れつつあった―。大きな野心を持つ若き検事ヨハン・ラドマン(アレクサンダー・フェーリング)だが、担当する裁判は交通違反ばかり。ある日の裁判で、交通違反で出廷した女性・マレーネ・ウォンドラック(フリーデリーケ・ベヒト)に魅かれ、彼女の罰金額の一部を立て替える。 検察庁のロビーに現れたジャーナリストのトーマス・グニルカ(アンドレ•シマンスキ)は、友人である元アウシュヴィッツ収容者のシモン(ヨハネス・キルシュ)から、元親衛隊(SS)のアロイス•シュルツが違法に教師をしていることを聞き、その苦情を申し立てる。しかし、検察官の中で、彼の話に耳を傾ける者はいなかったが、ただ1人興味を示したヨハンは、調査を始める。

    「顔のないヒトラーたち」に投稿された感想・レビュー

    みぃ
    みぃの感想・レビュー
    4日
    -
    記録用
    み
    の感想・レビュー
    2017/05/18
    3.0
    こんなに忘れられていたというのにびっくり
    パンダヤロウ
    パンダヤロウの感想・レビュー
    2017/05/17
    3.9
    ドイツはスゴイ歴史を抱えてるんだなとあらためて思い知る。
    りかりん
    りかりんの感想・レビュー
    2017/05/15
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    ヒトラー関連の映画は、良く観てるけど、こちらの作品もとても良かった。

    シモンが、子供達のことを語るたび、涙がでた。

    アウシュヴィッツを訪れた時の言葉。
    「アウシュヴィッツは、この地に眠る記憶。裁判をしなければ忘れ去られる」

    決して忘れたい記憶で消し去りたい歴史だろう。
    でも、忘れては決していけない。

    実話に基づいてるとのこと。
    自国の罪を自国で罰せる、素晴らしい勇気だと思う。
    apomelvie
    apomelvieの感想・レビュー
    2017/05/14
    3.8
    主人公が壊れていくところの描写が良かった
    まるまる
    まるまるの感想・レビュー
    2017/05/14
    4.3
    記録
    Haruka
    Harukaの感想・レビュー
    2017/05/12
    4.0
    素直に感動した!

    ナチスやヒトラー、その後の裁判など歴史の勉強にもなるけれど
    ドイツという国をよく知ることができた。

    1958年…と始まる冒頭部分で
    アウシュビッツが何なのか主人公含め国民の多くが知らないというシーンはいきなりショッキング。

    「罪」を暴いて裁いていくストーリーだけど、それでも作中には「罰することよりも被害者を想い祈ろう」という方針がきっちりあるのが、すごく良かった。

    主人公の葛藤と闘いに、熱くなりました。
    ちゅんじ
    ちゅんじの感想・レビュー
    2017/05/03
    -
    日本の対応との違いが決定的すぎる
    a2y6a
    a2y6aの感想・レビュー
    2017/05/01
    3.5
    最近ナチス関連の映画が多くて、
    つい手にとってしまった。
    アウシュビッツの事は知ってるつもりだったけどまだまだ知らない事が多かった。
    やっぱり映画は歴史の勉強になる。
    ナチス党員を自国の手で捌いてこそ正義を貫ける。
    ドイツらしい話しだった。
    尺がちょっと長くて
    感情を引き込むところがブレていた気がするけど、
    概ね良かった。
    アイヒマン実験で上からの命令だから仕方ないという考えが
    今の過重労働をさせる日本社会の腐った上層部に似てる気がする。
    りゅーせい
    りゅーせいの感想・レビュー
    2017/05/01
    4.0
    過去鑑賞記録
    >|