手紙は憶えているのネタバレレビュー・内容・結末

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿されたネタバレ・内容・結末

オチは中盤あたりからわかってしまうので、あえて深読みしてみる。
主人公ゼヴはアルツハイマー型認知症を患っている。短期記憶はすっぽりと抜け落ちるという表現は寝たら昨日の事が忘れているという描写で説明される。本当は寝なくても2〜3時間で忘れるというか、思い出せないといか、記憶に無いから仕方ない。
ピアノでワグナーを奏でてみせるゼヴ。おそらく長期記憶は、まだらながらも担保されていて、何かのきっかけで自分こそがナチの残党でありアウシュビッツのブロック長だった事は、時折思い出していたはずだ。
最期、自害するゼヴは確信犯的で、本当の目的は仕組まれた復讐でなはく、知った上であえてナチの残党狩りに自ら歩み出していたとしたら。人生最期のけじめのために。何て深読みすると、怖い。
ナチの犠牲者たる者には贖罪の涙を流し、ネオ・ナチ風情な息子は容赦なく撃ち殺すシーンに辻褄が合い、説得力が増す。手紙を読むと思い出す仕掛け。何を。remember

病院に居た手紙を読む女の子がメタメタに可愛い。
認知症で過去の出来事を忘れてしまったら、ユダヤ人の気持ちか分かったんだろうか?戦争の状況がそうさせただけで本人が悪人な訳じゃないんだろうか…
でも、人を殺した後にシャワー浴びてバスローブとベッドを勝手に使うって尋常じゃないな。
認知症のおじいちゃんが頑張る話

ご丁寧にパッケージにでかでかと衝撃のラスト5分って書いてあるので落ちが予想できてしまう

衝撃のラストラスト詐欺
最後の展開、アァ。。
なるほどね、という、復讐劇。

色々な人に会わせたのは、
記憶を蘇らせたかったからなのか?

後から調べたら、尊敬するピアノの作曲家(モシュコフスキー、メンデルスゾーン、マイアベーア)は全員ユダヤ人でした。
おじいちゃん銃使うの上手いなぁと思ったら、、そういうことね、、
年寄りに復讐は無理でしょ、と思っていたら…
認知症の復讐と言ったら。最後はメメントを見てるかのよう
朗読の女の子がかわいいかわいい
ちょっとしたロードムービーかと思えば、
最後に大どんでん返しが。
何気に名優たちの共演
まさかの結末。
この映画を見終わった後の一言!
衝撃的でした。

ただアウシュビッツの被害者の最後の願いの映画と思って見てたら、最後本人がまさかのゼブがオットーでマックスが被害者で自分の家族を殺させれたから認知症になった彼を使って殺しに行くかせてるとは予想だにしなかった!
でも、最後自分がオットーだったと分かったゼブが自害するのは罪の重さ、償いの気持ちなどが溢れ出して、潔く非を認める展開に時代に翻弄されながらも嘘で塗り固めて生きても、根本の人柄は変わらず、性格が出たのかなと思った。
映画のタイトルやあらすじからは予想出来ない展開で暗い物語の割にはサックっと観れるので楽しめた。
うちのHDDに録画されていて、どんな話なのか、なぜ録画したのかも全く記憶になかったけれど、95分という時間的に丁度いい長さだったので見た。
だから、最後のびっくり具合は半端じゃなかった。
後でチラシ見たら「ラスト5分の衝撃」とか書いてあるじゃないか。
何も考えないで見たいタチなんで、知らなくてよかったよ。

1週間前に妻が死んだ事も忘れるくらい認知症の進んだ主人公が、同じケアハウスに住む友人の書いた手紙通りに行動し、アウシュビッツで家族を殺した元ナチを探すという老人ロードムービー。
眠るたびに記憶がなくなり妻を探すので、そのたびにドキドキハラハラ。
自分でも、自分の腕に「手紙を読め」と書いていたけど。

死んだユダヤ人の名前で逃げたナチの疑いがある人物は4人。
一人目はアウシュビッツにはいなくて、ロンメル将軍とインドにいた。
二人目は病院にいて彼の腕には囚人番号の刺青があった。同性愛者だった。
三人目は当時10歳だった。
となると残る四人目が当たり。
ターゲットである元ナチの、娘と孫娘に歓待される主人公。
「いつかお前が来ると思っていた」という四人目にピストルを突きつけ「英語で自分のした事を家族に聞かせろ!」と強要する。
確かに四人目は元ナチだったが、主人公が探しているのは主人公自身だと聞かされる。
「俺達はユダヤ人に成りすます為、互いの腕に囚人番号を彫りあったんだ」真実を話す元ナチを撃ち殺し、主人公も頭を打ち抜いて死んだ。
ニュースをテレビで見ながら涙を流す、手紙を書いて渡した老人。
「あいつらはアウシュビッツで家族を殺した」

唸ってしまった・・・。
不確かな認知と腕の刺青を利用して、自分はユダヤ人でアウシュビッツの生き残りであり、家族を殺されたと思い込ませて元ナチを殺す旅に出させるという操作っぷり。
危ういけれども、ぴたりとハマるとこれ以上はない完全なる復讐。
半年前ケアハウスに主人公が来た時にすぐわかったというから、半年間ずっとこの計画を練っていたんだろう。
後から反芻すると、四人目の家で主人公が弾いていた曲がワグナーだったのも、ああ、と思える。
老人が主人公に手紙を渡す時に「お前が忘れても、手紙が憶えている」と言った言葉が最後の最後にブーメランで戻ってきた。

正当防衛(?)で殺された三人目の息子と犬、そして今後大変苦しむであろう主人公と四人目の家族の事を考えると、手放しでは喜べないが作品としては満足。
大どんでん返し、、、こわ、、、
ゼヴは認知症だからほとんどのことを覚えてないけどマックスに協力してもらってアウシュビッツで家族を殺した人を探して復讐しようとする。
それでようやく探してた人をみつけたけど、、、
認知症の記憶ってそんなに曖昧なのか〜
捻じ曲げたかった過去を、都合よく塗り替えて、忘れてしまってるんだな、、、
認知症になったらわりと深層というか、理性というか、潜在的な性格と記憶がでてしまうと思ってたけどこういうこともあるのね
途中まで眠くなってたけどクライマックスの追い込み、、、、
>|