手紙は憶えている(2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:
  • カナダ
  • ドイツ
  • / 上映時間:94分
    監督
    アトム・エゴヤン
    脚本
    ベンジャミン・オーガスト
    キャスト
    クリストファー・プラマー
    ブルーノ・ガンツ
    ユルゲン・プロフノウ
    ヘンリー・ツェーニー
    ディーン・ノリス
    マーティン・ランドー
    ナタリー・クリル
    ジェイムス・ケイド
    あらすじ
    最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

    「手紙は憶えている」に投稿された感想・レビュー

    ぺしん
    ぺしんの感想・レビュー
    2日
    3.0

    このレビューはネタバレを含みます

    オチがひとことで言える映画

    観てるときは、
    「はじめてのおつかい」のようなハラハラドキドキもあるし
    サスペンスとしてもそこそこ面白いけど
    終わらせ方が微妙だった

    記憶のフラッシュバックに
    アウシュビッツの映像でも入れたら
    もっと重々しい映画になっただろうに

    認知症って
    人生最大のトラウマまで忘れちゃうのかな
    ナチの旗や軍服を見たり
    人を殺したことで思い出したりしないもんかね

    偶然がうまいこと重なってこの結果になったように思えてならない
    マックスがいつから仕込んだのか分からないが、
    ここまで仕込むまでの過程が見てみたいわ
    幸村
    幸村の感想・レビュー
    2017/02/15
    3.0

    このレビューはネタバレを含みます

    こういうラストでどんでん返し系の映画は大好きなんだけど、もう90歳でしかも認知症まで患っている老人にそこまでの復讐をするのかとなんかドン引きしてしまった…
    金曜のおじさん
    金曜のおじさんの感想・レビュー
    2017/01/30
    4.5

    このレビューはネタバレを含みます

    なんとなくで観た作品
    ただただ面白かった。オチは分かりやすいと言えば分かりやすいのだが
    それまでの課程と、なぜおじいさんが主人公なのか。なぜ手助けするのか。
    最後には すべてが伏線のように思えてくる。メメントが好きな方は好きかも
    えちぜん
    えちぜんの感想・レビュー
    2017/01/24
    3.6

    このレビューはネタバレを含みます

    「アララトの聖母」とか面白かったけど、最近は不振続きな気もするアトム・エゴヤン。

    けど本作はなかなか楽しめた。メメントじゃないけど起きると全て忘れている。認知症のじいちゃんが、銃携帯で、一人で旅をするなんて想像するだけで背筋ゾクゾク。語り口、話の運びがうまいので目を離せない。


    サスペンスの背後に、現在にも続く戦争の遺恨を感じるところも歴史的社会派。ナチスやユダヤの歴史とは、日本人は知識では知っていても、ヨーロッパの人とは肌感覚で温度差があるんだね。
    のり
    のりの感想・レビュー
    2017/01/18
    3.6

    このレビューはネタバレを含みます

    『メメント』の再来。認知症という設定が序盤はかったるいがそれを上手く活かした上でのラスト。後味は良くはないけど見事に騙された。

    老人ののほほんとしたロードムービーが一転してミステリーに。謎が深まっていき、期待を裏切るラスト。近年のどんでん返しものでは良作だと思う。あとあと考えてみると伏線もいくらか散りばめられてるししっかり計算されてる。
    陽気なようで不気味なBGMもハマってる。

    こーゆー技巧を凝らした作品で難しい題材であるナチスをこんだけ面白く組み込める監督の力量に感服。
    ひしくい
    ひしくいの感想・レビュー
    2017/01/14
    4.5

    このレビューはネタバレを含みます

    引き込まれるスリラー、すごい。ジモのような復讐劇を繰り広げる老人の映画です(公開はこっちが先ですが)。
    黒幕が誰なのかには序盤で気が付いたけども、あの結末は予想できずびっくりさせられました。

    思えば「ん?」と思うべきところはいくつかあって、例えばシャワーヘッド、脱ぎ捨てられた服、ぎこちなかったメンデルスゾーンと滑らかに弾けたワーグナーの差、そしてもしかしたらゼヴという名前。

     シャワーヘッドが、ガス室を表す記号としてではなく、実物として記憶に焼きついているなら、つまり実際にシャワーヘッドの下に立たされたのなら、収容所の「生存者」ではありえない。
     また同様に、人気のない床に置かれた服、というのも、脱いだ人間というよりも回収する側の視点と考えたほうがしっくりくる。

     ゼヴ、という名前を伏線ととらえるのは正しいのかよくわからないけど……。狼って、ユダヤ教では不浄?な生き物扱いだった気がする。食べちゃいけないだけじゃなくて、狼そのものに悪いイメージがあるのなら、名前にするのは不自然なんじゃないかなーと。
     でも、オットーが、「ゼヴ」という名前を自分に「つけた」んじゃなくて、「ゼヴ」という名前の人間の身分を「選んだ」んだったら、ゼヴという名前はあり得るということになるから、これに関しては確証がない。
    犯罪の被害にあった方の多くは、相手がその罪の重さを自覚し反省した上で裁かれることを望むけれども、自分を被害者だと思い込んでいる加害者は、ある意味完全に罪の重さを知っており、同時に全く知らないという状態なわけだ。マックスにとってはもちろん後者だけども。
     ゼヴは、マックスと出会った時には、クニヴェルトのようにありとあらゆる人に嘘をつき続けるうちに、既に自分がオットーであったことを忘れてしまっていただろうから、マックスはそれはそれは駆り立てられたことだろうなあ……。

    最後に画面に大きく表示される原題の "Remember" は、「忘れるな」という実際のセリフのように生々しく感じられて、鳥肌が立ちます。

    あと、この映画は、認知症を描いたものとして見ても面白い。あそこまできっちりと寝る・起きるがスイッチになることはあんまりないんじゃないかとは思うけども。
    最初は、生きがいややるべきことがある患者がいかに活動的になり、生き生きとするかを描くのかと思っていました……。


    オットーとクニヴェルトは恋愛関係にあったのではないか、という考察めっちゃ面白い。病院にいる第2の候補者のもとを訪れるシーンと、ラストシーンが特に面白さを増す。そこまでの相手を完全に自分の記憶から消してしまっていたことに気づいた衝撃……
    なっつん
    なっつんの感想・レビュー
    2016/12/29
    4.1

    このレビューはネタバレを含みます

    このような作品は、真相を知ってから伏線を振り返るのが醍醐味。

    その一つがシャワー室。
    湯船に浸かりシャワーを見上げると、復讐の旅に出たことを忘れる。
    殺人を犯した後に向かったのはシャワー室。
    ガス室での虐殺と関連がありそうだが、はたしてどこまで意図しているのだろうか。

    もしかしたら、シャワーが引き金となり、ナチであった記憶が戻りそうになっていたのではないのか。

    あるいは、ラストだけではなく殺人を犯した時にもナチであった記憶が戻っていたのではないか。(殺人後とはいえ、ナチへの復讐者がヒトラー支持者のベッドで眠るのは少し違和感を覚える。)

    しかしこれらは憶測でしかない。
    一つ一つの場面が見逃せない、非常に緊張感のある作品。
    さいとうまさふみ
    さいとうまさふみの感想・レビュー
    2016/12/24
    2.2

    このレビューはネタバレを含みます

    ある程度ミステリーに馴染みがある人なら予想できるラストかもしれない。
    ただ公式HPの説明は丁寧、サイモン・ヴィーセンタル・センターとか。
    ばるでむ
    ばるでむの感想・レビュー
    2016/12/23
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    まったく恐ろしい復讐。
    ぞわぞわする。
    ぽぽ
    ぽぽの感想・レビュー
    2016/12/10
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    自分オチか〜
    だからドイツ人が好む作曲家を弾いていたのか
    音楽は関係ないって言っていたけれどそんなことなかった
    なんで犬だめだったんだろ
    当時の親衛隊が今だと90歳近くなっていて、歳の関係で裁判沙汰にできない
    この内容は今だからできる映画だと思った
    最後に憶えてるって言っていたけど、どこまで憶えていたんだろ
    >|