手紙は憶えているのネタバレレビュー・内容・結末

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿されたネタバレ・内容・結末

困ってるおじいちゃんにみんな優しい…優しい世界…そんななかで、実は殺人計画と秘密を抱えているおじいちゃん、ミステリとしてめちゃくちゃ面白いよな。

いかにも怪しい、手紙を渡した男、
徐々に明らかになる目的、事情、そして真実。

銃の所持が当たり前の社会、認知症でも銃は買える、

四人のルディ・コランダー、オットー・ヴァリッシュ候補の男たち、
ひとりめは所属違いの元軍人、
ふたりめは収容所にいた同性愛者、
さんにんめはナチス信奉者でユダヤ嫌いの親子、いまだに続くもの、
よにんめは、楽園のような家に住む、かつての友、
ごにんめは、

いやー、すごい。思い出せ、思い出せ、まだ終わってないんだと、呪詛のような。手紙ひとつで完全犯罪。完璧な復讐。

彼が謝罪した相手。次世代の芽を自らの手でつんだのも、贖罪か。

狼のゼブ。どういうつもりで名乗ってたのか。なんともなあ。

子供とのやりとりがどれも素敵で、思い返しても、そこに恐ろしさは感じない。

忘れたかった、忘れられなかった、忘れてしまった、忘れさせてたまるか。淡々としていたからこそ、凄みのある幕切れだった。
原題のrememberって、思い出せ、憶えてるだろ、忘れさせるものか、っていうマックスの憎しみが詰まってると思うと胸が痛い
冒頭から何となく結末が予想できてしまったため、それを確認する作業として本作を観た。

やっぱり予想通りだったのだけど、過去にアウシュヴィッツ強制収容所にいたという同姓愛者のおじいちゃんと、本作の主人公ゼヴに彫られていた囚人ナンバーの入れられ方が若干ちがうなとか、ナチ崇拝の警察官を拳銃で打ったときの命中率の半端なさとか、ゼヴが戦犯だと気づく伏せんがけっこう張ってあったりしてそれを見つけるのが楽しかった。

そして、つくづく人の記憶というものの頼りなさを実感。自分に都合の悪いことや正当化したいことは勝手に記憶を改ざんしていたりするからこわい。ゼヴは認知症だったから余計ね。結局、この手紙を書いたおじいちゃんの復讐劇だったわけだけど、よくこんな回りくどいやり方で復讐を果たそうと思ったな、と感心してしまった。他の方法ではだめだったのだろうか。
録画だめしてて録ったかも覚えていないくらいで内容も全く見ずにタイトルだけでぱっとこれだ!と思って選んで、感動系の話だと思ったがナチの復讐話だなんて思わなくて驚いた。
正直最初の方全くストーリーが分からないし面白くなさげだと思っていたけどこの映画は見てとても良かった。
コロニアで初めてナチスの映画を見てホラー映画以上に鑑賞中ずっと心臓がばくばくして見た後も立ちすくんだけど、この映画は途中までは怖くないが警官を殺したあたりからヒートアップしてほぼ最後の最後で動悸が止まらなかった。
私は映画を見る立場としてはいい意味で馬鹿で鈍感だから最後の最後まで犯人には気づかなかったし、とても面白かった。
人間は都合のいいことは覚えていて、都合の悪いことは記憶を書き替えてしまうなんて最低なんだろうと感じた。
認知症の進んだ老人の道中の痛々しさに胸が締め付けられそうになった。
腕にメモを書いているのがメメントみたい。

朝起きたら全ての記憶が飛んでいるほど認知症の進んだクリストファー・プラマーを、マーティン・ランドーは、よくもまぁ送り出すものだ、いくら元気な頃のクリストファー・プラマーに頼まれていたとしても、無責任過ぎる。

これは、クリストファー・プラマーの意思というより、マーティン・ランドー側に、何か私怨を晴らしたいといった動機があるのでは と思っていた。

しかも、クリストファー・プラマーの咄嗟のガンさばきがとても認知症の老人とは思えないし、昔訓練を受けて身体が覚えていたんだろうな、と察しがついた。

だいたい、マーティン・ランドーはユダヤ人の役が多いけど、クリストファー・プラマーは、オーストリアの軍人役などが多くて、最初から、配役に ちょっと引っ掛かっていた。

今もなお終わらない戦犯問題と、認知症の問題をうまく絡めたストーリーだと思う。原題の「Remember」がよく物語っている。

しかし、認知症が進んでしまったら、悪意を持った人間にかかるとイチコロだよなぁ。

そういう意味では、クリストファー・プラマーの道中に出会った人々が良い人達過ぎて、ハラハラしながもホッコリした。

舞台は見事にアメリカやカナダの地方を巡っていた。目立たない場所に潜んでしまったら、戦犯も まず見つからなさそう。

そういう意味で、まさかの老人施設での出会い、しかも相手は認知症というのは、青天の霹靂だったろう。

クリストファー・プラマーのピアノを弾くシーンが良かった。
五里霧中──正にこの言葉が当てはまる。
主人公セヴが頼る「記憶」が本当の「記憶」なのか信用出来る根拠は実は何一つ無いこと。

友達のマックスって誰?
ルースは何処へ行った?

認知症を患うセヴの現実と泡沫の境は何処から何処までなのか。眠りに落ちる度にリセットされて、しかし真実に近くなればなる程にリセットで失われる範囲も少なくなっていたように思う。
それは「真実=逃れ様子のないもの」であり「リセットで決して消しされない事実」が残酷かつ確実にセヴを追い詰めていき、観ていながら息苦しさを覚えた。

ラストで語るマックスの長きに渡る復讐。
本当に「命を懸けた」復讐なのだなと感じた。

認知症からなのか、過去の残酷な真実から目を逸らすべく働いた本能による「忘却」なのか──

誰も幸せになれない映画だった。
けれど決して嫌いではなかった。
根が深い問題ですね。何十年経とうが恨みは忘れられないんでしょう。ナチス信奉者の人も怖すぎました。そこまで差別する?ヤバすぎる。最後衝撃すぎて、えーっ!!って叫んでしまいました。マックスの行動は賛否両論あるやろけど、それほど憎んでたんでしょうね。
最後死んだあの2人の子供達はこれからどうするの?自分たちをユダヤ人、ユダヤ教と思って行きてきたのに、まさかドイツ人やったとは‥これからどんな人生を歩むのか。。辛いなぁ
この作品はすごい。

それしか言葉がでません。
ナチスで自分と友人の家族が殺されて手紙を便りにおじいちゃんが復讐をする話。

私はナチスのことをあまりしらないけど、息子のナチス信仰者がユダヤ人としっただけで、人の態度がガラッと変わったのがびっくりした。そんなにユダヤ人とナチスは息子のだいにわたってもユダヤ人をけぎらいする仲なんだなっておもった。

最後が…まぁ、私は最初、老人ホームで主人公のおじさんと話をしていたあのおじいさんが黒幕かな、っておもってたら、まぁ、間違ってはなかったですがあまりにもその理由が…なんともいえない、重い空気になりましたし、あのおじさんの復讐ははたせたんだとおもいます
どんでん返し系の映画を探していたところ、こちらの作品もどんでん返し系だということで観てみました。

どんでん返しの中でも全てがひっくり返る話で、面白かったです。
ただ...薄々予測できるオチでもあったので100%では無かったです(´・_・`)

どんでん返し系だと知らなかったら、本当に面白かったのかもしれませんが...。

結果想像とは違ったけど、あんな形で終わらなくても…

でも一回見てからもう一回見ると、セブが警察にとった冷静な行動を理解できる

セブが自分の人生をチャールズにどの様に語ったのか、最後に触れて欲しかった

私はマックスがキーマンだと思ってたんだけどなー
>|