手紙は憶えている(2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:
  • カナダ
  • ドイツ
  • / 上映時間:94分
    監督
    アトム・エゴヤン
    脚本
    ベンジャミン・オーガスト
    キャスト
    クリストファー・プラマー
    ブルーノ・ガンツ
    ユルゲン・プロフノウ
    ヘンリー・ツェーニー
    ディーン・ノリス
    マーティン・ランドー
    ナタリー・クリル
    ジェイムス・ケイド
    あらすじ
    最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

    「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

    マックスの用意周到さが凄い。どれほどの執念があったんだろう思う。
    ゼヴが寝て起きてその度に妻がいない現実を受け入れなきゃいけないのが辛かった。

    ラストが衝撃的。
    7
    3.3
    完璧に最後まで騙された。
    最後でため息でた。

    認知症のおじいちゃんにこんなことをさせてはいけない!と同時に認知症のおじいちゃんだから、この話が成立してるってところもある。

    つらい!つらいしか言葉が出ない。
    haru
    4.0
    「忘れる」ことは、最大の罪。

    ゼヴは重度の認知症で、妻が亡くなったことすら憶えておらず、毎日妻の名を呼んでは妻の死を知る日々。ある日友人のマックスから手紙を渡され、旅に出るゼヴ。手紙には、過去にアウシュビッツで彼の家族を殺した人物「ルディ・コランダー」の居場所が書かれていた。

    90歳の認知症のヨボヨボじーさんが、銃を持って積年の恨みを晴らすなんて新しすぎます。メメントばりに記憶が持たない上に、ちょっと歩いたらゼェゼェしちゃう。まさかこんなじーさんが今から誰かを殺しにいくなんて思いもしない。(ちなみに「ルディ・コランダー」もかなりの高齢なので、逃げられる心配もなさそう)

    私は全然オチが読めなくて最後まで楽しんじゃいましたが、たぶん途中で気づいてしまう人も多いと思います。でも復讐の目的が犯人の死ではないということを知ったとき、被害者の恨みというより哀しみを感じました。
    人間の記憶って、嫌なことは忘れたり、いつの間にか都合良く書き換えられてたりして、必ずしも正確なものではない。だけど起きてしまった「事実」は消えないし、変わらない。被害者からすれば、加害者が罪を忘れて生きているなんて絶対に許せない。それは償ってほしいという気持ちからではなく、相手だけ苦しみから逃れていることが許せないのだ。もうすぐ死を迎えるであろうこのタイミングに思い出させるというのも、これまでの人生が一瞬にしてなかったことになってしまうくらいの絶望を味わわせる、最大の復讐だと思います。
    ラストのマックスの「彼は理解しただけ」というセリフが、すごく悲しかったです。
    じょん
    5.0
    アウシュビッツの囚人だったゼブとマックスが、収容所のブロック長だったオットー・ヴァリッシュを探し復讐を企てるという話。主人公のゼブは、老衰により歩けないマックスに代わって、ルディ・コランダーという偽名を使ってアメリカで生活するオットーを探す実行役となる。ゼブは認知症を患っており、記憶を保持するためにマックスは過去の事実や復讐計画について綴った手紙をゼブに託す。これが、タイトルの意味だろう。
    そして、ついにゼブはアウシュビッツのブロック長だったルディ・コランダーを見つけ出すが、彼はオットーではなく別の親衛隊員だった。そしてコランダーはゼブこそがオットーだと言う。ゼブもコランダーも、敗戦時に捕まるのを恐れ、殺した囚人の身分を奪ってなりすますことでアメリカに逃れた偽ユダヤ人だったというオチ。しかし、ゼブは認知症によって過去のことを忘れ、その時に偶然マックスと出会い、マックスにより偽の記憶を吹き込まれた。一連の計画はすべて、マックスによる壮大な復讐劇だった。この作品には戦時中の回想の類が全く無いが、ゼブ本人は過去のことを明確に憶えていないわけで、あえて回想を入れないことでそれを暗に表してるのかもしれない。
    また、ゼブはワーグナーを好んでいたが、ナチはワーグナーを盛んに宣伝に利用したため、ユダヤ人には忌避されているらしい。これは事前に知っていれば楽しめた伏線だったので、残念。
    最後のシーンでマックスの机の上にゼブことオットーの親衛隊時代の写真が置かれていたが、それがゼブを演じたクリストファー・ プラマーの若い頃の写真だったのは少し驚いた。プラマーはサウンドオブミュージックのトラップ大佐役で有名だが、劇中で大佐は強硬なな反ナチ派だったので、親衛隊の軍服を着たトラップ大佐を見てしまったようで、複雑な気分にもなった。
    全体を通して思ったのは、欧米において、ナチというのは現代でも根が深い存在なんだなということ。こういった作品を見ると、向こうでのナチの捉え方みたいなものが少し分かる気がする。
    Junko
    3.9
    どんでん返し系という事で、
    前情報を一切入れずに観賞。

    伏線が張られていたので、
    早い段階でラストはこうかなーと
    分かる方には分かると思う。

    主人公が認知症により
    過去を忘れている事、
    そこにマックスの恨みの深さが加わる事により、認知症による行動や思考力の低下の怖さも浮き彫りになっていると感じた。

    偽の記憶の怖さ。

    ネタバレしてから観賞しても考えさせられる映画だと思う。
    karin
    4.2
    爺さん同士の恨みも怖ぇ
    はゆ
    4.5
    2017-044
    久々に超好みのサスペンス!これは大当たり。なんとなく眼鏡のじーさんが黒幕なのかなーって予感してたけど、でも認知症をトリックに使う結末にはビックリした。展開にもハラハラしたし、目覚める度に妻を探して手紙を読んで絶望する繰り返しが切なくて、頼むからじーさんもう寝ないでくれ頼む!って無茶なことを考えてしまった…。警官のおっさんがじーさんがユダヤ人と知った時のあの顔、リアルで怖かったなぁ…。サスペンス好きにはオススメだけど認知症の家族がいる人には迂闊に進められない…かな…
    1928
    4.0
    たどり着いた真実がたまらない
    たくみ
    3.6
    オチを読むのは、難しくないと思う。
    そこに至るまでのゼヴの容体。目覚める度に妻の名を呼ぶこと。妻を愛していたのは、偽りではなかった。
    ユダヤだと聞いた途端豹変したナチス信仰の息子。

    一番は、最後のマックスの表情。
    年月を経たおじいさんの復讐劇だということを、非情に感じさせてくれる。恐らくマックスの心は晴れないんだろうなと、個人的には思う。
    よくあるパターン。よめてしまった。
    >|