手紙は憶えているのネタバレレビュー・内容・結末

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿されたネタバレ・内容・結末

認知症のおじいさんが友人から託された手紙に従ってアウシュヴィッツで自分たちの家族を殺したナチの人間を探す

そうきたか〜

歳に任せて自分の業を記憶から消した家族の敵に再開した時とか手紙を書いてる時のマックスの心を思うと、、
途中までは老い先の短い老人の恨みを駆り立てるナチの悲惨さを思い、心苦しく観てたけど、まさか、最後に自分が探していた本人だったことを思い出すというのは衝撃的だった。マックスはどんな気持ちでこの計画を練り続けていたのだろうと思うと更に凄まじい決意を思わせる。
予想より重い映画だった。ナチに家族を殺された2人の老人。腕には囚人番号が彫られている。生き残った兵士を探すために、認知症のゼウは友人のマックスと協力して探し回る話。寝て起きる度に記憶がなくなるゼウ。最終的に生き残りを見つけるも、ゼウ自身も兵士で互いに逃げるために腕に番号を彫っていたという。全てはマックスだけが復讐のために仕組んでいた。ゼウが弾くピアノが素敵。
94分の映画ですが物凄く長く感じた。
とても重く哀しい作品。
見終わった後の何ともやり切れない思い。
ずぅっと痛々しく緊迫した内容だが、途中でテレビを見て笑うシーンでちょっとホッとする。
ラストのどんでん返しは悲しすぎて涙がとまらなかった。
戦争はあってはならない。
観賞後の喪失感。

ゼヴは何を得たのか。
そして友人マックスは
どういった想いで彼を送り出し
また報告を聞いていたのか。

ただ手紙に従い、行動するゼヴに
償いの意思があったとは考えられない。
真実を嘘で塗りかためていることを
忘れているから。
──自分は犠牲者であり被害者だ
そう信じていただろう。

だからこそ
最後の場面で事実を思い出したとき
彼は何を思い、自害したのか
それが気になった。

ゼヴの台詞
──"Remember"
「覚えている」
確かそう訳されていた。

「思い出した」わけではない。
その事実は彼の中に
ずっと「あった」のだ。
ミッションをクリアしていく主人公と進行に
感動系かしら、サスペンスチックな要素もあるかしら、腕の数字って…

など半ば応援する気持ちもありつつ
ハラハラと見守っていると。。

!!!

なんとも胸が痛い。切なく悲しい。
ラストの衝撃真実、ネタバラシにやられた。

ホロコースト×認知症でこんな風に描かれるとは。
スゲー!派手さは一切ないのだが、脚本と俳優の演技で魅せる!
マックス調子良くない?そんな重いこと普通頼む?と思ってたけど、こういう事だったのか!と。
ゼヴは忘れてしまったというか、忘れたかったのかもしれないと思った。
マックスはこれで満足したのかな。
"ラストの衝撃"
みたいなことを予告で言わないで欲しかったかも。。

心の準備をしてしまったため、あまり驚けなかった。涙

サウンドオブミュージックのトラップ一家の大佐が(オーストリア人で反ナチス)

今度はガチガチのナチスの役。笑
淡々と進むストーリーとは裏腹に、老いてもなお忌まわしい過去の記憶に囚われ苦しめ続けられる姿がすごく残酷に映る。死を前にした人間たちが自分の心に決着をつけるための哀しい復讐劇。あの出来事で心に負った深い傷は、被害者も加害者も同じなんだろうかと考えさせられる
>|