手紙は憶えている(2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:
  • カナダ
  • ドイツ
  • / 上映時間:94分
    監督
    アトム・エゴヤン
    脚本
    ベンジャミン・オーガスト
    キャスト
    クリストファー・プラマー
    ブルーノ・ガンツ
    ユルゲン・プロフノウ
    ヘンリー・ツェーニー
    ディーン・ノリス
    マーティン・ランドー
    ナタリー・クリル
    ジェイムス・ケイド
    あらすじ
    最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

    「手紙は憶えている」に投稿された感想・レビュー

    はるまき
    はるまきの感想・レビュー
    2日
    3.3

    このレビューはネタバレを含みます

    途中で、ゼブはあやつあれてるだけでは?と思ったけど、ラストはもう一段超えてきたね〜
    最後の自殺は何に対しての贖罪だったのだろうか
    ino0jp
    ino0jpの感想・レビュー
    4日
    3.6

    このレビューはネタバレを含みます

    なるほどね。ボケ老人に記憶のすり替え
    ビッグゴッド
    ビッグゴッドの感想・レビュー
    2017/05/21
    3.7

    このレビューはネタバレを含みます

    認知症

    ナチス

    復讐


    ラストを知ってて鑑賞したが、序盤のマッタリ感からの後半からラストにかけての緊迫感は中々の物。

    警察官を銃で打っても何とも動じないところが、やはりなって思わせる。
    SayakoMizushima
    SayakoMizushimaの感想・レビュー
    2017/05/21
    3.9

    このレビューはネタバレを含みます

    面白かった。ビックリした。
    ワーグナーを最後にピアノで弾いているあたりが怪しかったのかな。
    他にもヒントはあったのかな。
    認知症はコントロールできないもんね。
    えーこ
    えーこの感想・レビュー
    2017/05/17
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    まだらボケのゼヴが妻ルース亡きあと、
    決行すると誓ったこととは…
    友人マックスが託した手紙を手に彼は旅立つ。

    目覚めるたびに記憶を無くして「ルース、ルース…」
    ちょっとぉ~、大丈夫かぁ~
    90歳のじいさんがヨタヨタと、
    一体何をしようとしてるんだとハラハラドキドキ。
    それは、彼らの家族を殺したナチスへの復讐!!

    前情報なしで観たので、ほんとスリリングで、
    最後の男との再会には、グッと込み上げてきて、
    ああ、とうとう…
    こんなにも長い月日が流れている…

    ひぇーっ、まんまと騙された。。
    とにかく脚本が秀逸っ!!
    今思えば、あれ?て思うとこもあったわけで、、
    これは認知症を利用した、まさに完全犯罪!?

    原題は『Remember』
    己の罪を思い出せ。
    決して忘れてはならないユダヤ人大虐殺の真実。
    しかし、罪を犯した者もまた、その罪の意識に苛まれ、
    決して穏やかな日々ではなかったり、
    それぞれの気持ちを考えると、なんともやりきれない思いがする。
    まなか
    まなかの感想・レビュー
    2017/05/17
    4.3

    このレビューはネタバレを含みます

    復習に利用されていたんですね、ゼヴは。
    彼はセヴを利用し気分が良かったんですかね。
    孫の前であんな………。セヴに感情移入していたので辛いラストでした
    yahhotaka
    yahhotakaの感想・レビュー
    2017/05/15
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    最初はコメディっぽい雰囲気かな、と思ったけど、ラストはビックリの結末でした。主人公の友人は計画的に操って目的を果たす空恐ろしい人物(それ程辛い過去を背負っているとも言える)だと最後は分かる展開。それにしても後半はシリアスどころか怖い展開でした。いい意味で裏切られました。
    さちこ
    さちこの感想・レビュー
    2017/05/14
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    認知症のゼヴに、手紙と金を渡し、アウシュビッツで家族を殺したブロック長を殺害させようとする、施設で一緒だった男。全ては緻密に練られていて、ゼヴもブロック長。同じ役職の男を探す事をさせ、殺させ、警察に捕まらせるのが目的だった。が、ようやく見つけた男に、自分も捕虜ではなく、ナチだった事を教えられ、思い出したゼヴは、相手を銃で撃ち、自分も頭を撃ち、自殺。施設の男は、自分の手を汚さず、復讐した。
    ゼヴはアウシュビッツの捕虜と思い見ていたので、最後の大どんでん返しに、ショック。
    奥山おどろ
    奥山おどろの感想・レビュー
    2017/05/14
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    忘れてしまいたかったことを忘れていたんだな。

    認知症のために定期的に記憶を失う主人公にどきどき。そしてラスト衝撃の事実に驚いた。メメントみたい。
    でもやっぱり哀しい話。
    TATSUYA
    TATSUYAの感想・レビュー
    2017/05/13
    3.7

    このレビューはネタバレを含みます

    ホロコーストの呪縛は未だに。

    マックスは、ゼブがワーグナーを弾くたびに気が狂いそうだったのだろうか。


    憶えているのは、手紙だけではなかったんだな。
    メメント・モリ。
    >|