手紙は憶えている(2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:
  • カナダ
  • ドイツ
  • / 上映時間:94分
    監督
    アトム・エゴヤン
    脚本
    ベンジャミン・オーガスト
    キャスト
    クリストファー・プラマー
    ブルーノ・ガンツ
    ユルゲン・プロフノウ
    ヘンリー・ツェーニー
    ディーン・ノリス
    マーティン・ランドー
    ナタリー・クリル
    ジェイムス・ケイド
    あらすじ
    最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

    「手紙は憶えている」に投稿された感想・レビュー

    Kanya
    Kanyaの感想・レビュー
    2017/03/20
    3.0

    このレビューはネタバレを含みます

    最後のマックスのセリフの興醒め感がスゴイ
    もっとなんかあったやろ
    Narumi
    Narumiの感想・レビュー
    2017/03/19
    3.1

    このレビューはネタバレを含みます

    機内で鑑賞
    理由:あらすじに惹かれたから、着陸するまでの残り短い時間で見られる映画を探していたから

    人種差別物は多分自分では見ないと思うので国外に旅行した帰りというタイミングはあっていたと思う

    ホロコーストのことを頭に入れて見るともっと面白かったのかもしれないが、そういう事実があった程度にしか知らないのでこの映画を導入にするのはありかもしれない

    認知症患者がここまで行動できるのか?という点や認知症で自分の生まれに関わるような長期記憶まで障害されるのか?という点は疑問に思う(後者は健康な人でも受け入れがたい事実を自ら思い込むことによって変更する、と考えれば納得いくが)

    記憶をなくす度に妻の名前を叫び手紙を読んで事実を知る流れが入るが毎回感情移入してしまいやるせなくなる
    phoenix
    phoenixの感想・レビュー
    2017/03/16
    4.2

    このレビューはネタバレを含みます

    予告は観なかったので楽しめた。

    若々しい復讐劇ではなくて、老人を敢えて使っているところが異色だった。そして衝撃の結末。本人にとっても過去を思い出す苦痛な経験だっただろうし、その子供・家族も同様。
    きなこ
    きなこの感想・レビュー
    2017/03/01
    3.9

    このレビューはネタバレを含みます

    国際線の機内上映で鑑賞。
    ずっと気になっていた作品でしたが、期待通り面白い!
    1時間半というコンパクトさに対してテンポの悪さがもどかしく多少気になりましたが、主役が認知症のおじいちゃんという事ならそれも演出のうちと思います。
    ドイツ映画やドイツ共同制作映画はストーリーがとにかく面白いイメージですが、今作も例に漏れずものすごく面白い。
    エーッ!という展開の後引きずらず、エンドロールに余韻を当てるところが良いですね。

    ◆追記。
    今作が脚本家の初脚本作品なのですね…
    嘘だろ!?
    今後にも期待が高まりました。
    Romicov
    Romicovの感想・レビュー
    2017/02/22
    3.7

    このレビューはネタバレを含みます

    原題の『Remember』を文字通り「思い出せ」として観てみると、邦題の「手紙は憶えている」とは大分異なった印象で捉えられそうです。

    記憶、思い出、思い出す。
    「思い出せ」…何を?って、痴呆症が進んでしまって自分の過去の行いや罪も思い出せなくなっても、身体がピアノを演奏することや銃の扱いを憶えていることの理由。

    復讐のために擦り込まれた「記憶」と実際の「記憶」に気がついてしまった時のゼブの絶望を想像するとひたすら悲しい。
    いや、そもそもあの時点で自分の記憶を取戻せていたのかもわからないのね。。。

    マックスが心の中にずっと持ち続けていた"恨み"と、ゼヴに出会ってしまったが故に芽生えてしまった"強い復讐心"を想像する。
    と…ホントにゾッとする。

    老いは悲しい。
    思い出せなくなることも悲しい。
    ずっと憶えていることも悲しい。
    ぺしん
    ぺしんの感想・レビュー
    2017/02/20
    3.0

    このレビューはネタバレを含みます

    オチがひとことで言える映画

    観てるときは、
    「はじめてのおつかい」のようなハラハラドキドキもあるし
    サスペンスとしてもそこそこ面白いけど
    終わらせ方が微妙だった

    記憶のフラッシュバックに
    アウシュビッツの映像でも入れたら
    もっと重々しい映画になっただろうに

    認知症って
    人生最大のトラウマまで忘れちゃうのかな
    ナチの旗や軍服を見たり
    人を殺したことで思い出したりしないもんかね

    偶然がうまいこと重なってこの結果になったように思えてならない
    マックスがいつから仕込んだのか分からないが、
    ここまで仕込むまでの過程が見てみたいわ
    幸村
    幸村の感想・レビュー
    2017/02/15
    3.0

    このレビューはネタバレを含みます

    こういうラストでどんでん返し系の映画は大好きなんだけど、もう90歳でしかも認知症まで患っている老人にそこまでの復讐をするのかとなんかドン引きしてしまった…
    金曜のおじさん
    金曜のおじさんの感想・レビュー
    2017/01/30
    4.5

    このレビューはネタバレを含みます

    なんとなくで観た作品
    ただただ面白かった。オチは分かりやすいと言えば分かりやすいのだが
    それまでの課程と、なぜおじいさんが主人公なのか。なぜ手助けするのか。
    最後には すべてが伏線のように思えてくる。メメントが好きな方は好きかも
    えちぜん
    えちぜんの感想・レビュー
    2017/01/24
    3.6

    このレビューはネタバレを含みます

    「アララトの聖母」とか面白かったけど、最近は不振続きな気もするアトム・エゴヤン。

    けど本作はなかなか楽しめた。メメントじゃないけど起きると全て忘れている。認知症のじいちゃんが、銃携帯で、一人で旅をするなんて想像するだけで背筋ゾクゾク。語り口、話の運びがうまいので目を離せない。


    サスペンスの背後に、現在にも続く戦争の遺恨を感じるところも歴史的社会派。ナチスやユダヤの歴史とは、日本人は知識では知っていても、ヨーロッパの人とは肌感覚で温度差があるんだね。
    のり
    のりの感想・レビュー
    2017/01/18
    3.6

    このレビューはネタバレを含みます

    『メメント』の再来。認知症という設定が序盤はかったるいがそれを上手く活かした上でのラスト。後味は良くはないけど見事に騙された。

    老人ののほほんとしたロードムービーが一転してミステリーに。謎が深まっていき、期待を裏切るラスト。近年のどんでん返しものでは良作だと思う。あとあと考えてみると伏線もいくらか散りばめられてるししっかり計算されてる。
    陽気なようで不気味なBGMもハマってる。

    こーゆー技巧を凝らした作品で難しい題材であるナチスをこんだけ面白く組み込める監督の力量に感服。
    >|