手紙は憶えているの作品情報・感想・評価

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

Anna

Annaの感想・評価

4.0
完全に想像してなかった。やられた
ぶぅ

ぶぅの感想・評価

3.7
最後の展開驚く
琴誠龍

琴誠龍の感想・評価

3.7
彼の最大の失敗は年を取りすぎたことだ。

老人ホームで認知症を患う主人公のゼフ。友人のマックスが書いた手紙をお守りのように肌身離さずポケットに忍ばせ、老人ホームを飛び出し、ある男に会いに出かける。アウシュビッツで自分の家族を殺した犯人を捜して。果たして彼は犯人を見つけることができるのか?復讐を果たすことができるのか?

最初この映画のタイトルや主人公を見た時、手紙、老人とくればほのぼのしたものかと思ったが、そうではなく、見終わったときの気持ちは空虚だった。面白さはなかったが、考えさせられる映画だった。そういう意味では世間に一石を投じてくれた優秀な作品であったといえる。

彼の最大の失敗は年を取りすぎたことだ。
この映画の原題は、Remember(思い出す)である。
原題を見れば、カンのいい人なら映画の結末がわかるかもしれない。
なかなかいい邦題を付けたものだと思う。

戦争や大虐殺の悲惨さを忘れないように、当事者ですら忘れてしまうほど年月が経ってしまった今、その思いを忘れることがないようこの映画は作られたのかもしれない。

この作品は2015年にカナダ、ドイツ共同で作られ、ヴェネチア国際映画祭やトロント国際映画祭などに出品されている。

主人公のクリストファー・プラマーは映画「サウンドオブミュージック」でゲオルクを演じていたそうだ。名実ともに息の長い俳優さんである。
m

mの感想・評価

4.0
静かで恐ろしい。
おじいさんが大勢出て来ます。
「驚愕のラスト5分」なんて書いてたけど、思ったとおりだった。

このレビューはネタバレを含みます

マーティン・ランドー追悼

自分をユダヤ人と思い込んでいる元ナチの認知症患者クリストファー・プラマーと彼に復讐するマーティン・ランドーの話

物覚えが悪くなってるからこそなんだろうけど、他人に教えられた情報を鵜呑みにするなという皮肉の篭った内容になっていて、最近のアトム・エゴヤン作品の中では一番楽しめた

でも表現としては緊張感を増長させる音の使い方とかホテルの水の描写、あとはちょっと悪趣味的な子供に手紙を読ませるシーンは面白かったけど精々そこくらいだから、やっぱりアトム・エゴヤンみたいな話を重視してそこまで表現に面白味のない監督は決して好きじゃないな
久々に良質なサスペンスに出会えました。クリストファー・プラマーがもうヨレヨレ過ぎで 大丈夫かー?大丈夫かー!と心配になってしまう程でした。流石の演技力です。ラストはネタバレになるので語れませんが、まんまとやられました。面白かったなぁ〜
ぶんご

ぶんごの感想・評価

3.8
おじいちゃんが凄く危なっかしくて
「頑張れ!じいちゃん!」
「負けるな!じいちゃん!」っていう感じで観てたのですが、
最後は愕然としました😨
とても良かった。余韻が残った
>|