手紙は憶えている(2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:
  • カナダ
  • ドイツ
  • / 上映時間:94分
    監督
    アトム・エゴヤン
    脚本
    ベンジャミン・オーガスト
    キャスト
    クリストファー・プラマー
    ブルーノ・ガンツ
    ユルゲン・プロフノウ
    ヘンリー・ツェーニー
    ディーン・ノリス
    マーティン・ランドー
    ナタリー・クリル
    ジェイムス・ケイド
    あらすじ
    最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

    「手紙は憶えている」に投稿された感想・レビュー

    こう
    こうの感想・レビュー
    1日
    4.4
    期待していた以上に衝撃のラストで面白かった!
    ナチスとアウシュビッツの話が軸ではあるが、基本は認知症のおじいさんが老人ホームを抜け出して旅をする話がメイン。
    なのでそこまで暗くドロドロしていない。

    しかしラスト近くでは「え?そうなん?」って思いました。
    あまり前情報なしに勘ぐらずに観た方が楽しめると思います!

    一人目に訪れた人は『ヒトラー 最期の12日間』でヒトラー役のブルーノ・ガンツだったんや…わからなかった。
    とがり
    とがりの感想・レビュー
    3日
    3.6
    認知症老人版「メメント」

    復讐の旅に出るおじいちゃんをハラハラしながら見守るサスペンス映画。
    ひしくい
    ひしくいの感想・レビュー
    4日
    4.5

    このレビューはネタバレを含みます

    引き込まれるスリラー、すごい。ジモのような復讐劇を繰り広げる老人の映画です(公開はこっちが先ですが)。
    黒幕が誰なのかには序盤で気が付いたけども、あの結末は予想できずびっくりさせられました。

    思えば「ん?」と思うべきところはいくつかあって、例えばシャワーヘッド、脱ぎ捨てられた服、ぎこちなかったメンデルスゾーンと滑らかに弾けたワーグナーの差、そしてもしかしたらゼヴという名前。

     シャワーヘッドが、ガス室を表す記号としてではなく、実物として記憶に焼きついているなら、つまり実際にシャワーヘッドの下に立たされたのなら、収容所の「生存者」ではありえない。
     また同様に、人気のない床に置かれた服、というのも、脱いだ人間というよりも回収する側の視点と考えたほうがしっくりくる。

     ゼヴ、という名前を伏線ととらえるのは正しいのかよくわからないけど……。狼って、ユダヤ教では不浄?な生き物扱いだった気がする。食べちゃいけないだけじゃなくて、狼そのものに悪いイメージがあるのなら、名前にするのは不自然なんじゃないかなーと。
     でも、オットーが、「ゼヴ」という名前を自分に「つけた」んじゃなくて、「ゼヴ」という名前の人間の身分を「選んだ」んだったら、ゼヴという名前はあり得るということになるから、これに関しては確証がない。
    犯罪の被害にあった方の多くは、相手がその罪の重さを自覚し反省した上で裁かれることを望むけれども、自分を被害者だと思い込んでいる加害者は、ある意味完全に罪の重さを知っており、同時に全く知らないという状態なわけだ。マックスにとってはもちろん後者だけども。
     ゼヴは、マックスと出会った時には、クニヴェルトのようにありとあらゆる人に嘘をつき続けるうちに、既に自分がオットーであったことを忘れてしまっていただろうから、マックスはそれはそれは駆り立てられたことだろうなあ……。

    最後に画面に大きく表示される原題の "Remember" は、「忘れるな」という実際のセリフのように生々しく感じられて、鳥肌が立ちます。

    あと、この映画は、認知症を描いたものとして見ても面白い。あそこまできっちりと寝る・起きるがスイッチになることはあんまりないんじゃないかとは思うけども。
    最初は、生きがいややるべきことがある患者がいかに活動的になり、生き生きとするかを描くのかと思っていました……。


    オットーとクニヴェルトは恋愛関係にあったのではないか、という考察めっちゃ面白い。病院にいる第2の候補者のもとを訪れるシーンと、ラストシーンが特に面白さを増す。そこまでの相手を完全に自分の記憶から消してしまっていたことに気づいた衝撃……
    ユイデス
    ユイデスの感想・レビュー
    4日
    3.7
    消えていく記憶の中でワーグナーを憶えていた感動と、結末の現実味が、ほんの数分に起きてしまって、頭が追いつかないけれど、これが真実に近いものなのだろう。
    はなふさよめこ
    はなふさよめこの感想・レビュー
    5日
    3.8
    アトムエゴヤンの中では最高傑作かなと思います。面白かったし、私はラストは予想つかなかったので、「どう落とすんだ⁉︎」ってワクワクできました。で、アトムエゴヤンですからね、ヤダねえ…って苦い終わり方するんやろな…って部分だけはまあアタリで。

    前半部のおじいちゃんコント的(比喩ではなくマジでドリフっぽくヨボヨボなんである)に主人公含めた周囲の老い自体がサスペンスってのがすごい。「がんばれがんばれ おじいちゃん!」って思いながら見てましたもん。
    一歩進んで二歩下がる的になかなか進まないもどかしさと、タイムリミットのソワソワ感。
    しかしながら、わりとスカッとする終わり方でとてもわかりやすい。
    また、ナチスをこういう題材として盛り込んで来るところが脚本的にとても優れているなと感心しました。

    ラストで出てくるログハウスに住むお金持ち、あれは主人公とのうっすら恋仲を匂わせてるかもしれないな〜というのは私の妄想ですが、どうですかね。
    o
    oの感想・レビュー
    6日
    -
    手紙の内容がちょっとずつわかっていくのがよかった

    映画観てやっぱり昔のことを掘り返してまた争うってのは良くない
    当事者や家族からしたら昔のことではないって気持ちもわかるけど
    ほんと憎しみは憎しみしか生まない


    規模も馬鹿さ加減も全然違うけど、ちょうどいま日本は韓国と少女像で揉めていて、何も知らない生まれてもいなかった若い世代の韓国人が中心となって活動しているって聞いて戦争はほんと馬鹿が仕掛けるもんだなと


    平和な世界になってほしいと願う映画でした
    光岡紋
    光岡紋の感想・レビュー
    11日
    4.0
    タイトルの意味が最後によく分かる作品。終盤に全てがひっくり返る展開が良かった。
    eigayarow
    eigayarowの感想・レビュー
    16日
    3.8
    老人がボケと戦いながら、標的を殺しに行くって怖いんだか笑わせたいんだかわからない設定を一切のギャグなしでやり切った。それが面白くもあり物足りない。ラストは驚かされる。
    aio10s
    aio10sの感想・レビュー
    20日
    3.5
    結末は途中で分かると思いますが、認知症の老人を中心におくことで生まれる不安定感が最後まで引っ張ってくれる。

    とかなんとか言っても、名優集結、それだけ十分。観てよかった。
    >|