手紙は憶えている(2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:
  • カナダ
  • ドイツ
  • / 上映時間:94分
    監督
    アトム・エゴヤン
    脚本
    ベンジャミン・オーガスト
    キャスト
    クリストファー・プラマー
    ブルーノ・ガンツ
    ユルゲン・プロフノウ
    ヘンリー・ツェーニー
    ディーン・ノリス
    マーティン・ランドー
    ナタリー・クリル
    ジェイムス・ケイド
    あらすじ
    最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

    「手紙は憶えている」に投稿された感想・レビュー

    Kanya
    Kanyaの感想・レビュー
    3日
    3.0

    このレビューはネタバレを含みます

    最後のマックスのセリフの興醒め感がスゴイ
    もっとなんかあったやろ
    Narumi
    Narumiの感想・レビュー
    4日
    3.1

    このレビューはネタバレを含みます

    機内で鑑賞
    理由:あらすじに惹かれたから、着陸するまでの残り短い時間で見られる映画を探していたから

    人種差別物は多分自分では見ないと思うので国外に旅行した帰りというタイミングはあっていたと思う

    ホロコーストのことを頭に入れて見るともっと面白かったのかもしれないが、そういう事実があった程度にしか知らないのでこの映画を導入にするのはありかもしれない

    認知症患者がここまで行動できるのか?という点や認知症で自分の生まれに関わるような長期記憶まで障害されるのか?という点は疑問に思う(後者は健康な人でも受け入れがたい事実を自ら思い込むことによって変更する、と考えれば納得いくが)

    記憶をなくす度に妻の名前を叫び手紙を読んで事実を知る流れが入るが毎回感情移入してしまいやるせなくなる
    Oliver
    Oliverの感想・レビュー
    5日
    3.8
    このエンディングにはやられた。
    まったく想像もしなかった最後の展開。
    人は老いとともに過去の記憶が消えていくけれども、結果的にはそれぞれが忘れたいと願っていることだけ忘れていってるのかもしれない。この事実を知ってしまったら私も同じ結末を選ぶと思う。
    髭だるマン
    髭だるマンの感想・レビュー
    6日
    4.5
    人の記憶は当てにならない

    罪は時間が解決してくれない
    UTA
    UTAの感想・レビュー
    6日
    4.0
    ナチス復讐の物語…です。

    負の遺産が残っていること。忘れてはならないこと。人を如何に狂わせたか。を伝えようとしているのはすごく分かります。
    作品から吸収することが得意な方とかはとても良作に思えると思います。

    個人的には、ストーリーの容易さや認知症の表現方法、そもそもの現実味など違和感をとても感じてしまいました。
    すっとテーマが入って来るのもおかしいのかも知れませんが、入ってこない分素直に受け止めきれなかったのも事実です。

    というように、色々と考えさせられました。
    そういう意味では良作
    swaikos
    swaikosの感想・レビュー
    6日
    4.0
    レビュー等の予備知識無しで見た方が良い
    phoenix
    phoenixの感想・レビュー
    2017/03/16
    4.2

    このレビューはネタバレを含みます

    予告は観なかったので楽しめた。

    若々しい復讐劇ではなくて、老人を敢えて使っているところが異色だった。そして衝撃の結末。本人にとっても過去を思い出す苦痛な経験だっただろうし、その子供・家族も同様。
    たちばな
    たちばなの感想・レビュー
    2017/03/15
    3.9
    予告で予想してたオチだったから、予告見ずに観たかったなー。
    でもそれでも、それぞれのシーンがしっかりじっくり進んでいくから飽きずに観てられる作品。
    主人公もそうだし、登場人物の人生とか感情を思うと辛いところはいっぱいあって、見ごたえがあった。
    観てよかったなと思える映画だった。
    KMD
    KMDの感想・レビュー
    2017/03/15
    3.3
    認知症版『メメント』でしょうか。プラマー爺さんに対してみんなやたらと優しい。「ラスト5分の衝撃」のうち2分は余計。
    いぼんぬ怒りのデス労働
    いぼんぬ怒りのデス労働の感想・レビュー
    2017/03/11
    3.6
    前情報何にもなしで見たので最後まで楽しめた。けど、予告編を見た人は若干ネタバレをほのめかすような告知だったので最初からオチが分かってしまっていた様子。これから見る人は前情報入れすぎない様にご注意下さい。繰り返し見るタイプの映画ではないと思います。
    >|