手紙は憶えているの作品情報・感想・評価

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

RIKU

RIKUの感想・評価

3.6
アウシュヴィッツ生き残りで認知症のおじいさんによる戸籍を偽って暮らしているアウシュヴィッツのブロック責任者を探して復讐する話。

程よい長さでだれること無く見やすい作品だった。

ただ途中で流れが読めてしまったの残念。途中2回ほどあるピアノの演奏は凄く綺麗だった。
また、最後にマックスが真実を話したその後か気になった。

ラストの終わり方は切なぬ何とも言えない作品。
手のこんだ復讐劇。「アウシュヴィッツ」を知らない世代(少女)が登場する一方で、未だに陰惨な過去に引きずられている(当たり前のことだが)世代の人たちがいる。
伽耶島

伽耶島の感想・評価

3.5
ちょっと期待値上げすぎてしまったかもしれん
でも96分だし全体的に見やすかったです
モアイ

モアイの感想・評価

3.2
予告を見た時に、ラストの種明かしには気付いてしまったけど。未だに続く、戦争の爪痕が随所に感じられました。
これの前に観たのが偶然メメントでストーリー似過ぎててびっくりした。おじいさんの演技が上手くてほんとに辛い体にムチ打って動いてるんだってなった。始終切ない。
Haruka

Harukaの感想・評価

3.8
クリストファー・プラマー大劇場。演技もストーリーも、不安にさせるような音楽も良い。なにを書いてもネタバレになりそうなのであらすじには触れない。
暗くてやるせないけれど、見やすいし面白い。良作。
smk

smkの感想・評価

4.0
おじいちゃん版メメント。
全然楽しくないロードムービー。

ご老人の一人旅って考えるだけで、何だか胸が落ち着かないのに、目的が目的だけに呑気な風景とは裏腹、常に緊張感があった。
クリストファー・プラマーの哀愁と狂気と目力ったら!

こんな圧倒的な復讐劇があるものか。
こんなに長い間執念をもって緻密に計画が練れるものか。
背景にある血生臭い歴史を改めて考えさせられる。
mako26

mako26の感想・評価

4.3
これも復讐の一つの形。

最後の主人公の絶望感に胸が痛くなりました。
侵略した側とされた側の民族の悲しい歴史。
名優さんは歳をとっても素晴らしいですね。
2016年11月14日、TOHOシネマズシャンテにて鑑賞。

以前観た予告編が面白そうだったから観に行ったのだが、物凄い展開に驚きまくりの映画だった。

邦題の『手紙は憶えている』というのは、けっこうシンプルに映画の内容を表していて良い。
認知症の老人(クリストファー・プラマー)が、同じ施設の老人から「我々ユダヤ人の家族を殺したアウシュビッツの管理者らしき候補者たちを列挙したので、妻が亡くなったらその元ナチス管理者を殺す約束したよな」と言われて、認知症で物事を忘れたら手紙を読んで状況を思い出して、元ナチス責任者に迫っていく物語。

これが、人違いだったり、既に死亡しているがアウシュビッツには居たことなかったりとなかなか見つからないのだが…

モンノ凄い衝撃的なラストに、ただ驚くばかりである。

素晴らしい映画であり、怖さも漂う映画であった。

<映倫No.47023>
途中からオチがなんとなく分かってきたけど、楽しめた。
>|