手紙は憶えている(2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:
  • カナダ
  • ドイツ
  • / 上映時間:94分
    監督
    アトム・エゴヤン
    脚本
    ベンジャミン・オーガスト
    キャスト
    クリストファー・プラマー
    ブルーノ・ガンツ
    ユルゲン・プロフノウ
    ヘンリー・ツェーニー
    ディーン・ノリス
    マーティン・ランドー
    ナタリー・クリル
    ジェイムス・ケイド
    あらすじ
    最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

    「手紙は憶えている」に投稿された感想・レビュー

    土屋聖廷
    土屋聖廷の感想・レビュー
    22時間
    3.8
    テンポがいい
    DrPenpen
    DrPenpenの感想・レビュー
    3日
    3.2
    認知症の老人の復讐ロードムービー。アウシュビッツでの惨劇の被害者と加害者を巡るサスペンス要素もあり。
    実験4号
    実験4号の感想・レビュー
    5日
    3.7
    予告篇を見ていたので、なんとなくそういうことかな、と漠然とは思っていたけれど、それでもすごいストーリー。
    ボケ老人(失礼!)のロードムービーは危なかしくてそれだけでもヒヤヒヤするし、ストーリーの転がる先がわからないのもドキドキする。
    相当面白い映画です。予告篇で結末が少し見えてしまった分、スコアを減点しました。予備知識なく観たかった!
    jawをつかんで
    jawをつかんでの感想・レビュー
    6日
    4.0
    2016.11.12鑑賞 市川コルトンプラザ

    居眠りしたら記憶がなくなってしまう老人が懐の手紙をたよりに逃亡、潜伏しているナチの高官を処刑するという、どこからそんな発想が出てくるんだよ、というほどの内容に心を奪われました。

    ラストまでどうなるのか予測できずに楽しめました。

    もう一回観たい。
    KOKO
    KOKOの感想・レビュー
    2017/04/18
    4.0
    ブルーノガンツが出てるから一応見ておいたけど、クレジット見るまでどれか分からなかった。笑


    これも私が弱いタイプの「老人」が主人公。

    特に、3人目の所は本当に辛い。



    前情報が皆無だったので、ラストに大打撃。でも、他のレビューを見て、歴史の知識のなさを痛感した。


    確かに上手く行き過ぎてる部分が多いけど、90歳の人に対する世間ってあんな感じだろうし、認知症の人ってのらりくらりと躱すのは上手なイメージがある。


    原題はREMEMBER。
    ISHU
    ISHUの感想・レビュー
    2017/04/16
    4.0
    クリストファープラマー、お年はいくつだろうか。サウンドオブミュージックの大佐役でかなり有名だけど、その後しばらくぱっとしなかったのに。人生はビギナーズとか最近またよく見かける。息を呑む展開に衝撃のラスト。とある人物が何か企んでいそうというのは最初の方から思っていたのだけど、まさかあんな結末とは…!途中でて来る若い頃の写真はクリストファープラマー本人の若き頃の写真を使ってて、にやり。かっこいいなぁ。
    小川しんじ
    小川しんじの感想・レビュー
    2017/04/15
    4.0
    脚本が凄い。そういうオチかよ!って衝撃的でした。予告編は見ない方がいいです。ラストに勘づいてしまうので。
    また認知症という病気が観客をハラハラさせて、それを救うのが手紙っていう構図がサスペンスとして脚本が上手いなって思うポイント。
    邦題の「手紙は憶えている」ってよりも原題の「REMENBER」の方がこの作品を見終わった後に考えさせてくれる深みのある題名なのに残念。
    zumilmarks
    zumilmarksの感想・レビュー
    2017/04/14
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    戦慄
    MasaeIchishima
    MasaeIchishimaの感想・レビュー
    2017/04/14
    3.7
    170414
    ギンレイホール
    2017-033
    kerol
    kerolの感想・レビュー
    2017/04/14
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    認知症を患うが動くことの出来る主人公ゼヴと、頭は冴えているが車椅子生活の友人マックスの2人の70年前の出来事の復讐劇。ゼヴはマックスが書いた手紙を頼りに復讐相手を探す旅に出る。
    一晩寝てしまうと亡くなった妻の名前を呼び探してしまう、何の為に旅をしているかも手紙を読まないと思い出せない、拳銃を手に入れるが使い方も覚えられない、ハラハラしながらおぼつかない旅を見守る気持ちになるけれど、僅かながら違和感を感じさせるシーンが折り交ざる。そのまま見過ごす事が出来る程度に。ゼヴは本当にアウシュビッツに収監されていた側なのか?

    絶妙なタッチにやられた。


    ロードムービー好きには堪らない映画。
    おじいさんが旅する=ハリーとトントを思い出したり…。
    >|