手紙は憶えている(2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:
  • カナダ
  • ドイツ
  • / 上映時間:94分
    監督
    アトム・エゴヤン
    脚本
    ベンジャミン・オーガスト
    キャスト
    クリストファー・プラマー
    ブルーノ・ガンツ
    ユルゲン・プロフノウ
    ヘンリー・ツェーニー
    ディーン・ノリス
    マーティン・ランドー
    ナタリー・クリル
    ジェイムス・ケイド
    あらすじ
    最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

    「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

    渋い。久々スマートなどんでん系
    上映期間中気になりつつ、ホームでない映画館は予算的に節約でDVD待ちになるのよね。なので、楽しみにしてました、この作品。

    認知症のおじいちゃんが手紙を頼りにホロコーストの思い出と向き合う、という前情報で、観る前からオチがどうなるのか非常に気になっていた。疑うポイントは多かったもの。そして、ああ……そう来たか……と。。わたしには読めてませんでした、その展開。

    記憶というものの危うさよ。わたし自身も、この目で実際に見たと思っていた事が、経験上ありえない事に気付いて、何処から刷り込まれたのか分からない記憶を持っている。そしてそれもまたいつか忘れてしまうのだろう。

    忘れるという行為は、幸せだ。妻の死さえも、忘れてしまえば、どこへ行ったのかな?だけで悲しさはない。しかし「手紙」は忘れる事を許さない。何度も何度も悲しみへ突き落とす。冴えない邦題だけれども、中々上手いと思った。
    他の方のレビューを見て自分の期待値が高かったせいか、実際に観て少し期待外れ感が否めない作品でした。
    ストーリー展開が肝な作品だと思うのですが、自分はユダヤ人でもドイツ人でも無いので登場人物の心情がしっかり理解できませんでした。
    自分は映像で語る映画が好きなので、本作のように、映像が凡庸で出来事やセリフで語る映画はちょっと点数が辛くなってしまいます。ごめんなさい。
    ほのぼのしたおじいちゃん(起きる度に亡くなった奥さんの名前を呼ぶ!)のロードムービーかと思いきや、してやられた。ラストの主人公の表情が一瞬変わるところが見どころ。
    絶対に前情報をいれず、いろんな監督がお勧めしてるってことだけを信じて、見るべし。

    このレビューはネタバレを含みます

    2017-044
    久々に超好みのサスペンス!これは大当たり。なんとなく眼鏡のじーさんが黒幕なのかなーって予感してたけど、でも認知症をトリックに使う結末にはビックリした。展開にもハラハラしたし、目覚める度に妻を探して手紙を読んで絶望する繰り返しが切なくて、頼むからじーさんもう寝ないでくれ頼む!って無茶なことを考えてしまった…。警官のおっさんがじーさんがユダヤ人と知った時のあの顔、リアルで怖かったなぁ…。サスペンス好きにはオススメだけど認知症の家族がいる人には迂闊に進められない…かな…
    “メメント”

    またしてもサスペンス映画史に残る名作誕生!

    森達也監督や塚本晋也監督など尊敬するキワモノの方々が絶賛されていたので観賞。

    じいさん俳優たち(特にクリストファープラマーはヤバイ)による熟した演技は圧巻。

    国家とは何か、民族とは何か、という重いテーマに

    ナチスの非道を突いたラストには開いた口が塞がらなかった。 こいつは面白かった。

    “記憶を失いかけた男のサスペンス”といえば『メメント』を彷彿とさせるがまた別の味わいと余韻を残す。
    おじいちゃんがいっぱい。
    ラスト5分の衝撃。なんの情報も入れずに観て正解。最初はおじいちゃんがフガフガ言っててぶるぶるだし大丈夫かと笑っていたけど、やられた。観終わってぼーっとなってしまいました。
    ラストのどんでん返し…
    読めた人もいるようですが、私は素直に驚きましたね…
    >|