キセキ あの日のソビトの作品情報・感想・評価

キセキ あの日のソビト2017年製作の映画)

上映日:2017年01月28日

製作国:

上映時間:111分

3.6

あらすじ

厳しい父の反対を押し切り家を飛び出したミュージシャンの兄ジン。父の想いを受け、歯医者を目指す弟ヒデも、仲間と共に音楽の魅力に引き寄せられていた。音楽に挫折し、弟たちの才能を知ったジンは、そんな彼らに自らの夢を託すことを決意する。 歯医者はやりたい、歌もやりたい。でも恐ろしい父親には絶対に言えないーー。彼らが取ったありえない秘策。それは前代未聞の顔出し無しの CDデビューだった・・・。

「キセキ あの日のソビト」に投稿された感想・評価

すわ

すわの感想・評価

3.4
またまたクソ映画と思ってみたら、よかったやつ。

but greeeenの曲が良すぎる効果かもしれん
内容はないから、GReeeeNの曲のPVにすると丁度良さそう。
杉野さん可愛い。
「ソビト」というGReeeeNのエンディング曲が変、劣化、、?
思っていたのと話の終わりが違ったけど、業界の厳しさとか葛藤が分かりやすかった。
でも凝縮され過ぎててデビューまでが安易に思えてしまうのがうーんてとこ。
kaahho

kaahhoの感想・評価

3.8
GReeeeNの四人がもってる空気間とか、家族との関係、兄弟のお互いを尊敬している感じとか、良かった☺

鑑賞後、カラオケに行きたくなる作品。

ストーリーとしてのひねりがあまりなく、GReeeeNの曲同様、まっすぐな歌詞に合わせて、まっすぐな作品を制作したの…かな。

冒頭に、キセキを聴いている人々、街中で流れている、そんな成功したあとの様子から描いて、過去にぐいーーーーんと戻って…なんて描き方も出来たのではないか、なんならそっちの方がよかったのではないかなとか、そんなことを思ってしまう私はひねくれているのかな。

とにかく松坂桃李さん好きな私は、松坂桃李をたくさん観れて満足です、はい。

菅田将暉さんの人気もかなり上がってきている中、この2人のダブル主演ともなると女子は放っておきませんとも、ええ。

菅田将暉さんの歌唱力がこれまた高いのなんの。この作品は菅田将暉さんがいてこそ成立したとまで言っても過言ではありません。

長回しやシーンのぶつ切りは多く単調なものの、起承転結のはっきりした作品ではあるし、なんかこうもうひねくれる前の高校生くらいのときに鑑賞したかったなって思います、はい。笑
PANNYO

PANNYOの感想・評価

4.5
なんか知らんけど涙出てきた。俺って涙脆いのかな。GReeeeNの曲はあんま聴いたことないけど、これ観てちょっと興味持ったわぁ。てか菅田将暉歌上手ない?なんやあいつはかっこええし、歌上手いし。まあええは俺は多分菅田将暉より身長は勝ってる。


あれ、涙出てきた。
Kana

Kanaの感想・評価

3.0
GReeeeNデビューまでの感動秘話。
松坂桃李と菅田将暉がとにかくかっこよくてうまくてよかった!
あとはGReeeeNそれぞれのキャラとか4人の空気感とか実写化するとこんな感じなのねってわかってよかった^^
ここぞという時に曲がかかるからずるいけど泣けちゃうなー。
映画としてはどうなんでしょう?
ほんとはデビューまで4年くらいかかってるはずなんだけど、どこまで何が実話なのかちょっと気になるところ。
暴力父にはイラっと…見てるだけの母も。
まぁ終わりよければ…かな。
GReeeeNの曲久しぶりに聴きたくなった。
かい

かいの感想・評価

3.6
GReeeeNが好きなのと、ヒゲ松坂桃李がカッチョよくて借りた。期待を裏切らないイケメンさと、人間のキレイなとこがキレイに伝わる映画だった。とりあえずキセキんとこやばい
レイ

レイの感想・評価

3.5
忽那汐里めっちゃ可愛い
杉野遥亮が話題になってたけどわかるわかる
LOGAN

LOGANの感想・評価

3.5
急にGReeeeNの曲を聴きたくなるし、GReeeeNがもっと好きになる映画だった!
>|