ビリギャルの作品情報・感想・評価

ビリギャル2015年製作の映画)

上映日:2015年05月01日

製作国:

上映時間:117分

3.7

あらすじ

名古屋の女子高に通うさやかは、勉強は一切せず毎日朝まで友達と遊びほうける日々。 このままでは大学への内部進学すら危ういと心配した母・ああちゃんは、さやかに塾へ通うことを提案する。そこで入塾面接に行ったさやかは、教師の坪田と運命の出会いを果たす。 金髪パーマ、厚化粧に耳にはピアス、極端に短いミニスカートにへそ出しというギャル全開の姿で現れたさやかに一瞬面食らう坪田だったが、見た目はハデでも素直…

名古屋の女子高に通うさやかは、勉強は一切せず毎日朝まで友達と遊びほうける日々。 このままでは大学への内部進学すら危ういと心配した母・ああちゃんは、さやかに塾へ通うことを提案する。そこで入塾面接に行ったさやかは、教師の坪田と運命の出会いを果たす。 金髪パーマ、厚化粧に耳にはピアス、極端に短いミニスカートにへそ出しというギャル全開の姿で現れたさやかに一瞬面食らう坪田だったが、見た目はハデでも素直な性格だとすぐに気付いた坪田はさやかと打ち解け、ふたりは慶應大学への受験合格を約束することに! しかし当のさやかの成績は偏差値30の学年ビリ。学力テストをしても、聖徳太子を“せいとくたこ”と読み、「太った女の子だからこんな名前付けられたんでしょ?」と言う始末で、高校2年生にして小学4年生の学力しかなかった。そんなさやかの教室大爆笑の珍解答の連続にも、「君の発想は天才級だね」と褒める坪田。「日本地図くらい描けるよね?」「無理っしょ普通」「東西南北わからない!?」「そういうの私、ホント無理だわ~。私の友達絶対知らないから」一体どうやって生きてきたのか理解できない知識の欠如。しかし坪田だけは、この愛すべきアホぶりの中に、すごい可能性が秘められていると踏んだのだった―。 「さやかが慶應とかチョーウケる!」と、はじめはノリで慶應大学合格という目標を掲げたさやか。当然、絶望的な高い壁に何度もぶち当たるが、やがて自分の為に必死になる坪田の姿を見て、ガッカリさせない為に、そして愛情を注ぎ応援してくれる母・ああちゃんの為に、さやかファンの不良少年レイジの励まし、ギャル仲間の友情にも支えられ、さやかは本気で勉強に取り組むようになっていった。 果たして、偏差値30のギャル・さやかは偏差値70!の慶應大学にいかにして現役合格を果たせたのか!?

「ビリギャル」に投稿された感想・評価

びー

びーの感想・評価

3.6
先生もお母さんもすごいなぁ、さやかちゃんめっちゃええ子やん、、どう考えても受かるってわかってたけど受かった瞬間泣いた
ヤスケンの最後に持っていかれた
Tomauri

Tomauriの感想・評価

4.5
何の気なしにみてみたら、とても素敵な映画でした。受験の話がメインとはいえ、生きて行くために必要な素敵な言葉がたくさんつまった映画です。
元気になれます!
映画館で見ましたが、
会場の中で1番泣いたのは私だ!と
言えるほど泣きました。

家族愛ってほんとに素敵。
34

34の感想・評価

3.8
受験は団体戦だ!って昔言われたことがあった。この映画を観ながらまさに、そうだなって思った。家族の支え、先生からのサポート、嫌なことがあったときにとことん付き合ってくれる友達。いろんな人が支えてくれて、受験できたんだなって。もうお母さんが偉大すぎる!安田顕もいいキャラでした(笑)
ちょうど大学受験も終わったので、レビュー。

私、この子ほど努力してない〜。
3年の頭まで部活一筋でオケのことしか考えてなかった。2年の時はちょっと精神的にやられてた気もする。オケの中での役割が重荷すぎて。まあだから受験はオケに比べたら全然楽。だって勉強すればいいんでしょ?しなくても誰にも迷惑かけないし。体力的にも超ラクだった。勉強したくてたまらないんだけど時間無いんだよ!状態から解放されて、わからない単元を1つずつ克服するのめちゃ楽しかった笑

でも12時には寝て6時に起きてたな。徹夜は無縁すぎた。授業中にも普通に最後の最後まで寝てたよ。授業大事っていうけど正直あとでどうにでもなる。。

そんなふわふわでも成績は順調に上がり、夏休み明けに学年50位とかだったのが10位くらいになって誰も私に期待してなかったのに先生からも声がかかるようになった。お、これ志望校変えてもいいんじゃね!?ってなって夏に変えた。大幅に。学部も。大学も。東京行くってことも夏に決めた。先生には反対されて某旧帝大に行けって言われたけど絶対いや!ってバトルしてた笑 ごめんね、困らせてってかんじ。担任のいうこと一つも聞いてない。まあそんなふわふわで受かっちゃったから今この状態。正直全くきつくなかった受験。勉強だけしてればいい受験生めっちゃハッピーだった。ちゃんと教室にいる時間があるからみんなと仲良くなれるしね。部活してるとほとんど教室にいなくて寂しかったけど3年になってからはほんと楽しかった。

えへへ。全く参考にならない私の受験。
塾もヒューマンドラマも血の滲むような努力も全くなかったな。センター直前模試で自己最低点を取ったっていう軽い挫折はあったけどセンター取れたしいっか〜みたいな笑
いやーでもビリギャルの子すごい。
尊敬する。

はあ。大学生か。楽しみ。東京楽しみ。

これはレビューなのか…?読み流してください
あか

あかの感想・評価

-
高校受かったときが一番嬉しかったもんなあ!

それで高校からの友達といまこんなってやっぱ大正解💮
okome

okomeの感想・評価

3.8
素直に凄く素敵な映画。

髪切ってきた有村架純が可愛い。
正直、コーヒーもらった時点で
試験前には飲んじゃダメだよ………
って思ったよ(笑)
Ai

Aiの感想・評価

4.0
勉強とか人生とか家族とか、色々考えさせられるなあ、と
みてよかった
yukari

yukariの感想・評価

3.7
どこまでも真っ直ぐに子供を信じる母の愛と不器用な父の愛、家族愛を感じるいい映画だった。
bigBEM

bigBEMの感想・評価

3.0
こういうチャラついてる人って意外とピュアな心持ってたりするんだよね。
>|