ビリギャルの作品情報・感想・評価・動画配信

ビリギャル2015年製作の映画)

上映日:2015年05月01日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ビリギャル」に投稿された感想・評価

とうま

とうまの感想・評価

3.2
受験期に見ない方がいい。夢を見てしまう。映画見る暇あるなら勉強した方がいい。
実話を元にした作品
実際は慶應義塾大学の中でも入りやすい学科に入ってるわけで世間が思ってるほどすごいシンデレラストーリーというわけではないけれど入ったことと入るまでの過程は動かない事実であり、努力は裏切らないって事をこの映画で学んで勇気を貰えた
一世を風靡したというか2015年代に大きな話題を読んだ作品
お母さんと先生むっちゃいい人…。
こんな人が周りにいたら、人生変わるんやろなぁ。
悪い意味での周囲の煽りっぷりもすごいし、主人公の反骨心もすごい。(てか、こんなにも酷い父親や教師はいるのだろうか…。脚色が過ぎる気もするが)
根性とひたむきさがえげつないなぁ…。
この主人公のように、私は頑張ったことがあるんだろうか…。こんな風に憂き身をやつすほど、物事に打ち込んでみたいもんだ。
素晴らしいサクセスストーリーだとは思うけれど、既に「慶応に合格するんだろう」ということがわかってるので、感動や驚きは薄かったかも。
ラストのサンボマスターの曲が一番沁みたような気がする。『可能性』ベストマッチ。余韻に浸った。
Tarako

Tarakoの感想・評価

4.0
何かに熱中するのってほんまに楽しいし、それを見てる側にも影響を与える。
その姿は本当にかっこいい。

努力するって当たり前にはできやんし大変なことやけど、壁を乗り越えるにはまず必要なものなんだ。
あみ

あみの感想・評価

3.5
大好きな作品。

あーちゃん、坪田先生、友達、あたたかい人達だいすき!

へそだしミニ丈金髪の架純ちゃん、最高でした。
あと最後の方の顕ちゃん可愛かった笑
おもしろかった。

でも、またこういうお父さんのおはなしかぁ・・・
とも思った。
団塊の世代あたりの父親が出てくると、だいたい独善的で無神経な父親から過度な期待を受けた子供が不幸になるドラマが描かれるw

THE定番!


それはいいけど
プロ野球を目指す息子にばかりかまけて、娘に対しては「お前には慶応は無理」の一点張りだった父親が、息子の挫折とともに突然手のひらを返して娘を応援しだす・・
これ許せるのだろうか?

絶対許せん。

一応物語上は好転した演出で描かれていたけど、ゲンキンな父親にゲンナリした。

ギャルが心入れ替えて受験がんばるっていう
だけで描けなかったのかなぁ~
みー

みーの感想・評価

3.7
泣いた!良かった!!学生の時に見てたら影響されて勉強頑張れたかも!
終盤の家族の問題パートが苦痛すぎた
特に父親のいい人要素を雑に回収しておとしまえをつけさせるのが腹立たしかった
言ってるうちに願いは向こうから近づいてくる。

ステキな家族愛のお話

伊藤淳史が素晴らしい。
ダメな指導者がいるだけです。が心に響く。
「この奇跡は、あなたにも起こる。」

その奇跡、私には起こりませんでした。なんてね。なにかに全力で取り組んだ事も無い無気力馬鹿の事は放っておいて、学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話をしたいと思います。

この映画の見所は馬鹿が先生と運命的な出会いをして、あの手この手で勉強を教えてくる先生に素直なビリギャルは負けじと頑張り、結果慶応合格する!

ところではありません。

この映画の見所は金髪パーマ、ピアス、極ミニスカ、厚化粧に身を包む有村架純でしょう。もう最高です。正直終始有村架純に見とれていたので、映画の内容はたいして覚えていません。有村架純史上1番可愛いと思います。それだけで僕の日々の仕事で溜まりに溜まった暴食、色欲、強欲、憂鬱、憤怒、虚飾、怠惰、傲慢というありとあらゆる負の感情の氷河が有村架純という太陽に溶かされてしまうのです。ビバ太陽暦。凄く関係ないですがビリギャルどストライクです。本当に好きです。ずっとニヤケてたので表情筋ズタボロの助です。

男の子諸君、恥ずかしがらなくてええ、1番恥ずかしいのは「好き」という気持ちに嘘をつくことや。ええか?この世で嘘をついてはいけないのは「好き」という気持ちや、それと惚れた女にだけは嘘をついたらあかん、女は人前で涙は見せん、女が泣くところはトイレの中か大好きな男の胸の中だけや、自分に涙を見せてくれた女は一生大事にしろや、ほなな、
>|

あなたにおすすめの記事