ビリギャルの作品情報・感想・評価

ビリギャル2015年製作の映画)

上映日:2015年05月01日

製作国:

上映時間:117分

3.7

あらすじ

名古屋の女子高に通うさやかは、勉強は一切せず毎日朝まで友達と遊びほうける日々。 このままでは大学への内部進学すら危ういと心配した母・ああちゃんは、さやかに塾へ通うことを提案する。そこで入塾面接に行ったさやかは、教師の坪田と運命の出会いを果たす。 金髪パーマ、厚化粧に耳にはピアス、極端に短いミニスカートにへそ出しというギャル全開の姿で現れたさやかに一瞬面食らう坪田だったが、見た目はハデでも素直…

名古屋の女子高に通うさやかは、勉強は一切せず毎日朝まで友達と遊びほうける日々。 このままでは大学への内部進学すら危ういと心配した母・ああちゃんは、さやかに塾へ通うことを提案する。そこで入塾面接に行ったさやかは、教師の坪田と運命の出会いを果たす。 金髪パーマ、厚化粧に耳にはピアス、極端に短いミニスカートにへそ出しというギャル全開の姿で現れたさやかに一瞬面食らう坪田だったが、見た目はハデでも素直な性格だとすぐに気付いた坪田はさやかと打ち解け、ふたりは慶應大学への受験合格を約束することに! しかし当のさやかの成績は偏差値30の学年ビリ。学力テストをしても、聖徳太子を“せいとくたこ”と読み、「太った女の子だからこんな名前付けられたんでしょ?」と言う始末で、高校2年生にして小学4年生の学力しかなかった。そんなさやかの教室大爆笑の珍解答の連続にも、「君の発想は天才級だね」と褒める坪田。「日本地図くらい描けるよね?」「無理っしょ普通」「東西南北わからない!?」「そういうの私、ホント無理だわ~。私の友達絶対知らないから」一体どうやって生きてきたのか理解できない知識の欠如。しかし坪田だけは、この愛すべきアホぶりの中に、すごい可能性が秘められていると踏んだのだった―。 「さやかが慶應とかチョーウケる!」と、はじめはノリで慶應大学合格という目標を掲げたさやか。当然、絶望的な高い壁に何度もぶち当たるが、やがて自分の為に必死になる坪田の姿を見て、ガッカリさせない為に、そして愛情を注ぎ応援してくれる母・ああちゃんの為に、さやかファンの不良少年レイジの励まし、ギャル仲間の友情にも支えられ、さやかは本気で勉強に取り組むようになっていった。 果たして、偏差値30のギャル・さやかは偏差値70!の慶應大学にいかにして現役合格を果たせたのか!?

「ビリギャル」に投稿された感想・評価

すごく勉強したくなります。
でも、勉強していません。
頼むから勉強してくれよ俺。

あははははは(泣)
yurika

yurikaの感想・評価

3.3
ちゃんと観れていなかったので改めて。
自分自身、人生で一番努力して泣いて笑った一大イベントが大学受験だったこともあり、その頃を思い返すことができる作品。

数年前、地上波で流れているのをちらっと観たときには、プレッシャーに押し潰されそうになりながらも努力して合格を掴み取る主人公やその家族と、自分自身の体験を重ねて涙するだけだったけれど
今、社会人として新たな壁にぶつかりながら悩んでいる自分が観ると、努力し続ければ結果が出る、この頃は良かったなぁなどという気持ちが湧いてきた。

全力でぶつかって何かに挑戦できるっていいなぁ。わたしもまた何かに向かって全力で努力してみたいなぁ。
口だけじゃなくて、ちゃんと行動しよう。
寝る前にサクッと、何気なく再生したつもりだったけど、今の自分を後押ししてくれるような意味のある鑑賞になりました。

#余談としては、名古屋弁みんな下手。笑
名古屋弁ってむずかしいのかなぁー。
mimi

mimiの感想・評価

1.5
大袈裟すぎる。この作品を観て感化された人に何を言われてもまったく響かない。
キャストは好きだが内容はイマイチ。
この手の話に弱いんです。
何度も見るかはわからないけど、5点!

吉田羊が、演じる愛溢れるお母さんか最高。
生徒の可能性を信じてどこまでも前向きな先生も最高。
のみ

のみの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

主人公から見てあんまり良くない人達も何かしら大変で頑張ってる描写があるのが良いと思いました。
ああいう流れで髪触る描写は苦手でした…。

受験は受験だけど難関受かるのも受験することも本当にえらいしすごいよ。
勉強はいくつになって始めても決して遅くない。私も頑張ろうと思えた。

あーちゃんごめん、って泣くところが好き。結局いつもいつも家族に支えられてるんだよね。受験勉強だけじゃなくて、生まれてから死ぬまでずーっと。
ako4u

ako4uの感想・評価

3.2
坪田信貴先生のファンです
原作になった本や 他の著作も 読みましたし、情熱大陸も録画しました(笑)
遅ればせながら 今回 映画を

伊藤淳史は かなり坪田先生っぽかったです
吉田羊のあーちゃん役もすごく良かった
でもなにより 有村架純はこれ ハマり役!!
今まで観たどの有村架純より良かったです

先生とサヤカの会話がコミカルで微笑ましい
「先生が大統領だったらよかったのに」
「日本に大統領はいない」
「え、安倍ちゃんは?」
「安倍ちゃんは総理大臣」
「あ、そっち系ね」


僕は 個人的に
教育は ピグマリオン効果につきる と考えています
教育する側のエゴの押し付けにならないよう ラインの見極めは大切ですが
基本的には、人を伸ばしたいなら 期待して そう扱うことだと
人は 周囲が期待したもの そうと信じた姿 に近づいていくものだと
考えています

子どもは、周りの大人の期待に応えたくて仕方ない生き物ですよね きっと
だから、親と、親の次に 子どもの近くにいる大人である 教師は
子どものポテンシャルを信じ 常にそれを本人に伝えてあげることと
逆に、自らのエゴを期待に変えて 子どもに押し付けることがないようにを
心がけねばならないのじゃないかなぁ、と思っています
ひよ

ひよの感想・評価

3.5
すんごい自分と重ねた〜
よく偏差値15も上げたよわたし(わたし)
この作品は中高一貫の進学校でビリのギャルが、高2の夏から1年半勉強して英語の偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話。

所々誇大に表現してて実際は英語の偏差値が上がっただけの話。大袈裟紛らわしい。
SaCHICO

SaCHICOの感想・評価

4.2
はっきり言うと、主人公の女の子は、類まれな才能を持っていると思います。
それは、「諦めない」という才能と、「忘れない」という才能。
その2つは、勉強するためだけではなく、生きていく上でもとても重要なもので、彼女は決して平々凡々なクズのギャルなんかではない。(そもそも“ギャル”を蔑称としているところが疑問だけれど)
彼女のような人間が、世界を変えていくんだろうな、と思います。

「受験」が目的化されてしまっている物語ではありますが、受験そのものよりは、主人公の生き様を描いた物語なのだと思います。だからこそ、万人に響きうるんじゃないかな。
>|