ビリギャルの作品情報・感想・評価

ビリギャル2015年製作の映画)

上映日:2015年05月01日

製作国:

上映時間:117分

3.7

あらすじ

名古屋の女子高に通うさやかは、勉強は一切せず毎日朝まで友達と遊びほうける日々。 このままでは大学への内部進学すら危ういと心配した母・ああちゃんは、さやかに塾へ通うことを提案する。そこで入塾面接に行ったさやかは、教師の坪田と運命の出会いを果たす。 金髪パーマ、厚化粧に耳にはピアス、極端に短いミニスカートにへそ出しというギャル全開の姿で現れたさやかに一瞬面食らう坪田だったが、見た目はハデでも素直…

名古屋の女子高に通うさやかは、勉強は一切せず毎日朝まで友達と遊びほうける日々。 このままでは大学への内部進学すら危ういと心配した母・ああちゃんは、さやかに塾へ通うことを提案する。そこで入塾面接に行ったさやかは、教師の坪田と運命の出会いを果たす。 金髪パーマ、厚化粧に耳にはピアス、極端に短いミニスカートにへそ出しというギャル全開の姿で現れたさやかに一瞬面食らう坪田だったが、見た目はハデでも素直な性格だとすぐに気付いた坪田はさやかと打ち解け、ふたりは慶應大学への受験合格を約束することに! しかし当のさやかの成績は偏差値30の学年ビリ。学力テストをしても、聖徳太子を“せいとくたこ”と読み、「太った女の子だからこんな名前付けられたんでしょ?」と言う始末で、高校2年生にして小学4年生の学力しかなかった。そんなさやかの教室大爆笑の珍解答の連続にも、「君の発想は天才級だね」と褒める坪田。「日本地図くらい描けるよね?」「無理っしょ普通」「東西南北わからない!?」「そういうの私、ホント無理だわ~。私の友達絶対知らないから」一体どうやって生きてきたのか理解できない知識の欠如。しかし坪田だけは、この愛すべきアホぶりの中に、すごい可能性が秘められていると踏んだのだった―。 「さやかが慶應とかチョーウケる!」と、はじめはノリで慶應大学合格という目標を掲げたさやか。当然、絶望的な高い壁に何度もぶち当たるが、やがて自分の為に必死になる坪田の姿を見て、ガッカリさせない為に、そして愛情を注ぎ応援してくれる母・ああちゃんの為に、さやかファンの不良少年レイジの励まし、ギャル仲間の友情にも支えられ、さやかは本気で勉強に取り組むようになっていった。 果たして、偏差値30のギャル・さやかは偏差値70!の慶應大学にいかにして現役合格を果たせたのか!?

「ビリギャル」に投稿された感想・評価

Ayane

Ayaneの感想・評価

3.5
「意思のあるところに、道は開ける」
アメリカン・ドリームええなあ
なんか泣ける
わたしも頑張ろうと思える
kuu

kuuの感想・評価

1.8
意志あり、努力するとこに道は開ける。
あくまでも、道は開けるが、結果はどうあれ、努力の過程に成長があるんやと、まぁ、その小さな意志から、大望だってせるってことの大切さを教えてくれる映画かな。
ほんでもって、その後をネットで読むと、大望が如何に難しい成長かとも分かったかな。
自分でもびっくりするくらい泣いた。
ちょうど受験生だったのもあって、あと家族愛に弱過ぎて滅茶苦茶泣いた。
有村架純の圧倒的可愛さ。
綺麗な瞳から流れる涙にまた泣いた。
こうじ

こうじの感想・評価

5.0
邦画でいっちゃん好きな映画の1つ。
受験終わってから見たけど共感できるところがあってめっちゃ良かった。オカンええやつすぎた何回見てもいい映画。
努力するっていいことやな😭
sorablue

sorablueの感想・評価

5.0
ただの小説の実写化と侮ることなかれ。
高校の先生を演じてる安田顕さんの演技は実体験とかぶるところがあったため感情移入しやすかった。
個人的に好きな役。
諦めなければ夢は叶うと教えてくれた映画。最高傑作。
茅

茅の感想・評価

-
「意外と良い」と聞いて見たが、すべての登場人物に自我が欠如しており(脚本の自我も欠如しており)、戦時下にはこういう若者が御国のために死んで行くんだろうな、と思わせるポルノ映画だった。

「頑張るのが偉い」て物語は嫌い!
頑張るのなんて当たり前だろ!

さて、YouTubeで「日本で一番再生されている放送事故まとめ」でも見よっかな!
久々観た!
これ観ると勉強頑張ろって思えるけど、めっちゃしんどかった高校受験思い出して辛くなる🤮
めぐみ

めぐみの感想・評価

3.3
自分の子供がこうなった時にこんなサポートが出来るだろうか。。。信じ抜けるのか…
大学受験…やってないから親の気持ちの方にいっちゃったなー

それにしても、いい相性の出会いは本当運命を左右するなー
りん

りんの感想・評価

-
有村架純の泣き演技はやばいなぁ。。
お母さんはちょっと最初の方は無茶な感じがしたけど、途中からよかった。「何があっても子供の味方でいる」ってとても大事なことでとても凄いことなんだと思わされた。
そしてなにより、この先生、良い先生すぎる!
シンプルにストーリーが好きだし、受験の感動とか思い出すし、教育論も好き。
>|