愛唄 ―約束のナクヒト―の作品情報・感想・評価

愛唄 ―約束のナクヒト―2019年製作の映画)

上映日:2019年01月25日

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

あらすじ

「愛唄 ―約束のナクヒト―」に投稿された感想・評価

KINO

KINOの感想・評価

3.4
GReeeeNファン、キャストのファンには、良いと思います。歌は良かったです。
カズ

カズの感想・評価

3.2
2作品目

余命宣告を受けてどう生きるかどう過ごして行くのか見てたけど結果すごく良かった
最後にまさかって思う展開にも涙だね
嵐子

嵐子の感想・評価

4.3
count 0。
ホール全体が、涙、涙、鼻水をすする波で溢れてました。
私も涙と鼻水でマスクが大変なことになり、こそっと帰りました。
GReeeeNのコンサートで聴く愛唄とはまったく違うストーリーの愛唄で、心にみ~、、、。
Miri

Miriの感想・評価

4.0
息してることは当たり前じゃない。
愛唄は聞き流してたけど見方が変わった。
筍

筍の感想・評価

3.0
どこまでが実話なのかわからないけど、悲しいお話でした。
これからの清原ちゃんに期待できます。
rokoroko

rokorokoの感想・評価

3.4
日常を当たり前と思い過ごしてる自分がいた。明日は分からない。大切な人はいつかではなく、今大切にしなければいけないな。
ただ、後半病人に見えないほど元気すぎる場面にあらっ と思いました。
始まって10分ぐらいから、泣いて泣きすぎて肌荒れた(T ^ T)

最後の仮面ライダーの子が愛唄歌うんやけど、グリーンの声想像してしまっててガクッてなってしまった。笑笑
悪くないんだけど、グリーンのがいい笑笑
凪ちゃんの声はよかったけどw

アァ青春って感じでしたっ
Sarah0610

Sarah0610の感想・評価

4.8
横浜 流星
マジカッコイイ💕
1つの詩で、繋がる4人のドラマ、後半涙が出て止まらなかった!
ストーリーは、よく出来てわかりやすかった。
Moomin

Moominの感想・評価

3.5
これはだいぶ前に大学で応募した試写会で観たな~
物語は、限られた命の中で恋をする。だけどその時は刻々と近付いてくる。そんな複雑な気持ちが合い重なった時、1つの唄がうまれる。
友達の熱唱は、流石に心打たれた。
だけどちょうど録音の授業をしてた時期なので、あれれ。となったのも覚えてる
個人的に感動したのは主人公と母親との切ない会話シーン。やっぱり親子愛ものは、グッとくる…
もしかしたらだいぶ前の試写会だから何かしら変わってるのかも?笑 もう1回観に行こうかな
映画試写会@有楽町よみうりホール。
余命宣告を受けた横浜流星くんが起こす奇跡・軌跡。
清原果耶が天使に、財前直見・富田靖子が聖母に見えた。
若者たちがこの作品を観て、息してることさえ忘れるほど、毎日に夢中になって、自分らしく生きてくれたら、作り手(GReeeeN)の思いが伝わったことになるのだろう。

Dream as if you’ll live forever.
Live as if you’ll die today.
-James Dean