DEVILデビル/ラマン・ラーガヴ 2.0 ~神と悪魔~の作品情報・感想・評価

「DEVILデビル/ラマン・ラーガヴ 2.0 ~神と悪魔~」に投稿された感想・評価

まぁみ

まぁみの感想・評価

1.5
始まりから最後までノリが長いです。
ラストに少し面白みを感じましたが、
私には解せない作品でした。
2018 6.11 鑑賞
アメリカ映画レビューサイト93%が大絶賛!んなこたあないじゃろう?
冒頭で肌に合わないと感じたならば、即座に鑑賞するのをやめるそれで正解。私は鑑賞した事を直ぐにでも忘れたい。
うんー。わけがわからない。
何が目的で殺してる?
さっぱり。
ヤク中警官ダメだろ。
なんでミイラがミイラ取りになってどうする?
一様関わりがあったのね。
まーうわっともならず、クソだな〜みんなクソだなぁ〜。
良いのはジャケットだけだなぁ。
壺尊師

壺尊師の感想・評価

3.3
インド産の重厚なサスペンス。しかし唐突な挿入歌が入るあたりさすが。ついでに踊り出してくれたら完璧だったかも…。
殺人鬼もそれを追う警部補も社会病質で誰にも感情移入できず。でも、まさかのスピリチュアルな哲学が物語に隠れていたとわ。さすがインド。
終わりかたも嫌いじゃない。
「壊れた魂」が気に入ったのでカシャップ作品続けて鑑賞。ナワさんの恐い顔予告も前から気になってたので。
こちらもなかなかに攻めた作品ですっかり監督のファンになりました。
細部までこだわって造り込んでるし緊張感ハンパない。インドニューウェーブの旗手と呼ばれるのも納得。

連続殺人という大きな事件が軸になってるんですが、それを追う警察と犯人という展開にはならず、警官個人の迷える魂に対し殺人鬼が答えを導いていくような雰囲気。
殺人鬼ナワさん、さすがの演技力。変な言い方ですがまったりたゆたうように次々と人を殺していきます。なんだか殺人が生活に溶け込んで見えるんですよね。
現地ロケなのかスラムや路地や工場など舞台もインドの生活感でいっぱいだし。

ラーマヤナに出てくる神の比喩なのかも知れません。詳しくないけど。
オープニングのあれ?どうなってるの?の疑問も最後にきちんと回収されるのでスッキリします。
ころぴ

ころぴの感想・評価

2.0
「殺人の追憶」「チェイサー」
に続く…って
41人殺害…って
どんなサイコキラーなのかと
ワクワクしてたのにぃ

インドー!
しまった、やってしまったか
馴染めない言葉
暗いし汚らしいし
ひどい音楽センス
寝落ちの前に
観る気力が失せました。
が、
とってもとっても
時間と体力のある方
根気のある方
じっくりと見て下さい。
最後まで見れたら
ちゃーんとストーリーが
繋がりますよ。
主人公二人とも最低クズ人間
殺害目的も最低
殺しのためらいのなさ
潔さはピカ一かもしれないけど
殺人描写は韓国には及びません!
「チェイサー」の名前
出しちゃいけません!😡
悪評レビューのつもりが
長々書き込んでしまいました。
え、
これってー
なにー
本当に!
お薦めではありませんからねっ
ジャケ借り。

サイコパスを描いたインド映画という事で期待してたんですが、インドの宗教事情が殆ど分からないので、いまいち理解に苦しむ内容の映画でした。
無駄に長くて眠くなる映画なのでオススメはしないっす。
くう

くうの感想・評価

2.5
サイコパスがソシオパスに出会ったーー的物語。

ジャケ借りでインド映画だとは知らず(このタイトルならすぐに気づいただろうけれども、ジャケの邦題はただの「デビル」だった)、見始めて気づく演出(笑)

え、今、酷いことしたよね、あんた。なのに、ここで流しちゃうー?その音楽~~みたいな~~。そのチグハグ感が不気味。

インド映画が猟奇殺人を描くとこんな風になるんだなって。

らしい音楽、らしい演出。
なのにEDは普通。(踊らない・爆)
そこがまた不気味。
furu

furuの感想・評価

2.0
なんだこの映画。。。。
すごく長く感じた。最後まで観るのが苦痛。
そんな映画でした。