ジェーンの作品情報・感想・評価

ジェーン2014年製作の映画)

Jane Got a Gun

上映日:2016年10月22日

製作国:

3.1

あらすじ

オスカー女優ナタリー・ポートマンが儚くも強く生きる女性を描きだす、 本格ロマン・スペクタクル! 西部の荒野で夫と娘と静かに暮らしていたジェーン(ナタリー・ポートマン)だがある日、銃弾を受けた夫ハム(ノア・エメリッヒ)が瀕死の状態で家に戻ってきた。 傷を負わせた男は悪名高きビショップ一家の首領ジョン・ビショップ(ユアン・マクレガー)。 ビショップの恐ろしさを知るジェーンは、夫と娘を守るため…

オスカー女優ナタリー・ポートマンが儚くも強く生きる女性を描きだす、 本格ロマン・スペクタクル! 西部の荒野で夫と娘と静かに暮らしていたジェーン(ナタリー・ポートマン)だがある日、銃弾を受けた夫ハム(ノア・エメリッヒ)が瀕死の状態で家に戻ってきた。 傷を負わせた男は悪名高きビショップ一家の首領ジョン・ビショップ(ユアン・マクレガー)。 ビショップの恐ろしさを知るジェーンは、夫と娘を守るため、わらにもすがる想いで南北戦争の英雄でかつての 恋人ダン(ジョエル・エドガートン)に助けを求める。 眼前に迫り来る敵を前に徐々に語られる空白の時間。 そして明かされる真実の愛——。今、守るべき愛のために彼女は銃を取る。

「ジェーン」に投稿された感想・評価

skiller

skillerの感想・評価

3.4
ナタリーポートマンだから見たけど、暗くて闘いのシーンはよくわからん。
ストーリーとしては、ラストうまくいってスッキリやね。
Mizuki

Mizukiの感想・評価

4.0
風景、時代がとても絵になる。ちょっと痛々しい場面もあるけど、とにかく美しいし、愛。
格好いい女性好きなんですが、これはちょっと期待し過ぎていたかも。

西部劇というのをあまり積極的に観てこなかったから、その辺詳しい人がどう観たのかは気になる。

ナタリー・ポートマン綺麗で格好いいんだけど骨太さみたいなのが気持ちプラスであったらもっと好きになれたかも。
ユアン・マクレガーはユアン・マクレガーに見えないの凄いなあ。根本から人間が変わる芝居ができる人って、海外俳優でもあんまりいない気がするからすごい。

最後は若干ご都合主義な感じがしたけど、それでも当時はこういうのよくあったのかな…と思いながらぼんやり観てしまった。
あまり入り込めなかったなあ。
Maki

Makiの感想・評価

3.3
中盤までグダグダで 全然映画に集中できなかったのですが、終盤にかけてどんどん面白くなっていきました。
西部開拓時代の雰囲気はめちゃくちゃ良き。
派手なアクションシーンは期待しないこと。
ナタリーポートマンの美しさは安定でした^^
大好きなナタリーポートマン出てるから見ましたが、やはり激カワです!!!!!

ストーリーは地味!そして画面が暗い!!!!外で見よおもたら見えません!

最後オビワン対パドメなったんがなんか良かった、スターウォーズ見たなった
アキオ

アキオの感想・評価

3.5
地味だけどもきらいじゃない。
ダン、報われたなー。よかった……、ジョエルが幸せになるだけでとりあえずホッとする。
TDS

TDSの感想・評価

2.8
ナタリー・ポートマンが復讐のために西部開拓時代を舞台に銃を撃ちまくる話かと思いきや、ドロドロの三角関係かと思いきや、終盤は感動した
KenTengu

KenTenguの感想・評価

1.8
Dumb movie.

Jane, a mother and soon-to-be wife in the “wild west“, thinks her fiance has died when she hasn't heard from him years after he was expected to return from fighting in a war.
She starts a new family after she is told her daughter has died.

When her new husband returns home shot nearly to death, she goes to her former fiance for help (seems she knew he was alive after all and living not far from her and her new family...but she never went to explain to him that she thought he had died before this).

Her new husband dies after all, but her oldest daughter didn't die five years earlier after all.
So Jane and her former fiance kill all the bad guys, collect the bounty for them all, rescue her now ten-year-old daughter, and ride off into the sunset as a family happily ever after.
兄弟の物語に定評のあるギャヴィンオコナー監督が贈る 女性ガンマンが主人公の西部劇!

地〜味〜だった
NAO

NAOの感想・評価

3.2
2018.06.08 on dvd
-----------------------------------
ゆりかごのある丘から
-----------------------------------
時代劇と違って西部劇の舞台って、衣装から建物から舗装されてない道路ですらアガる。ナタリーの強い女性役はほんとはまり役、衣装も相まってかっこよすぎです。
ただ、物語の内容が、、若干『荒野の7人』入ってたのは良かったけど。。
>|