アメリカン・グラフィティの作品情報・感想・評価・動画配信

アメリカン・グラフィティ1973年製作の映画)

AMERICAN GRAFFITI

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「アメリカン・グラフィティ」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.4
▪️JP Title :「アメリカン・グラフィティ」
Original :「American Graffiti」
▪️First Release Year : 1973
▪️JP Release Date : 1974/12/21
▪️Production Country : アメリカ
🏆Main Awards :
第31回ゴールデングローブ賞 作品賞
▪️Appreciation Record : 2020-639 再鑑賞
🕰Running Time : 110分
▪️Director : ジョージ・ルーカス
▪️Writer : ジョージ・ルーカス、グロリア・カッツ、ウィラード・ハイク
▪️MusicD : ※※※
▪️Cast : リチャード・ドレイファス、ロン・ハワード、ハリソン・フォード、チャールズ・マーティン・スミス、ポール・ル・マット
▪️My Review
古き良き時代のこれぞアメリカという作品です。公開当時、アメリカの高校生たちのライフスタイルに憧れました。出演者がチャールズ・マーティン・スミス演じるテリー以外全員車を所有していることに感動すらしました!!(高校生やで!!)
本作、フランシス・フォード・コッポラ制作、そして元アシスタントのジョージ・ルーカスが監督だけでなく脚本も共同執筆した自伝的要素が強い作品です。
1962年の夏の一夜に様々な出来事を経験する高校を卒業したての若者の姿を描くポップな作品で、クラシックカーから当時のヒットナンバーのロックまで、大人になるための通過儀式としてそのスタイルを決定付けました。色々な模倣作品が出てきましたが、これ程の影響力を持った作品としては右に出るものがないと言われています(個人的には当時サントラのテープーヘビロテしていました!!)。
また、ケネディ大統領暗殺やベトナム戦争に突入する前のアメリカの「最後の楽しい時代」を描いたことにより、戦争のトラウマを別の形で浮かび上がらせたという側面もあるようです。
そして、なんと言っても俳優陣の顔ぶれが素晴らしいです。リチャード・ドレイファスの今やヒットメーカー監督のロン・ハワードが東部の大学に進学する優等生、ポール・ル・マットがグリースで頭を固めた不良、シンディ・ウィリアムズ、キャンディ・クラーク、チャールズ・マーティン・スミス、伝説のDJのウルフマン・ジャック、そしてドラックレーサー役のハリソン・フォード。
若い才能が集まって、その才能を持ち込み、それをみごとに映像化しています(何人が後の大スターになっていったことか!)。
ルーカスは『スター・ウォーズ』と同じ“人間は変わり続けなければならない”というテーマを、青春ドラマというかたちで産み出したのが本作です。
60年代アメリカティーンズの熱い青春ドラマ、必見の名作です。

▪️Overview
後に「スター・ウォーズ」を生み出すジョージ・ルーカスの出世作となった長編第2作。1960年代初頭のアメリカを舞台に、4人の若者たちが過ごす一夜をロックンロールの名曲の数々に乗せて描いた青春群像劇。1962年、カリフォルニア北部の小さな街。高校を卒業したばかりのカートとスティーブ、1学年下のテリーと年上のビッグ・ジョンの4人は、それぞれの愛車に乗っていつもの溜まり場に集まる。カートとスティーブは大学に進学するため、翌朝に故郷を出る予定だ。4人は故郷でともに過ごす最後の夜を楽しむべく、それぞれの思いを胸に街へ繰り出していく。スティーブ役を後に監督として大成功を治めるロン・ハワード、カート役を「ジョーズ」のリチャード・ドレイファスが演じた。無名時代のハリソン・フォードも出演。(引用:映画. com)
ジョージ・ルーカスの処女作の 「THX-1138」が興行的に失敗した後にフランシス・フォード・コッポラと手を組み制作した作品。

いや~良かった。まさに青春群像劇の傑作ですね。みんな若々しくて恋をしたり友情があったり別れがあったり、何処か不器用な所も青春って感じがして好きです。

よくよく考えたらキャストが豪華すぎる。ジョージ・ルーカスにロン・ハワード、ハリソン・フォードに関してはほんのちょっとしか出てないのに存在感が凄い😅

夜が明けて別れの時が来た時の空の青々しさと言ったらもう…美しかったです。
この映画、青春映画かと思って楽しかったけど、ラストでなにげに突き落とされます。。。そうか、そういう背景と意味もあったのね。お話自体は結構退屈だったけど、62年の雰囲気。車で女を釣ろうとするとか、日本でも90年代まではわりと似たようなものだったけど、、、そしてまた、御多分に漏れずわりと豪華な役者が揃っています。こういう雰囲気でのプレスリーとチャックベリーの曲はよく似あいますね。
お金渡してウイスキーを買ってきてもらうように頼んだらそのままバックられたシーンはちょっと笑ってしまった。
nam

namの感想・評価

3.7
「オールディーズ満載の一夜の青春群像劇の原型的作品」

1962年のアメリカ・カリフォルニアを舞台に卒業直後の高校生達の一夜を描いた青春群像劇。監督はスターウォーズ監督前のジョージ・ルーカス。

1974年に製作ですが、描かれるのは1962年頃と当時でもノスタルジックな若者達の青春の姿を描いていたようです。

日本の現代の我々からしたら全く別の舞台でもあるので、アメリカの当時の若者はこんな生活してたんだ!という発見が多いです。

ただそんな時代が変わっても進路の事や、恋愛の事など悩みの普遍的な所はいつの時代も共通していたりと、共感できる部分もあります。

また終始流れる50年代後半から60年代前半を彩ったオールディーズのナンバーは自分でも聞いたことのある名曲揃いで気分も上がりました。オリジナルの劇伴でなく、既存の楽曲を使うのも今でこそ一般的になりましたが、当時ではまだまだ斬新だったようですね。

一夜の青春群像劇というスタイルは今でも「スーパーパッド」や「ブックスマート」など内容や価値観をアップデートして作られ続けており、その礎として映画史的にも与えた影響も大きい作品です。

影響で言うともう1点詳細で長いスタッフロールも予算に困ったルーカスがスタッフの名前をクレジットするという事で交渉したる結果生まれたもので、いまやスタンダードになっている事も考えるとこちらも意義深いです。

アメリカ青春映画の古典としてぜひチェックしておきたい1本!
どこかで聞いたことのあるオールディーズとお洒落なアメ車がいい感じの雰囲気を醸し出す映画

青春の一幕といえばそうなんだけど、なんかみんな人生迷子だなという印象だった
USJでメルズ・ドライブインに行った為、久々に観たくなり鑑賞。
何でもないよくある青春ドラマではあるが、サントラが印象的で、誰にでもあった16歳の葛藤が何か自分に投影され懐かしくもあり、連んでくだらない事をするのが何でも楽しかった事を思い出す作品。
ジョージ・ルーカスの若い頃の話みたいだが、皆んな似たようなもんなんだと思った。ハリソン・フォードも登場。
まさかジョージ・ルーカスがSW以前に青春映画を作ってるとは知らなかった。
もも湯

もも湯の感想・評価

3.7
Rock around the clolkから始まり、次々とオールディーズが鳴り止まない。
若者特有の破天荒さすら愛おしい、あの時代特有のアメリカ青春群像劇。
TeruHaruta

TeruHarutaの感想・評価

3.8
昔みたけどいい映画だった〜
唯一ジョージルーカスが監督としてうまく出来た作品w
ru

ruの感想・評価

4.0
アメリカ人特有かもしれませんが、この時代の
フランクさが好きです。
車が人間関係を築く上での手段になっているのが面白いですし、ある1日の夜にこんなにもたくさんの濃い物語があるのがまさに青春だなとワクワクしました。🚗🧡

ジョンがかっこいい!!
キャロルをなんだかんだ大切にしていたのが素敵でした。☺️

若い頃のハリソンフォードを初めて見たのですが、かっこよすぎました😍😍


エピローグがあったので実話だったの?!
と勘違いしましたが、これがあるだけで
よりいっそうこのストーリーをリアルに感じる事ができました。😌
みなみ

みなみの感想・評価

4.5
卒論のためちょっと真面目に鑑賞
ほんとにキラキラした青春、って感じ!
アメリカと日本の違いに驚きつつ、アメリカの1番良かったと言われてる時代に入り込めた。
1960年代を過ぎてやってくるアメリカ変動の時代を前に、儚い青春と儚いアメリカを同時に感じた!
1973年でその青春を蘇らせるルーカス、スーゴイ
>|