アメリカン・グラフィティの作品情報・感想・評価

アメリカン・グラフィティ1973年製作の映画)

AMERICAN GRAFFITI

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「アメリカン・グラフィティ」に投稿された感想・評価

ま

まの感想・評価

4.0
ふぅーい!
60年代青春ムービー!最高ね

先のことなんて気にしない
いま、目の前の、
美女!酒!車!それがすべて!

それでいい時代

時代?

いまだって
それでいい時代!
なのかもしれない

わたしたちが
考えることを、
あきらめることを、
知っちゃっただけだ
・ジョージルーカス監督の、アメリカ青春映画の金字塔。
・旅立ちを翌日に控えた一晩に、複数の人間が同時進行で繰り広げる群像劇。
すなわち夜明け=大人なのである。あの夜は、もう戻ってこない…。
・合間合間に流れるオールディーズが、好きだ。
「Only You」の流れるタイミングもたまらなかった。
(昔よく聴いていたサントラCDを探そう)
・アメ車も、かっこよかった。乗りまわしてみたくなる。
・いつまでも色褪せない、心にしまっておきたい映画である。
なん

なんの感想・評価

3.3
お酒のお供に観ました。
夜長にだらだら観たい気怠げな群像劇。
ss

ssの感想・評価

-
メルズドライブインみたいに車で食事出来ちゃうのすっごい憧れるんだよなぁ〜。
窓にトレーはめて、それでドライビングシアターがあれば言うことない。

群像劇、青春ものと来たら好きなはずなのに何だか気もそぞろになっちゃった。
なんでだろ…。
知らずのうちに自分の中でめちゃくちゃ期待しちゃってたんだな、多分。

2019/6/4
とり

とりの感想・評価

4.5
夜中ラジオを垂れ流し、意味もなく街をグルグル回るだけ。旅立ちの前日であろうと劇的な展開はなにもない。無為だがどこか引っかかる愛すべき一作。
"死が2人を分かつまで車を愛す"

ユニバのメルズドライブインって
そのまんまなんやな、すごい。
ローラースケートはさすがに履いてないけど。笑
繁忙期でも座れる店ぐらいの
イメージしかなかったわ。

イカす車越しに軽口を叩いて、
ダイナーでバーガーとチェリーコーク。
古き良きアメリカの青春だな〜
かっけーな〜!
60年代のアメリカで青春時代を過ごしてないので共感すること1つも無いはずなのに何故か懐かしく感じる。
ジョーズのあいつが全く高校生に見えない。
ごはん

ごはんの感想・評価

4.3
EDでふいに流れるあの曲に驚き涙がこぼれたビーチボーイズファンのわたくし…。この年代の人間ではないのに、なぜか作品と相まって懐かしさや切なさがこみ上げてきます。大きな出来事はないけど宝物のような時間が流れる素敵な作品。恥ずかしながらジョージ・ルーカス作品はこちらしか観たことがないのですが、またこんな作品を撮ってほしいなとこっそり願っています。
佳乃子

佳乃子の感想・評価

3.6
チェリーコークが飲みたくなるやつ!
ある程度の爽やかさはあるんだけど、でもなんかこう、みんなの行動がちぐはぐすぎて(褒め言葉)途中で置いて行かれてしまった…
そこが魅力でもあるんだろう。
やんぬ

やんぬの感想・評価

3.0
BGMがてら流れる60年代の音楽や、クラシックカーが一気に昔にタイムスリップさせてくれる。
全体的に青春をヒシヒシと感じはするのに、ストーリーが頭の中に何一つとして残らなかった😅
>|