さらば青春の光の作品情報・感想・評価・動画配信

「さらば青春の光」に投稿された感想・評価

Saki

Sakiの感想・評価

4.0
外で自分と仲間たちだけの世界があって、そこでの共通言語や意識、満ち足りた独特の空間が最高に若者が「生」を感じる時なのに、家に帰って親が介入した瞬間一気に破壊される感覚がすごく分かる。。

若いっていいな。怖いものがない。
avedon

avedonの感想・評価

4.2
モッズとロッカーズの闘争を描いた青春映画
大人や社会への反抗、そして憧れていたものが崩れる瞬間
素晴らしい映画
omi

omiの感想・評価

3.5
モッズVSロッカー
モッズ側に主軸おいてるはずだけど、暴動シーンにおいてはやっぱりロッカー軍の方が様になってしまってるのとか、「We are the Mods!」のコールの決まらなさとかで主人公の突き抜けない感じが助長されてるしでなんかずっと哀愁漂ってた。格好良いモッズが見たい。

モッズコートの大群。ステフちゃんの服。ザ・フーの曲と感情リンクさせる最後。ベルボーイ。フレッドペリ、濡らしリーバイス、ベスパ。
RISA

RISAの感想・評価

3.5
個性を探し求めるが結局量産型になってしまう皮肉
怒れる若者たちである彼らこ事を少し勉強したのがやっと役に立つ時がきた(笑)
モッズだからロッカーだからとかなんでもだけど怠けた若者たちが量産してしまったからサッチャーが必死に変えようと後でしたんだろうなって、なぜか納得した笑笑
カルチャーは素晴らしい、ファッションも素晴らしい、とりあえず働かないで自分を模索しようとしてしまうのはどの時代も一緒なのかな
こうゆう映画たまに好きだけど、うーーーん、、、わたしはもっと個性のあるファッションの絵面が欲しいな
sayaka

sayakaの感想・評価

3.4
✔️大学でイギリスの歴史と文化の授業受けたからより面白かった。暴走族なだけあってずっと滅茶苦茶だけど後半もっとすごくなって笑った。オープニングとラスト、そういうことか。ザ・フーええよね〜
ファッションめちゃくちゃカッコいいなと思って後で調べたらそういうカルチャーがあったのね…
憧れが憧れじゃなかったと気づいた瞬間、自分のこれまではなんだったんだろうと感じる。その憧れを壊し、自らが新たなモッズを創り上げる。そんな姿を僕は憧れている。と伝えたい。
マ

マの感想・評価

3.5
若気の至りと言うか、青春時代に取り残されたまま大人になってしまったという感じ
他人に迷惑かけまくる点は本当に感心しないけれど、あれだけブチ切れられるのは少し羨ましくも思う
周りが大人になっていく中で、若さ・勢い・カウンターカルチャー精神 を保ったまま生きていくことは至難の業であり、いつか現実に直面する時が来るし永遠に青春は続かない

終盤の崖を走るシーンがすごく良かったのと、ステフの全てがかわいかった
ザ・反抗期!!!

芸人さんと同じ名前の映画を発見したので観賞!
私の青春はこんなふうじゃなかったので(こんなふうだったら怖いわ)あまり共感はなかったです。笑
そもそも反抗期すらなかったかも…
昔流行ったモッズとロッカーズの風俗が描かれていて興味深い。
現代の視点から見るとモッズのファッション(細身の三つボタンのスーツ、ミリタリーコートなど)はとても不良の服に見えないなあ、と呟いていたところ、長澤唯史氏から「あれは学生服のようなトラッドなスタイルを着崩しているファッション」とのご教示を得ました。

映画そのもののストーリーはあまり印象に残っていなくて、カメオ出演しているスティングの面構えが良かったですね。
>|