レインボーの作品情報・感想・評価

「レインボー」に投稿された感想・評価

こう

こうの感想・評価

3.6
やはり男はサルマーン、女はシャールクという構図なんだね。
チョントゥの演技が特に良かった。

あとアメリカ人と一緒に歌うシーンがすき。
yr

yrの感想・評価

4.0
道中、いろんな人に会って、途中ちょっと雲行き怪しくなるも、やっぱりボリウッド。
ぶん

ぶんの感想・評価

3.0
弟の目を治すため姉と二人で家出するロードムービー。

道中出会う人はいい人も居れば怪しい人も居る。時々お決まりの歌で弟の美声がとおる。アメリカ人とのコラボは良かった。

ただトントントンと上手く行き過ぎで物足りなかった。最後に捻りがあっても良かったと思う。

たとえば、お姉ちゃんが死んで、角膜を貰った弟があとでガーンとくるとか…
ってそれも有りふれてるかな。
ZIMA

ZIMAの感想・評価

-
子供に見せたいロードムービー。

旅の途中で徳を積むことでやがて自分たちに還元されるっていう宗教的な要素も含まれつつも、やっぱり最後は、自分たちで決めて、自分たちで前に進むという「意志」が必要であるってことを、キチンと伝えているところなんかは好きでしたね。神様に祈ってばっかりじゃダメですよってことも。

わかっているはずの結末だったり過程だったりもあるけれど、それでも旅する途中で出会う人たちによって成長していく弟のチョトゥや、それを優しく支えるお姉ちゃんパリーがとっても愛おしかったです。

パリーよりも少しだけ前に歩く姿にやられましたな。


「ラガーン」のポスターが出てた所はテンションが上がりましたね。
PalmaRosa

PalmaRosaの感想・評価

4.0
可愛い姉弟のほっこりロードムービー。ハラハラした場面もありつつ楽しめた。
インドの眩しく乾いた風景も美しかった。
Saeko

Saekoの感想・評価

4.8
お気に入りの映画の1つになりました。
きっとこれは何度も見返したくなる。

姉弟の絆
ささやかな優しさの連鎖
食と歌を通したつながり
そうした運命的でありながら素朴な「魔法」

色味のない砂漠の中を生きる、カラフルな布に包まれた人々が織りなす色彩のコントラストの「魔法」

そんな日々の彩りは目でしか見れないわけではなく、盲目でもしっかりと感じることができる。

ふふっと笑ってしまうシーンと自然と涙がこぼれてしまうシーンがたくさんあって、終始心がじんわり暖かくなる。
インド映画らしく歌も踊りも各所に盛り込まれているのだけど、それがまた類を見ないほど自然で心地よかった!
3大カーンのポスターのシーンは胸熱すぎて鼻血出そうでした。「私はアーミルカーン推しだけど確かに社会派な映画が多いからわかりやすいヒーローとなるとシャールクかサルマーンになるよなーー」とか思ったり
とりあえずインドに行きたいーーーーーーーーー
jaaaazzman

jaaaazzmanの感想・評価

3.7
少々中だるみはあったけど最高。自然な流れで入る音楽との調和が良い
Koko

Kokoの感想・評価

3.8
映像がものすごく綺麗なほっこりムービー

兄弟めちゃくちゃ可愛い、時々クスッと笑える感じでなんかめっちゃ癒された
インド映画のポスターいっぱい貼ってあるシーン、あ、これもこれもこれも見たてなって面白かった笑
映像の構図と、色がすごい綺麗でああああインド行ってみたいいってなる、、
ロマンスの帝王シャールクloveなお姉ちゃんと最強兄貴サルマンカーン一筋の盲目の弟。
両親はいないけど優しい叔父と少し意地悪な叔母との田舎暮らし。楽しみは叔父さんがこっそり連れて行ってくれる町の映画館。
ある日映画館で見つけたシャールクのポスターに角膜移植のことが…
シャールクに会うため、弟の目を治すため砂漠を超えてヒッチハイクの旅に出る。

ベタなストーリーなんだけど二人が映画ファンって事でもう憎めない。しかもシャールクファンにはたまらない設定です。
怖い目にもあうけど基本いい人ばかりのカンファータブルムービー。
インド映画でほっこりしたい時にピッタリ。
姪っ子と甥っ子を投影して勝手に泣いた
インド行きたくなる〜〜ふえ〜〜ん
>|