バジュランギおじさんと、小さな迷子の作品情報・感想・評価

「バジュランギおじさんと、小さな迷子」に投稿された感想・評価

れいか

れいかの感想・評価

4.6
ずっと見たかったインド映画🇮🇳
もう〜涙腺崩壊〜〜
愛は国境も宗教も越える〜

ただただ真っ直ぐなバジュランギに
心動かされる素敵な作品だった

このレビューはネタバレを含みます

感動のラスト。空中浮遊、、、www
そこで止めちゃうんだ(笑)

ままとはぐれてしまい、隣国インドで迷子になった口が聞けないパキスタン人の女の子シャーヒダとシャーヒダと出会ったインド人の青年バジュランギ。彼女はどこから来たんだろうと四苦八苦するバジュランギ。宗教やスポーツを通じてパキスタンの女の子だと判明。ハヌマーン神に彼女を母親の元へと送る誓いを立てたバジュランギは女の子を連れ、国境を越えパキスタンへ行く!

相変わらずミュージカルパートはスケールがでかい!何人動員してるんだろう。不思議な感じでしたが、なにげに気に入ったので、サントラも聞いてみようと思っています。

2人のパキスタンへの旅は障害だらけ!それでも女の子がめげずにかわいすぎて。バジュランギおじさんもピュアすぎて笑っちゃうし。どこの世界も隣国同士ってそこまで仲良くないのは知ってるけどー、、、こんなだったらいいですね。

分かっちゃいるけど、目頭が熱くなって、涙腺刺激されます。二人の真っ直ぐなキャラに癒されました。途中から仲間入りするパキスタンの記者も良い感じでした。

良作です。
Maho

Mahoの感想・評価

3.8
シャヒーダーが可愛すぎ!めっちゃ美人さん!歌とダンス盛り沢山のインドらしい映画で観ていて楽しかった。

最初の方、バジュランギがシャーヒダーとバス乗ってて乗り合わせた人に身の上話するシーン好き。インドの人たちの距離感の近さがなんかいいなと思った。

ストーリーはよくあるパターンなのかもしれないけれど人間の温かさに触れられる映画はやっぱり良い!バジュランギの馬鹿正直さは呆れてしまう程だけどそんな彼だからこそシャヒーダーは信用したのかも。

良きお話でした!
最近何を見ても泣くことがないほと乾いていたのに、これは泣けた。泣けるのになぜかインドのダンス&ミュージックのアンバランスで笑える。
…参りました。

ストーリー的に結末は見えていたし、取り立ててカメラワークに優れているとの噂も聞きませんでした。
この為、また序盤のダンスもあり、『ああ、安定のインド映画だ』と油断していました。
しかし蓋を開けて見ると、恥ずかしながら号泣。
まさかストーリーと演技だけでここ迄持って来られるとは。
最早論評にも感想にもなっていませんが、優しく、笑顔になれるとても素敵な映画でした。
ばぼ

ばぼの感想・評価

3.5
ホテル・ムンバイからの本作で2作連続で印パ問題絡みの作品だったが、テイストは全く違ってこっちは気軽に見られる作品だった。
きっと、うまくいくもそうであったが、インド映画はひょうきんさの中にも国の深刻な問題を顕在化させ、見るものに何か気付かせる作品が多いと個人的には感じている。
haruka

harukaの感想・評価

4.0
きろく
インド映画ってすてきだなあ。シャヒダーの子すっっっごくかわいい♡
サン

サンの感想・評価

4.6
インド映画のよさが詰まっている素敵な映画だなという感じだった。
笑いあり涙あり。上映時間は159分と長めだがその中にこの映画の伝えたいメッセージがしっかりと刷り込まれていた。いやな奴は徹底して嫌な奴だった。
ake

akeの感想・評価

4.3
いろんな人の優しさに触れ、最後の選択は間違わないようにしたい。と思った

皆んな“憎しみ”には飛びつく
でも“愛”は…
あぶ

あぶの感想・評価

5.0
バジュランギおじさんの圧倒的肩幅と胸板!から始まるダンスシーン、彼もまた王なのか?と思うが中盤信仰上の違いからダメランギおじさんになるので彼は王ではなかったと気付く…しかしその後の振る舞いが王なので実質王。
この映画今まで見たインド映画と違ったのは子役の可愛さが異常だったことシャヒーダーがカメラに向かって手を振りトウモロコシが落ちて行くシーンで死にかけてしまった、そしてラスィカーの弟の可愛さも異常だった登場シーン全てが可愛いの塊だったので弟MAD作って欲しい。
ラストシーンはこうなるべくしてこうなるということはわかっているのだけどインド映画特有の映画の嘘が嘘に見えない説得力と、俺達はコレが見てぇんだよ!が相まって涙が止まらなかった。
>|