囚人ディリの作品情報・感想・評価

『囚人ディリ』に投稿された感想・評価

暴れたら、しんみりする展開が何度も続く。

ルックスが似てて意外と情報整理が難しい。
今誰と戦ってるんだっけ?


金じゃねぇんだ!って言う割に、娘の部屋といい学校へ行かせたい!って、何か金で解決出来そうな事で笑ってしまった。
無

無の感想・評価

4.3
某ドスティー映画でインド映画の魅力に取り憑かれてから気になった囚人ディリを鑑賞。
インド映画らしいダンスシーンは一切無しの作品だったけど、かなり面白かった。個人的には前のめりで見てました。
ディリ兄貴がとにかくかっこいい……そしてめちゃくちゃ強い!!あれだけやられたのに動けるのが凄すぎる😂
腰に巻いていた布、ルンギというやつですかね。あのファッションで激しいアクションするディリ兄貴に惚れました。
あと学生さん達も強すぎねw1人相手でも武器持ってるし組織のリーダーでも見事な連携プレーでボコすシーン良かった。
"アクション映画3本分のスリルを詰め込んだフルスロットル・ムービー"とDVDパッケージの裏に書いてあって、ほんとか〜??と疑心暗鬼で観たけど間違ってはいないかなww
円盤買って良かったと思えた作品です。
Robby

Robbyの感想・評価

-
髭のおじさん達がいっぱい。随分慣れたとはいえ、識別に手間取る。途中から主人公頑張れ!と応援していました。
よし、今日はビリヤニを買いに行こう。
歌も踊りも美人もいない男臭いアクション映画

なかなか警察署につかなくテンポ悪いけど、ガンアクションではなくひたすら格闘アクションはなかなか骨太。
ずっと夜だし髭面多すぎて誰が誰だか分からなくなります。

麻薬のギャングが刃物だけしか武器がないのはインドだからか?
踊りも歌いもしないインド映画
ある意味斬新…なのか?w
主人公マジ最強!激アツシーンはスロモーションで!は、やっぱりボリウッドって感じ
これは様式美なので良し!w

登場人物9割が髭面のインド人なのでマジで誰が誰だかわからなくなるw
え?誰?これディリ?ん、違う?
これの繰り返しw
主要人物にはネームプレートつけていただきたいレベルw

まあとにかく長い
テンポも悪い
だけどなんか嫌いになれない感がある作品だった
ハリウッドでこれやられたら途中で観るのやめちゃうかもだけど、ボリウッドだから許しちゃうみたいなね
Vシネ観てるのと同じ感じかな
あれ?この人何作前かで殺された組長だけど、今回から味方で別役なんだぁ。まあVシネだからいいかぁ。みたいなねw

戦闘シーンなんかもらしさが出てて嫌いになれない要因かな
主人公が運転するトラックを悪役が攻撃するシーン
これハリウッドなら地雷ドーンだったり、銃乱射だったり、下手すりゃロケランぶっ放したりだけど、この作品だとムチのようにしならせた竹でフロントガラスをバチーンだからねw10連発ぐらいでw
あと空瓶をトラック目掛けて集団でひたすら投げるw1分ぐらいw
プンプン臭ってくるB級感
こんなの大好きすぎるわ

ちょっとネタバレだけどラストシーン大好き
完全にVシネのラストシーンだったね
セリフなかったけど俺には「アニキ!待ってくれよ置いてかないでくれよー!」って竹内力に柳沢慎吾が言ってて、バックに ♪おおさかのーよるーって流れてるシーンにしか見えなかったw
主人公がトイチの金貸しに見えちゃってラストの感動返してよってなってしまったw
つよ

つよの感想・評価

3.5
警察にある麻薬を奪おうとする悪者?
最後の砦は囚人ディリ。カッコつけたアクションがカッコいい。
トラックの時間が長くマッドマックス感。
ジャケットも好き。
テンポが悪く感じたところもあったけど、面白かった。ディリかっこよすぎ。音楽も良かったし、クライマックスの勢いも好き。ビリヤニが食べたくなった。
hane351

hane351の感想・評価

3.7
面白かったです。
昔の日本映画ぽいストーリーとシチュエーションかな?
矛盾は目を閉じて鑑賞しました(^^)
gureamu

gureamuの感想・評価

4.0
ちょっと長いです。
でしが見応えは存分にあります。
ヒゲ面ばかりなので人の区別が付きにくいです。

木の枝のトラップやガラスのシャワー、切れ味悪そうなナイフ。
かなり原始的な格闘戦ですが、
主人公はカッコヨイから問題無し。
娘のために、包囲された中の人のために、
刺し傷も何のその。
ダンナを信じて戦い続ける彼はカッコヨイです。
母親の生死や彼の過去があやふやです。
明かされる日は(続編は)来るのでしょうか。
tukukake

tukukakeの感想・評価

3.1
躍りも歌もないインド映画。そしてディリなる勇者が無双する。

テンポが遅い!そして効果音や挿入されるメロディーが単調。眠くなる😪
ディリは何やらもの凄く強いようなのだが、慌てず騒がず。アクションも前時代的。急げディリ!警官たちの命が危ないんじゃないのか?ラストは大勢の敵をバッタバッタと殴り倒すのかと思いきや、ガトリング砲でダーーーッ。ボロボロの警察署がなかなか侵入を許さないのも🤣

アツイ署長とディリのにわかな信頼関係、ディリの娘への想い、何気に活躍することとなった新任のおっさん警官、その辺が見どころかな?

「ディパーデッド」さながらに、警察側犯罪者側双方に工作員を送り込んでいる工夫もあるが、やっぱり眠い。そして長い。

ディリなるキャラクターの更なる飛躍を期待。でも続編は観そうもないかな。
>|

あなたにおすすめの記事