ペーパー・ムーンの作品情報・感想・評価・動画配信

「ペーパー・ムーン」に投稿された感想・評価

いや〜シンプルな内容だったけど面白かった 50年前の作品だけどあえて白黒なのかな
oVERSON

oVERSONの感想・評価

4.4
ロードムービーという形を取っていることが何よりの成功。車の映るシーンは軒並み素晴らしい。
2020-493
文鳥様

文鳥様の感想・評価

4.2
今までそんなに感じなかったけど、白黒映画って余計な情報が入ってこないというか、素直な気持ちで観れますね。
特にこの作品。温かい余韻しか残んなかったです。とにかくアディ役のテイタム・オニールの演技が秀逸。

心の何処かでいつも父親の愛情を求めていたアディ。母親の仕事も理解してるし、多くの男性と関係があったことも知っている。
子供らしさと、ちょっと大人ぶったところと、微妙に入り混じった感じを見事に表現していました。

モーゼを父親としてなのか、または一人の男性としてなのか…意識し始めるところも可愛かったですね(θ‿θ)

ふてくされた表情、ふいに見せる笑顔。
鏡に向かってポーズとったり、香水を振りかけたり。
モーゼの恋路に嫉妬して邪魔したり。

現実の親子だから出来た演技なのかな?
もしかしたら映画の中でも、本当の親子だったのかも?
素敵な作品でした。
エリー

エリーの感想・評価

4.2
悪いことしてるのに気付いたら応援したくなる
お母さんを亡くし一人ぼっちになった少女と詐欺師の男の話
アディが大人顔負けのセンスで次々に大人を騙していき9歳やのに中々のやり手‥
鏡でお母さんのポーズを真似したりプカプカ煙草をふかしたりするシーン、大人に憧れる姿はとても可愛い
車での二人の掛け合いがすき、最後は感動もありで好きな映画の仲間入り
トキタ

トキタの感想・評価

4.4
モノクロ映画とは思えないほど今っぽい
ジャケ写で選んで大正解
アディが歌ってるところが可愛かった。最初アディが誰にも必要とされてないみたいで可哀想だったけど、最後は絆ができててほっこり。悪知恵の働くちょっとダメなおじさんと頭のいい女の子の凸凹タッグがなんとも面白い。
このコンビかわいいな。アディの髪型も格好も賢さとか度胸も、いろいろ兼ね備えてる感じが好きすぎた。決していいことしてるわけではないのに応援したくなる。テンポがよくておしゃれな掛け合いよかった。
2020.10
7本目
心の底で信頼し合っとる関係ってええな。実の親子なんもすごい
cosicosi

cosicosiの感想・評価

3.9
一人残された娘と数人だけの寂しい埋葬に
オンボロ車で乗り付ける間抜けな男。
(ライアンとテイタムの親子共演だけに)
少女の父親ではないかと期待させるけれど、
本人は母親の友人に過ぎないと言い張る
登場シーンが好きです。

未亡人に聖書を売りつける詐欺師って、
アメリカでは一般的だったんでしょうか。
詐欺をしながら伯母の家へと向かう
ロード・ムービーの本作。
途中で車に乗るダンサーと黒人下女も
良い味を出しています。

頭脳明晰な少女役テイタム・オニールは
当時大人気で、将来を嘱望されましたが、
「がんばれ!ベアーズ」以降すっかり
見かけなくなってしまいました・・・
稀代の天才子役が一番輝いていた頃を
懐かしく振り返る名作💦
事実かどうかではない
信じているかどうかだ

白黒なのに とっても鮮やか

ペーパー・ムーン いつか2人で
わたしの隣には きっとあなた

ウィットに富んだ会話に
言葉以上に雄弁な視線に
大人びた仕草に
無邪気な笑顔に
信じずには いられないもの

良いことも 大変なことも あなたとともに
青空の下 車に乗って 今日も行こう

この旅は 時代も 場所も 超えて
わたしの心に 繋がっていました
きっとあなたの心にも 繋がっていると思います
>|