タリーと私の秘密の時間の作品情報・感想・評価

「タリーと私の秘密の時間」に投稿された感想・評価

minacco

minaccoの感想・評価

3.5
シャーリーズセロンの身体がとにかく重そうでボリューム感がすごい。
この前見た彼女の作品がアトミックブロンドでキレキレのアクションをこなしていたのを見たばかりだったので、容姿にギャップがありすぎて、同一人物とは信じがたい。毎度思うことだけど、俳優さんってすごい。

ストーリー的には、まさかこんな話だったとは…といった感じ。
育児ノイローゼ気味の母親達は観るべきかも。
1人でがんばりすぎてはいけないよーという警告も含めて。
息子のジョナとのラストシーンが泣ける。
soyaryoko

soyaryokoの感想・評価

3.5
ジェイソン・ライトマン×ディアブロ・コディのコンビと、シャーリーズ・セロン。見る前から勝負は決まってて、絶対好きなやつだなあと思ったら、好きなやつだった。
母になるって突然で大変。今まで自分も娘だったのに、子どもを産んだら娘じゃいられない。私を助けてくれるのは誰だろう?がんばるしかない?
hocky1111

hocky1111の感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

素直に最後のどんでん返しを食らってしまいノックアウトされた。ゴーストではない透明感のある彼女の一言一言、行動の1つ1つに意味があり、足の先から鳥肌が立った。

多くの人が連続した時間の中で何となく封印してきた二十代と現実よ四十代には、ギャップがある。それは事実だろうが、見て見ぬ振りをして、前を向いて生きようとしている。それはときには虚しいから。でも、この映画を見て、それが人として必要な作業ではないかと感じた。

皆さんのレビューを拝見して、男性から見た場合と女性から見た場合とでも違うし、感じ方も様々、こういう映画が人を豊かにするのだと思う。
Rity3

Rity3の感想・評価

3.5
機内にて。
シャーリーズシェロンって途中までわからなかった。このくたびれた母親。。まさか。。
母の大変さとタリーとフェーリングが会うのはまさかのまさかだったからなのね。。
期待してなかった分いい映画だなと思った。
母親って大変なのね。
んにしてもあのハリウッドきっての美人女優シャーリーズセロンの変わりっぷりがすごい、、、役者魂。
a

aの感想・評価

3.6
母と。きっと子育てを経験してる人は感じることが多かったんじゃないかなと思って観終わった後即感想を聞きました(笑)
シャーリーズセロン、本当にすごい。マッドマックスやアトミックブロンドのかっこいい彼女はまるで別人で、子育てに疲れ切った母親そのもので、観ていてこちらもつらくなった。うろ覚えだけど車の中で子供が駄々こねてるシーン?はもうやめたげて…って言いたくなった…
特集・シャーリース セロン後編

やはりシャーリース セロンはすごかったです。
「マッドマックス・怒りのデスロード」🚙でフュリオサ、「ワイルド スピード ICE BREAK」🚗では天才ハッカーそして、「アトミック ブロンドではMI6のエージェント役🇬🇧と様々な顔を持っていますが、今作での一番の難敵は産後うつでした。いろんなことができる俳優さんは感心します。

主人公のマーロ(シャーリース セロン)は夫のドリュー(ロン リヴィングストン)と二人のの息子(一人は発達障害がある子で名前はジョナ)そして、物語が起きる月曜日に新たな子を出産する予定なんですが、ドリューの友達クレッグ(マーク デユプラス)の紹介で夜間だけ子供を見る子守を紹介されてマーロとタリー(マケンジー デイヴィス)が出会うのですが・・・。

シャーリースについては冒頭描いたのでここでは省略します。マケンジー デイヴィスといえばネットフリックスの「ブラック ミラー」シーズン3の4「サン ジュニペロ」🚗ですね。あの感動作を見ていない方がいらっしゃったら今すぐご覧ください。その他「オデッセイ」👨‍🚀でメガネをかけたNASAの技術者役がありました。あと「ブレイドランナー 2049」のどこかに出てるんだそうです。シャーリースとマケンジーの二人が中心となって物語📕が進んでいくのであとのキャラたちは気にしなくてもいいくらいです。

監督は「ゴーストバスターズ」💀のアイヴァン ライトマンの息子で
「JUNO/ジュノ」や「マイレージ マイライフ」✈️のジェイソン ライトマン。脚本📙は「JUNO/ジュノ」で一時時の人となったデイアブロ コデイ。それにしても劇中で「TIME AFTER TIME」が使われてるだけで思わずクスッとなってしまいます。「マイレージ マイライフ」でアナ ケンドリックが「TIME AFTER TIME」を歌う🎤シーンもありました。

それにしても衝撃的だったのは子守の女性がウエイトレスに扮して旦那さんを起こすシーンですね。ああいうシーンは日本🇯🇵ではありえないですね。奥さんがよほど協力的でないといけないんでしょうね。でもこの話はリアルに子育ての苦労を母親の視点から描いてるだけでなく「こういうアイデイアがあったら母親も楽なのに」みたいな提案もしてるんでしょうね。私の姉がどれくらい苦労してるのかを肌で感じてる人間としては参考になる側面もあります。ただしもう一人の子、つまり発達障害でない方の子は出番が少なかったように思いますし、実はこのシーン夢だったというのが多かったです。

いずれにせよ今後もシャーリースから目が離せません。
華奈子

華奈子の感想・評価

4.0
完璧であることを目指すのは自分を苦しめるのかも。辛くても、平凡な日常を繰り返すしかなくても、生きていかなければならないのだと痛感した。それが宝物だと信じて。毎日がドラマチックな人なんて早々いない。でも、どんな毎日を過ごすかは自分次第だから私は頑張りたいと思った。
ベストショットは赤ちゃんがおしゃぶりくわえてくれなくて主人公が戸惑い、、
からの駐車場のショット
赤ちゃんの声は車内にしか響いてないから誰も気づいてないし、そもそも人が映ってない

大きな役割を与えられて孤独に苦悩する人を印象づけるショットはマイレージマイライフにもあったような
ekikawa

ekikawaの感想・評価

4.0
「僕のことをYouTuberだと思っている人がいる」というのを聞いて笑ってしまったのだけど、これはライムスター宇多丸のラジオでの発言。確かに最近はYouTuberでも映画について感想を喋る人はちらほらと見かけるので、スキンヘッドでグラサンの映画語りおじさんと認識されてもおかしくはありません。ところで興味深いのはこの番組に寄せられたハガキでこの映画のシャーリーズセロンとほぼ同じ境遇「現在41歳。第3子を冬に出産予定の女性」からの投稿があって、しかもダメだったとのこと。登場人物が自分に近い境遇だと、ちょっと視点が変わってしまうのかもしれません。

劇中でタリーのことをweirdと言うシーンがあって、そうかな?こういう人結構いるしと思っていたら、その正体は…。その表現は正しくもあり、間違ってもいたのです。
>|