クレイマー、クレイマーの作品情報・感想・評価

クレイマー、クレイマー1979年製作の映画)

KRAMER VS. KRAMER

製作国:

上映時間:105分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「クレイマー、クレイマー」に投稿された感想・評価

最初と最後のフレンチトースト作るシーンの対比がすごいよかった。
子供の立場になって考えた時に、父親とちゃんと生活していけるようになった時に引き取ると言って、離れる決心をつけた後には連れていないと言う母親はあまりに勝手なのではと思ってしまった。
francie

francieの感想・評価

3.5
2度目?の鑑賞です

子を捨てたひと(女)を私は信じない
ex.瀬◯内寂聴とか…

でも1度
奥さん側からの映画も観てみたい
人を説得させる何かが有るのか?!

原題のままで良かったのに
邦題変だよね〜
ちゃむ

ちゃむの感想・評価

3.9
この頃のダスティンホフマンは最強だし、メリル・ストリープは今でも最高なんで、そりゃあ面白いよね。
テッドがだんだんパパっぽさ増してくのが素敵!あと、フレンチトースト作ろ
[フレンチトーストうまそう]

初ダスティン・ホフマン
反町隆史が主演していたドラマ「グッドライフ」を思い出してしまった。
頑張る父親の姿に涙。










<ネタバレ>
あんまり評価が高くないのは、エンディングが気に食わんから。
時代錯誤的なのかもしれんけど、結局捨ててるやんって。色々辛いことあったんだろうけど、最後は復縁して欲しかった。どちらが悪いとかそういう話じゃないんだけど。結局家族は離れ離れっていう結末が悲しい。
不器用だけど純で無垢な愛情

孤軍奮闘する親父が
かっこよすぎた。
渓谷

渓谷の感想・評価

4.1
日本公開は1980年4月らしいです。当時はまだ子供だったので数年後にテレビで見ました。その後も何度か見ています。

初見ではジョアンナの辛さに共感できなかった記憶があります。その頃の日本は夫が稼ぎ、妻は家で子育てが普通で我が家の両親もそうでした。子供だったのでアメリカってこんな国なの?ぐらい思いました。

私も大人になり、テッドの超仕事人間ぶりに自分のキャリアや子育て等家庭内の不安を相談できないジョアンナはさぞ辛かったろうと思います。

別居に至った理由、これからはママと暮らしてパパとは週末会えるから…とビリーに説明するシーンは涙なくしては見られません。
収入も子育ても当然必要です。でも夫婦が少しの思いやりを持っていればビリーを不安定な状況にさせる事はなかったのではと裁判シーンを通して思わされ、またそこで泣かされます。
何度見ても色褪せない映画だなと思います。
大好きなメリル・ストリープ出演の名作🎬です・・名作なのに観たことなかった⁉︎初鑑賞でした。


妻が家出して、ダスティン・ホフマンがひとり子育てに奮闘するシーンは観ているこちらがイライラするほど見事に演じきる・・さすが名優です。


親権を争う裁判での二人の表情には辛いものがありました。

メリル・ストリープが目を合わせず横を向く裁判シーンにも上手さが光る。


ダスティン・ホフマンが息子に裁判の結果を話して悟らせるシーンには泣かせられました。


最後は再生を思わせるところで終わる演出・・見事でした。
自分が少し大きくなって、子供と大人の間の歳になって、親の離婚騒動なんかがあって、やっと3人全員のきもちが少しでも分かるようになってから この映画を観られて良かったと思う 個人ごとに事情があるのは当たり前なんだ
K

Kの感想・評価

3.5
時代を感じつつも最後まで退屈せずに観られた。

いつか子供を持った時のために、教訓として覚えておきたい。
>|