• Filmarksトップ
  • 世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方 の感想・評価

世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方 (2014年製作の映画)

Nonsense and the Coati Gang/Quatsch und die Nasenbärbande

上映日:2017年02月11日

製作国:
  • ドイツ
  • / 上映時間:83分
    監督
    ファイト・ヘルマー
    脚本
    ハンス・ウルリッヒ・クラウゼ
    ファイト・ヘルマー
    キャスト
    ノラ・ボーネル
    ジャスティン・ウィルケ
    シャーロット・ルービッヒ
    ピーター・ディヤン・ブダク
    ヘンリエッテ・クラトチウィル
    あらすじ
    ドイツのド真ん中にあるボラースドルフ。そこは、目立つことや、特別なことをしないで、ごく普通で平凡であることを美徳とする平和な村でした。その村に暮らす子どもたち、リーケ、マックス、レネ、ポール、スーゼ、ベンの6人はアカハナグマのクアッチと一緒にいつも楽しく遊んでいました。ある日、村に消費者調査会社“銀色団”が乗り込んできます。彼らは、世界一平均的なその村を、まだ発売されていない新商品のマーケット・リサーチを行うモニター村にしようとやってきたのでした。市長をはじめ大人たちは皆、その申し出に大喜びでしたが、子どもや老人たちはまるで人体実験のような調査会社のやり方に不満でした。 村の老人たちは、さまざまな分野で初めてのことを成し遂げてきた、特別で、ちょっと変わった人ばかりでした。でも、平凡を目指す大人たちにとってそんな彼らは、目ざわりな存在でした。やがて大人たちは、彼らを老人ホームへ送り、閉じ込めてしまうのでした。でも、幼い孫たちにとっておじいちゃんやおばあちゃんは、仕事に忙しい両親の代わりに面倒を見くれ、いろいろなことを教えてくれる大切な存在でした。そしてついに、子どもたちは大人たちの横暴に立ち上がります。子どもたちは幼稚園を脱走し、大親友のアカハナグマ、クアッチと一緒に“ハナグマ・ギャング団”を結成、おじいちゃんとおばあちゃんの救出作戦を開始します。 「この村はフツー過ぎてモニター村にされちゃった。だから村を特別にすればいいんだ! そうすればおじいちゃんやおばあちゃんが帰ってくる!」そう考えた子どもたちは、自分たちの村から世界新記録を出そうとがんばりますが、なかなかうまくいきません。もうダメだとあきらめそうになったとき、天才クアッチがすごいアイデアを思いつきます。

    「世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方 」に投稿された感想・評価

    お話はアンパンマンとか見るような年齢向けにふってある感じでしたが、何故舞台がそこになるのかが結構硬派な作りでした。
    スタッフに気合の入った方がいたのか、家電の爆発、爆走するゴミ収集車・電車等はきっちりしてて実写ならではの迫力でしたし、時々挟まる妙にかっこいいショットがよかったです。
    銀色団はビジュアル良かったのでもっと見たかった。

    子供たちの劇中の作戦、日本だと悪の組織の伝統的なやつやと思いました。
    ロッタちゃんは苦手だけど、これは気になる、とターゲット分かりやすいコチラ鑑賞。

    よかった!
    こどもたちのドタバタmovieは予想とおりなんだけど、音楽もいいし何よりハナグマ。天才ハナグマ…。主役はきみだよ…

    記録調査団のタップと音楽もすきだー
    映画 世界で一番のイチゴミルクの作り方
    とんでもないガキンチョと奇天烈おじいちゃん&おばあちゃん
    そして天才ハナグマとオペラ歌手キャット。軽快なリズムに乗ってメチャクチャに破壊していくぶっ飛びおバカ映画だったw
    いわゆる普通の大人達によるお年寄りと子供の扱いが同じなとこにはリアルに私達の反省点が隠されているし、人と違う事の面白さと違うことを恐れない、なおかつ愛しく思う心なんかをなんともバカバカしく展開していくのが凄ポイント笑
    とにかく子供とハナグマの可愛らしさが200点!
    かわいい、こどもがかわいい!!

    怒っている子のとなりでニヤニヤしている子がいたり自由な感じ!演技だけど演技じゃない笑

    あんな感じの環境で育ったら子どもいい子に育つ!なんでもありだね!
    可愛すぎる
    私の目が喜んでる
    見たあとのなんとも言えない虚無感。
    せっかく演技力のある子役6人をオーディションで見つけ出したのにセリフ後付けの回想シーンばっかじゃ意味がないじゃない!!
    ヨーロッパの中心、にあるドイツのど真ん中の町ボラースドルフ。
    全世界の超平均的で超平凡、超普通100%というデータを出され町にとある調査団が来る!

    なんだかんだありまして、僕たち私たちの大好きなおじいちゃんおばあちゃん達が強制的に老人ホームに連行されてしまったので、超普通100%を抜け出すために色々な世界記録を作ろうとしたり、とりあえず町を普通じゃなくさせるこっちも半ば強引なやり方で解決させていくちびっこ達の可愛さ炸裂ムービーでした😚💕

    実は今回の子役の皆さん、オーディションで選ばれた演技指導0のど素人キャスティング!素の姿で演技(?)をしているので飾りっ気もなくて自然な可愛さが垣間見えたりかなり自由にやりたい放題で素敵でした✨
    数あるレビューの中にはヤラセ感が出すぎで萎えたという人もいますね(笑)

    映像はトランスファー調のフィルターがかかった色合いに、両サイドにブラーがかけられていたのでレンガの街並みがミニチュア風に映えてて可愛らしかったです!

    作中には音楽家のおじいちゃん、開発者のおじいちゃん、発明家のおじいちゃん、パイロットだったおばあちゃん、登山家だったおばあちゃんそれぞれの祖父母の影響を受けて育ってきた子供達が特技を活かして活躍してくれるシーンが盛りだくさんです😎✨

    中でも清掃車、トラクター、汽車、観覧船、クレーン車たくさんの乗り物を子供だけで操縦して町中を壊して回る...幼い子が見たらマネするんじゃないかと、なんとも危ない(笑)

    楽しさいっぱいでオチは無理やりな感じもありましたが(笑)100%観ていて笑顔になれる作品です👍
    とってものほほんとする一作。思った以上に子供向け。
    大人が観て楽しめるかは、この子供主体の世界観に馴染めるかどうかでかかなり分かれるところ。

    同じ子供が主役で大人が振り回される系でも、ウェス・アンダーソンの『ムーンライズ・キングダム』とは全く違う観了感。
    (まぁ、主役の子供の年齢層がだいぶ違うのでそれも要因かも)
    予告編から、少し観たいと思っていた作品。
    子どもの新しい発想とか、結構好きだったのだけど...
    とりあえず作りが雑。90分もない作品だけど、体感的には2時間越え。わざとだろうか?
    20170501
    4さいキッズぱわー
    初ハナグマ
    >|