• Filmarksトップ
  • 世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方 の感想・レビュー

世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方 (2014年製作の映画)

Nonsense and the Coati Gang/Quatsch und die Nasenbärbande

上映日:2017年02月11日

製作国:
  • ドイツ
  • / 上映時間:83分
    監督
    ファイト・ヘルマー
    脚本
    ハンス・ウルリッヒ・クラウゼ
    ファイト・ヘルマー
    キャスト
    ノラ・ボーネル
    ジャスティン・ウィルケ
    シャーロット・ルービッヒ
    ピーター・ディヤン・ブダク
    ヘンリエッテ・クラトチウィル
    あらすじ
    ドイツのド真ん中にあるボラースドルフ。そこは、目立つことや、特別なことをしないで、ごく普通で平凡であることを美徳とする平和な村でした。その村に暮らす子どもたち、リーケ、マックス、レネ、ポール、スーゼ、ベンの6人はアカハナグマのクアッチと一緒にいつも楽しく遊んでいました。ある日、村に消費者調査会社“銀色団”が乗り込んできます。彼らは、世界一平均的なその村を、まだ発売されていない新商品のマーケット・リサーチを行うモニター村にしようとやってきたのでした。市長をはじめ大人たちは皆、その申し出に大喜びでしたが、子どもや老人たちはまるで人体実験のような調査会社のやり方に不満でした。 村の老人たちは、さまざまな分野で初めてのことを成し遂げてきた、特別で、ちょっと変わった人ばかりでした。でも、平凡を目指す大人たちにとってそんな彼らは、目ざわりな存在でした。やがて大人たちは、彼らを老人ホームへ送り、閉じ込めてしまうのでした。でも、幼い孫たちにとっておじいちゃんやおばあちゃんは、仕事に忙しい両親の代わりに面倒を見くれ、いろいろなことを教えてくれる大切な存在でした。そしてついに、子どもたちは大人たちの横暴に立ち上がります。子どもたちは幼稚園を脱走し、大親友のアカハナグマ、クアッチと一緒に“ハナグマ・ギャング団”を結成、おじいちゃんとおばあちゃんの救出作戦を開始します。 「この村はフツー過ぎてモニター村にされちゃった。だから村を特別にすればいいんだ! そうすればおじいちゃんやおばあちゃんが帰ってくる!」そう考えた子どもたちは、自分たちの村から世界新記録を出そうとがんばりますが、なかなかうまくいきません。もうダメだとあきらめそうになったとき、天才クアッチがすごいアイデアを思いつきます。

    「世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方 」に投稿された感想・レビュー

    うたまる
    うたまるの感想・レビュー
    4時間
    2.8
    子供達が可愛かった!それが一番でした!
    二番はおじいちゃんおばあちゃんが微笑ましかった!
    ただただ可愛いものを見に行く気持ちで見るべき!
    普通の大人の私には内容の荒っぽさやカメラワークが気になってしまいました。

    子供たちの無邪気な夢が飛び交う素敵な街です。
    むらさきさいた
    むらさきさいたの感想・レビュー
    7時間
    5.0
    予告解禁より公開日がとてもとても待ち遠しかった作品。終始ニヤニヤが止まらない。
    ちんばしまなり
    ちんばしまなりの感想・レビュー
    8時間
    2.5
    幼いころ、少年アシベのプールいっぱいのゼリーに憧れた。
    そんな僕はもういないけれど、この映画を見た子供たちが目を輝かせてくれたなら。
    わくわくが詰まった児童書のような映画です。
    hinano
    hinanoの感想・レビュー
    15時間
    3.8
    いたずらキッズの笑顔と歌が本当に可愛い!発想もストーリーも終始わくわくするもので、一見子ども向けムービーかと思いきや、大人たちに “フツーじゃ物足りないんだよ” ということを教えてくれている素敵な物語でした。私も世界でいちばんのイチゴミルク飲みたいなあ〜〜
    koshigoemon
    koshigoemonの感想・レビュー
    1日
    3.0
    カラフルな色合いのおとぎ話。リアルの物差しを使ってはいけません。ただ画面で大騒ぎする愛らしいちびっ子ギャングの顛末を楽しむ。そういう映画です。
    emily
    emilyの感想・レビュー
    1日
    3.7
    ドイツの真ん中の平凡な村ボラースドルフに消費者調査会社がモニター調査にやってくる。たちまち新商品に夢中になる大人達、個性的なお年寄り達は老人ホームにいれられ、子供達は楽しみを奪われ6人の幼稚園児と1匹のアカハナグマがたちあがる。

    オープニングからカラフルな色彩と遊び心満載の仕掛けが一杯詰められていて、可愛くて、ハチャメチャで、下品さが全くなく子供目線でありながら、普遍的なテーマがしっかり隠されている。街並みもレトロなファッションももちろん子供達も、アカハナグマのユニークな扱いも暖かなユーモアの中に包み込み、まるで絵本を見てるようでありながら、スピード感が飽きさせない。ミュージカル調になったりSFのような色彩やハチャメチャ、ドタバタ劇のテンポ感も嫌味なく楽しい。寄り添う音楽もまた雰囲気をしっかり盛り上げてくれる。

    同じ目線に配置されたお年寄り達の取り扱いも面白い。全てを終えて童心に帰っていく彼らの冒険心は子供と同じであり、"大人達"から同じように叱られるのだ。

    大人になるにつれ普通でいること、枠の中で生きることを強いられてしまう世間の生きにくさを浮き彫りにしながら、大人にもしっかり響く作品になっている。子供といっしょに観に行ったならちょっと良い気分になれるような作品。
    hitomi
    hitomiの感想・レビュー
    1日
    2.0
    子供たちは可愛いし、バスケットに入ったイチゴがゴンドラのように運ばれてくのはめちゃめちゃ可愛かったけど、内容はイマイチ…。
    子供たちの目的が中途半端に感じたし、ハチャメチャにやり過ぎてて、何が凄いのか共感しづらかった。
    2017年21本目
    さ子
    さ子の感想・レビュー
    1日
    2.8

    何でも「普通」にしてしまう大人達、
    「普通」が嫌いな子供たち
    街が「普通」になってしまって子供たちがそのことに怒って街を変えようとする物語
    (だと思う)

    途中眠気との戦いであんまり記憶ないけど
    通路はさんだ同じ列のおばあちゃんも寝ていた

    なんといっても街の建物とか人とかがミニチュアみたいな感じで世界観かわいすぎ

    子供たちの作戦が大人には思いつかないような純粋すぎることばかりで笑える

    クレオンしんちゃんの映画みてるみたいな。


    ずっと見てられるようなエンドロール。もっと見たかった。


    映画終わってしずかになったとき、前の方にいた男の子の「おかあさん、おもしろかった。」という言葉が映画館中に響き渡ってみんなかフフフと笑った。
    そんな映画でした。
    いく
    いくの感想・レビュー
    1日
    -
    深く考えず、子供の頃の気持ちを思い出して観るべき作品。
    アカハナグマと子どもたちが最高にキュート!
    >|