世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方 の作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • 世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方 の作品情報・感想・評価

世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方 2014年製作の映画)

Nonsense and the Coati Gang/Quatsch und die Nasenbärbande

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:83分

3.3

あらすじ

ドイツのド真ん中にあるボラースドルフ。そこは、目立つことや、特別なことをしないで、ごく普通で平凡であることを美徳とする平和な村でした。その村に暮らす子どもたち、リーケ、マックス、レネ、ポール、スーゼ、ベンの6人はアカハナグマのクアッチと一緒にいつも楽しく遊んでいました。ある日、村に消費者調査会社“銀色団”が乗り込んできます。彼らは、世界一平均的なその村を、まだ発売されていない新商品のマーケット・…

ドイツのド真ん中にあるボラースドルフ。そこは、目立つことや、特別なことをしないで、ごく普通で平凡であることを美徳とする平和な村でした。その村に暮らす子どもたち、リーケ、マックス、レネ、ポール、スーゼ、ベンの6人はアカハナグマのクアッチと一緒にいつも楽しく遊んでいました。ある日、村に消費者調査会社“銀色団”が乗り込んできます。彼らは、世界一平均的なその村を、まだ発売されていない新商品のマーケット・リサーチを行うモニター村にしようとやってきたのでした。市長をはじめ大人たちは皆、その申し出に大喜びでしたが、子どもや老人たちはまるで人体実験のような調査会社のやり方に不満でした。 村の老人たちは、さまざまな分野で初めてのことを成し遂げてきた、特別で、ちょっと変わった人ばかりでした。でも、平凡を目指す大人たちにとってそんな彼らは、目ざわりな存在でした。やがて大人たちは、彼らを老人ホームへ送り、閉じ込めてしまうのでした。でも、幼い孫たちにとっておじいちゃんやおばあちゃんは、仕事に忙しい両親の代わりに面倒を見くれ、いろいろなことを教えてくれる大切な存在でした。そしてついに、子どもたちは大人たちの横暴に立ち上がります。子どもたちは幼稚園を脱走し、大親友のアカハナグマ、クアッチと一緒に“ハナグマ・ギャング団”を結成、おじいちゃんとおばあちゃんの救出作戦を開始します。 「この村はフツー過ぎてモニター村にされちゃった。だから村を特別にすればいいんだ! そうすればおじいちゃんやおばあちゃんが帰ってくる!」そう考えた子どもたちは、自分たちの村から世界新記録を出そうとがんばりますが、なかなかうまくいきません。もうダメだとあきらめそうになったとき、天才クアッチがすごいアイデアを思いつきます。

「世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方 」に投稿された感想・評価

あー!こどもかわいい!からのガキんちょ放し飼いかよ!?って感じだったけど、この子たちの動機がほほえましいからまあよかったかなー。このくらいのチビたちはほんと怖いもんなし、なにするかわからんからハラハラするけど、それが面白かったりするよね
吹き替え版を。
親子連れの子どもにものすごくウケていた!エンディングも手拍子ノリノリでそれに何とも感動
PON

PONの感想・評価

3.0
すこし期待はずれ。
nanako

nanakoの感想・評価

4.0
Eテレのような、やばーい可愛さ。なんか色々度肝を抜かれるけど、好き。
yuino

yuinoの感想・評価

4.0
記録、ちっちゃんと(^-^)字幕
とにかくかわいい!!!!
子供たちがかわいくてね。おじいちゃんとおばあちゃん達も個性的ですてきだった。楽しくてハッピーでした。これがもう最後のチャンスだと思い、飛んで行って来ました。元町映画館さん、上映してくれてありがとう。
華

華の感想・評価

3.7
なんで早く寝ないといけないのか。
あれこれダメだと言うのか。
大人の言うことはわからなかったのに。
いつからそれを理解できるようになってしまったのか。

なんて難しく考えても仕方がない。
平凡でも平凡じゃなくても、世界でいちばんのイチゴミルクをみんなでつくれたら、それでハッピーだよね。

子どもたちが破茶滅茶すぎてクソガキ(すみません)って思っちゃうけど、難しいことは何も考えず、笑い飛ばしちゃおう。
色使いがかわいくて、絵本のようだった。
geddy

geddyの感想・評価

3.0
お話はアンパンマンとか見るような年齢向けにふってある感じでしたが、何故舞台がそこになるのかが結構硬派な作りでした。
スタッフに気合の入った方がいたのか、家電の爆発、爆走するゴミ収集車・電車等はきっちりしてて実写ならではの迫力でしたし、時々挟まる妙にかっこいいショットがよかったです。
銀色団はビジュアル良かったのでもっと見たかった。

子供たちの劇中の作戦、日本だと悪の組織の伝統的なやつやと思いました。
ryo

ryoの感想・評価

3.5
ロッタちゃんは苦手だけど、これは気になる、とターゲット分かりやすいコチラ鑑賞。

よかった!
こどもたちのドタバタmovieは予想とおりなんだけど、音楽もいいし何よりハナグマ。天才ハナグマ…。主役はきみだよ…

記録調査団のタップと音楽もすきだー
take

takeの感想・評価

3.1
映画 世界で一番のイチゴミルクの作り方
とんでもないガキンチョと奇天烈おじいちゃん&おばあちゃん
そして天才ハナグマとオペラ歌手キャット。軽快なリズムに乗ってメチャクチャに破壊していくぶっ飛びおバカ映画だったw
いわゆる普通の大人達によるお年寄りと子供の扱いが同じなとこにはリアルに私達の反省点が隠されているし、人と違う事の面白さと違うことを恐れない、なおかつ愛しく思う心なんかをなんともバカバカしく展開していくのが凄ポイント笑
とにかく子供とハナグマの可愛らしさが200点!
>|