世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方の作品情報・感想・評価

世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方2014年製作の映画)

Nonsense and the Coati Gang/Quatsch und die Nasenbärbande

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:83分

3.4

あらすじ

ドイツのド真ん中にあるボラースドルフ。そこは、目立つことや、特別なことをしないで、ごく普通で平凡であることを美徳とする平和な村でした。その村に暮らす子どもたち、リーケ、マックス、レネ、ポール、スーゼ、ベンの6人はアカハナグマのクアッチと一緒にいつも楽しく遊んでいました。ある日、村に消費者調査会社“銀色団”が乗り込んできます。彼らは、世界一平均的なその村を、まだ発売されていない新商品のマーケット・…

ドイツのド真ん中にあるボラースドルフ。そこは、目立つことや、特別なことをしないで、ごく普通で平凡であることを美徳とする平和な村でした。その村に暮らす子どもたち、リーケ、マックス、レネ、ポール、スーゼ、ベンの6人はアカハナグマのクアッチと一緒にいつも楽しく遊んでいました。ある日、村に消費者調査会社“銀色団”が乗り込んできます。彼らは、世界一平均的なその村を、まだ発売されていない新商品のマーケット・リサーチを行うモニター村にしようとやってきたのでした。市長をはじめ大人たちは皆、その申し出に大喜びでしたが、子どもや老人たちはまるで人体実験のような調査会社のやり方に不満でした。 村の老人たちは、さまざまな分野で初めてのことを成し遂げてきた、特別で、ちょっと変わった人ばかりでした。でも、平凡を目指す大人たちにとってそんな彼らは、目ざわりな存在でした。やがて大人たちは、彼らを老人ホームへ送り、閉じ込めてしまうのでした。でも、幼い孫たちにとっておじいちゃんやおばあちゃんは、仕事に忙しい両親の代わりに面倒を見くれ、いろいろなことを教えてくれる大切な存在でした。そしてついに、子どもたちは大人たちの横暴に立ち上がります。子どもたちは幼稚園を脱走し、大親友のアカハナグマ、クアッチと一緒に“ハナグマ・ギャング団”を結成、おじいちゃんとおばあちゃんの救出作戦を開始します。 「この村はフツー過ぎてモニター村にされちゃった。だから村を特別にすればいいんだ! そうすればおじいちゃんやおばあちゃんが帰ってくる!」そう考えた子どもたちは、自分たちの村から世界新記録を出そうとがんばりますが、なかなかうまくいきません。もうダメだとあきらめそうになったとき、天才クアッチがすごいアイデアを思いつきます。

「世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方」に投稿された感想・評価

ayamilky

ayamilkyの感想・評価

2.5
可愛らしい。ドイツのある村のお話。ハナグマの演技優秀!!子供たちが可愛かったー!中身はチープでグダグダだからおすすめはしない笑
sonozy

sonozyの感想・評価

4.5
大好きな『ツバル』のファイト・ヘルマー(Veit Helmer)監督、もう1本。
原題は、ドイツ語で"Quatsch und die Nasenbärbande"(ナンセンスなアカハナグマ団)

世界50以上の子供映画祭で受賞したそうです。

ドイツのちょうど真ん中かつ欧州の中央に位置し「ふつう」であることを美徳とする架空の村「ボラースドルフ」が舞台。

この村を「欧州の典型で平均的」とみた調査会社「銀色団」(GKF)は、市場調査のためのモニター村にしようとチアガールも連れて派手に乗り込みます。
市長をはじめ大人たちは皆、その申し出に大喜び。

「銀色団」は変な新商品(青汁コーンフレーク、青いバターなど)のテレビCMと店頭展開を実施し、大人たちは美味しくもない新商品を体験し続けます。

一方、「ふつう」とはほど遠い、発明家や独創的なおじいちゃん・おばあちゃん達と、何でも出来ちゃうアカハナグマの「クアッチ」とヤンチャな遊びでいつも大人たちを困らせている4歳児たち。

86歳になると強制的に老人ホームへ入れられてしまうという村で、おじいちゃん・おばあちゃん達を救い出し、変な新商品をテストする「銀色団」を追い出すべく、アカハナグマの「クアッチ」とヤンチャな幼児6人が、"脱・ふつう村"に向けて立ち上がる!
※"世界でいちばんのイチゴミルク"は、ここで出てきます。

監督が敬愛するチャップリンやジャック・タチの諸作品、『ちびっこギャング』シリーズなどにインスパイア&オマージュとのこと。

最高に可愛い子どもたちは、演技指導を受けた子役俳優は一切使わず、個性的で元気な6人をオーディションで厳選したとか。

小さいお子さんがいる方は是非ご一緒に!^^
Haruna

Harunaの感想・評価

5.0
映画大好き映画狂は
遂にこの域まできました。
はい、通学中の電車の中で映画観てました。
20GBに感謝。笑

昨日けっこう重ためな映画を観てテンションダダ下がりだったので明るい映画を、と今作選んだけど大正解!!!

はぁーん、可愛すぎ!!!!
ハナグマギャング団、好き過ぎる!!!
癒しの絶頂だった。にんまりしちゃう。
絵本の世界だよ、可愛さが異常。
所々で入る歌も歌い方、歌詞、リズム全て込みで可愛くて大好き!
可愛さで発狂しそう!!!!
クゥアッチめっちゃ賢いし器用やし最高!

でもね、この映画どこか皮肉ぽくて
“普通”とか“個性”とかを言ってる大人たちを批判してる感じのメッセージ込められてると思う。
おじいちゃんやおばあちゃんと孫が手を組んでる所もまたポイントだと思う。

ある意味、深い内容だと思うな。
可愛さでカモフラされてるけど。笑

とりあえず子どもの心を忘れない
大人で居続けたいな。
大好きな世界観と色彩。
絵本を読んだ後みたいな気持ちになる。
こと

ことの感想・評価

4.4
なんとまぁかわいい映画♡

あらゆる商品のモニター調査をする会社に、世界で最も"普通"と認定された小さな村。
モニターとして会社に協力する大人たちに、"普通"じゃないことを求め反旗をひるがえした子どもたちが大奮闘する物語。

世界一のイチゴミルクの秘密は、ぜひ見てからのお楽しみで☆

この映画で重要な役を担うのが、子供たちのおじいちゃんおばあちゃんたち。

想像力に溢れた彼らは、きっと今の世の中では異常な存在として、病院に入れられたり介護の対象になるのだろうけど、同じように想像力を持った子供たちがいるから、それが個性とか才能という形で受け取られるのかなと思いました。

手に負えないから外に出すのではなく、個性だと思って受け入れることが大切なんだな

幼稚園くらいの子どもって1番かわいい気がする…何をやっても許せる可愛さ
しかし、子どもに負けずハナグマも、目が溶けちゃう可愛さ
助演動物賞獲得できるわぁ
ma

maの感想・評価

-
自由な映画。
おとぎ話のような可愛さ。
子どもが元気いっぱいにはちゃめちゃしてる映画大好き
ちよ

ちよの感想・評価

3.5
大人と子供の平和な喧嘩。取り敢えず各国にアカハナグマを配置しよう。
himaco

himacoの感想・評価

4.2
『天才スピヴェット』が好きな人は好きかも。
子供たちの語りとカラフルな映像。
所々がミュージカルやアニメーションっぽかったりと、いっぱい詰まったおもちゃ箱みたい。

ドイツ、ボラースドルフ村に住む子供たち。リーケ、マックス、レネ、スーゼ、ポール、ベン、そしてハナグマのクアッチ。

老人ホームに入れられたおじいちゃんおばあちゃんを助け出すため“ハナグマ・ギャング”を結成する!

ハナグマ・ギャングの暴れっぷりに何度もにやけてしまうし、ちょっと声の裏返るポールなんか愛おしすぎる。

それにしてもクアッチ最高!
tyokuko

tyokukoの感想・評価

3.2
ちびちゃんとおじいちゃんたちの可愛いさとカラフル感でなんとか見きれた!

かなりの短縮版あったらもう一度みたい。ああ、でも可愛くて編集できないのかなあ。髪の毛のギプス可愛すぎました。
独特の世界観というか不思議な映画だった!
ゆる〜〜くてほんわかする!
ちびっ子ギャング達がかわいいんだけどかなりやんちゃ!
おばあちゃんやおじいちゃんもやんちゃ!
ハナグマが可愛くて天才!
みんな愛くるしい!

非現実的なことが起こるので、突っ込みたくなるかもだけどそれを含めて楽しめばおもしろい(笑)

ところどころ歌が入って、絶妙なカメラワークでシュール!
吹替版でみたんだけど、歌声が幼稚園児感満載でお遊戯会みたいでかわいい!

街並みや色合いも可愛くて素敵!
>|