やかまし村の子どもたちの作品情報・感想・評価

「やかまし村の子どもたち」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

なんて可愛い子供たち。やんちゃな男の子たち。湖で釣りしたり川に裸で入って遊んだり日常の子供たちの世界がキラキラ。
いたずらの仕返し
買い物頼まれて出掛けるが、何度も戻って買い物する姿が微笑ましい。
すべてが可愛い。

『人に好かれる物と嫌われる者あるのどうして?』
幼い頃、私もどうして?と思ったものだな。
『道を歩くのって誰が決めたの?』
道を歩かず柵を登って歩く子供たち。
子供たちの好奇心にワクワク
忘れかけていた好奇心を思いだし、心穏やかに自然と笑顔になってしまう。

何気ない日常が豊かな心を育む
広がる発想
『何か楽しいことを考えれば楽しいのよ』癒されました。


劇場鑑賞 自粛中 自宅鑑賞①
オヨヨ

オヨヨの感想・評価

3.0
子どもの演技が自然で演技に見えない。
犬も芸達者だなぁ
スエーデンの夏の風景が癒される。
子ども時代に観たかった。

靴を靴屋に取りに行くのと、買い物エピソードが好き。
30
ほっこり。

男の子達、悪戯っ子ですね。
何度も買い直しに戻るシーン、分かれ道への無意味な理由付けが子供あるあるでした。
みーる

みーるの感想・評価

5.0
子どもの頃から何回も見て、大好きな作品!わたしも子どものころこんな生活してみたかった〜!
kotomi

kotomiの感想・評価

4.2
子供の世界ってめっちゃいい。。
みんなの出す音がすごく好き。
友達が昔好きな映画って言ってたのをクリップしてた。

ほんわかほのぼの〜。子供たちの日常の発見や遊びからの感想が新鮮。ほこりを愛でてる?笑 とことか、ベッド開発した人が天才と思う理由とか、そんな発想が新鮮。

おつかいと真珠のとこが好き!おつかいのおバカさん加減が可愛かったと思えば、真珠の仕返しみたいになかなか秀逸なとこも。

男の子たちは終始やんちゃ。
湖や村の自然がきれい。
KATO

KATOの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

子どもの頃ってなんであんなに1日が長くて、おだやかに暮らせていたんだろう。殺伐とした大人になった私は、そんなことを考えながら鑑賞。

小さいころからあこがれていたやかまし村の生活がそこにあって、いいなぁとずっと呟いていた。わたしにとっては特別なことばかりでも、あの村で生活するリーサたちには日常。6人の子どもたちがどんな大人になっていったのか分からないけれど、それでもきっと穏やかでたまに子どものころのおてんばが顔を出したりするのかなぁと想像が膨らむ。
本当にくだらないこともあって、水の精の話なんかくだらなくて本を読んでいた時もげらげら笑っていた覚えがある。
でも、好きと嫌いの基準を考えるとかシビアなことも考えてみたり……。
自由で伸び伸びと。みんなの生活にはめてほしくて、やっぱりうらやましいなぁと何度も何度もつぶやく大人になってしまったことが悲しくなる。
村の定点ショットがたまに入るのが良い
子供向け?なのに結構辛辣なのがすき。これ見せて育てると賢い子が育ちます。
北欧?の自然はとてもきれいで、その中を子供達がドタバタしてるので全く飽きずに見れた。台風の日に一日篭って見るのにはうってつけでした。
chouchou

chouchouの感想・評価

3.8
あぁ、可愛い!
のどかな風景、平穏な生活、癒されます。こういう場所でのんびりと暮らせたらな。

同じように並んだ赤いお家も、そこに暮らす家族も、子どもたちのお洋服も可愛い!何から何まで可愛くて!

毎日泥んこになって遊んで、お手伝いもちゃんとして、とてもいい子たちでした。
大変な事件は全く起きないけど、日々の暮らしが素敵すぎて、ずっと観ていられそう。
夜中に抜け出したり、干し草の上で一晩寝たり、子どもたちにとっては大冒険ですね。

可愛らしくて素朴な雰囲気が北欧のイメージにぴったり。
癒される素敵な映画でした。
広山広

広山広の感想・評価

3.0
村と自然の風景が美しく、癒やしの極み。
「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」の後に、原作の力が強い本作を監督しているのが不思議な感じがする。
大人が観るには間が持てないか。
イケアでザリガニ食べたくなる。
>|