007/ゴールデンアイの作品情報・感想・評価

「007/ゴールデンアイ」に投稿された感想・評価

初ピアース・ブロスナン!

他のレビュワーの方が、ピアースボンドはコネリーのワイルドさ、ムーアのコメディさ、ティモシーのシリアスさをうまく融合したボンドだ…と言っていたのですが、まさにその通りでした。

どこに路線が偏るわけでもなく、ちょうどいいバランスの作品。

冒頭や戦車のシーンでわかる通り、アクションも90年代ならではのド派手な演出でとても楽しかったです👏

この調子で頑張っちゃえ!ボンド!!
____________________________________
[この映画のBest俳優]
ピアース・ブロスナン
[脚本面]☆☆☆
[映像面]☆☆☆
[ストーリー性]☆☆☆
[オススメ度]☆☆☆
うに丼

うに丼の感想・評価

3.2
ボンド17。

ピアース・ブロスナン見参!
95年製作ということもあり、かなり現代的な作風となっている。サンクトペテルブルク市街を戦車で爆走するクライマックスが最高(エリック・セラの劇伴によるボンドのテーマも良い)。今回からジュディ・デンチがM役に登板。

ボンドのCVがシティーハンターの神谷明なので、是非吹き替え版で!
mizuki

mizukiの感想・評価

3.2
ふんだんにユーモアが散りばめられていてすごく楽しい。
キメるところはキメる
やらかす時はやらかす
展開が観る者を魅了し飽きさせない。
こういう007が好きだからこそ
ダニクレのは少し物足りなくなってしまう〜
確かにアクションは
ダニクレの方が好きなんですけどね。
20年ほど経った今の
CG技術の進歩に驚いた。
映画ってすげぇ…
ですがひとつ言わせてください。
『地球は青かった』
って名言あるけど
にしても青すぎませんか。
なんかの007の冒頭だと思ってたドリフト戦車のシーンこれの中盤だった。

バイクで崖から飛ぶスタント凄いし戦車走ってるしブロスナンも初ボンドとは思えないくらい堂々としてるし一発目でこれは掴みバッチリですね。

そりゃ人気で続くわい。
ryo

ryoの感想・評価

5.0
歴代のボンドの中で

イメージ的に一番ボンドなのがピアースブロスナンかな!
006との共同任務からスタート!でも006が...そんで脱出シーン!落ちてる飛行機に乗り込むとか初めて見たわ!ひぇーーーー😲

街中を逃げる敵を戦車で豪快に追いかけるボンドに、敵が慌てる慌てる笑

車のキーの受け渡し帽子でキャッチしたのちょっとカッコよかった😙

ボールペン3回カチカチするんか?しないんか?ってとこドキドキした😆

ラストのアンテナでの格闘シーンもヒヤヒヤ、ギリギリすぎる!

ナターリア役のイザベラ・スコルプコがキレイでかわいいかった🥰最初だけちょっとやかましかった笑

ずっと面白かった!!
広山広

広山広の感想・評価

3.0
敵役俳優ショーン・ビーンの、敵役としてのキャリアハイ。前半は出番が少ないが、代わりにファムケ・ヤンセンが輝きを見せる。
あおい

あおいの感想・評価

3.1
今宵も人知れず、世界を救う…

ピアース・ブロスナン演じるボンドシリーズ1弾!必殺奥義セクロス四十固めを提げたファムケ・ヤンセン!ボンドガールより目立ってた( ^ω^ )しかも名前、オナトップってすごいな!

◎ストーリー
ソ連時代に開発された、衛星システム「ゴールデンアイ」。それを使えば、宇宙から狙い撃ちし、大規模殺戮が行えるというのだ。そんな危険なシステムを止めるべく、ボンドが立ち上がる…

ストーリー構成の舵を大幅に変更して、6年ぶりに制作されたシリーズ。前作のボンドは、あまり目立たなかったが、ピアース・ブロスナンは画面映えがする。
女を愛し、英国を愛するボンド感がとても良い。

ソ連やKGTを倒す話ばかりやったので、今回は直接的にそれらを相手にはしない。ただ結局敵はロシアなので、やってることはほぼ変わらない( ^ω^ )

司令を与えるMのおばちゃんを見ると、ホッとする。

アクションで良かったのは、戦車で市街地走るとこ。石像ぶち壊したり、車踏み潰したり、やりたい放題でしたね。

ピアース・ブロスナンになって心機一転でしたが、やってることはやっぱりただのボンドでした。

劇中で、セクハラよとかいうセリフがあったんですが、この時代からセクハラって概念あったんやなぁ。
僕らの世代にとってはゲームの印象があまりにも強いが、それが007の世界への導入となったのは言うまでもない。完全に思い出補正。
TDS

TDSの感想・評価

3.2
ストーリーの大雑把な感じは毎回似たようなもんで、予測できるベタな展開ではあるが、何よりも冒頭からピアース・ブロスナンがかっこよすぎる

ショーン・ビーンやジュディ・デンチ、ファムケ・ヤンセン、ハグリッドなど見知った顔が豊富
>|