破門 ふたりのヤクビョーガミの作品情報・感想・評価

破門 ふたりのヤクビョーガミ2017年製作の映画)

上映日:2017年01月28日

製作国:

上映時間:120分

3.3

あらすじ

舞台は大阪。弁は立つがぐーたらビンボーな建設コンサルタントの二宮啓之(横山)はサバキと呼ばれる建設現場での暴力団対策の仕事を主な収入としていた。この仕事を通じて二蝶会のイケイケやくざの桑原保彦(佐々木)と知り合ったのが運のつき。以来、何かとトラブルに巻き込まれっぱなしの、いわば、桑原は二宮の≪疫病神≫である。縁を切りたいのに、今やコンビとみまごう二人に、何かと二宮を手伝ってくれるいとこの悠紀(北…

舞台は大阪。弁は立つがぐーたらビンボーな建設コンサルタントの二宮啓之(横山)はサバキと呼ばれる建設現場での暴力団対策の仕事を主な収入としていた。この仕事を通じて二蝶会のイケイケやくざの桑原保彦(佐々木)と知り合ったのが運のつき。以来、何かとトラブルに巻き込まれっぱなしの、いわば、桑原は二宮の≪疫病神≫である。縁を切りたいのに、今やコンビとみまごう二人に、何かと二宮を手伝ってくれるいとこの悠紀(北川)からは、本当は桑原のことが好きなんじゃないの?と言われる始末。そんなある日、二宮は映画プロデューサーの小清水(橋爪)が持ち込んだ映画企画を、桑原のいる二蝶会若頭の嶋田(國村)に紹介してしまい、二蝶会が出資をすることに。しかし小清水は金を持ったまま、愛人の玲美(橋本マナミ)とドロン。出資詐欺か!?詐欺師・小清水を追いかけるため、桑原は二宮を巻き込んで奔走するが、見つかってはするりと逃げる小清水にふたりは翻弄され続ける。遂にキレた桑原のハチャメチャな追走劇は、更に大きなトラブルへと発展!追っている筈が何者かに追われてる!?この絶体絶命に、ふたりは生き残りをかけて大勝負に挑むがー。

「破門 ふたりのヤクビョーガミ」に投稿された感想・評価

kaede

kaedeの感想・評価

3.0
きみたかくん。
なぐりがきBEAT良いね!
じゅり

じゅりの感想・評価

3.4
期待もせず見たけど
やっぱり内容も内容笑
終わり方のくささはくさすぎてもはや良い
ドラマが好きで見にいった。
こっちのコンビはこっちのコンビの良さがあった
でもどちらかといえばドラマの方が原作寄りかなって感じ。
なの

なのの感想・評価

2.6
記録として。

思ったより楽しかったです。
けど、DVDで十分でした。
2時間ドラマでいいと思うけど、映画やけんマカオが出てきたって感じでしたね。
蔵之介さんと横山さんの関係は好きです。
colga

colgaの感想・評価

3.0
佐々木蔵之介さん好きだから見た
ただそれだけ。
bkchi

bkchiの感想・評価

3.0
オッサンとオッサンがオッサンに翻弄される映画。横山くんの感情の無い演技が良かった。コメディかなと思ってみたけどいまひとつ盛り上がるところもゲラゲラ笑うところも無かった。痛々しいシーンもちょこちょこある。
Hachi

Hachiの感想・評価

2.8
横山くん目当てで見たけど、正直盛り上がりポイントがないなぁ、って思ってしまった。
でも、こんなにゴリゴリの関西弁使ってる横さんあんまり見なかったので新鮮やった。
7se

7seの感想・評価

2.5
『破門 ふたりのヤクビョーガミ』

お気に入り度:★★☆(2.5/5.0)
鑑賞方法   :DVD

http://xxxchumsxxx.blog.fc2.com/blog-entry-83.html
ふな

ふなの感想・評価

3.7
「吐いた唾はよう飲みません。」

逃げてきた男が吐く言葉なのか

映画は不思議なもので演技してる人の表情、声色、動作でまるで自分にも痛覚が移ったような感覚に陥る。

この映画の出演者は安定で安心感のある演技をするからそれが余計もろに伝わってくる。流石と感嘆の声をもらしてしまった。

その中でも横山裕がいい演技をする。
彼の演技はその役にそっと寄り添ったようなそんな味のある演技。

いい意味での脱力感
気持ちのいいくらいで収まる声のトーン
圧迫感、緊張感、自堕落な雰囲気
どこをとっても彼にしか出せないものだ
これからも応援したい。


単純に横山裕が好きなオタクのレビューになってしまった。
masa

masaの感想・評価

3.5
面白かった♪
箸刺したとこはヒィ~😱ってなったけど殺したりもないし。
>|