破門 ふたりのヤクビョーガミの作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • 破門 ふたりのヤクビョーガミの作品情報・感想・評価

破門 ふたりのヤクビョーガミ2017年製作の映画)

上映日:2017年01月28日

製作国:

上映時間:120分

3.4

あらすじ

舞台は大阪。弁は立つがぐーたらビンボーな建設コンサルタントの二宮啓之(横山)はサバキと呼ばれる建設現場での暴力団対策の仕事を主な収入としていた。この仕事を通じて二蝶会のイケイケやくざの桑原保彦(佐々木)と知り合ったのが運のつき。以来、何かとトラブルに巻き込まれっぱなしの、いわば、桑原は二宮の≪疫病神≫である。縁を切りたいのに、今やコンビとみまごう二人に、何かと二宮を手伝ってくれるいとこの悠紀(北…

舞台は大阪。弁は立つがぐーたらビンボーな建設コンサルタントの二宮啓之(横山)はサバキと呼ばれる建設現場での暴力団対策の仕事を主な収入としていた。この仕事を通じて二蝶会のイケイケやくざの桑原保彦(佐々木)と知り合ったのが運のつき。以来、何かとトラブルに巻き込まれっぱなしの、いわば、桑原は二宮の≪疫病神≫である。縁を切りたいのに、今やコンビとみまごう二人に、何かと二宮を手伝ってくれるいとこの悠紀(北川)からは、本当は桑原のことが好きなんじゃないの?と言われる始末。そんなある日、二宮は映画プロデューサーの小清水(橋爪)が持ち込んだ映画企画を、桑原のいる二蝶会若頭の嶋田(國村)に紹介してしまい、二蝶会が出資をすることに。しかし小清水は金を持ったまま、愛人の玲美(橋本マナミ)とドロン。出資詐欺か!?詐欺師・小清水を追いかけるため、桑原は二宮を巻き込んで奔走するが、見つかってはするりと逃げる小清水にふたりは翻弄され続ける。遂にキレた桑原のハチャメチャな追走劇は、更に大きなトラブルへと発展!追っている筈が何者かに追われてる!?この絶体絶命に、ふたりは生き残りをかけて大勝負に挑むがー。

「破門 ふたりのヤクビョーガミ」に投稿された感想・評価

ゲンタ

ゲンタの感想・評価

1.0
『「邦画は面白くない」って言う洋画ファンは酷い』と言う邦画ファンに見て欲しい作品。
佐々木蔵之介(顔芸)と横山裕の掛け合いはこの映画で唯一面白いと思える部分ではあるけれど、それは「キャストを知っているから」であって、よくあるストーリー展開・スピード感皆無・BGMすらない。
素晴らしい邦画は確かにあるけれど、こういう作品を見てしまうと「邦画は面白くない」となってしまう。
可もなく不可もなく。普通って感じ
横山裕はやっぱりタイプですね〜
ざわ

ざわの感想・評価

3.0
字幕ないと理解できん(笑)
トントンって見おわった感じ!
佐々木蔵之介の関西弁を堪能する映画
痛そうなシーンが意外と多かった
ゆりこ

ゆりこの感想・評価

3.1
そんな面白くなくて退屈だったなあ、痛々しい場面も多数だったし。佐々木蔵之介の目がいつか飛び出るんじゃないかと思った笑
Kazuhiko

Kazuhikoの感想・評価

2.9
「俺飛んでいってんねやろか、落ちていってんねやろか…まあどっちでもええか。」

やりたいようにやることはやはり気持ちいい。
そんな気持ちになる。

ストーリーは退屈。
そい

そいの感想・評価

3.6
極道版相棒。もろヤクザ映画って感じではないけど、思ってたよりは怖いシーン多かった。ストーリーはうーんって感じだったけど、佐々木蔵之介の演技は凄かった。関ジャニの横山君と佐々木蔵之介の会話でちょいちょいボケるのは面白かった。
おもしろかった。それにしても、北川景子のちょい役ぶり…
>|