破門 ふたりのヤクビョーガミ(2017年製作の映画)

上映日:2017年01月28日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:120分
    監督
    小林聖太郎
    脚本
    真辺克彦
    小林聖太郎
    原作
    黒川博行
    キャスト
    佐々木蔵之介
    横山裕
    北川景子
    濵田崇裕
    矢本悠馬
    橋本マナミ
    中村ゆり
    木下ほうか
    キムラ緑子
    宇崎竜童
    國村隼
    橋爪功
    あらすじ
    舞台は大阪。弁は立つがぐーたらビンボーな建設コンサルタントの二宮啓之(横山)はサバキと呼ばれる建設現場での暴力団対策の仕事を主な収入としていた。この仕事を通じて二蝶会のイケイケやくざの桑原保彦(佐々木)と知り合ったのが運のつき。以来、何かとトラブルに巻き込まれっぱなしの、いわば、桑原は二宮の≪疫病神≫である。縁を切りたいのに、今やコンビとみまごう二人に、何かと二宮を手伝ってくれるいとこの悠紀(北川)からは、本当は桑原のことが好きなんじゃないの?と言われる始末。そんなある日、二宮は映画プロデューサーの小清水(橋爪)が持ち込んだ映画企画を、桑原のいる二蝶会若頭の嶋田(國村)に紹介してしまい、二蝶会が出資をすることに。しかし小清水は金を持ったまま、愛人の玲美(橋本マナミ)とドロン。出資詐欺か!?詐欺師・小清水を追いかけるため、桑原は二宮を巻き込んで奔走するが、見つかってはするりと逃げる小清水にふたりは翻弄され続ける。遂にキレた桑原のハチャメチャな追走劇は、更に大きなトラブルへと発展!追っている筈が何者かに追われてる!?この絶体絶命に、ふたりは生き残りをかけて大勝負に挑むがー。

    「破門 ふたりのヤクビョーガミ」に投稿された感想・評価

    このレビューはネタバレを含みます

    ドラマの方は観ていたんですが、
    あのドラマのやつとは知らずに
    似てるなーで借りてみた。

    ドラマの役のインパクトが強すぎて
    なんかちがーう!と思ってしまった

    ヒリヒリ感がなくコメディタッチかな?

    愛人さん役の人の演技が……
    まぁ思ったよりは面白かったです。
    ヤクザは怖い。
    佐々木蔵之介かっこいいし怖い。
    この関西弁は◎

    北川景子綺麗。

    橋本マナミ…… ?
    前半は中々に退屈でしたけど、後半にはこの映画の空気に慣れてきた感じがしました…?(笑)
    もうちょっとコメディ感があれば好きだと思います

    佐々木蔵之介好きにはとても良いと思います。かっこいい!
    あと初めて見たケン役の人の演技がよかった
    ヤクザ知識無さすぎて、何組が何やらかしたんか全くわからんかったけどおもしろかった
    北川景子は必要だったのか
    小清水は殺すべきw
    期待以上に面白すぎた笑

    ヤクザとかが絡んでるからちょい怖いのかと思いきや怖いどころか笑いに変えてて笑うとこしかない笑

    佐々木蔵之介と横山裕のコンビが最高にいいし、やっぱし関西を舞台にした作品は関西出身の役者がやるべき!!
    ↑関西出身やから話し方に聞き慣れてる自分からしたら観てて全く気にならなかった!
    印象に残っているのは、
    ・「There's No Me Without You」
    ・留め袖リメイク開襟シャツ(家紋入り)

    蔵之介孤軍奮闘。國村隼助演。その他大勢普通。約1名論外。
    エンドロールがかわいい
    そんな大金でもないことでよくそこまでやるなぁっていう印象。
    原作もBSドラマも見てなかったので、佐々木蔵之介と横山裕との関係性が最初わからなかった・・。
    でも飽きずに120分観れたので内容的には面白かったのかな??
    よくあるヤクザものみたいにドロドロしてないですが、特に盛り上がりもないかも・・。

    大阪の風景が映ってたので関西人としては楽めるかなと思ったけど、そんなにコテコテな場所ではなかったから残念。
    >|