まほろ駅前多田便利軒の作品情報・感想・評価・動画配信

まほろ駅前多田便利軒2011年製作の映画)

上映日:2011年04月23日

製作国:

上映時間:123分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「まほろ駅前多田便利軒」に投稿された感想・評価

ぴさ

ぴさの感想・評価

3.5
ほのぼの系映画の中でも割と葛藤などが強めな映画。

松田龍平はいつ見ても間合いが独特で、常に生きてる。
瑛太は安定した芝居のうまさ。

割と好きな映画。
猫

猫の感想・評価

3.5
口の悪い二重人格少年かわいすぎか
彼らのワケアリが
わりと重めのワケアリなんだけど
ほのぼの映画

このレビューはネタバレを含みます

https://umemomoliwu.com/mahoro
ヤ

ヤの感想・評価

4.3
面白かった。
良い意味で変なキャラしかいないです。
松田龍平の、ダラダラしてて破天荒だけど肝が座ってるとこがかなりときめきます。あとけらけらした笑い方 キュンとしました。

ツッコミどころが多く、内容的には楽しめますが伏線回収いつだろうと常に考えてしまうような場面が多く、しかしその割には特に回収はなくただ変(面白い)なままにされているとこが多々あるように感じました。
ふふっとなりたい人におすすめです。
架空の地方都市まほろ市は町田市がモデルでドラマ・映画とも当然ロケ地は町田市である。
オープニングで主役二人が逆回しで歩く商店街は町田市ではなく隣りの相模原市の駅前から続く商店街である。
昔町田に住んでたので知ってる所がいっぱい出て来て懐かしくもあり。
売れる前の黒木華、そして消える前の高部あいが共演回がある。
松田龍平と瑛太のバディ物で探偵物の一種だけど「便利屋」という職業なのでそんなハードな事件とかに巻き込まれる事はなく全体的に緩い雰囲気なのでそんなわざわざドラマとして見たいかと思えばそんな事もなし。
70年代のドラマ『傷だらけの天使』や『俺達は天使だ』の現代版を狙ったのかも知れない。
おだ

おだの感想・評価

3.5
2020年鑑賞170本目。
独特な雰囲気と哀愁を漂わせる小さな街のヒーロー物語。

「星の子」公開に向けて大森立嗣監督作品の復習。
主人公の多田(瑛太)と行天(松田龍平)の二人が醸し出す雰囲気がたまらない。会話の掛け合いも思わず笑ってしまうところもあるし、何より自然なのがすごい。二人の確かな演技力。
最後の多田の独白シーンの長回しは思わず感動してしまう。ワンカットで撮るからこそ伝わるリアルさがあった。
あと、瑛太による松田優作の「なんじゃこりゃあ!」パロディからの松田龍平の「誰?全然似てない」の流れが最高だった。
「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」と同様、親と子というテーマが根底にある。親として子を失ってしまった多田と、親から虐待を受けていた行天の、それぞれの「親子」というものに対する考え方の違いがぶつかるシーンが印象的。
シリアスな展開もあるのだが、多田と行天の会話でそれを緩和させてくれるので暗くなりすぎず、軽くなりすぎずで絶妙なバランスを持った作品。
緩い気持ちで観れるけども、とついほろっと来てしまうこともある良作でした。

2020/10/7鑑賞

このレビューはネタバレを含みます

最初にこの映画を観たのは中学が高校の頃。その時の記憶は全くない。その後この映画には原作の小説があることを知って読んだ。それが三浦しをんとの出会いだった。
今日小説を読み返して「映画はどんなんだったかな」と思い観た。小説を読んでいるから多田や行天の心情を汲み取ることが出来たけれども、小説を読んでいなければよく分からない場面も多かった気がする。

いや、どうだろう。小説を読まなくとも省略された心情・場面を想像出来るかしら。もう僕は一度小説を読んでしまっているからな……知らずに観る映画の感想をどうしてもイメージ出来ない。初めてこの映画を観た時に僕は何を思ったのかしら。

ここに書くことではないことかも知れないけど、久しぶりに読んだ小説に沁み入るものがあった。

ハナちゃん、煙草臭くない??犬って煙草の匂い気にならないのかな?

早坂さんは「人を救えないことも多くあった」と言う。あの態度でいれば救えないことは多いだろうなと思う。人の傷口ほじくるような言い方してさ。

由良と同じ年頃の僕はあんなにちゃんと自分が本当に欲しいものを自覚することは出来なかったな。世間の人たちはいつ頃から自覚が芽生えるのだろう。このことを考えると少しつらい。
諦めと希望、オトナの一本!!!


諦めてるフリして、ずっと心の中で信じてる二人に、ただ居心地が良くて、大人が大事にすべきことって本来ここだけな気がするなーってグッとくるものがあった。

仰天と多田の居住まいみたいなのがもうパーフェクトすぎる!!笑い方から力の入り方まで本当にパーフェクト!仰天と多田でしかない、というのか。

ユラ公も最高だったなー。
フランダースの犬みてるシーンとか、窓ガラス割られたあとのシーンとか、大爆笑したわ〜。一番笑ったのは星さんと電話するシーン!でも、笑うって言っても、2人の友達みたいなノリで、その場にいた1人として笑っている自分を感じて、それがとても心地よかった。

鈴木杏ちゃん、昔から大好きな女優さん。アンアーんのシーン、グッジョブでした!笑 中村優子さんも相変わらず独特な存在感…!

こういう邦画、どんどんこーい!
星

星の感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

まほろ市が舞台

便利屋を営む男、多田。その隣に突然現れる男、行天。そんな2人は腐れ縁のような仲で、仲良く便利屋の仕事をこなしていく。
人間が及ぼす影響は、良い意味でも悪い意味でも大きい。

2人を混ぜ合わせても良い物にはならないだろうけど、個々があってのコンビだなと思った。

多田と行天、お互い良い所と悪い所があって、2人でそれを埋め合わせていく。いいコンビ。
壊れた関係をやり直せる、やり直せない。そんな題材も素晴らしい。

瑛太がかっこいい。
2人ともロン毛似合ってる。
街並みが良い感じに腐った日本。ちょっとしたレトロっぽさや、人間のドロっとした部分を感じれる。
自分は絶対に住みたくないけど、観てる分には楽しそうで良いね。
MOMOLIONS

MOMOLIONSの感想・評価

4.5
ドラマの延長から。
うん、いい。
なんだろう、この緩い感じ。
でも中身は割としっかり。
これは大人になりきれない2人の大人の
切なく、ありきたりの日常。
>|