まほろ駅前多田便利軒の作品情報・感想・評価・動画配信

まほろ駅前多田便利軒2011年製作の映画)

上映日:2011年04月23日

製作国:

上映時間:123分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「まほろ駅前多田便利軒」に投稿された感想・評価

みんと

みんとの感想・評価

4.3
最後、2人ずっと黙ってるだけなのに、なんか、会話しているように感じた
sakurasaku

sakurasakuの感想・評価

2.3
町田が出てきてテンション上がった。しかし内容はイマイチ…印象に残らなかった
原作から

配役がぴったりすぎる
音楽もゆるーいテンションもばっちり

ゆらこうのセリフが最高🦁
あったけぇ!
これは瑛太と松田龍平ありきの映画なんだけど、とってもよきよき。
まほろ市絶対町田じゃん!ってくらい町田だらけな作品だったんだけど、色んな小説とかで使われてて、架空の都市「もぼろし」とかけて「まほろ市」なんだって。知らなかった~。
松田龍平がでてるから「なんじゃこりゃ〜!」ってセリフ入れたのかな?原作知らんけど、映画でそれをやってくれたのはとってもよかった!
よしえ

よしえの感想・評価

3.3
思ってたより明るくて面白かった。
小学生の男の子のツンデレ具合が可愛い。笑

まほろ市って本当にあるのかと調べたら、いろいろな小説で使われている架空都市らしい。
幻(まぼろし)とかけて、どこにも存在しない場所だとか。

この映画を観て思ったのが、泣ける映画が決していいとは限らない。
泣くと感動も一緒に流れてしまう気がして。その場で感動することが重要だと言われればそれまでだが。笑
ひとつの画がいつまでも残る映画が一番残ってる気がした。
gustave

gustaveの感想・評価

3.8
主演の2人から脇まで好きな役者さんばかりで、それだけで観てて楽しかった。便所サンダル履いてても松田龍平はかっこいいなぁ。
「なんじゃこりゃ〜!」に笑った。小指ネタも。2人の距離感がよくて、久しぶりに親友とサシ飲みしたくなった。
り

りの感想・評価

3.7
原作がとても好きなのですが、とにかくナイスキャスティング!!!
瑛太と松田龍平の多田と行天を見れただけで大満足。なんだかんだ言ってもお節介な多田とやばい行天。

ほわほわしたようで、結構シリアス目な内容。
チワワのはなちゃん、しんちゃん、星さん、山下、ルルとハイシー、大量のシャケ弁、ゆら公、小指、間引き運転。

ぜひドラマ版の方も見てみたい。

あと、くるりの音楽も素敵だった
自分の好みにどハマりな映画。
松田龍平と瑛太の存在感ある演技が大好き。
松田龍平は作品にいるだけで、どこか他には放てない色めきがあるから目が離せない。

たまにめちゃくちゃ笑いのツボにハマっちゃうシーンがあって(特に急にキレる瑛太で死ぬ)、一度ハマるとしばらくぷくぷく笑いが止まらなかった。

面白かったです。
dogmag

dogmagの感想・評価

2.7
ドラマの一話目のような感覚。時間をかけて二人の関係性を見ないとどこかで見たキャラと展開になっている
甜茶

甜茶の感想・評価

3.5
瑛太と松田龍平ってだけでもう最高なのに、なんなんこれ〜〜〜すきや。なんだかんだ優しいふたりツンデレ感ある多田とちょっと変わってて掴み所のない行天、このゆったり感、台詞、好み。もういっかいみたいな〜他のシリーズもみたいな〜🥺。車の中の会話とかふたりでふらふら歩いてるときのやりとりとかすき。
>|