まほろ駅前狂騒曲の作品情報・感想・評価

「まほろ駅前狂騒曲」に投稿された感想・評価

elie

elieの感想・評価

3.5
前作観てからだいぶ経ってるので
あーこんな話だったけなと
観ながらじわじわ思い出す
もはや内容どうこうよりも
無条件にこの2人が好きなので
それだけでわりと満たされた(笑)
ゆるいなぁ なんでこんなかっこいいのかなぁ
ほんとにいいコンビ◎好きだ.
Youcan

Youcanの感想・評価

-
前作同様に暇つぶし鑑賞。
評価は、しないでおきます。
前作と本作の間にテレビシリーズがあったのかな?急に真木よう子が出てました。
ui

uiの感想・評価

-
ゆる〜い

多田が柏木さんに電話をかける練習でiPhoneと向き合ってるとこ、行天がはるちゃんと朝ごはんを食べてるとこ、多田がはるちゃんを抱きしめるとこ…

やっぱり瑛太と松田龍平の組み合わせは最高だった

ビバまほろ
1作目との間に連続ドラマがあったようで、そちらは見ていないので、若干キャラに変化があるように思えた。

なんだか後半すごくカオスに感じて、1作目の方が好きだったな〜と思ったけど、
1つの大きなテーマに沿って展開していくストーリーとしては、今作の方が好き。

そして2人のゆるーい関係性が素敵だと思う。
三郎丸

三郎丸の感想・評価

3.0
このシリーズのローギアでユルユルな雰囲気が好きで、ついついドラマと映画シリーズを全部見てしまいました。
本作もパッケージの厳つい感じは微塵も無く、いつものとおりユルユルでお送りしてます。
多田(瑛太)と行天(松田龍平)のコンビは非常に良いです。
もうストーリー云々よりも、2人のローテンポやり取りがファンには最高だったりするのでは?

ストーリーは、
便利屋さんの多田が、元同級生の行天と様々な事件に巻き込まれるという設定は違うがどっかで見たことあるよなお話です。

真面目で熱血!頼みごとが断れない真っ直ぐな多田に、ワタシ思うに、毎回作品で一番美味しい、基本ふざけているけど根っこは心優しい不器用な行天のキャラ設定が魅力!
松田龍平のひょうひょうとしてムダのない存在感が、この映画に独特な味付けをしていますね。こんな役本当美味しいです…ぶっちゃけ瑛太も嫉妬してるんじゃないでしょうか?

話を全体的に見ると、映画の出来は前作よりも後半に詰め込み過ぎな印象です。
前作より若干ユルさが控えめだったのも、個人的には物足りなさを感じた部分。
行天の親子愛関係も、ちょっとだけ邪魔で足引っ張った感じです。
しかし、本シリーズは強く心に響いたり、コメディー色が強いとか、そう言うレベルにまでは行かない淡々とストーリーが進む感じが売りなんだと思います。
多田と行天の不思議な距離感がそうさせているのか、くっ付いたり離れたり、いつも一緒にいるのにお互いまだ謎な部分が多かったりで、結論を言えば、
【何本でも撮れるシリーズ】
です。
【36-213】劇場で観た時、一度トイレに立ってしまったので、その数分の補完として再鑑賞。
前回より、永瀬正敏演じる小林の悲哀をより強く感じた。
全体的にゆったりとした展開から最後に全部カチッとハマってしかも泣かせてくるあたりが優秀すぎる。行天にとってはかなり受け入れがたい状況だし逃げたくなるに決まってる。二人とも本当にタバコが似合う。
ユウナ

ユウナの感想・評価

3.2
内容云々じゃなくて、定期的に摂取したい松田龍平の良さを抜群に活かしてくださってありがとうございますっていう感じです。
シリーズの他のやつが良すぎて霞んでるけど、かなり良い
続編作ってくれて本当にありがたい
ピッ

ピッの感想・評価

4.0
地元に舞台挨拶来るからって一人で観に行った。
狂想曲の内容結構忘れてしまってるけど、まほろは全シリーズゆるくて多田と行天のやりとりがクスクス笑えるし2人ともタバコ吸い過ぎ。
映画館でタバコに扮したまほろのペン買ったわ。
>|