ケンタとジュンとカヨちゃんの国の作品情報・感想・評価

「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」に投稿された感想・評価

ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.3
それじゃ客が入らないってのはわかるけど、主役を新井浩文と柄本佑にスイッチしたほうが、よりリアルだったのではなかろうか・・・?だってイケメンってのは、最大の神からの授かりものじゃん。それがない人のほうが良かったなあ。長い割にリアリティがないので見ていて飽きる。75分の作品なら面白かったかもしれないね!
shiori

shioriの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

高良くんすき。弱々しい笑顔がたまりません。そして松田翔太のあやうい雰囲気最高。カヨちゃんは俺たちに明日はないッスのあのコ。独特な雰囲気にひきこまれます。それにしてもカヨちゃんはずるいなあ。しおりもあのふたりにはさまれて眠りたい。いちばんすきなのはサービスエリアでカヨちゃんをおいてくところ。かわいそうだけど笑っちゃう。男のコふたりのあの楽しそうな会話がいい!全体的に重くて哀しいおはなしだけど、みおわったあとは何故かきもちが軽くなりました。
全体的にイマイチ🎦
唯一良かったのは、孤独が嫌で愛されたいがゆえに酷いことされても誰とでも寝てしまうブスでバカな役柄の安藤サクラさんが最後は綺麗で良い女にさえ見える。
やっぱ彼女は凄い😳
暗いしそんなに面白くもないけど見てしまう。全員不憫だわ。嫌いではないけど、いい映画だとは思えない。安藤サクラは何とも言えない魅力がある
ニウ

ニウの感想・評価

3.2
絶望しか無くて笑いが出てくる。こういうのは見て見ぬ振りがいい。人「若いから夢があるでしょう」なんて言う大人には絶対なりたくない。あとまあ宮崎将の目と高良健吾の「ブス」の言い方がよかった。20141117

このレビューはネタバレを含みます

高良健吾がナンパして断る女はなんなんだ!?ってなるくらい、カッコよさが際立ってしまってる。
ジュンの手が白くなる病気を気持ち悪がらないカヨちゃんに心を許すって感じなんだろうけど、なんか弱い気がする。
所々動機にしては弱かったり、突拍子もない展開に違和感を感じてしまうなあ。
ジュンとカヨちゃんがバカだけど色々考えてて、ケンタは考えすぎてて、そういう演技は大好きだった。
おこい

おこいの感想・評価

3.5
キャストが強い。
安藤サクラの演技にはいつも驚かされる。
出てきてからずっとバカでブスなカヨちゃんなのに最後びっくりするぐらいきれい。
二人と出会ったことで一皮むけたカヨちゃんの今後に興味がある。
みき

みきの感想・評価

3.4
どうしようもない現実の闇と暗さ。
キャスティングはすごく好きだけど。
安藤サクラと多部未華子がとてもよかったなぁ
世の中には2種類の人間がいる。
自分で人生を選べる人間と 選べない人間。

選べる人間になるために、
『全てを壊して ここから抜け出す』コトを選ぶ。
壊した先に見える 微かな光を頼りに。



絶望的に ドンヨリとした気分です・・・。
a

aの感想・評価

3.6
大森立嗣の映画はどれも好きですが、これは観終わった後 ちょっと思ってたのと違うかも思った。今観たらまた少し感じ方が変わりそう。
>|