ケンタとジュンとカヨちゃんの国の作品情報・感想・評価

「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」に投稿された感想・評価

白畑伸

白畑伸の感想・評価

5.0
面白い。
パッケージだけ観てレンタルしたけど
バチクソ当たりだった。

登場人物がバカしかいないんだけど
一人一人の実在感というかキャラの立体感が
あってみんな好きになる。
もっと彼らの人生が観たくなった。

松田翔太さん演じるケンタと
高良健吾さん演じるジュンの
仲良いのか悪いのかよく分からない
関係性がツボだった。
ジュンくんヤりたがり過ぎ。笑

個人的に松田翔太さんの演技が
めちゃくちゃ好きだった。
映画の始まりと終わりでは
纏ってる雰囲気がまるで違う、
作品が進むにつれ役が変わっていくのを
見事に表現していた。

安藤サクラさん演じるカヨちゃんも最高だった。笑
一挙手一投足が愛らしいキャラクターだった、
あのなんとも言えない雰囲気は
なんなんだろう…笑
安藤サクラさん自体の人柄なのかな…

映画のテーマとしては
「日本の現代社会に生きてる人々」らしい。
映画観たあと知ったけど
なかなか感慨深い。
ブスの上に臭くてウザいという三重苦を背負って尚、愛らしいカヨちゃん。毎度のごとく安藤サクラでないと成立しない。サクラ自信がカヨちゃんを愛してるんでしょうね。表情の全てにそれを感じる。ブスどんとこい精神。ケンタもジュンもバックリ食われ最後に残るのはかよちゃんのうえーんという泣き顔だけです。
kura

kuraの感想・評価

2.9
“行くとこも帰るとこもないんだよ”

ED曲「私たちの望むものは」が頭に残る
「万引き家族」の安藤サクラの圧倒的な演技に感動し過去作で観てない映画を観てみようなんて思ったのが運の尽き。
つまんねぇ。グズグズな語り口で不可解に人が死ぬダメな日本映画の典型。安藤サクラはここではただのブスで演技も冴えない。演技派と呼ばれるような女優は蒼井優にしても上野樹里にしても黒木華にしても初期から「あぁこりゃモノが違うな」と思わせるものだけど安藤サクラはそうでもないんだね。
Kaneda

Kanedaの感想・評価

3.3
エンディングの阿部芙蓉美さんのイントロの声がすごく印象に残ってる。ウィスパーボイス。
タカミ

タカミの感想・評価

3.0
ケンタが言う「人生は選べる人と選べない人がいる」それがこの映画のキーワード。夢や幸せを普通に語る女の子に、ジュンが「それ誰が決めたの?」と、尋ねるシーンが苦しい。女の子は「私だよ」普通にホント普通にサラリと答える。普通の不在と普通への羨望と普通への恐怖を私も知っている。ついでに普通なんて実はこの世にないってことも。「俺もぶっ壊すよ。そしたらなんかあるんだよ」「ないよ。そんなんない。」唯一の光(兄)から否定され、絶望するケンタに、私だったらなんと声をかけるだろう。「僕にはケンタしかいないから」と、ピストルで撃つのではなく。そんな共依存でしか生きられない人もいるということも認めつつ。「じゃあ、作ってみようか」と、言うのかな。
茜

茜の感想・評価

3.0
他の人生を選ぶ想像力を断ち切られとったらこんな結末になるんかなあ〜〜

選べないって思いこんどるだけなんじゃ?でも金も身寄りもなかったら選べんか?とか思った
ちぇ

ちぇの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

新井浩文がケンタ兄にズタズタにされるところは、痛すぎてむしろ笑ってしまうくらい痛かった
また高良健吾救われなかった
逆に救われたのかもしれないけど
登場人物みんなバカ
eanak

eanakの感想・評価

3.1
「外国ってほんとにあるのかな」
壊しても壊しても檻の中から出られない、もがきと葛藤、でも描かれてるのは絶望ではない気がする。余韻。一度では噛み砕ききれず。もう一回観たい
akira

akiraの感想・評価

-
記録。
私こういうの嫌いじゃないんだよなー。わりとズシンとくるけど色々考えちゃう。大森監督作品のそういうとこ大好き。
>|