ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれたの作品情報・感想・評価

ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた2017年製作の映画)

Stronger

上映日:2018年05月11日

製作国:

上映時間:120分

3.7

あらすじ

ボストンに暮らすジェフ・ボーマンは元彼女のエリンの愛情を取り戻すため、彼女が出場するマラソン会場に応援に駆け付けるが、ゴール地点付近で爆弾テロが発生。巻き込まれたボーマンは爆発で両足を失ってしまう。意識を取り戻したボーマンは爆弾テロリストを特定するために警察に協力。ボーマンの証言を基に犯人が特定されると、ボーマンは一躍、“ボストンのヒーロー”として世間の脚光を浴びるが、彼自身の再生への戦いはまだ…

ボストンに暮らすジェフ・ボーマンは元彼女のエリンの愛情を取り戻すため、彼女が出場するマラソン会場に応援に駆け付けるが、ゴール地点付近で爆弾テロが発生。巻き込まれたボーマンは爆発で両足を失ってしまう。意識を取り戻したボーマンは爆弾テロリストを特定するために警察に協力。ボーマンの証言を基に犯人が特定されると、ボーマンは一躍、“ボストンのヒーロー”として世間の脚光を浴びるが、彼自身の再生への戦いはまだ始まったばかりだった―。

「ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた」に投稿された感想・評価

2013年に実際に起きた事件を基に
作られた映画です。
とても見応えのある映画でした。
喜怒哀楽を全て感じて
ため息をついたり、泣いたり
ホッコリしながら
最後まで集中して見られました。
お恥ずかしながら事件の事を
知らなかった自分は鑑賞後に
事件についてネットで調べて
見ました。事件がどんなに悲惨で
犯人がどんな人物だったのか。
そして凄く衝撃的だったのは
この事件は………おっとここからは
ネタバレになりかねないので
やめておきます。事件をしらべてから
観るのも良し。後から調べるのも
良しだと思います。
こう

こうの感想・評価

4.4
2013年ボストンマラソンで起きた爆弾テロで両足を失った青年の葛藤と再起を描いた物語。実話が基。

足を失くしてからの生活は見るからに苦痛で痛々しく、自暴自棄になって泣きながら自分をカスだと言い捨てるシーンは悲しいけど共感もできた

青年の再起は凄いが、俺ら普通の人にはない英雄として讃えられる環境があったからじゃんとも一瞬思った
でもその分彼は俺にはある両足がないのだ

この映画で学んだのはどんな苦境であろうといつかは自分で立ち上がらないといけないということ。

ないものねだりを辞めた時に道が拓けるという事なんだろうな、きっとね。

拓いていきたい。
Aya

Ayaの感想・評価

3.3
主演俳優自らの初PD、実話が基になった作品として「アイ、トーニャ」との比較も含めて見ました。

デヴィッド・ゴードン・グリーン・・・同じコメディでも「スモーキング・ハイ」は大好きなのに「選挙の勝ち方教えます」はダメだった、という・・・。

要はこの人、脚本家の違いな気がします。
「スモーキング・ハイ」はなんだかんだセスエヴァ作品としていいわけだし。
今回は俳優さんなんですね。

2013年に起きたボストンマラソン爆弾テロ事件を題材とした作品としては、昨年日本公開されたピーター・バーグの「パトリオット・デイ」を関連作として一緒に見たら、事件自体がどのようなものだったのか、あの場で何が起きていたのか、そして今作でジェイク・ギレンホールが果たした役割の大きさがわかるので、いいかな、と。

今作の主人公、ジェイク・ギレンホールは28歳で狭いアパートで母親と2人暮らし(!)。
コストコで働き、レッドソックスの試合を兄弟か従兄弟かわからんとりあえず身内とビール片手に見ることだけが楽しみの冴えない青年。

そんな彼は元カノ、エリンに未練タラタラ。
ある日彼女がボストンマラソンに出場すると聞いて、応援に行くからディナーを一緒に!と一方的に言い放ちw約束通り、渾身のボードを掲げてゴール地点で彼女を待っていた。
その時だ・・・。

この映画のジェイク・ギレンホールはタイトルには「ダメな僕だからなんとか」って書いてあるけど、ダメってかクソなんですよこいつ。

コストコで働いてるのはまあいいとして、自分のミスなのに後始末の残業できない理由が「俺がビールを握って応援しないとレッドソックスが負ける」やと?!
加えてバーで飲んでるメンツ!従兄弟なんか兄弟なんか最後までよくわからん2人がいるんですけど、叔父さんとかそいつら含めた、そのホワイトトラッシュっぷりな!!

言ってることの下品さ&ポリティカリーコレクト的にアウトなこと!
しかも別に南部とか中西部とかでもなくて、ボストンで2013年ですよ?!
びっくりする、ってかもう爆笑レベルw

しかも、なにが素晴らしいってこいつらの顔、なんですよ!!

バーのメンツは身内なんですけど、そいつらも当たり前に素晴らしい貧乏白人顔だし、何より彼があの歳で同居してる上、過干渉な母親ですよ!!
こんな顔の人よく見つけてきたな!!ぴったりすぎる・・・。
なんかまだ田舎に住んでるお父さんの方がマシな気がしてきた・・・。

この母親終始ダメでw
元々アル中で、車椅子生活になったジェイク・ギレンホールのために住居を2階から1階に引っ越したりとかもしないし、介護の知識もないし勉強しないし、事故後も態度が変わらないてかアルコールの量増えてね?!

そりゃ大切な息子があんな目にあったんだから、母親としてしんどいでしょうが、本人がもっとしんどいってことが全然わかってない上、それを本人に言っちゃうとか・・・。

でも周りのみんなも病院で足を切断され、なんとか回復に向かおうとしてるジェイク・ギレンホールの隣の待合室で、犯人が射殺されたってニュース見たら一斉にイエーイ!!って歓声が上がるとかもう推して知るべしなんすよね。

でも最初に言った従兄弟か兄弟かわからないマチズモ感溢れるこいつらは、実はすごくいいんです!
そもそもこいつら独立してる時点でジェイク・ギレンホールクソ野郎なんかよりマシなんです!!

時折、お母さんや叔母さんとかのデリカシーのない行為を俯瞰的な眼差しで見てるショットが差し込まれたり、事故後のギレンホールとのふざけ方とかいい意味で事故後も変わらない。
でもきちんと手伝ってくれるんです・・・こいつらはいいんだよ・・・。

もうほんとこんな顔の人たちどこで見つけてきたんだよ!
今年観た映画の中で間違いなく面構えはダントツです!

固執する彼女のタチアナ・マスラニーさんも絶妙に美人、て感じじゃない(褒めてます!味のある田舎の可愛い系)。

ジェイク・ギレンホールは自身より10歳ほど若い役なので若作りはしていて、可愛いのですが、際立つクソ野郎感・・・。
足がなくなったのは彼のせいではないけど、安定した仕事(保険入れてる)してるのに親から独立できないのは彼のせいだし、彼女との関係とかめっさダメだと思う。

なにが一番クソ野郎って、自分のことしか考えてないことなんですよ。

家族や友達、彼女が彼のために頑張ってくれてるのに自分のことしか考えてなくて、あの事件を思い出したくないのもわかるんだけど、彼女があまりにも自分のことしか考えてないジェイク・ギレンホールに対してあるセリフをいうのですが、面と向かって怒られてるのに、全然通じてないんです・・・もうこのバカなんとかしろよ・・・。

で、こいつがやっと改心するシーンが2箇所ほど用意されてるんですが(2箇所ないと改心できないってすごいと思う)、最初の方はすごく辛い話だけど、いいエピソードで。

で、肝心の2箇所目がちょっと・・・「パトリオット・デイ」で顕著だった「どんな辛いことがあっても立ち直れる強さのある俺らアメリカ人最高!」リテラシーが感じられて、こういうのが嫌なんだよなあ、と思いました。

この映画に関しては結構抑え気味ではあるんですけど、やっぱそれ言っちゃいますか、って感じ。

なんか前向きになれなかったり、過去から立ち直れない弱い人間はダメ、みたいな言い方するのほんとやめてもらいたい。

「ボストン・ストロング」「ボストンよ!強くあれ!」という事故後のボストンでテロに屈しないスローガンとして掲げられ、その象徴とされたジェフ・ボーマン氏。

さてさて俳優初PD作品としは・・・「アイ・トーニャ」の方が私は好きです。


日本語字幕:松浦 美奈
今、自分が出来ることをやらなきゃいけないなぁと思った考えさせられるいい映画だった。
gdbsdta

gdbsdtaの感想・評価

3.7
5年ほど前の実際にあった爆破事件の話。
確かニュースなどで話題になってましたね。どんなやつがどんな理由でそんな事しやがったのか、そこにフォーカスはしてなくて、その事故にあった1人の男の物語をリアルに描いていた。
普通の男が、ヒーローみたいにもてはやされ、ココロまでもバランスを崩していく。
その男の奮起するシーンが特に響いた。

この監督の映画は二本しか見てないが、どちらも全くハマらなくて見に行くのを躊躇ったが、実際見て良かった。
ジェイクは相変わらずにいいが、自分はお初のこの女優さんの女性像にやられた。
何度でも戻る理由はわかるよ!
最後の写真が素晴らしいです。
ぴすけ

ぴすけの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

2013年のボストンマラソンで起きたテロ事件で、両脚を失ったジェフ・ボーマンの話。

実話を映画化すると、作られた話のようにテンポ良く進まなかったり、あれ?これで終わり?っていうぱっとしない終わり方をしたりするけどそれがまたリアルに感じられたり...と、私はそれが結構じんわり心に沁みて好きです。

この映画ではとにかくジェイク・ギレンホールの演技が素晴らしかったです!
両脚を失ったあとに、みんなのヒーローとして無理して表に出る姿。目力だけでここまで感情を伝える事が出来るなんて。目が全然笑ってなかった...。最後にレッドソックスの始球式に出るときの彼の目とは全然違いますね!ほんと、深い演技だ...

妊娠した彼女が、ジェフと言い合って「私は逃げない」と言ったシーンはとても印象に残っています。彼女も闘ってるんだ...と。あれだけの事が起きたら、彼に本心じゃなくても、お前のせいだ!的な事言われたら心折れる気がするんですけど、彼女はちゃんと向き合っていて凄いとしか思えませんでした。感情移入どころじゃなかった(;_;)

テロのシーン、かなりリアルに描かれていてちょっとグロくて...中盤から具合悪くなってしまい最後まで見れなかったので、落ち着いたらグロシーンを避けてまたちゃんと観たいと思います。
vivalaviwa

vivalaviwaの感想・評価

4.5
エレンのいろいろな感情が
タチアナ・マズラニーの表情に
次々に現れる

感情のぶつかり合いが
とってもリアルで
それぞれの役柄が
ほんとうに生き生きとしてみえました
両足を失った英雄に心打たれた。
感情移入してしまい、『親族たちもうやめてあげて!!!』とずっと思っちゃってた。
Ryosuke

Ryosukeの感想・評価

4.0
夜明け前がもっとも暗い。終わったあとの清々しさと晴れ晴れしい気分。元気と勇気を主人公からもらえる。somewhere観てた時のような主人公の空虚な感覚を共有できたように周囲との不一致を自分も少しでも体感できたように思う。彼女と一緒にいたときの幸福感。このタイプの映画ってオチとか、ある程度決まってると思うけど、劇場で見たからかすごく入れ込んで観ることができたなぁ。
結構泣けた。ちょっと泣かせに来てる感あるかもしれないけど良かった。
ちー坊

ちー坊の感想・評価

3.9
ジェイク・ギレンホールが好きで観に行きました。
やっぱり素晴らしい演技。

心だけ置いてきぼりにされていく感覚。
>|