ドント・ウォーリーの作品情報・感想・評価・動画配信

ドント・ウォーリー2018年製作の映画)

Don't Worry, He Won't Get Far on Foot

上映日:2019年05月03日

製作国:

上映時間:115分

3.6

あらすじ

「ドント・ウォーリー」に投稿された感想・評価

Leon

Leonの感想・評価

3.3
素朴

名匠ガスヴァンサント、昔ながらのカット、演出、展開、なんだか落ち着く。
印象的だったのは近年評価が高いホアキン、この人振り幅が凄いことに改めて脱帽。怒ってる顔から優しい顔までの表現が通常の倍くらい表現できてるんじゃないかってくらい強い。
しかしルーニーと何本一緒に出てるんだ。
Aika

Aikaの感想・評価

3.9
車椅子で爆走するホアキンがかわいかったです。そして倒れてしまったホアキンを助けるスケボー少年たちもかわいくて、愛おしかったです🤍何かに打ち込む姿勢って本当に大切なのだと気付かされました。イラストレーションもかわいかったです📰
Sayaka

Sayakaの感想・評価

3.3
主人公がとても人間らしくて良かった。
久しぶりに会った学生時代の先生が絵を褒めてくれるシーンがなんか感動した。
絵が可愛い、ドニーは本当ノブレスオブリージュって感じ、とても憧れる。
もりし

もりしの感想・評価

3.2
ホアキンフェニックス、ジョナヒル、ジャックブラックという豪華な出演陣だけでも見ごたえ充分。
実話を元にしたほろりと泣けるノンフィクションヒューマンドラマ。
偶然にも「嫌われる勇気」を読んだあとに鑑賞。頭の中が混乱。

きっかけを掴むか掴まないかは本人次第。

ロビン・ウィリアムズがジョンを演じるのも、観てみたかったなぁ。
あと、ルーニーが普通にかわいい役◎
 「水を飲め」

 59歳でこの世を去った、車椅子の風刺漫画家ジョン・キャラハンの半生を描いたヒューマン・ドラマ。
 ロビン・ウィリアムズが生前、自らの主演での映画化を熱望しており、『グッド・ウィル・ハンティング』でタッグを組んだガス・ヴァン・サントが彼の遺志を受け継ぎ、ホアキン・フェニックス主演で完成にこぎつけた。
 時間軸がわかりづらく、若干とっつきにくい。
 しかし、後半になるにつれて引き込まれていく。特にジョン・キャラハンが、車椅子生活になってしまった原因を作ったデクスターと再会するシーンは心震えた。

 気になったのが、アヌーという女性の存在。何の前触れもなく、突如ジョンの前に現れた彼女は、一体何者だったのだろうか。

 それはそうと、ハツカネズミのスニッカーズが車椅子で轢かれちゃうんじゃないかとヒヤヒヤした。無事でよかった。
ホアキン・フェニックスは目を凝らして確認する程毎回違って見える~凄い役者👏実話‥母親の存在や愛を求めて苦悩するところが心に響く‥どんな事情があったにせよ‥子にとって大事な確かに愛された感‥周りの人の支えと宗教感‥エンドロールのロビン・ウィリアムズに捧ぐ ~なるほど彼のイメージにぴったりだけどH•フェニックス素晴らしかったです
マチ

マチの感想・評価

3.0
んー、、、途中で眠たくなってしまいました。
jokerを観た後に観たのでホアキン•フェニックスの演技にまたもや驚かされました!
ファンになりました!
も

もの感想・評価

3.0
•人を赦す。過去を赦す。過去の自分を赦す。
•飲みたくなったら大切な人を思い出す。
いつ何時なにが起こるか分からないからね。その時のために覚えておこう。

スカンジナビア航空CAのルーニーマーラとてもよかったです。あとmid90sの少年がいたね、まだ観てないんですけど。
プロミストランドから今度はガスヴァンサント繋がりで本作。

老子の本読んでみよ。
>|