マイ・レフトフットの作品情報・感想・評価

「マイ・レフトフット」に投稿された感想・評価

主人公クリスティ君は生まれた時から重度の障がい児。先天性の「脳性小児麻痺」

脳の損傷のために生じる、運動と姿勢の障がいで、クリスティ君は言語も発声することができず、立ち上がることもできない。肢体の内、題名のレフトフット「左足」がわずかに動かせるだけ( ˘ω˘ )


そんな彼が生まれて初めて発した心の言葉…

彼の大好きな〈 M◯◯HER 〉

最近涙もろくなり(笑)、このシーンだけでも涙腺崩壊しそう(◜०﹏०◝)ウルウル…このお気に入りのシーンのBGMもすごく良い😌♪それもそのはず「大脱走」「荒野の七人」などの名曲を手がけたエルマー・バーンスタイン🎵


クリスティもやがて青年期になり、専門の障がい分野の女医との出会いで、リハビリによる言語の発達と絵の才能に目覚めて行く…
だが、そんな彼の成長を不安そうに見つめる母…この辺りから映画にぐ〜と引き寄せられ、クリスティの将来はどうなるか?と気になる( ゚д゚ )



世界的福祉理念用語として使われる言葉…

《 ノーマライゼーション 》

その言葉の持つ意味は深いものがあり、中々口にはするものの簡単なようで説明するには、自分には難しく(^^;; 障がい者も健常者も差別無く、誤った偏見を無くし、バリアフリーの社会を目指すもの…と言われるけど、先ずこれを観てほしい🎞 ヾ(^。^*)
この作品こそノーマライゼーションそのものでした(^_^)


少年期のヒュー・オコナー君や今作でオスカーを受賞したダニエル・デイ=ルイスの2人の演技はすさまじくも有り、素晴らしかった〜 ‼︎ヽ(^0^)ノ

クリスティを演じたこの2人と母親役でもオスカーに輝いたブレンダ・フリッカーに惜しみない拍手を贈りたい! 👏パチパチパチ
pika

pikaの感想・評価

4.0
まさかの2作続けて「家族って素晴らしい」映画だった笑
寝る前に少しだけどんな感じかチラ見してみよーって見てみたら面白すぎて止められず結局最後まで見てしまったくらい面白かった!

生まれながらの脳性麻痺で左足しかまともに動かせないという特殊な人物の実話が描かれているとは言え、劇的な苦労差別話や御涙頂戴な方向へと振りきることなく淡々と生涯のドラマを展開していく様がめちゃくちゃ面白い!
辛い話なんて無粋なものは極力排除してとことん家族って素晴らしい!母の愛は偉大!というのを貫いていて心が暖かくなったし延々と見ていたくなるほど良かった!

合間に挟まれるリアルタイムのドラマがちと強引で、やりたいことはわかるけど雰囲気を統一した伝記ドラマのリズムを崩すくらい残念な完成度だが、独特な半生を下敷きにしながら全編を覆うテーマは家族愛だったり他者を求める愛だったり普遍的なものになっていて、レストランのシーンの切なさと居たたまれなさ然り、出生や状況から主人公の気持ちに同調するのが難しくともギリギリまで寄せられるほど「十人十色だが根本的に大切なものは同じ」というところに落とし込む一貫した姿勢に感動。

ダニエル・デイ=ルイスはオスカーを受賞したということを忘れるくらい演技に見えなかった。
クリスティという人物に出会えた、彼に会えて良かったと思えるような自然な存在感で、愛らしくも魅力的な彼の日々を見ていたいから目が離せない、彼のことをもっと知りたい、と思わせる次元の、演技云々ではなく本人、本物に出会えて好きになったという感情が作品そのものの魅力になっていた。
似て非なるが同様に不治の難病の実在の人物を演じてオスカーを受賞した「博士と彼女のセオリー」のエディ・レッドメインを彷彿としたがレベルが違った。マジすげー。
kiko

kikoの感想・評価

4.0
ミニシアターで鑑賞。素晴らしい❢こんな映画に出逢えるのは幸せ❢
最近お墓参りに行ってません……
それと私は痩せているので少し太りたいです。

だから空から不思議な声が聞こえてきたのです
「参れ!太れ!」と……💖

「参れ!太れ!」「マイレ!フトレ!」
「マイレ!フトッ!」「マイレフトフッ!」

だから「マイレフトフット」
これをレビューしないとイケません(´;ω;`)

私が人を外見で判断しないようになったのは、
同じ会社で働いていたモテモテのイケメンが
電車に乗り込んできた身体障害者の人を
友達と一緒に「シンショー」「シンショー」と
バカにしたと笑いながら話しているのを……
ふと聞いてしまったからです。。

イケメンって顔はイケてるけど中身ないみたいです、イカメンに改名したら?
「あなた障害者に負けてるよ」そう言いたい。

本作が素晴らしいと思ったのは
身体障害者に対して特別扱いしてなければ
憐れんでもいないところ。

私も「なんで産まれてきたんだろうか?」
そう思う事がありますが確実に言えることは
5体満足に産まれてきた私が右手で描いた絵よりも左足で描いた彼の絵の方が優れているという事です。

あのレインマンとジョーカーを差し置いて
彼がアカデミー男優賞を受賞した理由。
それは実話である重みがあるからだと思います

健常者って言うけれど心が健常でなければ、
それは健常者と言えないと思います。
Aika

Aikaの感想・評価

4.0
生まれつき脳性麻痺で左足しか動かなかったクリスティ・ブラウンが、画家として成長していく自伝映画。

ダブリンの貧しい家で22兄弟の10番目に生まれたクリスティ。
街の人からも父兄弟からも厄介者扱いされていた彼は、ある日その悔しさから左足で初めて一言「Mother」と書く。

始め言葉を発することすらままならなかったクリスティの苦しみは、私には決してわかるものではない。
それでも彼の日常の楽しみや悲しみは私たちと何も変わらないように感じられる。それは母や兄弟の分け隔てない彼への接し方と愛情、クリスティ自身が全身から発する生命力がとてもポジティブな力を持っているから。

自己表現の場と言葉を得て、愛を過剰に求めてしまうのもわかる。ここまで来ると彼の苦しみはもはや障碍者だからではなく、人間だからこそ。
それは彼自身の人生を取り戻した証。

身体にも瞳にも爛々と生を宿したダニエル・デイ=ルイスと、母の無償の愛を体現したブレンダ・フリッカーがダブルでオスカー受賞。
このふたりでなくてはこの良作は生まれなかっただろう名演。圧倒されます。

淡々としているようで、内には熱い情熱と強い生命力を秘めているような作品。それはまさにクリスティ・ブラウンそのもの。
かーく

かーくの感想・評価

3.8

すごい演技。終始圧倒されるけどちゃんと訴えるものがある。本人にしかわからない問題は間違いなくあるけど、それでも支えてくれる存在は大きいんだろうな
ENA

ENAの感想・評価

4.0
セットの中で演技してる感じがすごいするのに、世界に広さを感じないのに、こんなにもノスタルジックなのは何故。
himaco

himacoの感想・評価

4.4
ダニエル・デイ・ルイス、圧巻の演技!
子供時代を演じたヒュー・オコナーも表情のみで訴えかけてくる演技がとても素晴らしい!

アイルランドの画家であり小説家のクリスティ・ブラウン。彼は生まれつきの重度の脳性小児麻痺により左足しか動かせない。
彼の自伝小説「マイ・レフトフット」を映画化した作品。
昔観た記憶があり、再度鑑賞。

レンガ職人の父と優しい母、子だくさんの夫婦の元に10番目の子供として生まれたクリスティ。
言葉も出ず、心を通わせることが出来ないクリスティがある日、左足の指に挟んだチョークで文字を書く。

クリスティが初めて書いた綴りの意味が解った瞬間、一気に涙がこぼれた。

成長に伴い、迎える苦悩。
それを支えるのはやはり絶大な母の愛、そしてクリスティを対等に扱い、時に手助けするたくさんの兄弟たち。
か

かの感想・評価

4.0
とにかく画面から滲み出す力が凄まじい。そんな危ういほどの力は、それをうまく包み込む家族の愛があってこそ昇華できたのだなあと思う。
ReiMasuda

ReiMasudaの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ダブリンの貧しい家庭で、更に生まれつきの脳性麻痺で左足しか動かせないという境遇にも関わらず、クリスティブラウンが明るくユーモアのある人間に成長していくノンフィクション映画。いくら病気で貧しくても、明るい家族で支えあっていけば人生は豊かになると感じさせられるほっこり映画。
>|