夜明け告げるルーのうたの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

夜明け告げるルーのうた2017年製作の映画)

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:113分

3.8

あらすじ

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に…

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

「夜明け告げるルーのうた」に投稿された感想・評価

赤足

赤足の感想・評価

3.6
2017年アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門クリスタル賞(最高賞)を獲得!

・四畳半神話大系
・ピンポン
・夜は短し歩けよ乙女
・デビルマンCry BABY

数々の名作を湯浅監督流に色付けし独自の世界観と原作の良さを壊さず上手いこと混ぜ合わせ、"混ぜるな危険"ではなく、"混ぜると安全"いや、成功!の如く手掛ける作品の評価が高い湯浅政明監督のオリジナル作品,ストーリーは寂れた漁港に住む中学生の少年・カイとそのクラスメイトの国夫と遊歩と人魚との交流を描いたひと夏のファンタジー作品である。オリジナルという事で、今までの湯浅監の世界を爆発させたような世界観であり!音楽好きの人魚のルーがハチャメチャで自由奔放で魅力的に描かれて、主人公のカイを含むクラスメイトのバンド仲間と一緒に演奏して島のみんなでダンスやステップするシーンは湯浅監督ならではでとても楽しくノリノリであった🎶何より、人魚の設定なども面白く!その設定を上手く描いており、斉藤和義さんの曲「歌いうたのバラッド」も劇中で印象強く何回も使われ、盛り上がりあるラストとお祭り騒ぎ感は湯浅監督オリジナルでとても面白く!原作作品だけの監督ではないという事も知らしめたい感を感じた作品であり、もっと湯浅監督のオリジナル作品を見たくなった一本でもある!
自然は大切に

サブキャラの犬が自分を捨てた飼い主を救うシーンで自我が崩壊した、元愛犬家なので…
普通におもろかった
夜は短しっぽいなーっておもったら監督一緒だった
あよい

あよいの感想・評価

3.0
わたしは湯浅監督のファンではなく、湯浅監督と森見登美彦のセットが好きなんだということがわかった
YUIびっくり
ネットフリックスで見ました〜!
ルー可愛い! ジブリー映画っぽくてとても好きでした!絵が好き😊

最後の音楽がとても良くて感動した!

いつか金曜ロードショーでもありそうな感じですね!
食塩

食塩の感想・評価

4.0
両親が別居している主人公
町を牛耳っている会社の娘
傘職人のおじいちゃん
タコ婆さん
前の飼い主に
手を振っているワン魚

それぞれの人物の背景がリアルだしそれぞれの選択に心がこもっていて悲しいような優しいような気もち
弥太郎

弥太郎の感想・評価

3.9
ほとんど同時公開の
"夜は短し歩けよ乙女"より好きです。ポニョやトトロといった馴染みあるストーリーやキャラクターに類似しているため物語に入りやすい。つまり、独自性が欠いてると評価する方もいます。ただ、そこに関しては湯浅さん独特のオーバーアクトな写し方、演出、音楽といったところで十分オリジナルに仕上げていると思います。

前作は鑑賞者を含めた湯浅ワールドについていけず、楽しめなかった分、今作は期待値を大幅に超えてきました。
みつこ

みつこの感想・評価

3.8
ルーが可愛いし音楽が良い。
湯浅監督作品のアニメーションはぶっ飛んでて好きになれない部分もあるけど夢がありつつも現実っぽい感じは好き。
ずん

ずんの感想・評価

3.2
否が応でもポニョは彷彿とさせてしまうストーリー。でもこっちの方が圧倒的に好き。

湯浅作品はひたすら不思議でシュールな世界観のイメージだけど、今回は田舎町で普通の人が持つフラストレーションを題材しながらファンタジー面も展開していて新鮮。

ストーリーはそんなに訴求力あるものではないけれど、アニメーション表現がさすがの一言!
特にクライマックスの歌うたいのバラッドシーンが必見。この作品はあれのために見ると言っても過言ではないと思います。

監督のキャリア的にはこの次がデビルマン(暫定今年のトラウマ的作品no.1)。ちょいちょいデビルマンも連想してしまってシュンとしてしまったw

監督曰くこの作品の音楽面もヒップホップにするアイデアがあったらしいけど、全然想像出来ない…
yuri

yuriの感想・評価

3.7
こういうハッピーでふんわりと見れる映画も好きだし、音楽のお話は無条件に好き。

この映画見てから歌うたいのバラッドを
ずっと聞いてしまう。
>|