夜明け告げるルーのうたの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

夜明け告げるルーのうた2017年製作の映画)

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:113分

3.9

あらすじ

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に…

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

「夜明け告げるルーのうた」に投稿された感想・評価

voltboy

voltboyの感想・評価

-
両親の離婚により父親と漁港の町で暮らしていたカイ。同級生や町の暮らしに馴染めないある日音楽に反応する小さな人魚と出会う。

以前観た湯浅監督の『夜は短し歩けよ乙女』が素晴らしい作品であったので期待して鑑賞(゚∀゚)

相変わらずのグニャグニャした演出が特徴的なアニメーションが楽しい(*^▽^*)ストーリーテンポやスピーディな見せ方も健在(^o^)

一応、こんな映画にありがちな迫害を受ける人魚のシーンもあるがやりすぎてない。作品全体が優しい雰囲気に溢れている(*^o^*)
それの印象を1番高めてるのが人魚のルー。ビジュアルや動き、声の可愛らしさは個人的に『崖の上のポニョ』のポニョ以上(°▽°)
ルーのお父さんも良かったな〜(*´∀`)♪
期待してたけど完全に子供向けでした。内容的には、付箋を回収するのが雑すぎたのと、イベントが多すぎて薄っぺらいところが微妙。けどやっぱり独特な絵と「歌うたいのバラッド」はずるいな〜と思います。それだけで良く感じてしまう名曲。
優しい。そして面白い。
なんかすごくじわじわ来て、何で自分が泣いてるのかはよくわからないけど、いっぱい泣いてました。
斉藤和義の歌がまたぴったりで、映像も可愛くて、いい映画だったってしっかり感じられる話でした。
東日本大震災の事も考えられてるんですね…
ほんとに優しい、ほんとに優しい。
TATSUYA

TATSUYAの感想・評価

2.5
「夜は短し歩けよ乙女」が面白かったので、同監督の今作も鑑賞。

田舎街のいじけた少年が成長するというありふれた内容には、がっかり。あと、唄への期待もあったのだが、作品オリジナルソングではないという点で、ダメでした。結局、絵の表現部分で楽しめるという作品だった。

人魚伝説ものとしては、先日、観たアイルランド映画「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』の方が、面白味がありました。
amu

amuの感想・評価

4.3
私は映画館で泣くのを、少し恥ずかしく思ってしまう人なのでdvdを待って視聴しました。 結論、めちゃくちゃ泣いたので正解でした。

ありがちな話ではあったのですが、その中に湯浅政明監督の芸術的センスが取り入れられているため、映像てきには新しさを感じました。

人それぞれ、感想はあると思いますけど、誰もが「歌うたいのバラッド」を聞きたくなると思います。
Mari

Mariの感想・評価

3.9
震災で亡くなってしまった方々。海で津波で飲み込まれてしまったあの人々は、人魚として生きていますか?歌を歌い、楽しみ、笑顔で過ごしていますか?いつも近くにいるのでしょうか?私たちは、皆一緒に助け合い、存在してるのでしょうか?切なさを乗り越えて、生きていく、ですね。
後半が可愛い人魚物語だけではないことを知る。みんな、歌いましょ♪
物語のテーマが最後までブレずに終わって良かったです。
表現として遠回しだったり分かりづらいところは多々ありましたがそれが魅力だと思います。
背景、特に水の動きとかをみると、マニアックでアニメーションならではという部分も多く体感的に楽しめました。
斉藤和義の曲ありきな気もしますが、世界観に浸ることができれば、とても勇気をくれる作品だと思います。
Jem

Jemの感想・評価

4.3
好きなことを好きと言えない、そんな窮屈な世の中に一矢報いよう。照れくさくて言えない事は自分の表現方法でいいから素直に伝えようそんな気持ちで胸いっぱいになった。自分の人生は自分で決める。世の中に流されるて生きる、そんな存在にはなりたくない。
ナーボ

ナーボの感想・評価

5.0
▼計4回観た。Blu-ray購入済み。

▼2017年で観た映画の中で、一番好きな映画。

▼良いところを挙げたらキリがないし、悪いところが一つもない。もっと評価されるべき作品!
夜は短しよりこっちのが断然好きかな
ルーパパがね、好き

ツッコミどころ勿論あるけど雰囲気が雰囲気だからあまり気にならないしラストもテンポ良くて観やすかった

ゆうほ最後まで好きになれんかったな
じいちゃんの傘が一番感動したなー
>|