きみと、波にのれたらの作品情報・感想・評価

上映館(242館)

きみと、波にのれたら2019年製作の映画)

上映日:2019年06月21日

製作国:

上映時間:96分

ジャンル:

あらすじ

「きみと、波にのれたら」に投稿された感想・評価

tak

takの感想・評価

3.0
湯浅政明監督のアニメは、まだ「ピンポン THE ANIMATION」と「夜は短し歩けよ乙女」の2作しか見てないけど、未見作の評判や絵の感じを見る限り、どうも相性がいいように思える。タイミングよく新作「きみと、波にのれたら」の試写会をゲットできたので行ってきた。ふーん、フジテレビ資本なのか。プロ声優は使わずに、EXILEにアコ姫、ナイス松本さんに若君か(「アシガール」好きなんで許してください)。オレみたいなおじさんが観ても大丈夫だろか。

その予感、的中。

サーフィンが上手な女子大生ひな子は、消防士の港と恋に落ちる。幸せな日々の最中、港は溺れそうな人を救助する際に命を落としてしまう。悲しみに暮れるひな子。そんな時、港との思い出の歌を歌うと、彼の姿が水の中に見える不思議な現象が起こる…。

挫折を乗り越えて成長するヒロインや周囲の人々の姿は、ラストには爽やかな印象を残してはくれる。でもところどころに「くどい」と思える。水の中の港がひな子に「次の波にそなえるんだ」と繰り返し言って、死んだ自分に拘らずに前を向かせようと懸命になる。意固地になってるひな子になかなか通じないのはわかるけど、スクリーンのこっち側にもその台詞の真意が伝わらない人が多いと思っているんだろか。映画前半、恋人ふたりのベタベタ、イチャイチャ、リア充ぶりがこれまたくどい。そんな幸せがあってこそ映画後半の落差が生きるのはわかるのだけど、「食事の時も手をつないでいたいから、左手で食べられるように練習したんだ」のひと言はさすがに冷めた。顎関節症のはずなのに、ポカーンと口開けている自分がいたもん。でも、かつての自分を重ねて気恥ずかしくなる僕ら世代の方もあるのではww。

リピートされるのがくどいのは、何よりも主題歌。港が水の中に現れるきっかけになるから仕方ないのだけれど、あれだけ繰り返されるとエンドクレジットではもうお腹いっぱい。開演前に流してた映画館もあるだろうからもう刷り込みです。

湯浅政明監督らしさを感じたのは、水の表現。形が定まらない不安定さ、包み込んでくれる感じがうまく表現されている。クライマックスの超常現象場面の躍動感はアニメならではの表現で好印象。これまでの日本アニメにも、大きく水が動く時にドラマも動く秀作がたくさんある。「千と千尋の神隠し」「カリオストロの城」も「思い出のマーニー」だってそうだ。水を通して再会する二人の姿に、外国映画好きは「シェイプ・オブ・ウォーター」を重ねる方もあるだろう。

湯浅政明監督のマニアックな路線を期待すると肩透かしだけど、不思議な人の縁とか、成長物語としては見どころもある。脚本がいいんだろな。でもおじさんが観てると映画館ではかなり目立つかも。僕は明るくなる前にシアターを出たもんね(笑)。
【水の中】

湯浅監督が好きなので試写会で鑑賞。
脚本が『夜明け告げるルーのうた』『若女将は小学生』『リズと青い鳥』『ガルパン』『デジモン/ぼくらのウォーゲーム』『猫の恩返し』『聲の形』などの吉田玲子。つまり天才。

しかし今回、脚本はそこまで悪くないのだが、湯浅らしさは皆無といった感じで残念だった。あの狂ったような世界観が好きなのに、普通の恋愛ファンタジーとして丸く収まっているのが勿体ない。

声優陣に関しては脇役の松本穂香と健太郎が良かった。ストーリーの鍵となるキャラクターではない(からこそスポットを当てられない)のだが、自然体で接していられるのは脇役2人の方。
一方、主人公の川栄李奈と片寄くん。悪くはないのだが、前半の歌を歌うシーンは冷める。デートとして楽しみながら歌を歌うシーンなのだが、イチャイチャしながら歌うのがあまりにも酷すぎる。〝声優〟ではない感丸出しのあの歌声は本当に酷い。

湯浅監督は一回『マインドゲーム』を思い出してほしい。
mayu

mayuの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

最後の警察呼ばないで証拠写真とろうとしたあたりから、意味わかんなすぎて、物語的にこの流れにしたかったんだろうけど、もうちょっとうまく引っ張ってほしかった。

あと妹が全然落ち込んでなくてびびる。

男があのポーズしながら出てくるのがじわじわおもしろい。

劇中で登場人物たちが歌うほうは好きじゃなかったけどGENERATIONS?が歌ってるのはわりとよかった。

現実的かと思ったらファンタジーぶっこまれたから、こんな感想になったのかも
見る前のイメージを固定化させないようにしよう
あー

あーの感想・評価

3.5
試写会にて鑑賞しました。
アニメを基本観ない人間なのと、ファンタジーものに苦手意識があるのとで割と無理なタイプの映画だと思いながら観に行きましたが、思っていたよりよかったです。だいたい結末読めてたのに、うるうるしました。
ただ川栄の演技よかったから、なおさら片寄くんがんばれって思っちゃいました。
まっこ

まっこの感想・評価

3.1
サーフィン少女ひなこちゃんと消防士のみなとの恋愛映画
評価が良くなかったから全く期待しないで見たら、なかなか良かった。
ジェネの曲がクドいほど流れて、最後にはいい曲じゃんと洗脳された
水の中でのみなとのポーズがダサい、、
そのほかツッコミどころは沢山あったけど、泣いた
伊藤健太郎の声がとにかくかっこいい
minami

minamiの感想・評価

2.8
試写会にて鑑賞。

主題歌の長々としたMVかと思うくらい、
くどいくらい歌が流れた笑
あまり期待せず見たので、ガッカリとかはなかったけど、お金出して見たくはないかな。映画館で見る必要ないかも。
川栄ちゃんの声の演技はとっても良かった。
湯浅監督は目線と言うか絵の構図?が独特だなー
人の動きも特徴的。
前半は甘すぎて観てるのがつらかった。ひたすらキャッキャウフフしてて、自分は何を観せられているのか…と思った。後半はまあそこそこよかったかな?
声優はひなこ役の川栄はまあまあだが、港役の片寄は残念な感じ。
絵柄もあまり好みではないし、そもそも恋愛映画も苦手なので、お金払ってまで観ようとは思わない。
ito

itoの感想・評価

2.9
試写会にて鑑賞。

当選者は小学生~高校生の女子が大半、

鑑賞前にレビューを見ていた事から
あまり期待せず鑑賞に望んだことが良かったのか…それなりに楽しんで観れた。

この頃純粋ストレートの作品を嗜んでなかったことからも、忘れかけていたものを少し味わうこともできた。

主題歌を口ずさんでしまう……笑
Akito

Akitoの感想・評価

1.0
これはひどい。ひどすぎる駄作。
お金出してみる価値なし。

彼氏役の棒読みが気になりすぎて集中できない。

繰り返し流れる主題歌がきつい。

90分のクソ長いCMを見てる気分だった。
MasahiroH

MasahiroHの感想・評価

2.2
おじさんに無理だ。ストーリー展開についていけなかった。
観ていて、崖の上のポニョか!?と思ってしまった。
>|