きみの声をとどけたいの作品情報・感想・評価

きみの声をとどけたい2017年製作の映画)

上映日:2017年08月25日

製作国:

上映時間:94分

3.4

あらすじ

舞台は湘南・鎌倉―。 女子高生たちの悩み、葛藤、そして夢。届けたい“声(想い)”-。海辺の町、日ノ坂町に暮らす行合なぎさは将来の夢が見つからず少し焦っている16才の少女。 『言葉にはタマシイが宿っているんだよ、コトダマって言ってね――』 小さいころ祖母から聞いたコトダマの話をなぎさはある出来事から信じていた。 ある日、なぎさは何年も使われていないミニFMステーションに迷い込み…

舞台は湘南・鎌倉―。 女子高生たちの悩み、葛藤、そして夢。届けたい“声(想い)”-。海辺の町、日ノ坂町に暮らす行合なぎさは将来の夢が見つからず少し焦っている16才の少女。 『言葉にはタマシイが宿っているんだよ、コトダマって言ってね――』 小さいころ祖母から聞いたコトダマの話をなぎさはある出来事から信じていた。 ある日、なぎさは何年も使われていないミニFMステーションに迷い込み、出来心からDJの真似 事をする。すると、偶然にも放送されたコトバは 思いもかけない人に届いていた―。

「きみの声をとどけたい」に投稿された感想・評価

nIa

nIaの感想・評価

4.2
まっすぐで王道のような終わり方に物凄く好感を持ったし、たぶん泣いてたと思う
爽やかな気分にさせてくれてありがとう 湘南、江ノ島はやっぱり青春劇の舞台にふさわしい
新人声優の皆さんが羽ばたいていくことを祈って
mm

mmの感想・評価

3.3
コトダマ。ふわっとしたタッチの絵柄がとても優しく良い作品。

ラジオが主体のお話はあまり見かけないので新鮮。
映画だときゅっとまとめてしまうので、日曜の朝なんかにのんびり毎週放送してほしい感じ。

最後は良い盛り上がりだけどちょっとやりすぎでは?と思わなくもなかった(笑)
ベタで王道、そして綺麗で爽やかな話。
終始安心して観れます。
かわわ

かわわの感想・評価

4.0
正直、前半は観ていて、出来過ぎた話だし無理あるなーと思ってたけど、鎌倉の絵が綺麗だしテンポも悪く無くて後半になったら観入っていました。
最後のシーンには泣かされた笑
うーん。
ラジオ好きだから見に行ったけど話がキレイすぎて好きじゃなかった。
マサ

マサの感想・評価

3.0
ミニFMを通じて友達や親子の絆を深めるお話。言霊が一つのテーマになっていて、登場人物の感情量の多さにちょっと圧倒されつつも最後まで見れる。ラジオについて色々と勉強させていただきました。
yayoi

yayoiの感想・評価

3.7
爽やかで、優しい作品。複雑性は無いけど、ストーリーが丁寧で好印象。登場する女子高生は個性豊かで皆かわゆい。。
主人公なぎさちゃんのまっすぐすぎる性格には序盤引き気味で観てしまいましたが(汗)まぁいいかと思えるぐらいに可愛い。それに女子高生ということを踏まえると、まっすぐすぎる女の子も素敵なのです。
高校生がラジオ番組作りに情熱を注ぐという設定は、一昔前のコミュニケーションの手作り感が感じられてとてもいい。ラジオ好きとしては胸熱でした。やっぱりラジオ、自分も一度でいいからやってみたいなぁ。。
脚本も絵も綺麗だなって思えるような作品でした。
ラジオを題材に、懐かしさや楽しさを主人公と共感できて観た後もとても気持ち余韻に浸ってしまうほどでした笑
ant

antの感想・評価

3.0
予告編を見て、爽やかで良さげに思ってた作品。期待通りでシンプルな絵のJKキャラが鎌倉の街雰囲気の中で、ミニFM局DJ体験で青春を謳歌し、現実を知る的な、恋愛を掛けてないのもありだよなぁ。
hal

halの感想・評価

2.8
劇場にて。

ラジオDJを舞台装置に据えるのなんとなく懐かしさを感じる。平成初期の私小説によく見かけた

4人の女の子が云々と思いきやチート級の2人を引いてしまい編成を組み直すところで加速した。なーにが参上だ可愛いな畜生

色恋沙汰もないしこんなシチュエーションなのに水着もない。非常に丁寧で媚びのない姿勢は賞賛に値する。キャラデザもマクドナルドのキャラ的な按配で、「良い匂いがしそう」のこちら側をちゃんと踏んでいる。彼女らに祝福を。

開始10分くらいでおおよそのストーリーの流れが完全に掌握できるのでストレスはない。小難しい哲学もとくにない。思ったよりアホなので多少強引にでも動かせる

モブキャラのアニメーションもカカシじゃなくてちゃんと芝居しているのが良い。
>|