ももへの手紙の作品情報・感想・評価・動画配信

「ももへの手紙」に投稿された感想・評価

< ストーリー >

ある日、小学6年生のモモは、父親に
『お父さんなんか、大嫌いだ。もう帰ってこなくていいよ』と言ってしまいます。
そして、その日 父親は仕事中の事故で亡くなってしまうのです。

父親の死後、母親のイクコと 瀬戸内の小さな島に引っ越したモモは、
そこで妖怪たちに出会います。

~~~~~~~~~~

風景の絵は綺麗なのですが、
登場人物の表情などは 私が少し苦手なタイプの絵でした。
特に主人公のモモは、もう少し可愛く描いて欲しかったかな。

ストーリーはシンプルで、可もなく不可もなくでした。
0814

0814の感想・評価

3.4
ジブリ以外のアニメって、
普段観ないのですが、
これだけは何回も見ちゃいます。

かわいい妖精
美少女
イケメン

造形が優れているキャラクターが
多いのが世の中のアニメの印象で、、

この作品に出てくる
ギリギリの気持ち悪さが
好きなのかなって思いました。

世の中って、綺麗なものばかりじゃないし
意外と「キモい」って感情を動かす
大事な要因なような気がします。
Jiyong

Jiyongの感想・評価

3.8
沖浦啓之と安藤雅司と井上俊之って聞いて見るしかない!と思った作品。
夏の田舎、こどもと妖怪なんて擦られすぎだろ!思った通りの展開に思った通りのメッセージ性ではあるんだけど、キャラクターと作画で見る価値のある映画です。
キャラクターデザインはほぼ妄想代理人やんと思ったけどそりゃどっちも安藤雅司だからか。僕の中の「良いアニメ像」はほぼ全て今敏によって構成されているので、こういうリアルな芝居とキャッチーな芝居どっちも出来るキャラクターデザインにも、そのリアルな芝居のうまさにも「良いアニメ」を感じる。だから好き。今敏イズムを感じつつ、自然の表現には目を見張るものはあんまりないかな……と思った。でも本当にキャラクターの芝居に重力を感じるし、キャラクターそのものの生を感じてまじでよかった。こういうのだよね!アニメーションの良さってさ!!!
でも大雨にうたれたら服ってめちゃくちゃ濡れるんじゃないかなあ……ひとつリアリティのない表現に残念。何の都合かな。
昔観たきりだけど、すごい面白かった。のに、あんまりアニメファン以外で褒めてる人、観てる人がいない。また観てみよう。
見知らぬ田舎で妖怪に出会うってイベントに絶対的な憧れがある 絵が好き
ん

んの感想・評価

3.5
ももの驚き方にクセがあった。また、母親がももへ、なぜそのような態度をとるのか疑問に思った。
全体的に、田舎の風景が綺麗なことや、妖怪とのやりとりが可愛い点で癒されるので観てよかった。
tf

tfの感想・評価

5.0
瀬戸内の自然と昔ながらの建築家屋が水彩風の美術で描かれて和みます♪

西田敏行さん達の声がとても良く、愉快な妖怪3人組に命を吹き込む。

心温まる妖怪ストーリー。
久しぶりに観た。
小さい頃に観たんだけど、映画館で観たのかどうか記憶にないんだなぁ。マメになった気分(笑)でも作品の名前も覚えてたし、子供の自分にもかなり印象深く残ってたのは確か。最後のシーンは特によく覚えてた。だからあまり泣けるとか感動というよりかは、"なんだか色々あって凄かったけど思い出せない子供の頃のひと夏の思い出"っていうイメージかな。

西田さんの声がイワにぴったりだし、面白い。
手紙に「ももへ」とだけ書き遺し、ケンカしたまま亡くなってしまった父のことを心の中で整理できないまま、ももは母親と共に瀬戸内海の小島で暮らし始める。慣れない生活に苦労する中、ももは不思議な妖怪と出会う。

全体的にどこか見たことあるような設定雰囲気だがももをはじめイワ、カワ、マメの妖怪達3人もなんだかんだとてもいいキャラをしていて、なかなかファンタジーな展開にもなるがあまり無理な感じもせず最後まで楽しめました

この田舎な感じと妖怪はいい具合のシナジーを発揮しててとても癒された

儀式のダンス面白くてかわいい!
takedaiyy

takedaiyyの感想・評価

3.7
全体的にほのぼのしたストーリーで予定調和的な流れですが、子どもが観るのにはわかりやすく、ほっこりします。

なんだか、憎めない登場人物達ですがちょっと妖怪は人でなしです。 妖怪だし。

声優さんもよかった 家族や友人、恋人、誰と観ても楽しめるかと思います。
>|

あなたにおすすめの記事