夜明け告げるルーのうたのネタバレレビュー・内容・結末

夜明け告げるルーのうた2017年製作の映画)

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:113分

3.9

あらすじ

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に…

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

「夜明け告げるルーのうた」に投稿されたネタバレ・内容・結末

 漁港の街に住む中学生たちが人魚と出会って、人魚を利用しようとする悪い大人たちとかと対立する話。

 人魚のルーのキャラクターが面白くて主人公たちとルーの出会いから交流の前半部は湯浅監督作品らしい独特のポップでシュールな映像も効果的で面白く見ることができました。ルーが歌うと勝手に踊りだしてしまうとか素直に楽しいシーンでした。

 ただ中盤の人魚の存在に大人たちが気づいてそれでお金儲けをしようとして、主人公はそれに反対するけどその流れに逆らえず…。案の定、ルーが嫌いなライトを浴びせられたりして疲れちゃったりして人間社会との軋轢が発生して、ルーを救おうとする主人公たちの活劇。という流れは何百回と見てきたような展開でどんどんと退屈に感じてしまいました。人魚に恨みを持つおじいさんおばあさんとかとの対決があったりして、人魚は怖いと思っていたら実は優しい…。というのも面白くもなんともなかったです。むしろ人魚に愛する人を殺されたと思っていたおばあちゃんの前に人魚になった愛する人が現れたりしましたが、どうして何十年も姿を現さなかったんだろうか。そして有無を言わさずおばあちゃんも人魚化させられたりして問答無用に仲間にされてヴァンパイアみたいな人魚たちでした。主人公自身もずっとうじうじしていて最後にやる気をだすだけにしか見えず面白みに欠ける主人公なのも痛かったです。

 ルーを恐れる割にはルーのお父さんは明らかに異質な存在なのに街の人たちは受け入れて役場みたいなところで働いてたりして、どういうリアリティラインなのか戸惑う描写もありました。

 とはいえ、斉藤和義さんの歌がめちゃ良いというのは再確認できる映画でした。
馴染みあるキャラクターデザインだなあ、と思っていたら、ねむようこだった。どうりで。
主人公は良かったけれど友人とか、いまいちキャラクターと声のイメージが合っていないように思えるのがちらほらで気になった。
タイトル通り、主人公だけでなく、町にも夜明け告げる終わりはわかりやすかったけれど、ストーリー展開は急な所もあって戸惑った。
皆が人魚たちのために傘を開く場面で優しい映画だなあと思った。
海が歌うボロボロのステージは3.11を彷彿させた。

海で溺れた人は人魚に噛まれて人魚になった。人魚と人間が和解したときには「日無」ではなく日の当たる町になっていた。

「やっと日の当たる町になったね。」

「途切れ途切れに」「はっきりと」した言葉の方が伝わりやすいときもある。歌で伝えられることもある。

「♪ハッピーエンドの映画を今イメージして唄うよ」

わんぎょ(*´∀`)
ポニョとトトロの物語。笑

この世界観好きだなぁ。

歌とダンスとコミカルな表現が今までのアニメ映画でありそうでなかった。
動く漫画って感じ。
すごく新鮮で見入ってしまう。

ルーの父親が燃えながらルーを光から守るシーンとかもうウルウル。
あの迫真というか鬼気迫るというか、命よりも大切な存在の表現が凄い。

お婆ちゃんの旦那さんが出てくるシーンも良いね。
泣ける。

顰めっ面のお爺さんの母親の真相に気付いてしまった涙の顔とかもう堪らない。
そして傘屋さんの伏線回収も良かった。
またこの監督の作品は是非見たい。
音楽の好きな少年は、父親に連れられて小さな漁村にやって来た。そこは、寂れた人魚の遊園地がある街だった。

少年の音楽に吸い寄せられて、人魚のルーが現れた。ルーの見せる、様々なイル-ジョンは、欲望にまみれた大人達に利用され始める。

人魚サイドは当初、友好的だったが、意図せず養殖場を台無しにしてしまう。一時的に構築された人魚と人との関係性は、些細な行き違いや悪意を発端として、崩壊してしまう。

嵐の後、少年と人魚は再度歩み寄るけれど、もう一緒にはいられない。キスしてgood-bye。しかし、そこに悲しみは無い。

刹処分されるはずの犬達が、ワン魚(足だけ魚となった犬)に転生して生きて行く場面が好きだった。
みんなの好きや愛してるという気持ちが行動原理になっている。
人魚を憎んだおばあちゃんもおじいちゃんも、大切な人が食われたと思い込んでいたからだ。
自己中な人間の浅ましさの描写が多すぎて苛立つが、そこがかなりリアルなので、何とも言えない。
最後、歌うたいのバラッドのサビでおじいちゃんが逆光の中傘を開くシーンが好き。
海外アニメのようなデフォルメされた絵柄や演出が多いが、光の表現が情緒的なのは日本映画らしいと思う。
光で消えてしまうというヴァンパイア的設定は、美しい光をアニメで描くことに適していると思った
色が綺麗
勢いもあって見ててハッピーになるアニメーション

生意気なこと言うと心理描写をもっと踏み込んで欲しかった
あばあさんと恋人とかもっとなんか見たかった
設定は最高
あの勢いのあるアニメーションだと心理描写細かくするのは方向性が違うのかな?

町内アナウンスのお姉さんと生き締めのお兄さんとの関係と言及なかったよね?私が見逃した?なんか付箋かと思ったのに
キャラクターがみんな生き生き!動きがダイナミックでとても魅力的で、ルーが本当にそこにいるような存在感があった
話は単純明快で分かりやすいから見せ方が難しそうだけど、静かなシーンは穏やかに、弾けるシーンは極端なくらい激しく、メリハリがついてて全然飽きさせない
街の風景や海底の見せ方、構図や演出が不思議で面白い
とにかくユーモラスで刺激的な、あっという間の1時間50分で大満足

じいちゃんは泣けた...人魚と音楽を嫌いながら自分も責め続けてたんだな
後味悪いけど、わだかまりが解けたのは良かった
新文芸坐オールナイトで鑑賞
これは本当に映画館で観て良かったです。音楽という点で、とても良かったです。
映画前のトークでマインドゲームから、徐々に大衆受けするように作ってるんですよ〜って仰っていて、元から音楽使うのめっちゃうまいし、どの映画の音楽も最高なんだけど、その大衆向けへの舵切りの効果か、より分かりやすく音楽が最高な映画だ!と思いました。
序盤はこれ、だいじょぶかな、ほんと、面白いかなとドキドキするものの(人の動きとかが怪しい)、後半にそのようなことを1ミリでも考えたことを陳謝しまくっていた。心の中で。
いやぁ、まじなんで私泣いてるんだかわからないし、でも泣いちゃうんだよ…!みたいな感じでずびずび泣きました。
特に、パパが真正面から映されるシーン、たこばあ、お爺ちゃん、そして歌うたいのバラッド、のあたりがやっぱりとても良かった〜。
あとは、序盤あったばかりのルーがカイの元を去る時の構図が、広い海が大きく広がっていて画面の中央上の方にちょこんとルーがいるのがすごく良かった。ごちゃごちゃとしていない画面構成もすごいすき。
みんながダンスしちゃうシーンとか、人魚がたくさん出てくるあたりから、湯浅監督だ〜という感じがすごくする。
あと、笑わせるのが好きだし、監督自身お笑いが好きなんだな〜と思う。
プレイリスト作るの楽しみだな〜。
傘、じいちゃんたち
サイコーですし、
踊りのアニメーション
サイコーですし、
ワンぎょかわいいですし、
少年の歌サイコーですし、
みんなを助ける人魚たち、
そして消える岩山
タイミングとか動きとか
とにかく好きだ。
湯浅監督の絵がとにかく好きなのだけど、アニメ作品としてはルーが一番好き。
デフォルメ具合もお気に入りであります
>|