夜明け告げるルーのうたのネタバレレビュー・内容・結末

夜明け告げるルーのうた2017年製作の映画)

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:113分

3.8

あらすじ

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に…

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

「夜明け告げるルーのうた」に投稿されたネタバレ・内容・結末

人間のキャラが1人も好きになれなかったけど映像はみててとっても楽しい!
最終的に人魚に2人も連れて行かれるというのがやっぱり妖怪って感じで良かった
映像表現がカラフルでぷりぷりしてて気持ちが良い!
どこまでも優しくて清々しい、温かい物語でした。

登場人物もみんな可愛いし
歌うたいのバラッドが主題歌なのがたまらない!
ところどころグッとくるシーンがあったけど、
タコ婆とお爺ちゃんが大切な人に再会するシーンは号泣…
あとワン魚可愛すぎて一緒に泳ぎたい
オープニングでいきなり踊り出す街の人達の若干狂気染みた絵面から幕開ける湯浅政明ワールド。
人魚という存在に対しての順応の早さであったり、人魚に噛まれたら犬でも人間でも人魚になってしまうという独自色強めな設定など、現実的な描写の中に入り混じるファンタジーがカオスでシュール。
斉藤和義やYUIなどの選曲も独特で、崖の上のポニョ的なジブリ感を漂わせつつも尖った個性が隠し切れないほど溢れていた。
【感想】
まず、どうして歌うたいのバラッドをメインの極にしたのか?
日無町の祟りはどうして起こってるの?
ルー達はどこかで生きてるの?
あと、ルーが捕まった時にユーホが早くみんなの前に出てれば、最悪の事態にはならなかったんじゃ・・・と思い、ユーホの出るタイミングが遅過ぎなのに、腹が立った。
海が、ユーホの放送を聴いて、どうしてあんなアグレッシブに代わったのか心境の変化がわからなかった。
とりあえず、ラストの終わり方が納得いかない感じ。

【ストーリー】
親の離婚で東京から日無町という田舎町に海(カイ)という少年。
彼は物静かで感情を表に出て出さなかった。
カイがネットにアップした音楽の動画が同級生のユーホ達にバレて、セイレーンというバンドに誘われる。
彼らは夜、秘密で村の人達が近寄らない人魚岩のところで練習していた。
そこに付いて行くと、カイは人魚のルーと出会う。ルーは歌が好きで人間とも仲良くなりたいと思っていた。
ルーの存在が村のイベントの時にみんなに見られてしまい、バレてしまう。
ルーは本物の人魚なのか?不思議な女の子ということで、世間からからも注目を浴びてしまう。
それがきっかけでルーを呼び更に大きいイベントを開催することになる。
そこから、カイはあまり乗り気にならず、みんなやルーと距離を取るようになる。
ルーのイベントが終わった後、ユーホはみんなが来てたのはルーを見たかっただけ、セイレーンなんて期待されていなかった事実を思い知らされ、携帯を投げ捨て、家出をする。
すると、ユーホのツイッターの書き込みに人魚に食べられる!みんな気をつけて!という書き込みが。
それをみたユーホの父は、ルーを捕まえる。
ルーにユーホの居場所を探ろうとするが、わからず。ユーホはその場所に到着し、ある程度、状況を見ていた。すると、父は天井のドームを開き、日差しが入るようにした。人魚は太陽の日に弱い。ルーに日が当たりそうなタイミングでユーホが止めに入るが、既にルーの悲鳴を聞きつけたルーの父が現れ、ルーを助ける。ユーホの父はルーとルーの父を釜に閉じ込めてしまう。
また日無町の祟りがそのとき起こり、町に海の水が浸水して来た。どんどん水かさが上がっていく。
その状況をみんなに知らせる為に、町内放送を使って、カイや他の村人に知らせるユーホ。
そのお陰で、カイは家を飛び出し、ルーを助けに。無事助けられたルーとルーの父は他の人魚やワン魚を呼び寄せ、海に沈みそうな村人達を助けてていく。その人魚の中には人魚が食べたと思っていた人達もいた。彼らはみな、人魚に助けてもらう際、噛まれて人魚になっていた。人魚は人間を食べるのではなく、噛まれることで人魚となっていたのな。
その後、人魚たちの協力のお陰で無事全員助けることに成功するが、浸水が原因で長年、人魚の日陰となっていた人魚岩が破壊。
そのあと、カイはルーに好きだと告白。ルーも好きだと伝え、みんなで音楽にノッて踊るが、最後、人魚達が一斉に消えてしまう。
その後、カイやユーホ達は高校に進学し、カイはまた地元に戻ってくることを決意する。
ルーにまた会う為に。
おもしろかったーー
絵かわいいなー

音楽楽しい!
個人的に村松さんって出て来てニヤニヤしてしまった。

音楽がなって思わず動き出しちゃうみんなの足先とかアニメ独特の感じがしてすき。アニメのよさ全面に出てる気がする。

トトロとかポニョぽいなぁここのシーンとか思ったり…

でも、最後に人魚いられなくなって村に日を届けたっていうの切ない。
これから3人の高校生はどうなっていくのかな…
受験生でこれからの進路を考えなくてはいけない時期でこの特殊な小さな村を出ていくか残るかどうしたいのか不安定な3人がとてもよい。自分の気持ちを音楽にのせて伝えられる。伝える手段を知ってるってすごいね!

あと最後にYUIの曲流れて泣いた。YUI世代というか、すごく色んなところで流れてた聞いてた。懐かしいな!
とても良かった。
伏線の散りばめられ方が尋常じゃない。
もう一度観ても良いレベル。

人魚……というかほぼ半魚人だからどうしてもポニョと比べてしまったけど正直ポニョの3倍くらい良かった。
私は好き。

クライマックスのカイの歌声がめちゃくちゃ泣けた。
上手くない、けれど痛いほど胸に刺さる、直接響く歌声で、心が鷲掴みにされました。

複数の賞を獲得するのも頷ける。
最高の作品でした。
恵まれた世界観、恵まれたアニメーション、恵まれた大筋からの、雑な人物描写
こんな感想です

セリフで語りすぎなんちゃうかなぁ
対象年齢層を広げるためにしゃーないんかもしれんけど、言わんでもわかることいっぱいあったよ
安直にそのまま感情を言葉にする人しかいないので、なんだか子供向けアニメとして見てしまいました

かといって、しぶくおしゃれにまとめたらアニメに合わんのかな

メインの三人が単純すぎたのかしら
主人公出てこないタイムもけっこう長かったし
うーむ
宮崎駿てストーリーメイカーとしてもすごいんやなと思いました
音楽の力。
人魚の力。
信じる人はパワーをもらえる。
情熱の彼方に何があるか、見に行く勇気を与えてくれる。
もし、そこに何もなくても、出戻っても、本当の「好き」が見つかったら、素晴らしい人生なんだって教えられた気がする。

でも盲信は良くない。迷信にしろ、愛情にしろ、闇雲に信じるのは怖い。

なんか、ポエミーな感想になってしまった😳

他にも、いろんなテーマが編み込まれいた気がする。
田舎と都会、親と子、利己的な大人と同じようにルーを自分だけのものにしておきたかったカイ。でも最後に大きな災害を前に利他的な行動をとる人々。
いろんな人の命と心が救われるラストはカタルシスの波に呑まれた感覚でした。
タコ婆とお爺さんがそれぞれ愛するひとに再会できてよかったなぁ〜 と思った
ルーにルーパパが本当に可愛い。パパちょっとトトロみたい(笑)ワン魚たちも純粋でそれが少し辛かったです。

みんな仲直りをして、カイのおじいちゃんやタコ婆のずっと誤解していたことが解けて大団円だったけれどやっぱり悲しい映画に感じました。日に当たってしまい燃えながらそれでもルーを助けに来たパパのシーンは胸が苦しかった。会長に社長と遊歩、そしてワン魚を捨てた担任のお前らは本当に許さない。(ムキー!)

宇宙人とかUMAとか世の中に出て来たら例え友好的だったとしてもルーみたいになるんだろうな..可愛い絵柄にアップテンポな曲が印象的だけれど湯浅政明監督作品、人間って汚いし弱いなぁと考えるところが多かったです。

意見が自分の願望に偏り過ぎないよう少しだけでもルーやルーパパたちみたいに思える人でいられたら良いな。
>|