夜明け告げるルーのうたのネタバレレビュー・内容・結末

夜明け告げるルーのうた2017年製作の映画)

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:113分

3.9

あらすじ

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に…

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

「夜明け告げるルーのうた」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ルーがポニョ崩れで、ルーのパパがネコバス呼ぶときのトトロだった

私は好きです、娘さんも好きだって
天才湯浅監督作品ですから、劇場に駆けつけなければならなかったのに…仕事で行けませんでした…ホントに残念だった。


ので、レンタルで鑑賞。


大きな岩によってあまり日が差さない日無町という港町に住むカイは中学生男子。ネットに自ら出す音を重ねた動画をアップしたところ、クラスメイトがバンドに誘ってきて…というのが冒頭です。


なんで人魚が歌が好きなのか?カイのお母さんはなんで東京に残ったのか?カイのお父さんは都合よく味方になるのか?ユウホのお父さんは簡単に悪に走りすぎるし、おじいちゃんに至っては何がしたいのか不明な上にヘリまで運転出来るし、ルーの不思議さを認めてるのに学者やら何やらが来ないのはなんで?とか、スマートフォン海に落として動く?カイが急に歌い出すの変じゃない?人魚能力高すぎ!とか、ユウホの変わり身が早すぎる!カイはほとんど何もしてなくない?など、ツッコミどころが満載です、まだあるけど。

なんと言っても、ポニョから完全に離れる事が出来てない。

しかし、しかし、です。

アニメーション、という媒体を使った映像と音楽と動きがサイコーです。手塚作品の何か?を思い出させる、あの足の動き!キモチイイ〜サイコ〜だ〜ルーの声も心地イイ〜そして主題歌が素晴らしい。この音楽と映像の同期こそアニメーションの醍醐味。


その醍醐味を余す事無く映し出す映画。

サイケな素晴らしい作品。

だが、やはり私にとっての湯浅監督最高傑作はやはりマインドゲーム。

脚本はもちろん中学生くらいを目指して書かれていると思う。ジュブナイルモノとしてはコレでオッケー!

歩いて帰ろう と同じくらい好きになったよ、歌うたいのバラッド!
やっぱ湯浅監督めちゃいいっすわ。。結構ね、ポニョだな、ってね、思うんすよ。でもね、ポニョよりね、ルーのがね、断然100倍かわいいんっすよ!!!!!!
ダンスのシーンの描写がすき。陰影あんまはっきりつけない色彩描写とかもすきなんだけど、やっぱりこの、なんてゆうの、足の感じ?とかすごくすき。あ、湯浅さんだ!ってなる。すき。
音楽のアレンジもよくて。ほんと。さいこうですね〜〜。
元々森見がすきだったから、オリジナルめっちゃハズレだったらどうしよう〜〜って思ってたけど全然いらん心配でした。
あと2回くらいみたい。
なんか結末がねえ。いろいろ考えられそうなんだけどねえ。「夜明け告げる」やし、「夜明け」が何かっていうはてななんですけどね。
ダンスのシーンがとにかく印象的でした。
浜辺の祭りでバンドが演奏するシーンが素晴らしくて最高すぎました。
観てる人たちもルーと一緒に勝手に踊っちゃう。なんともファンキー!
アニメーションもアメリカのカートゥーンっぽく、サイケで無国籍な雰囲気にワクワしました。

カイの創るビートミュージックもいいですねー!ハンドクラップがスピーカーじゃないところから聞こえてくるみたいで、カッコ良かったです。ルーが引き込まれるのもわかる。オープニングのスカっぽい曲もテンション上がりました。
歌うたいのバラッドはまぁ…でもラストのカイが歌う、決して上手くない歌が本当によかった。カイは当初、ピッチにうるさい典型的な魂レスなミュージシャンでしたが、ラストはロックでしたぜ!

ギャグのキレも豊かで、ブラックかつキュート。ケロっと「お母さん食べられた」って凄いよね。「商工会議所のデカいやつも怪しいぞ」そりゃそうだろ!
ワルキューレの騎行も、地獄の黙示録オマージュでファナティックかつマヌケで最高でした。パピーちゃんとかくだらなすぎて、特に前半は笑いっぱなし。

作画や演出は超ファンキーかつドラッギーでありながら、ストーリーは解りやすい王道な少年青春モノ。君の名はの隕石シーンみたいなディザスター入れて盛り上げて大団円と、綺麗にまとめたなぁ、という印象です。カイの成長とともに日無町に太陽の光が差すとか、スマートだなと思いました。
人魚で町興しの時の反対派の動きとか、寂れた商店街のビラとか、負の田舎感もかなり出ていて、ダークでよかった。

ただ、ラストは物足りなかった。人魚が身をていして町を救ってカイの前から去っていく物語は、少年が異界に触れて成長し現世に戻る、と言う、ある種の神話体系そのもの。確かに、ひとりの成長物語としてはまっとうで誠実、説得力もある。
しかし、カイだけに焦点化しなければ、異文化同士の接触と摩擦、相互理解の物語とも捉えることができる。せっかくの素材があるのだがら、あえて一歩踏み込んで人魚と人間の共存で終えてほしかった。

世界的にも排外と共存がテーマとなっている時代なので、最後は人魚も犬魚も人間もみんな仲良くファンキーダンス!共存!で終わっても良かったんじゃない?
ファンキーダンスという、異文化の壁を越え得る素晴らしいモノがあるのに。
Make It Funky!!
人魚とそのお父さんが可愛らしかった。個人的には最後まで主人公やその友達は好きになれなかった。
ひとつ分からなかったのは、人魚に噛まれて人魚になった人はルーのように人前には出てこられないのか?
ルーのポニャポニャした歌声くせになる〜最後の歌のところは何度リピートしても泣けちゃう
あさりの殻が閉じてたのが開いていくのってカイの心の変化なのかな?

湯浅監督の作品は絵の表現や演出が独特だけどメッセージがまっすぐで深く考えずに良いと思える

下手くそでも本当に思ってることは口にしていい、歌にしていい
頑固お爺ちゃんが泣くのずるい
最後はきっと人魚になったんだよね
ジュブナイル映画の苦手なところがすべて詰まっていた。それとは別に、女児にキス(空気の口移し)されてデレデレしてる主人公も、女の子のプライドを潰しておいて微妙な悪役にする話の展開もキツかったな……。

水難で亡くなった人が人魚になって生きているって民話っぽい部分は良かった。あそこだけうるうるしてしまった。
面白かったですよー!
町の人(一部のぞいて)皆人懐っこい。
お陰で主人公のカイが転校生で親が離婚してて…とかすぐ忘れる。
暗さなしで陽気です。
なんといっても一番気に入ったのは、タコ婆!!(笑)これこそ究極の愛だと思うのです。年の差は…。ないか。見た目なんて関係ないね!素晴らしい!
映像も面白い!
歌も良い選曲でした~。
突っ込み部分は
じいちゃん付いていったの?です。
う、う~~ん…うん。
属性としてはシングストリート観た後に感じた気恥ずかしさみたいな余韻。

この監督、ジブリ大好きなんかな?と思う描写が多かった。
ポニョ、トトロ、耳を澄ませばとか。

主人公が人にも物事に対しても好意を素直に表現出来ないのは一番求めていた人から貰えてない感、不足感に起因しているのかな。

急に自分の目の前に現れて、心の空白に正拳突きされたらいつの間にか好きになっちゃうというパターンは、恋や好意に不慣れな感じがリアル。

一緒に海に潜った時、苦しくなってルーから口移しで酸素をもらってデレッとした顔になる描写なんなんだろう。
そこ、少し気持ち悪かった。
ルー、見た目が幼女なんだけど恋愛感情的な描写に見えたというか。

でも多分恋愛以前に、純粋に『好意を持つ』とかそれを表現したんだとは思う。

急にコミカルに踊り出したり、それを村中でやっちゃうとかのノリについていけなかった。
勝手に足が動き出して、それに気づいて全身で踊り出しちゃう!みたいな描写が個人的に苦手。

この監督の作品は初めて観るのでなんとも言えないが、そういう作風なんだろうか??

海をところてんやゼリーみたいに切り取って動かしたり、海の色がグリーンだったのは独特で面白かった。

おじいちゃんのママや、おばあちゃんの旦那さんが人魚に助けられて、人魚になったんだよ、という所は
海で死んだんだ、と言われるより死を優しく受け入れることが出来る。

津波や震災で直接傷ついた人にも、遠くの地域で胸を痛めたり、別の災害に遭った人にも受ける衝撃の角が柔らかい表現だなと思った。

可愛がっていた犬は飼い主をさっさと置いていき、見捨てた犬が彼を助ける。

無垢な魂は最後まで、無垢だな。

絶賛レビューを先にチラ見していたので期待値が上がりすぎたのと、テンションには好みがあるので、悪くはないけど、自分にはこんな感じ。

追記
全体的に薄い色味で、記憶の中の情景描写は更にシンプルな、まるでビニルのステンドグラスみたいなのが印象的だった。

そういう、精密な絵で表現しない的な個性は面白かった。

あとお父さんが若すぎて最初主人公の兄かと思った。逆に主人公は中学生設定だが高校生くらいに見えた。
なぜ人魚は人間を救うのか?人魚の誤解は解いたのにおかげ様はとりあえず破壊でいいのか?助けた挙句死ぬのはあまりに人間のエゴでは?等の疑問がわだかまり、感動話も無理矢理挿入されたようにしか見えなかった。映像は良かった。主役の声優は後半になるに従って演技不足を感じる。
>|