夜明け告げるルーのうたのネタバレレビュー・内容・結末

夜明け告げるルーのうた2017年製作の映画)

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:113分

3.9

あらすじ

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に…

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

「夜明け告げるルーのうた」に投稿されたネタバレ・内容・結末

人間の汚い部分をコミカルに描いていていいと思う。

正直斉藤和義が苦手な方は劇中に何回もかかるので苦痛かと思います。
僕はなんとも思ってない派なので特に歌には何の感情も動かされずに見れましたが、歌の力に頼らないとなるとこの映画は人間の汚い部分が浮き彫りになっているだけになるかと。犬捨てたやつだけたたりで呪い殺されればよかったのに。
世の中金のやつだな。しかしこの映画はFlashで作られ他の作品より安価に作られているという皮肉。

やっぱ現代はスマホ誰でも持ってるから、心霊写真や河童とか人魚とかワクワクする都市伝説出にくくなったのがなんか詰まんないんだよなぁ。USOみたいなワクワクする番組やってくれないかな?あのスタジオにC級芸能人呼んで呪いのビデオのお古映像見てワーキャー叫ぶやつはクソなんでいらないんで。
先生の犬がね……先生が捨てた犬が先生を助けた後に手をふるシーンが一番好きです、あそこ泣き始めて傘のシーンでもう嗚咽ですよ。

湯浅監督らしいキャラクターの動かし方も大好きで歌うたいのバラッドもサイコーだし、鈴村健一パパのテープがRCサクセクションやハイロウズ、奥田民生でこれまたサイコーなのに何故かスマホ世代の今時の女子高生が好きな曲がYUIなのだけは納得出来なかった。
アニメーション好き…

疲れたので大平晋也作画に癒されようと鑑賞。
しかしこの可愛いフラッシュアニメーション!
カラフルで自由自在な湯浅ワールドに釘付けでふふっと笑えて幸せな映画でした。
音楽に合わせて踊るように変化するアニメーションが楽しいです。
もちろん所々の大平晋也さんのカットは最高でした。
特にルーパパがルーのために街を疾走するシーン。
ストーリー上ではそこがピークではないのですが盛り上がる。高まる。迫力が違う。ルーパパが死ぬ覚悟で走っていると思いました。
水エフェクトが色々見られるもの良いです。

ちょっと「ん?」と思った部分は、まずは背景が普通なこと。
湯浅監督作品では背景の建物のパースが歪んでいたり通常とは違う色をしていたりしますが、それがキャラクターやエフェクトの面白い動きと合っています。
でも今回はふつーの背景。だからキャラクターがどんなに可愛くポップな動きをしてもなんだか違和感が。
あとはカイくんが主人公っぽくないこと。
離婚したことに納得もできないまま父親に連れられて田舎に来て塞ぎ込んでやさぐれている男子中学生感が伝わらなかったです。
普通に父親と仲良しのシーンもあったので、和解のカタルシスがない。
なんならゆうほちゃんの方が物語上でバックボーンがわかるし、見ててイライラするリアルな女子中学生感があってとてもよい。
しかもルーに素直に謝るというわかりやすいターニングポイントがあります。
カイくんが捨てたはずのスマホでルーが自分の写真を撮っていたことを知るだけじゃ弱かったかなぁと思います。

それでもラストにみんなが傘を持つところは予想を超えていて驚いたし、人魚に殺されたと憎んでいた人たちが再会を果たすのはわかっていても感動する良い王道シーンでした。
シルエットを色だけで表した、台詞もない回想シーンは本当に良いです。個人的、今作最大のポイント。

カイくんルーとの別れを悲しまず、未来の明るさだけにしたのも良かったです。
楽しい映画だったなぁで終われるので。
次回の湯浅監督オリジナル映画に期待!
終盤の展開に、震災後の世界を感じた。

『君の名は。』は、町が自然災害で消えた歴史を修正し、「震災がなかったかもしれない世界」を描いた。『シン・ゴジラ』は、暴走する原子力への政府の対応を描き、「震災後に適切な対処ができたかもしれない世界」を提示した。いずれも、震災後の現実を見据えた上で、「こうであったかもしれない」という願望の世界を描いていた。

一方、本作が描こうとしているのは、震災後に向かうべき、今または未来の世界ではないか。舞台である日無町は、一度水害に遭っている。その事実が改変されることはない。主人公が直面し、救うのは、二度目の自然災害に襲われる町だ。災害の歴史や経験を踏まえて、「次こそは誰かを救いたい」という願いが込められているのではないか。

さらに、本作では、自然と人間の関わり方も描かれているように思われる。「人魚」は、救助の最大の立役者である一方、人間によって地方創生の観光ビジネスに利用され、一時は排斥の対象にもなった。資本主義経済のもとで消費され、破壊される「自然」のメタファーではないだろうか。「共存」と「破壊」、「恩恵」と「脅威」という、人と自然の関係の両面性が描かれているのかもしれない。

また、誇張された奥行きや、影のない平面的なキャラクター、色使いなど、独創的な絵も印象的だ。

終盤泣けた。
傘のところほんとに素敵すぎた。

日の当たる町になったね って遊歩の言葉が
めちゃくちゃ印象的。
夢や目標を持つって大切。
好きなことを好きって言うって大切。

未来は明るい。
流し見で観ようかなぁって思って観始めたら、最後まで魅入ってしまった!

女の子のおじいさん、最後味方みたいになってたけど、元はといえばあなたが原因でしょー!って少し思った(笑)
大好きな湯浅ワールド。
音楽もいいし、コミカルで明るい感じだけど以外と深いお話で今の世の中の問題というか人間の恐ろしさが出てくる映画でした。(本質は愛の話なんだけど)

わたしが一番好きなのはルーとカイが夜道を歩いてるところだったりします。
普段何気なくあるものがとてもきれいなものに見えてそして愛しさを感じるシーンです。
あのシーンを思い出すとグッときます。
しばらく斉藤和義の歌を聴くとこのシーンがでてきてグッとするだろうな。
 人魚というかヴァンパイアだなって思った。日光が弱点で噛んで仲間を増やすのはヴァンパイア。ルーのお父さんの娘への愛が印象的だった。そっか、ルーのことが恋愛対象として好きだったのね……。ボーイミーツガール。またはカイくんのやばい恋。
 あと完全に余談だけど、当時某ゲームのイベントにもクライマックスの傘が出てきたことを思い出した。斉藤壮馬。ポルトガルかハウステンボスに行きたい。
音楽でテンポよくみれる!みやすい!
ルーの純粋さが羨ましい。

連れ去られて居なくなった訳じゃなくて、人魚に救われてて、
町もルーたちに救われて、
心地よいハッピーエンド。
視聴記録

とりあえずルーが可愛い
音楽なると足が生えるって設定面白いな
そしてメイン曲である「歌うたいのバラッド」めちゃめちゃ好きな曲だったから増し増しでよかった!
傘がぱって開くシーン好き
映像綺麗だし音楽良いし話しのテンポも良いし楽しい映画
>|