夜明け告げるルーのうたのネタバレレビュー・内容・結末

夜明け告げるルーのうた2017年製作の映画)

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:113分

4.0

あらすじ

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に…

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

「夜明け告げるルーのうた」に投稿されたネタバレ・内容・結末

アニメの面白さを最大限に引き出した作品
YUIのfightが流れてきて俺泣いちゃったよ
お母さんは映画内に写されてないけど、そういう要素があった方が想像できて面白い


最後、お母さんに会いに行くことに決めたり、田舎の町にも興味をもったけど山向こうの高校に行くことを決めたりというシーンに
主人公の自立を感じれてグッときた


41
塚口サンサン劇場にて。
ピンポンや四畳半神話体系の湯浅監督の作品。上映行きそびれていたのだけど、この劇場は上映時期ずらしてかけてくれる事もありほんと助かってる。
湯浅監督独特のキャラクターが生き生きとシュールに動き回るさまはまさに湯浅ワールドといわんばかりでダンスシーンなどは観てる此方がつい体がムズムズと動いてしまうほど。
おかげ岩とかよく分からない所もあったけど全編楽しめた。クライマックスでまさかの傘と予想外の邂逅があってついウルっと来てしまった。
湯浅監督作品が好きなら必見の映画だし、そうでない人にも是非観て欲しい。
いや面白かった 面白かったけれど結局何がしたかったんですか?
あとこれが少年の成長譚みたいになってるのはなんでなんでしょうか?そのような描写とプロセスが非常に欠けているように思いました。全体的に行動が不可解です。なんで最後前向きな子になったんですか?
急に出てくる祟りとその解決方法雑すぎませんか?
最後の熱唱はすごく好きです
可愛いね笑
マインドゲームを見た後にこれを見るとなかなかだわ笑

でもやはり色好き
ダンスとかも
音も

キャラデザ可愛いと思ったらねむようこさんかぁ
好きよ

ちょくちょくクスッと笑わせてくる笑わせ方がジブリ感

子供向けかなぁとも思っていたけども、ルーのパパの表情だったり、萌えたりするとことか割とトラウマもんに怖かったかも。。。

登場人物ほんとみんな自分のことしか考えてねえなぁ
物語なのはわかっているけども苛々苛々してしまったよ

でもまぁ三人は子供だもんなと思って少し許せなくもないけどさ
大人よ
みなさんどれだけ視野狭いの、人の話聞かないの
なんかこんなもんだっけ人間ってって感じ

人魚はなあ、みんな善意で動いてるのね
ひどいことする人間にさ
迫害されてるのよ?

ルーはさ、元は人間だったのかな
噛まれて人魚になった子なのかなって
人魚はさ、他の人は言葉は理解できても人間の言葉を発することはできてなかった
おじいちゃんのママや、タコ婆の恋人以外
パパパパ言ってたのは、ルーのパパは全人魚のパパなのかなって

斉藤和義、良いねぇ笑
ってかカイうまいじゃんギター?ウクレレ?も歌も!!!
音楽はいいなぁ

最後のルーを追いかけてるタコ婆かっこよすぎだろ笑

カイの表情には心が動かされるね

人魚に噛まれた魚が骨になっても動くってのがなかなか面白かった笑
人魚を食べると不老不死になるとはいうけれども、人魚に噛まれると不老不死になるのねって笑
ただ痛覚が心配だなぁとか考えてしまった

少し涙してしまった
ルーパパの愛情の深さとカイの成長具合にかな

人魚達はあの後ちゃんと住処を見つけられていたらいいなぁと思った

好きなものを正直に好きと言える人間になりたいもんだな
ストーリーは少し物足りなく感じた。
でも、映像と音楽が素晴らしい。
YUIと斉藤和義はずるいよ笑
自分勝手なクソ雑魚たちが同時多発的に何も考えずに行動した結果 血で血を洗うような泥沼的大惨事になり 結局迷惑を被ったのは罪のない人魚たちだけで 残りのクソ雑魚人間たちはこれからも前向きに生きていくのであった…人魚たちは住む場所を奪われたと言うのに…

ざけんな!!!!!!!!

めちゃくちゃ期待して見たらこれだよ!!!!!!なんなんだマジで!!!!!!本当に途中までは良かったのに!!!!!!んアーーーーー!!!!!!

いい話風にすんな!なんも解決できてないわ!登場人物が未熟なのは分かった!でも結局成長できてんの!?いや〜一件落着っすわ〜 みたいな感じでほのぼの終わってるけど!!人魚の住む場所は無くなって!!町は水没して!!何人か行方不明になって!!人魚も結構蒸発してましたけど!!いいんすか!!なんなのよ〜!!

まぁ基本ファンタジーなんでしょうけどさ〜 だとしたら都合のいい時だけ「でも…ファンタジーだけじゃ…ダメなんじゃけ…」みたいな大人用意して悪者にすんな!!結局ファンタジー的解決するくせに 途中の対立作るためだけじゃん!!そこらへんの立場もコロッと変わってるのも腹立つわ 子供たちも雑魚 大人も雑魚 わりとずっとまともなこと言ってた大人がずっと相手にされず最後もポイっと蔑ろにされてんの意味わかんねー なんなんだよ

音楽と 前半のファンタジーアニメっす って感じは良かった… 本当に前半は好き… ルー可愛いし…踊ってるとことか 力使ってるとことか…

でもやっぱり…途中のエクスキューズ的な「ちゃんと現実的なことも考えてますよ!」感ある展開から無理だった… それやるなら最後もちゃんと考えてますよっていうのを教えてくれよ…

本当に久しぶりに好きじゃないと言える映画だった… いや…オープニングとか…前半とか…クライマックスの見せ場とかは…すごく良かったんだよ… ただ…キャラクターと脚本が… ウッ…

あ〜…絶賛したかった…
個人的には好き。ただ音楽の力感は否めない。斉藤和義が大好きだからかもしれない。
ポニョっぽいとおもってたけどほんとにポニョでした。

長編アニメーションだからもちろんだけど、なんだか長く感じた。入り込めなかったのかな。
とにもかくにも見ていて楽しい。
ルーにキスされて文字通りぐにゃぐにゃになる海は、あーアニメっていいなあこんなにも自由でと思わせてくれる。
遊歩が捨てたスマートフォンの中に隠し撮りの海の写真がたくさんあるシーンの写真のこの上ない隠し撮り感、いいなあ。
湯浅監督と知って、行くしかないと思い映画館で見ました。

・ルーの挙動が、いちいち可愛くてよかった。

・人魚を嫌っていた祖父が作っていた傘が役立つとことか、人魚を憎んでいた祖父や婆さんが 真実を知るとことか最高でした。
けど、2人とも最後、人魚になるのはどうなん?と感じた。

・歌うたいのバラッド素晴らしかった。
>|