メアリと魔女の花の作品情報・感想・評価・動画配信

メアリと魔女の花2017年製作の映画)

上映日:2017年07月08日

製作国:

上映時間:102分

3.2

あらすじ

「メアリと魔女の花」に投稿された感想・評価

最後まで見て、説明ないとこが多くて「?」ってなる。

絵は綺麗
さすが元ジブリスタッフ制作、とても観やすい
けれどメッセージ性が弱い。まぁ外国児童文学からなので仕方ないか

魔法学校の細かめの描写してたけど…あそこの部分いるのかしら
ワクワクしたんだけどね、残念
歌が最高🌧️🌈
ストーリーもそこそこよくて、作画も可愛かった😍
shintarock

shintarockの感想・評価

2.3
絵とアニメーションと世界観はジブリクオリティなのに
何故だか何も心に響かないアニメーション
みーー

みーーの感想・評価

3.0
絵は綺麗だし音も良かったけれど
新鮮味に欠けるというか
先が読めるというか
考えなくても惰性で進められるRPG感というか
行動に感情がついてない感じなんだよな

途中で寝てしまって巻き戻して巻き戻してようやく鑑賞

大叔母様とか家政婦さんとかジブリでどこかで見たキャラクター感があるし
あーやっぱりそうねー
で終わってしまった

絵が綺麗なだけに勿体無い

あと魔女の定理を教えてほしい
大叔母様は魔女だったのにメアリは血筋じゃないとか
??ってなる
あと大叔母様の魔女の力はなぜ失われてしまったのか

あと杉咲花ちゃんが包み隠さず杉咲花ちゃん


追記
あーこれ100作品目だったー!
なんだか勿体無い笑
だらだらしすぎてすぐみれる映画しかみれなくなってしまった。
でもこの後に桃さんが控えていて、それで起死回生をもくろんでいます。
ジブリっぽい画、世界観を引き継いでいるのに、驚くほど印象に残ってない。

映画館で見たことは覚えているけど、過去のジブリ作品を越えて来ないな。
ストーリーが薄い。

人気俳優を声優に据えるのは良いとしても、その人のファンじゃない人にとっては効果ないから、作品全体をカバーするには至らないと思う。声とキャラクターがマッチしてなかったら、むしろマイナスになるから声優は慎重に選ぶべき。
アリエッティでお馴染みの"元"ジブリの米林監督作
絵は素晴らしいと思うし動きもヌルヌルだしそこは流石のクオリティ
声もほぼほぼ俳優さんだったけど個人的には悪くはなかったかなぁと

とは言え
"元"ジブリなのに何でこんなにジブリなのか…
魔女の宅急便と千と千尋の神隠しを合わせて後はちょこちょこ色んなところから摘んだ様な感じの既視感だらけ
つーかあの『ジブリっ!!』って感じの絵しか描けないん?
ポスターとか原画とかはそんなでもないのに動かそうとするとジブリに寄せないとダメなん?
俳優起用も宮崎駿とか鈴木敏夫なんかはなんだかんだ理由は付けてたけどこっちの俳優起用は何なんでしょうね
集客目的にしてはちょっと個性派演技派な方々が多くないかな?と思うけど個人的には大好きな俳優さんばっかで救いではあったかなと
そして何よりも自分が合わなかったのがストーリー
特に嫌いな感じの主人公の典型
人の話を聞かない・余計な事しかしないとかって言う自己顕示欲とか承認欲求がムダに大きいやつ
原作がどうなのかは知らんけど終始メアリにイライラ
周りから「やるな」って言われてる事をいくつもやりまくって人を巻き込んであれこれ何とか解決出来て成長もクソもあるかい

ピーターといつの間にそんな仲良くなったん?

満島ひかりも起用する必要あったんかな?
大竹しのぶさんに若い声を頑張ってもらえば良かったんじゃね?って感じ
満島ひかりももちろん好きな俳優さんなので起用されてるのは良かったは良かったんだけどもちょっと贅沢しすぎてない?的な


作画とかアニメーションとかはホント素晴らしいんだけど今やそこって劇場版アニメでは当然のクリア基準かなと
公開時でもすでにTVシリーズのアニメでクオリティがヤバいってのもあったし…
panapaaan

panapaaanの感想・評価

3.3
まず絵のクオリティは素晴らしくて、
日本のアニメとしてどうにか残したい。

内容はアリエッティ、魔女宅、ゲド、ハウル、
ラピュタ、ハリーポッターを混ぜた感じ。

箒の番人の掴めない性格と動きが
RPGゲームの案内人にしか見えない。笑 

ポノック頑張ってくれ〜
ちっち

ちっちの感想・評価

2.5
キャラクターがギャグみたい
キキよりはメアリの方がいいかな
>|

あなたにおすすめの記事