メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

上映日:2017年07月08日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    米林宏昌
    脚本
    米林宏昌
    坂口理子
    原作
    メアリー・スチュアート
    キャスト
    杉咲花
    神木隆之介
    天海祐希
    小日向文世
    満島ひかり
    佐藤二朗
    渡辺えり
    大竹しのぶ
    あらすじ
    その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての魔法を終わらせようとする。しかしそのとき、メアリはすべての力を失ってしまう―。

    「メアリと魔女の花」に投稿された感想・評価

    生中継舞台挨拶付き試写会で
    鑑賞しました( ˆoˆ )
    面白かった!
    一足早く試写会にて。
    ジブリ作品の定番 正確にはそうではないが、活発な行動力抜群の女の子が主人公。
    映像もそうだが、言葉の端々に懐かしさを感じる。
    子どもの時の感情ってこうだったな!とか。
    真っ直ぐで向こう見ずで、正直で。
    童心に帰ることができる、のが大人のジブリ人気の秘密だと思った。
    試写会にて鑑賞。
    ラピュタと魔女の宅急便を足したような感じで要素多すぎてちょっとお腹いっぱいって感じ。でもジブリ出身らしく可愛いキャラと映像で癒されましたー。
    飛行石もチラッと写ったりとなかなか楽しかった。いつかまた見たいな。今回見つけられなかった隠れキャラがもしかしたらもっとあるのかも?!
    大好きジブリは試写会で一足早く見て参った!!!
    試写会。

    スタジオジブリオムニバス作品。
    話薄い……。

    このレビューはネタバレを含みます

    どこを切ってもジブリの面影が。この銀河にジブリを全く知らない人はいないのに、これでいいの?というレベル。これまでジブリ作品全く見たことのない方、見てください。
    【公開前なので、見たくない人は注意してください】











    絵はジブリ
    話は最近のドラえもん映画並みの薄さ…

    セカオワが主題歌で全く問題ないくらいのレベルでした。笑

    原作の選択ミスですね。もっと面白いのにすればよかったのに。
    オープニングのワクワク感をもっと持続できればなー。
    ラストもめっちゃあっさりだし盛り上がりに欠ける感じ。

    ただキャストは豪華。
    天海祐希さんはもう頭1つ2つ抜けてうまい。
    花ちゃんも後半だんだんキャラに馴染んでいって、佐藤二朗さんは佐藤二朗さんでした。笑
    ぷっと笑える。
    わかりやすい感じで良かった!
    子供も見やすい映画!

    このレビューはネタバレを含みます


    職場の方のご好意で一緒に試写会
    行かせていただいてきた〜!!
    ありがたい〜!!

    もっと魔法大学の様子をじっくりみたら
    わくわく感も増したかな?
    声優をつとめた俳優陣のインタビュー
    あってからの上映だったから
    声がその人にしか聞こえなかったけど…

    でもジブリとの違和感もなくて
    上映中楽しく見ることができた!
    ラストや盛り上がりも良かった〜!!
    私は好きだった!
    これからのスタジオポノックも楽しみ(^O^)

    06.22 15本目
    今までのジブリ系統の融合って感じ。
    思い出のマーニーとか借りぐらしのアリエッティに比べたら迫力あって、壮大!
    やっぱり世界観がすごいステキ!
    >|