メアリと魔女の花の作品情報・感想・評価

メアリと魔女の花2017年製作の映画)

上映日:2017年07月08日

製作国:

3.2

あらすじ

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての…

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての魔法を終わらせようとする。しかしそのとき、メアリはすべての力を失ってしまう―。

「メアリと魔女の花」に投稿された感想・評価

hitomi

hitomiの感想・評価

3.3
いろんな場面に今までのジブリ作品に似ているところがあり面白かったです(^^)
Burnie074

Burnie074の感想・評価

4.0
はじめの方は、話が難しくてわかりづらかったけど、見ている内にどんどん引き込まれてしまった。

いろいろジブリに似ているとか悪評あるけど、ジブリはジブリ、スタジオポノックにはスタジオポノックなりの個性があるから私は、良かったと思う。

最近のジブリ作品は、テーマが難解すぎて理解不能ぎみだけど、この作品はジブリにはない良さも持っていて、とても面白かった。

あと、佐藤二朗さん、あんた最高だよー。

次回の短編映画の詰め合わせ、つい最近、未来のミライ見た時に、予告見たけど面白そうだった。
絵はとてもきれい。もっと主人公の成長や関係性の発展とか、そういうところを丁寧に描いて欲しかったなーという印象。
matsuko

matsukoの感想・評価

3.0
画風がジ○リと似ているような...
特にハウ○の城とかとか。
協力者の中に知ってる名前があったから当たり前かもしれないけれど。

ストーリーもいまいち感動できなくて残念。唯一良かったのは、おばあちゃんの昔の家のデザインが私の好みだってこと。
R

Rの感想・評価

3.2
アニメ感がすごい!!笑
ジブリじゃないものとして見てしまう!
メアリの声、最初はナウシカの声優さんそっくりの声と思ってたら違った!
物語が進むにつれ強く自信のある声になっていってる気がするのは勘違いなの!?笑
でん

でんの感想・評価

-
神木隆之介大先生はさておき、やはり、やはり杉咲花ちゃんありがとう…泣き
となる
並

並の感想・評価

2.2
最初の3分くらいはラピュタみたい!って感じで面白そうなんだけどいや違うわ微妙。

何がと言うよりかは全てが微妙。キャラクター、ストーリー、セッティング、魔法どれを取ってもなんだかなーって感じ。

去年映画館で観なくてよかった😚
うっすいストーリーに、過去のジブリ要素パクリすぎで見るに耐えない作品でした。
見た後に何も残らん…
とてもつまらなかったデス オーストラリアにいて日本語やら日本を渇望している時に奇跡的に上映され 藁をもすがる思いで見たのであるが、、、24ドルもしたのに何も感じられない映画だった。かなしい。
ぶち

ぶちの感想・評価

2.0
甥っ子と一緒に観てお盆を楽しもうシリーズ②

至る所に物足りない箇所があり、寂しい印象。メアリとピーターの関係性がうっすいまま話が進む為感情移入が全くできなかった。この映画にとって空飛ぶほうきって重要なポジションだと思うが、ほぼ空気である。例えばアラジンの魔法のじゅうたんは何やかんや最後まで行動を共にし、アラジンを助け一つのキャラクターとして成り立っているが、このほうきは途中でフェードアウト。これじゃ空飛ぶほうきがただの移動手段に成り下がり、ほうきが意思を持って動けるというキャラクター設定が台無しである。極め付けとしてメアリが魔法を使える基準がイマイチわからなかったりラスボスとのバトルも一瞬。結果何を見せたくてどこに力を入れたのかよくわからないはっちゃかめっちゃかな作品でした。
>|