メアリと魔女の花の作品情報・感想・評価

メアリと魔女の花2017年製作の映画)

上映日:2017年07月08日

製作国:

3.2

あらすじ

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての…

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花 ≪夜間飛行≫ それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の"魔女の花"だった。 一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学"エンドア"への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。 しだいに明らかになる"魔女の花"の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての魔法を終わらせようとする。しかしそのとき、メアリはすべての力を失ってしまう―。

「メアリと魔女の花」に投稿された感想・評価

ジブリの意思はしっかり引き継げてるのを感じ取れた。ジブリを知らなきゃ心踊る。次回作で真価が問われそう。
【自我中心性社会不安症】


隔世世代間交歓に依り気付く忘失していた自身の素養/出自。血の継承。幾度も登場し 都度意味合いを変える鏡が映し出す 卑下でも虚栄でもなく ありのままの自分を顧見つめる自己対話。魔法の国 - 非現実 - 催眠下無意志的記憶との対峙と 現実への反響-等 、主題系/主張は同監督前作「思い出のマーニー」と“合わせ鏡”の如く酷似している。

ジブリ終焉と伴う独り立ちの襲い来る猛烈な不安の中で、自己完結的な『我こそ継承者』の宣言。それ自体が自己暗示的である。
この作品は、血統でありながら血を継承する事忌避し、重圧から逃げ、責任を放棄しておきながら、然し肩書き/名声は簡便に獲ようとゆう“ミーイズム”に溢れている。


自我中心性がそれでも社会と関わらねばならぬ時に「マーニー」も「メアリー」も 夢や魔法の“非現実”ばかり見る(見せる)。
映画やアニメも同様の“非現実”であり、私も非社会的な“夢や魔法”を見ている。

激中幾度も登場する“鏡像”は、夢の心地良さに耽溺する事も、それを他人事と謗る事も許さない。




《劇場観賞》
想像していたより楽しめて驚いた。今までのジブリ作品からのオマージュシーンも多く、エンドロールは熱くなった。
Sakura

Sakuraの感想・評価

3.5
店舗が良く、飽きることなく観られた。
ただ、「何を伝えたいのか」はあまり分からなかった。
上映始まってすぐ観に行き、、感想色々あって大興奮だった、、ちと忘れてしまっが記憶を手繰り寄せ、、
序盤のおや?魔女宅?というパクリ感は否めないがしかし!ワクワクが詰まってた〜〜花畑とか引きで見るエンドア大学とかの映像美!木琴系?の楽器の音が印象的で音楽も素敵だった〜個人的声優グランプリは満島ひかりだな、あ、でも佐藤二朗もよかった、、若かりし大叔母様シャーロットが一番好きなキャラだな、冒頭の逃げ去る横顔にグッとくる。そしてシャーロットの家が素敵すぎる、特に部屋の壁のハガキフレームが可愛すぎて、、魔法本の中身、味があってよい、例えるならクジラの子らは砂上に歌う、みたいで好き。あとピーターが非常に美しいシーンがあったね、あれも好き。メアリ、主人公にしては魅力に欠ける部分はあるがしかし、最後、私に魔法は必要ないとう結論に至ったのが感動的でした…
もっと時間がかかってもいいから、メアリの住む世界の広がりを見たかった!そんな風に思わせてくれるくらいに、のめり込める余地があると感じた。メアリの言動には終始イライラしがち。
amie

amieの感想・評価

2.6
スタジオポノックの作品は好きだけど、今回は少し何か足りなかった気がします。
個人的にはもう少し盛り上がりが欲しかったかも。
物語的は全然よかったですし、独特の世界観や絵のタッチはやっぱり凄かったです。
Aki

Akiの感想・評価

2.8
他のジブリの作品やストーリー的にハリーポッターなどと比べてしまうと物足りないと感じてしまう映画だった。
最近のアニメ映画は風景描写もすごく緻密でキレイなものが多くて、そういうのに慣れてしまってるのかも。
最初のほうはこの先どうなるんだろう?というワクワク感はあったけど、特にドキドキする展開もなく単調に終わった印象。
メアリや敵キャラにあまり魅力を感じられなかった。
NanaMami

NanaMamiの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

点数高めだが
ギブガエルに0.5
箒に0.5

米林さんに期待しすぎた。。。。



なんやかんや
結局安定の大叔母様(笑)
あみ

あみの感想・評価

3.2
レビューを軽く読んでいて先入観もあったかと思うけど話の内容は濃いというわけではないかなと少し感じてしまった

でも私的にはそんなに満足度低いものではなかった!好きな方くらい!

自分の感覚がへんちくりんなのかもしれないけれど何だか自分に起こっても不思議じゃないんじゃないかと思ってしまうくらいありえそうな話に感じてしまった。
いやもちろんね!ないと分かってるんだけど!

こんな二日間があったらなんでも乗り越えて生きていけるような強い思い出になるだろうなと思った

セカオワの主題歌はやっぱり素敵
予告で鳥肌たった映画は初めてだったから滑り込みで映画館行けてよかったなぁ
>|