はじまりのボーイミーツガールの作品情報・感想・評価

はじまりのボーイミーツガール2016年製作の映画)

Le coeur en braille/Heartstrings

上映日:2017年12月16日

製作国:

上映時間:89分

3.7

あらすじ

ヴィクトールは、母の死から立ち直れない父親に悩む12歳。 クラスの優等生マリーに恋をしているが、秀才のロマンからのアプローチもはねつけるマリーに、落ちこぼれのヴィクトールは遠くから見つめるだけだった。ところが、そんなマリーがヴィクトールに急接近!「勉強を手伝ってあげる」と家に招待してきた! 親友のアイカムから「どん底のお前に最後のチャンスだ」と煽られたヴィクトールは、「女は信用できない」と平…

ヴィクトールは、母の死から立ち直れない父親に悩む12歳。 クラスの優等生マリーに恋をしているが、秀才のロマンからのアプローチもはねつけるマリーに、落ちこぼれのヴィクトールは遠くから見つめるだけだった。ところが、そんなマリーがヴィクトールに急接近!「勉強を手伝ってあげる」と家に招待してきた! 親友のアイカムから「どん底のお前に最後のチャンスだ」と煽られたヴィクトールは、「女は信用できない」と平静を装いつつも、ウキウキと出かけていく。マリーの指導のおかげで徐々に成績があがってきたある日、マリーからプロのチェロ奏者になる夢を打ち明けられる。そして、初めて手を繋いで下校したヴィクトールは、別れ際に頬にキスされ舞い上がるのだった。 だが、マリーには、誰も知らない秘密があった。だんだんと視力が落ちる病気にかかったマリーは、音楽学校に行くためそのことをひた隠しにしていたのだ。秘密を守るため、マリーには“目”が必要だった。それに気づいたヴィクトールは、利用されていたことにショックを受けるが、マリーの情熱に動かされ、彼女の夢を叶えることを決意する。 その日から2人の秘密の作戦が始まった──!

「はじまりのボーイミーツガール」に投稿された感想・評価

HNakagawa

HNakagawaの感想・評価

3.2
男の子が可愛かった。

昔の少年少女の青春ものを感じさせる。
回収していない伏線があるのが…

エンディングは不思議な感覚になる
ほっこり映画。男の子とお父さんの親子愛がとてもよかった。女の子のためにみんなで頑張る姿に勇気をもらえた。
これは、凄くいじらしく切ない心温まる作品である。

フランス人も小学生の頃は奥手だと軽い気持ちで観ていたら、彼女にはとても深刻な秘密があることが判明。

そんな彼女を真剣にかばい守ろうとする少年の姿が微笑ましくもいじらしい。

でもそれはとても残酷な結末かもしれない。

親たちの気持ちも痛いほど伝わりとても考えさせられる作品である。

ラストの演出は、観るものに勇気と希望を与えずっと心に残り直ぐに席を立てないほどの感動に包まれる。
蛇らい

蛇らいの感想・評価

3.8
小学生の頃、大切にしていたはずの思い出や気持ちは大人になったら忘れてしまうかもしれない。
けれどたとえ視力を失っても心の中で決して消えない思い出があることをこの物語は教えてくれる。
INFOBAR

INFOBARの感想・評価

3.7
とても良かった。
 彼女の夢を叶えるのが、僕の夢
 彼女は嘘つきだけど、この恋は本当だからーー
本日上映最終日、狙い通りに≒貸切(もう一人居ました)
ヴィクトールのひねくれ感とウキウキ感が微笑ましい!
そりゃあ舞い上がるでしょ!頭の中が100%彼女状態!
なので凹み具合も半端なくて、それでもそれでも…
子供なんだけど感情はもう大人、でも大人じゃなくて
それでも、マリーの人生はマリーのもので
王道ストーリーだけど、きっちり泣かせてもらいました
最後は、そこまで描かなくても…と思ったけど
それは気分良く終わりたい為の現実逃避的な願いであって
あの景色とあの表情、痛くて強くて深くて、良しかも

🎥40本目/18年 半田コロナ
KaiSaito

KaiSaitoの感想・評価

4.0
誰だ!子供版の500日のサマーとか言ったやつ!笑
シングストリートとちょっと似たものを感じてグッときてしまった😭
明るいだけの映画ではないけれど、恋愛だけじゃなくて、家族愛・友愛も感じられるお話。好きです。
'18 2/17〜3/2単館公開: 福井コロナ
(首都圏等: '17 12/16〜公開)
配給: キノフィルムズ/木下グループ
ワイド(シネスコ)
音声仕様表示無し
2/27 10:00〜 福井コロナ シネマ2にて観賞
DCP上映
ビスタフレーム上下黒味によるシネスコ
LPCM5.0ch
パンフ未購入
感情の行き違いから不可抗力で以てお互いを傷つけ合い、男の子が女の子を遠ざけてしまう、しかしその後に仲直りをするという件がありますけれども、ここがもう非常に微笑ましくってすっかり絆されっちまいましたよね。

なので結末に関しても。

現実味のない奇跡が起きたってこの二人にならそれでいいって、そもが物語なんてそーゆーもんなんだし有り得ない事も起こしちゃっていいってこの二人の為だったら、とも思う一方で。

女の子のあんな、納得づくの表情を見せられちゃうともうなんも言えないすよ、覚悟に満ちた幸福そうな表情を見せられたら言葉なんか出てこないすよ、という気にさせられちゃって。

全体、面白いとかどうとか以前に、絆されっちまいました、という感想が一番にしっくりくるかしらね、と。

このレビューはネタバレを含みます

男の子も女の子も可愛くって良かった。
演奏が恍惚へ向かうのと同時に、病気も悪化していくラストシーンに涙。
lily

lilyの感想・評価

3.9
フランス映画。邦題はイマイチな感じなので、原題そのままが個人的には良かったかな。
でも映画自体は素敵だった。
ありがちな光景かもしれないけれど、だからこその良さが見えた。フランス映画の好きなところはフランス語がとってもきれいに聴こえる魅力。結末まで想像はできたけれど飽きたりはなかった。ほんわかあったかい気持ちになれる。

ヴィクトール役のコすっごくキュート!
将来が楽しみね。
>|