ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうたの作品情報・感想・評価

上映館(6館)

「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」に投稿された感想・評価

Kaz66

Kaz66の感想・評価

4.2
いやー、良かった。映画館で観て正解。
僕の『音楽映画』史上、最高点かもです。
てっきり「ONCE ダブリンの街角で」「はじまりのうた」「シング・ストリート」のJ・カーニー監督の新作だと思ってたら全然違った。
米のヒューマン・ドラマ系の監督:ブラッド・ヘイリーの4作目。他の3作は失礼ながら一つも知りませんでした。でも、ホントいいんですよ。音楽もいいし、(本職?)ドラマもいい。年頃の子を持つ/昔(今も)音楽が好きだった/お父さんには是非観てもらいたいです。
「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」でマクドナルド兄弟の兄を演じてた:ニック・オファーマンが、昔バンドを組んでたが売れずに今はレコード屋を細々と営む父親役フランクに。「さよなら、僕のマンハッタン」で本命じゃないクラスメイトを演じた:カーシー・クレモンズが、この秋から地元を離れLAの医大に通う事となった娘役サムを演じます。
フランクは妻を亡くした喪失感を抱えてて、サムがここを離れるのを機にレコード屋も閉店しようと思ってる。サムは(母の血をひき)アートの才能があるが、普通の生活重要視し医者になろうとしてる。でも、アーティストの彼女(恋人)が居てLAに行くのをためらってる。
そんな中、(昔からこうやってよく遊んでた)親娘で制作した楽曲をspotify にあげたら思わぬ反響があり‥。というお話です。
ホントにドラマ部分がしっかりしていて、社会問題を意識させながらも、(それぞれ)1人の人間/人生の“壁”というか“苦境”というか“岐路”を描き、それを“Good Music”が支える/彩るように差し込まれます。とてもステキな“旅立ちの歌”でした。
是非とも劇場で観ていただきたい作品です!
音楽を題材にした映画はやっぱり好きだな
ターニングポイントに見よう
もりゆ

もりゆの感想・評価

3.5
内容はちょいと既視感があるが、ほっこりと幸せになれる映画。いい音楽と優しい気持ちをもらえました。
パンフレットがレコード型でとても素敵!
感情があんまり伝わってこなかったけど、曲は最高だったからまた見たい
きのこ

きのこの感想・評価

3.8
思ってたより華々しいストーリーではなく、一夏の思い出感が強かった。
泣ける。現実だけどすこし夢みたいな感じが好き。
Samの恋も切ない。
きっこ

きっこの感想・評価

3.3
応援したくなる

何かに区切りをつけることは、新しい話の始まりでもある。
好きな人と別れても、しっかりと地に足をついた生き方をしようとする子に育ったということ。親子のセッションを通して、大切なものが明確になってゆき、次のステージへの後押しとなる。
もう少し何かあったら…という物足りない感はありますが、
描かれた親子とともに応援したくなる映画でした。
サムの歌声がどストライク。

電子音にSpotifyに愛の形に、なんか、最近の作品、という感じ。
TAKA

TAKAの感想・評価

3.8
ニューヨーク、ブルックリンの海辺の小さな街、レッドフック。レコードショップを営む元バンドマンの父と、将来の夢のためにLAの医大を目指す娘。ふたりで作った曲を音楽ストリーミングサービスにアップしたことから、父の夢は膨らむが…やがて二人に訪れる、新たな一歩のための人生の決断。
清々しくなる映画だった

さりげなく現代のテーマや課題なども織り込みつつ、あくまでもポップにドラマしていた。

可能性は信じてなんぼ◎
>|