聖なるものの作品情報・感想・評価

聖なるもの2017年製作の映画)

上映日:2018年04月14日

製作国:

上映時間:90分

3.7

あらすじ

「聖なるもの」に投稿された感想・評価

岩切監督の半端ないセンスに参る。ホラー、オカルト、AV、あと多分エヴァら辺の影響が強くあると感じる。特にホラーに関しては文字のフォントまで揃えている。何とハイセンスか。これが万人受けするように変貌した時が楽しみだ。
一

一の感想・評価

-
随分前に監督のTumblrで写真がひたすら投稿されているのを見ていて、現実か虚構かわからん不思議な世界観だなと思っていたのを映画でやられて最高な気分になった

20代が影響を受けたセカイ系、映像のコラージュやナレーションの入れ方、何かわからないものがありつつ惹かれていく衒学的な雰囲気に圧倒される

吐き→妊娠→映画

映像の視点の多さを人に重ねて考えれば考えるほどわからなくなりそう

小川さんの後ろにウテナのポスターがあったけど、幾原監督からコメント貰えてるの凄い
yuki

yukiの感想・評価

3.6
主演に起用して映画を撮ると必ず傑作が生まれるという「新歓の少女」と出会った岩切の暴走。あるのは「世界の果て」を目指すというテーマだけ(バックにはウテナのポスターが)。自主映画を内側から風刺する、無許可やりたい放題ゲリラ撮影、深いようで浅い抽象表現。好き。
また、ヒロインの一人として小川紗良が出演していて驚いた。『花に嵐』の小池ありさがあまりにもインパクトがあったので比べてしまうとアレだが、実際に映画を撮っている人間だからか自主映画の監督役が良く似合っていてこれまた良い。完成されすぎておらずも整っている、絶妙なバランス感覚。たまにこういう映画を観るとフレッシュな気分になれる。
tmurata

tmurataの感想・評価

-
2017/08/30 K’s cinema Moosic lab 2017プログラムG
2017/09/07 K’s cinema Moosic lab 2017プログラムG
2018/04/14 ポレポレ東中野
好き、好きなんやが、もっと好きになれた可能性を秘めた勿体ない作品

映画を1本も撮ることなく3年生になってしまった映画研究会所属の岩切、彼は妙な噂を耳にする
4年に1度、新歓の時期にだけ現れる謎の黒髪色白の美少女をヒロインに迎えて作品を撮るとその作品は大傑作になる!
新歓合宿で黒髪色白の寡黙な新入生が深夜に全裸で海に入るのを見た岩切は彼女こそ噂の美少女に違いない!と確信、彼女を誘い映画制作にのりだす!
しかし岩切の作る映画はあまりにシュールで、熱意が空回り、周りのスタッフはついていけず妙な違和感を感じ出すが…、ってフェイクドキュメンタリー

ムーラボ2017年の長編グランプリ作品
いやぁ、これ最初は特に期待もせずに、ムーラボのんなら観とこ〜、ってな感じで暇な時間にカフェで見始めたんやが、いきなり巨乳ちゃんの谷間を接写し始めるもんやからな、くぅ…周りの女子の視線が刺さる!何の羞恥ぷれいやねん!なって、一時停止、帰って正座しながら巨乳ちゃんとこからもっかい観た!ぺろぺろ

しかしそんな下世話な作品かよぉ…なんて侮ることなかれ!これは映画制作映画としては、某〇〇〇を止めるな、にも負けない可能性を秘めている作品やったし、怪異を描いたモキュメンタリーとしては「コワすぎ」シリーズや、「呪ギャル」「ほんとに映した!妖怪カメラ」なんかに匹敵出来る作品になれた思う
可能性?なれた?…いやな、所々フェイクドキュメンタリーとしては破綻していたし、イメージ映像で所々はぐらかされたんが残念よなぁ…

要は途中から意味わからんくなってくるんよ…、いやな、脚本がダメとか監督の演出力不足とかではなくて、そこまで併せて作品の持ち味なんやろうが、マシンボーイってば、リンチの映画以外はわかりやすくあれ!派ぁやからな、後半15分くらいのイメージ映像の羅列とかで、それまで完全に掴まれていた心がふわぁ〜って逃げ出した

途中までは青春×怪奇×アホみたいな感じでワクワクしていたんやがね、めちゃ洗練されているんよ
劇中内のキャラと、岩切監督はじめ、キャスト陣の現実でのイメージを混同させることによってドキュメンタリー感増し増しやし!正直どこからどこまでがフィクションなんか謎よなぁ
監督の岩切一空は実際にこんなヤバいヤツなんか?ってゲラゲラなるし
謎の黒髪美少女〝南〟ちゃんの発する奇妙な空気にはゾワゾワすっし
いやいやながら撮影に協力することになる小川さんの可愛らしさ!ぺろぺろ、かわいこちゃんを可愛く、時にエロく!撮れるだけでもう信用出来る監督よなぁ!あ、もちろん巨乳ちゃんもな

劇中劇のカオス感も良くてめちゃ観たいし、あ、あとタイトルバック最高!

でもな終盤な、特撮シーンも楽しかったんやが…、作品的にはマシンボーイは普通に固定の映像だけで良かった、爆発とかいらんかった
あと南ちゃんと小川さんのキャッキャウフフシーンも演出が過ぎた、あのあたりから、よくわからん別の世界?のシーンも増え、興が冷めましたよなぁ…、映画(虚構)と現実の狭間を描きたかったんやろうが、マシンボーイはアタフタした

なんかめちゃイチャモンつけてる?でもマシンボーイもっと好きになりそうな作品やったから、悔しくて…でも岩切監督にはこれから注目していきたいです!
白石晃士亡き今、次のフェイクドキュメンタリーの雄となるか?はたまた全く違ったとんでもない作品を撮ってくれるんか期待したい!
とりあえず、巨乳ちゃんの谷間接写と、かわいこちゃんの滝行、ボテ腹男子を見たければ…ぜひ観れ!

ってかほんとに傑作なったなぁ、新歓の黒髪色白美少女伝説はほんまやった!
し

しの感想・評価

4.5
よく分からないなにかに魅了されてしまう。よく分からないからこそ、映画として成立しそうだし、崩れそうだし、その曖昧な境界線さえも分からないからこそ、映画なのかも分からなかった。でも、なにか刺さるものがあったし、全部全部ずるいなと思う。
りく

りくの感想・評価

4.1
映画の常識を越えさせてくれる。
分からないものが好まれないこの時代に、
分からない物語に没入する時間が溜まらなく居心地がいい。
何が幻想で何が現実なのか、なんて現実も何もない映画にひたすら想いを寄せられる素晴らしい作品。
どうしようもない岩切くんに思いっきり笑わされるし、
まず出てくる女性全てを綺麗に撮ってることに、この監督の底知れない品の良さに好感しか持てない。
日常を撮って自分を知ること、とは、観てる側に訴えかけたいメッセージなのでは、とこのフェイクドキュメンタリーの持つ力に脱帽した。
類い稀ない天才作品。
ninni

ninniの感想・評価

3.9
私はなんのために映画を見て
私はなんのためにここにいて
私はなんのために映画を愛するのか

不思議な感覚、ぽやぽやする

ドキュメンタリー?というか、どこまでが脚本になってる?というくらいに
現実も虚構もないのかもしれない

ゾワゾワする、終わってもなお
天音

天音の感想・評価

4.3
劇場で観て配信で観て、さらにこの作品が好きになった。
出来れば手元にずっと置いておきたい。
え

えの感想・評価

4.0
映画サークルの人たちの禍々しさがフリになって小川さんと南さんが一緒にいるシーンが1億点だった めちゃくちゃスイートすぎて涙 私が行きたい場所だ
>|