過ぎて行け、延滞10代の作品情報・感想・評価

過ぎて行け、延滞10代2017年製作の映画)

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:46分

3.2

「過ぎて行け、延滞10代」に投稿された感想・評価

yucca

yuccaの感想・評価

3.5
あしたのSHOWより
瑞々しさで溢れる映像美
10代に撮られていることの衝撃
演技も鼻につくことなく自然体で
暗いところでもちゃんと綺麗に撮れて
照明が良く機能しているなと思いました
それぞれどのような道を歩んでいくのか
それも、10代ならではの終わり方を感じ
自分も歳をとってしまったなとふと思う
tetsu

tetsuの感想・評価

3.2
イベントにて鑑賞。

ある女子高生が知ってしまった秘密。
それは、同じクラスの男子がネットに歌唱動画をあげていることだった。
彼に興味をもち、仲良くなった彼女は学校を抜け出して、あるバンドのライブに行くのだが...。

正直、同監督の『脱脱脱脱17』よりも、こっちのほうが設定のクセがなく、シンプルな青春映画で好みだった。

独特なセリフが惹き付けるオープニング、動画サイトやカラオケといった、イマドキ高校生の青春描写は同年代の監督だからこそ描けたもののように思う。

一方で、『脱脱脱脱17』との類似点も多く、都市へと飛び出し、切ない現実を知る主人公たちや、ギターを弾く登場人物、うまくいかない家族との関係には繋がるものがあった。

ちなみに、観賞後の監督トークショーによると、本作は監督本人の実体験が大きく反映されているという。
学校の先生が好きだったこと、かつて動画で日記を残していたこと、監督の過去は、まさに本作の登場人物に重なり、それが作家性や独創性として機能していることが分かった。
ささお

ささおの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

夏子ちゃんと将也くんのシーンが最高に青春という感じでドキドキした!特に新宿のシーンが、本当に好きだった。
こんな風に歌を歌うのが好きな男の子をずっと見ていられたら楽しいんだろうな。

夏子ちゃんは新しいお母さんと仲良くなってほしいし、でも前のお母さんにもいつか会えたらいいなと思った。
将也くんが夏子ちゃんの魅力に、気がついてくれる日が来ますように。
sn

snの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

元町映画館で鑑賞。細部までこだわりと思い入れが強く、すごく濃い46分間だった為に欲を言えばもっと観ていたかった!

後半、東京に行こうと意気込む将也が夏子を置いて自転車で爆走するお茶目なシーンや、夏子の長い地毛を本当にカットしてしまう少しヒヤッとするシーン。10代特有の勢いと危うさが詰まっていて、そこを真摯に描こうとする監督の思いが伝わった。舞台挨拶、サイン会でも監督の人の良さが滲み溢れていて一気に大ファンになりました。
若さだけじゃ片付けられない、幼い頃から子役として芸能界に身を置いてきた松本監督ならではぐっちゃぐちゃしたパワーみなぎる作品が見たかった。
脚本が違う人、なるほど。って感じ。
まりん

まりんの感想・評価

3.2
TOKYO月イチ映画祭にて。10代の透き通る衝動。画面がずっと瑞々しい。
横を向いた女子高生のスカートの丈が前後で異なる長さなの、懐かしくってたまらなかった。折って短くしているんだろうなあ。スカートのポケットに物を入れると取り出しにくいんだよね、っていうのも思い出した。
途中のバンドマンのMCが、あるあるすぎて笑っちゃった。いる、いるよね、このMC言うバンドマン。
タイトルロゴとエンドロールがとっても可愛かった。

井之脇海くんを観に行きたい!という母のお供で着いて行った訳ですが、松本花奈監督作品を観てみたかったのと、どこかでこのタイトル聞いたなあと思ってたのでタイミングが良かった。どこで聞いたんだっけ、きっとこの井之脇くんが歌っている歌を作ってるひと達なんだろうけど誰だろう…と思ったらザ・ラヂオカセッツでした。バンドマンのシーン、ラヂカセでも良かったのにな、とちょっと思っちゃった。
瑞々しさがスクリーンから溢れてくる作品。

主演の堀春菜も今までにない表情を見せてくれて新鮮(ミラーの前のシーン)

ちなみに、直前に見た「万引き家族」にも出演していたので、この日は堀春奈デーとなりました。
夜空と交差する森の上映会にて。
野外会場での緑のむっとした匂いが、より中学生の頃のもどかしい感じを強くしてた。
初恋、バンド、別れ、家族、
なかなか上手くいかない、気持ちを整理できないリアルさが、10代の監督が作ったと知って納得。
10代の日常
眩しいほどに輝いているなかで再婚相手との関係や先生への嫉妬などがあり10代ならではの感情の揺れ動きがリアルで苦しい

「好きなものはいつか嫌いになる時が来る」

結局男の子はお兄さんには会えないし先生と結ばれることもない
女の子はお母さんに会えないし男の子とは結ばれない

説明できないことは色々あったで片付ける
y

yの感想・評価

3.0
ちょっとファンタジー強め。
そっか、脚本は松本監督じゃないのか…
なんかいろいろ納得。。
>|