おとぎ話みたいの作品情報・感想・評価

おとぎ話みたい2014年製作の映画)

上映日:2014年12月06日

製作国:

上映時間:55分

3.7

あらすじ

「おとぎ話みたい」に投稿された感想・評価

1无り

1无りの感想・評価

4.3
言葉全部部屋の壁に描きたい、踊りたくなった、おんなのこだから
風間くんチョーかわいい
ebi

ebiの感想・評価

4.5
テレビで久々に趣里さんを見て思い出した映画。音楽と切なさと青春が良い味出してる映画
山戸監督の映画は台詞を読みたくなる。
字面でみたいから字幕があったらよかったなと思ってしまった。
「東京から出戻りしたローカル文化人」って台詞がすごく好きだなって思いました。
くもり

くもりの感想・評価

2.1
おとぎ話が良い、すき❕
忘れちゃったけど花とアリスみたいなのなかった?あれが好きなんだけど違うかな。。
学生時代は良識のある中で真面目に不真面目してたので、アウトロすぎる主人公に全く移入することができませんでした…無念(20代・ローカル文化人)
まるぢ

まるぢの感想・評価

5.0
私たちは一瞬だけ見えている、もはや見えているのかすらわからないものにすがって生き続けるしかないのだよ
良い作品を見た後にはいつも思うのだけど、
豊かな監督の観念や見解や哲学を昇華するために、数ある芸術の中から映画という媒体を選んで利用して、それを私たちが覗かせてもらえる、この奇跡のような状況に感謝したい。
やっぱり山戸さんの「女の子」の見解好きかもしれない…ホットギミック見たときは苦手かもって思ったけど、それは好きの裏返しだったのかもしれないって思った。都合いいかもしれないけど。
バレエって映画的なスポーツだよなー。
「私を忘れることができるの?」
「私を忘れないでね」「そんなことでって思うでしょうか」「ローカル文化人じゃない」言い回しが絶妙に良すぎて心が打ち震えた。
今作の言葉が良すぎてグッサグッサ刺さる。
山戸結希監督の頭の中にはこんなに豊かな言葉が満ちて溢れそうになっているんだなって感動するし、羨ましくもある。
好みでした。
ハル

ハルの感想・評価

4.2
高校2年の冬にTSUTAYAでDVDを借りて観たことをよく覚えている。「あなただけが、私の田舎でした。」に勝るキャッチコピーを知らない。
りす

りすの感想・評価

3.7
2020年70本目、2月22本目の鑑賞
山本結希監督作品
趣里主演


趣里見たさの鑑賞
生きてるだけで愛、の彼女の演技力、表現力に度肝を抜かれ、水谷豊の子供ということにさらなる衝撃を覚え、なるべく早く彼女が主演の他の映画を見たいと思い、鑑賞

上映時間は短いのに鑑賞した者は今作の何シーンかをいつまでも確かに忘れないようなハッキリとした印象を残される

彼女の表現力が圧倒的であるからこそ

芸術家のオーラも纏えていて、それでいてどこにでもいそうな平凡なオーラも放てる、そんなメリハリのある俳優なのだと感じた

今作だけはエンドロールに席を立つのは禁止だし、DVDの停止ボタンを押すことは必ずしないでほしい
エンドロール後に最大の見せ場が訪れる

今や売れっ子になりつつある監督だが、彼女のセンスも計り知れない、これからも注目していこうと思う
わに

わにの感想・評価

4.4
何千番煎じもされてきた生徒と教師の恋愛もの😘
のはずが…「おとぎ話」(バンド)で1時間もたせようとするとイかれた発想が他に誰ができようか。わけわからん。1時間で簡単にイかれたいそこのあなたにオススメ。
>|