いつだってやめられる 10人の怒れる教授たちのネタバレレビュー・内容・結末

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち2017年製作の映画)

Smetto quando voglio - Masterclass

上映日:2018年05月26日

製作国:

上映時間:119分

あらすじ

ピエトロ・ズィンニ(エドアルド・レオ)とその同僚たちは、生き延びるために超絶合法ドラッグの製造に精魂を傾けた結果、犯罪者となった。ところが今度は警察が彼らを必要とする。パオラ・コレッティ警部(グレタ・スカラーノ)は服役中のズィンニに、グループのメンバーをもう一度集めて、スマートドラッグの蔓延を防ぐためのミッションを依頼する。彼らの犯罪歴抹消と引き換えに。 ズィンニの呼びかけで例の7人のドラッグ…

ピエトロ・ズィンニ(エドアルド・レオ)とその同僚たちは、生き延びるために超絶合法ドラッグの製造に精魂を傾けた結果、犯罪者となった。ところが今度は警察が彼らを必要とする。パオラ・コレッティ警部(グレタ・スカラーノ)は服役中のズィンニに、グループのメンバーをもう一度集めて、スマートドラッグの蔓延を防ぐためのミッションを依頼する。彼らの犯罪歴抹消と引き換えに。 ズィンニの呼びかけで例の7人のドラッグ製造連中が再結集。新たなミッションを遂行するには、近年の頭脳流出によって国外へ出ていた研究者の多くを、イタリアへ呼び戻さねばならない。ズィンニはコレッティ警部と共に海外に潜む優秀な研究者たちのリクルートへと向かう。そして10人の新たなチームが結成された。 次々にミッションをこなしていくズィンニたち、しかし大物“ソポックス”にだけはたどり着けなかった。“ソポックス”に必要な成分がピルから抽出できることに気づいたズィンニは、大量のピルが狙われると踏んでピルを追跡する。ピル強奪に新たな敵(ルイジ・ロ・カーショ)が現れた。果たしてズィンニは釈放され、妻(ヴァレリア・ソラリーノ)と生まれたばかりの子どもが待つ病院に駆けつけることができるのか……

「いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ピル映画

1未見の状態でも、ちょっと予習すれば楽しめる

いやー面白かった
ちゃんと笑えるし、教授たちはコント集団にしか見えなかったね
最初は時系列が「?」だったけど、
テンポよしキャラクターよしで、いつまでも観ていられる

貨物車のくだり、よく出来てたなぁ

1は来月公開されるようだが、3はいつでしょうか…
妻と共に鑑賞、イタリア語の口論や、早口のまくしたてるような独特なやりとりが、すんなり入ってくるか心配だったが、訳もシンプルで笑わせてもらった。

個性的なおっさんが集まってドタバタギャングをやるのは、ワクワクさせられた。
笑いもわかりやすく、劇場でも笑い声があった。

3部作ということで、前編続編もすぐに確認するほど、ハマる映画だった。

細かい設定は気にせず、休日に観るコメディとしては、大好きだ。

今後イタリア映画も気になってしまうなと思う。

この出会いを与えてくれた友人に感謝。
イタリア版オーシャンズという謳い文句を見て鑑賞
もちろんコメディ映画なので、ズッコケ感満載。

調べてみても上手いことシリーズ順が載っていないので念のため

7人の危ない教授たち
10人の怒れる教授たち
名誉学位

の順番。
今作は2作目。

1作目は未鑑賞ながら、なんとなく、過去にこういう事があったんだなー程度には触れられるので、問題なく観られます。
2作目、3作目で前後編みたいなので、2作品観るつもりで鑑賞した方が良いかと。

教授たちのイマイチまとまりきらない感じや、ドタバタな掛け合いが面白かった。
作中に10人も主要キャラクターがいたせいで、各業界権威としての個々の特徴が出し切れていないような気がしたのは残念。
クスッとする所は要所にあった。
奥さんはなんであそこまで辛抱強いのか不思議。イタリアでは普通なのかな。

話的に途中なので、後編観たら感想書けるかな。
縁あって試写で観てきました!
1を観てなかったのですが、あらすじを知っていれば2からでも話の流れは追えるという感じ

監督がトークショーで「この映画はアベンジャーズ」と言っていたのにも納得、チームが再結成して謎の武器(?)を持って横一列で歩くシーンは面白いながらもカッコよくて笑ってしまった
ゴーストバスターズが好きというのも頷ける

気になる引きで終わったので3も観たい…
とても面白かった。
1を観ていないので大丈夫か心配だったけど、普通に楽しめた!合法ドラックを取り締まるために警察が化学の知識を持った犯罪者たちを利用するという内容。研究者ギャング団。

最初の方は専門用語ばかりだし、説明が早すぎて字幕は追えないしでなかなか難しく感じたけど、途中から会場中爆笑だった!

特に港のコンテナにGPSを仕掛けに行くところから列車のシーン!マジで面白かった笑

半端に終わるなーと思ったら二部作になってるらしく、次の話も同時進行で撮影してたとか。編集の段階に入っているようなので、来年の映画祭で上映されるのではないかとのこと!楽しみすぎる!
1もこれから観るし楽しみ。

ギャング団のメンバーもそれぞれ個性があって面白かった!けど、顔と特技(専門?)が覚えられなかった笑 1を観たらわかるのかなー。

ローマの風景とかも良かったし、遺跡の中のカーチェイスも最高だった笑 こんなとこ入れるんだ!?と思ったらあのシーンはコンピューターだとか笑 そうだよね、さすがにね笑

でもやっぱり列車のシーン最高!!2週間かけて撮影して、主役のレオさんはずっと列車に縛り付けられてた(安全ベルト)らしい笑
しかもあの線路の両端は普通の道路で、片方を撮影で使って、もう片方は一般人が通行していたとのこと。それで、片側からは線路の反対側の撮影の様子が見れないから、レオさんが列車の上でタバコとか吸ってるの見た一般人が「列車の上に人がいる!」って驚いたらしい笑
そりゃそうだわ笑

主役のレオさんのインタビューを聞けてほんと面白かった!!また観たい作品!