いつだってやめられる 10人の怒れる教授たちのネタバレレビュー・内容・結末

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち2017年製作の映画)

Smetto quando voglio - Masterclass

上映日:2018年05月26日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

ピエトロ・ズィンニ(エドアルド・レオ)とその同僚たちは、生き延びるために超絶合法ドラッグの製造に精魂を傾けた結果、犯罪者となった。ところが今度は警察が彼らを必要とする。パオラ・コレッティ警部(グレタ・スカラーノ)は服役中のズィンニに、グループのメンバーをもう一度集めて、スマートドラッグの蔓延を防ぐためのミッションを依頼する。彼らの犯罪歴抹消と引き換えに。 ズィンニの呼びかけで例の7人のドラッグ…

ピエトロ・ズィンニ(エドアルド・レオ)とその同僚たちは、生き延びるために超絶合法ドラッグの製造に精魂を傾けた結果、犯罪者となった。ところが今度は警察が彼らを必要とする。パオラ・コレッティ警部(グレタ・スカラーノ)は服役中のズィンニに、グループのメンバーをもう一度集めて、スマートドラッグの蔓延を防ぐためのミッションを依頼する。彼らの犯罪歴抹消と引き換えに。 ズィンニの呼びかけで例の7人のドラッグ製造連中が再結集。新たなミッションを遂行するには、近年の頭脳流出によって国外へ出ていた研究者の多くを、イタリアへ呼び戻さねばならない。ズィンニはコレッティ警部と共に海外に潜む優秀な研究者たちのリクルートへと向かう。そして10人の新たなチームが結成された。 次々にミッションをこなしていくズィンニたち、しかし大物“ソポックス”にだけはたどり着けなかった。“ソポックス”に必要な成分がピルから抽出できることに気づいたズィンニは、大量のピルが狙われると踏んでピルを追跡する。ピル強奪に新たな敵(ルイジ・ロ・カーショ)が現れた。果たしてズィンニは釈放され、妻(ヴァレリア・ソラリーノ)と生まれたばかりの子どもが待つ病院に駆けつけることができるのか……

「いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち」に投稿されたネタバレ・内容・結末

1作目未見で鑑賞。3部作の2つ目は人物紹介もまとめも不要なので一番色々自由にやれる、ということを差し引いても面白かったです!


超高度な知性の使い道は映画としては笑えるけど、現実問題どうにかして解決策を見つけないと世界的にも損失になってしまう・・と少し重い気持ちにもなりました。


自分の分野だとガーッと喋り倒すとこどの教授も可愛い!ドラッグの表現でアニメになるのも笑った。あと教授たちが普通の格好しててもちゃんと研究者に見えるので俳優さんってやっぱり凄い。愛すべきキャラクター揃いで列車の場面は場内めっちゃ受けてました。


日本公開が少ないイタリア映画ですが社会背景とか家族観とか日本と近い感じするのでコメディとか(私のおすすめは「これが私の人生設計」)軽いドラマとかもっと公開されても良いのではと思います!
続き早く見たい!
【重要情報】

❶ラストまで来て驚いた。完結せず、続編に続くのである。
➋そこで、海外メディアを調べたら、本作は全3部作中の第2部であることが分かった。
①『Smetto quando voglio (2014) I Can Quit Whenever I Want』IMDb7.0
②『Smetto quando voglio: Masterclass(2017)I Can Quit Whenever I Want: Masterclass』IMDb6.9
③『Smetto quando voglio: Ad honorem(2017)I Can Quit Whenever I Want: Ad Honorem』IMDb7.0
➌次に日本語公式サイトとチラシを調べたら、①第1部があることは記されていたが、③第3部があることは、記されていなかった。
唯一(allcinema)だけには正しい情報が記されていた。
①『いつだってやめられる 7人の危ない教授たち<未>(2014)』:2015年4月~5月に開催の<イタリア映画祭2015>にて本邦初上映。「Vivaイタリア Vol.4」で上映決定。(2018/7/9ヒューマントラストシネマ有楽町他順次)。
②『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち(2017)』:本作。
③『いつだってやめられる-名誉学位<未>(2017)』:2018年4月~5月に開催の<イタリア映画祭2018>にて上映。一般未公開。
❹配給会社の宣伝方法には承服出来ない。「本作は3部作中の第2部」であることを、最初から正直に示すべきである。


【本作のレビュー】

❶マッチング:消化不良。
➋公式サイトとチラシには、「愉快!爽快!痛快!イタリアン・コメディの金字塔」とあって期待が大きかったのだが・・・・・蓋を開ければ、大失望。「笑えない!憂鬱!深刻!イタリアン・コメディの失敗作」。
➌学者10人のギャング団とその家族、2人の警察官、記者、本当のギャング団等が、入り乱れて展開するストーリーはユニークで本来なら共感出来る筈なのだが、コメディタッチの描き方が中途半端で納得出来ない。
❹特に博物館にあったWWⅡ時代のナチスのジープとサイドカーを持ち出して、ナチスの小旗をひらめかせて街中を突っ走るジョークは悪ふざけとしか思えない。
❺準主役のパオラ警部(グレタ・スカラーノ)が、罠にはまり、主人公のピエトロ(ピエトロ・ズィンニ)を裏切る設定は、多分未公開の第3部完結編に向けての山作りと推定するが、同意出来ない。
❻とは言いながら、第1部も第3部も観たいとは思う(笑)。
清々しくバカバカしいアクションコメディ。けど教授とか研究者ってあんなに立て板に水でしゃべったりしない気がする(個人の感想です)。完結してないのは正直先に言ってほしかったなあ…。
めっちゃ面白かった。
特にバルトロメオがあっさり飛ばされるシーン...笑
他にも笑いどころがたくさん!
あと画面の色彩がオシャレだった。演出で登場人物のおじさんたちもかっこよく見えた笑
面白いし、オシャレだし、アクションシーンはハラハラだし、見どころたくさんだった。
次回作も楽しみ!!
ピエトロがジュリアと息子と暮らせるようになったらいいな...
一人だけ罪を被って刑務所入って、警察に協力したのに裏切られて...そこが悲しかった...
最後は幸せになってほしい。
とても面白かった。そして、まさかの続編告知! 日本で上映されるのか⁉︎ 上映して欲しい‼︎

観てから知ったのだが、本作も続編なんだってね。道理で冒頭、収監されるまでの経緯が簡潔だと思った。

言葉がまるで分からないから、字幕に頼るしかないんだけど、頑張って、役者の演技を観るようにした。皆さんとても表情豊かで、面白い。新喜劇みたいな、お約束感のある笑いは、大好きだ。
前作見てなかったけど楽しめた!

イタリアのコメディって時点でどう考えても面白いのに、見てみたらやっぱり面白くってお腹抱えて笑いっぱなしだった。
思わず手を打って笑っちゃうぐらい面白い!

ネタバレになるけれど、やっぱり古代遺跡の中を行くシーンは最高。
スキピオ邸が...などと言い出すから笑いが止まらなかった。すぐに古代ローマの話をしてると分かったので私も連れも爆笑したけど、周りは笑ってなかったりして、多分ヨーロッパに理解がないと笑いにくいと思う。ナチのオリジナルキャスケットも涙出るほど笑っちゃったけど、笑えない人は笑えないかもとは思った。
いやめっちゃ面白かったけど。

何よりあの身振り手振り!よく当たらないね!ってくらいに手が動く。ぴーぴー叫ぶ主人公をはじめとした教授たちも面白い。
もう面白いとしか言えない!

続編に向けて警察とのゴタゴタが示唆されたので自作が待ちきれない。
欲を言えば前作も見たいが(関東では有楽町のみ)見に行けそうにないのでどうにか頑張りたい。

あー!いい日曜日になった!
三部作の二作めということに見終わってから気づいた笑

イタリアのcomedy
列車にとびのってそのまま向こうに落ちるのおかしかった
お、イタリアンな単館系作品

『おとなの事情』以来観てなかったなぁ

ポスターから見るに
教授が大学の待遇に不満を持って
面白おかしくストライキするようなコメディ作品なんだろうかねぇ

(*´꒳`*)観よう.....


〜〜〜青年鑑賞中〜〜〜



(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎アガる!コメディだけどクライムなコメディ!イタリアンな早口と笑いのスピード速さ具合がちょうどいい!

(*´꒳`*)しかも、3部作の真ん中から上映という面倒なやり方をしてるにもかかわらず、話とキャラクター性が頭に入りやすい
(名前がイタリアンで覚えにくいのがたまにキズ)

(*´∀`*)イタリア版『ブレイキング・バッド』という説明の仕方が素晴らしく、知ってればまずまず話についていけます
むしろ、シリアス路線のそちらより、今作の方が見やすいです

( ´∀`)一番続編が気になる作品かもしれません、個人的には!

まだかなぁー
ちょくちょく笑わせてくるのもまた楽しく、内容も充実しており面白かった。続編ありきで終わるのがまたまた斬新。早く続編をみてスッキリしたい。
少し話を深掘りすると、弁護士が少し無能な面を出すのは、作者のアイロニーか。実務家を少し小馬鹿な設定にし、研究者を讃える構図にしたのかなとも思ったりした。
全体的にとても面白かったので、かなりおススメです。
見終わった後で、2作目だと気付いた。
それぐらい単体で見ても十分楽しめる作品だったが、登場人物の個性でもある研究分野に合わせたギミックの効いた展開が少ないのが残念だった。かと言って小難しい話を増やせば見る側も付いてこられなくなるので、実はバランスが良かったのかもしれない。

展開ではないが、知識がある者同士だからこそできる、言葉の掛け合いはとても面白く、バンで逃亡中の焦ったセリフの掛け合いは声を出して笑ってしまった。

今作のオチに当たる次作へ繋がる気付きが、「わざわざバレるような真似しないだろう」って思ってしまうところなど、いささか強引に思われる展開もあったが、コメディだと思えば腑に落とすこともできる。
なんだかんだ言っても楽しい作品で、次作も見たいので、暗号を分かりやすく残した点が回収されたら嬉しい。

不満があるとするなら、全体的にずっと駆け足で盛り上がり続けたところ。絵作りも演技も緩急がなく、本来なら盛り上がるような展開もゲージの高いところでずっと平坦に続いているようだった。

あと、続きものだと知らずに見ていたので、警部の女性の態度など後味の悪い終わり方をしそうだった時に、コメディーなんだから楽しく振り切ればいいのにと思ってしまった。そこは次作もあるので、楽しみにとっておく。

とりあえず1作目見てこいって感じですよね。
1作目…見られるのかな…
>|