いつだってやめられる 10人の怒れる教授たちの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち2017年製作の映画)

Smetto quando voglio - Masterclass

上映日:2018年05月26日

製作国:

上映時間:119分

あらすじ

ピエトロ・ズィンニ(エドアルド・レオ)とその同僚たちは、生き延びるために超絶合法ドラッグの製造に精魂を傾けた結果、犯罪者となった。ところが今度は警察が彼らを必要とする。パオラ・コレッティ警部(グレタ・スカラーノ)は服役中のズィンニに、グループのメンバーをもう一度集めて、スマートドラッグの蔓延を防ぐためのミッションを依頼する。彼らの犯罪歴抹消と引き換えに。 ズィンニの呼びかけで例の7人のドラッグ…

ピエトロ・ズィンニ(エドアルド・レオ)とその同僚たちは、生き延びるために超絶合法ドラッグの製造に精魂を傾けた結果、犯罪者となった。ところが今度は警察が彼らを必要とする。パオラ・コレッティ警部(グレタ・スカラーノ)は服役中のズィンニに、グループのメンバーをもう一度集めて、スマートドラッグの蔓延を防ぐためのミッションを依頼する。彼らの犯罪歴抹消と引き換えに。 ズィンニの呼びかけで例の7人のドラッグ製造連中が再結集。新たなミッションを遂行するには、近年の頭脳流出によって国外へ出ていた研究者の多くを、イタリアへ呼び戻さねばならない。ズィンニはコレッティ警部と共に海外に潜む優秀な研究者たちのリクルートへと向かう。そして10人の新たなチームが結成された。 次々にミッションをこなしていくズィンニたち、しかし大物“ソポックス”にだけはたどり着けなかった。“ソポックス”に必要な成分がピルから抽出できることに気づいたズィンニは、大量のピルが狙われると踏んでピルを追跡する。ピル強奪に新たな敵(ルイジ・ロ・カーショ)が現れた。果たしてズィンニは釈放され、妻(ヴァレリア・ソラリーノ)と生まれたばかりの子どもが待つ病院に駆けつけることができるのか……

「いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち」に投稿された感想・評価

nait

naitの感想・評価

4.0
2018年通算100本目。
イタリア発アクションコメディ。

完全なる社会的負け犬の大学教授たち10人が合法ドラックの成分を突き止め、取り締まりに協力する事で自由を得ようと奮闘する。

実は本作、3部作の真ん中。
言うなれば「バック・トゥ・ザフューチャーpart2」みたいな感じで3と一緒に撮影、イタリア公開済なんだそうです。

1から続投キャストと1の話を下敷きにしているそうですが、ギリ本作からでも概要は掴めた。とはいえ、前半は把握すんのに大変でしたが。

雰囲気はイタリア風味オーシャンズ11にマーベル映画の構成を当てはめて、頭の悪い感じに仕上げてきたというどう考えてもオレ好みの味付け。
お陰様で後半は爆笑しまくり。
キャラクターの立て方見事だし、
ギャグの間の取り方とかオチが読めながらもチョイとヒネってくるあたり、イタリア風味というより、監督のセンスなんでしょうね。

最近だと鋼鉄ジーグなんかが秀作でしたが、イタリア来てるわ!

惜しむらくはちゃんと前作から観てないからもっと楽しめてないこと。来月上映の前作および続編も正しい順番で観たかったなぁ。
ごま

ごまの感想・評価

4.1
愛すべき教授達のおしゃれおバカ映画!!
ずっと笑いながら観ながらも、展開の持っていきかたもハラハラw
イタリアンコメディの金字塔。
あの連中が帰って来た!
ということで公開初日に行って来た。

ちょっと違うけど雰囲気はオーシャンズのイタリアコメディバージョンみたいな感じ笑
各分野の天才たちが頭脳を結集して、スマートドラッグを撲滅するよう警察と協力する。

テンポ良し、音楽良し、ブラックコメディ良しって感じで上手く話がまとまっている。
主人公らは割と悲惨な状況だけど悲壮感があまり漂わないように軽快に観れて良かった。


イタリアの社会問題である麻薬についても切り込んでもいた。
麻薬禁止だけど基本緩いし買えるからね〜イタリアは。
脱法だからいいのではなく麻薬そのものに蝕まれていく若者の未来を変えたい。

そんな気持ちにさせられないでもない映画でした。

続編が楽しみ。
comasako

comasakoの感想・評価

3.7
思わず映画館で爆笑してしまった!
うまくいかないこともあるけど、まあ、なんとかなるか!って気持ちになる映画。
インスタ映え〜って言いたくなる映像カラーはもっと普通でも良かったんじゃないかと思いました。
3部作の2作目らしいので続きも気になる!
ヅルオ

ヅルオの感想・評価

4.1
なんで上映館すくないの??と思うくらい面白い。終始笑いが収まらなかった
事前情報、全く無しで鑑賞。

序盤の段階で
「あれ?もしかして・・・」と思い
鑑賞後に調べたら続編作品でした。

個人的には主人公達メンバーの台詞のやり取りや
会話の脱線(ズレ)ぶりが一番面白かったです。

ただ、物語展開の構成をもう少し考えて作ってくれたら良かったかなぁと。
一つ一つの展開の波の構成が
悪い意味で安定していなく。
観ていて、なんか疲れたかなと。

あと、ラストに流れたダイジェスト展開のアレって
やっぱ次回作のフリなのかな?

2018年5月に映画館で鑑賞
Hiroe

Hiroeの感想・評価

3.5
前作「いつだってやめられる 7人の危ない教授たち」の続編ですが、まあ見てなくても大丈夫。劇場のロビーに登場人物の説明があるので、読んでおくとよいかも。底抜けに馬鹿馬鹿しい、笑える映画でした。ところがこれ、終わりが終わりじゃないんです。BTTF2型の終わり方、しかも続編の予告まで付いてました。ところが、この続編にあたる「名誉学位」は既にGWのイタリア映画祭で上映済みという間の悪さ。そして前編の「7人の危ない教授たち」は来月のVivaイタリアで上映と、観る人のことを考えてないスケジュールになってます。「名誉学位」は責任持って一般上映にかけて欲しいなあ…
笑える。程よいB級感。
イタリアではそんなにポリコレにうるさくないのかな?というのも感じながら観てました。
【イタリアで大ヒットしたコメディの第二作目】

食えないポスドク達が、良すぎる頭を使って、専門バカを超えたミラクルパワーを発揮し、笑わせてくれます。

どこか胡散臭くて、愛すべきチャーミングなイタリア人が沢山出てきます。(^o^;)

第一作目はViva! イタリア Vol.4で6月下旬から公開予定。(二作目から先に見ないと公開終わってしまっているかも。。)
貨物列車のシーン笑った!
面白かったなあ。
教授たち頭いいはずなのに、チームプレーが下手すぎて間抜けで愛おしい。笑
2→1→3っていう公開順は謎だけど来月も楽しみ。
>|