いつだってやめられる 7人の危ない教授たちの作品情報・感想・評価

「いつだってやめられる 7人の危ない教授たち」に投稿された感想・評価

日本には無い、というか作れないだろう内容。
けっこう危ない(笑)
けど案外根っからの極悪非道な人はいなかった。
2作目を先に観ることになってしまったこのシリーズ。
念願叶ってやっと観られた1作目。うん、やっぱ初めから観たいよね。2作目を観てしまっているから感想は何とも言い表せないな…
期待しすぎちゃったので少し自分が思っていた内容とは違いましたが、ブラックジョークや風刺系かなと思います。1でも十分だけど2の評価もよさそうなので見に行ってみようと思います
4343

4343の感想・評価

-
ヒュ~!イカす~!
みたいな映画はたまに見たくなる。
終わり方が好き。皮肉っぽい。
色彩がよかったな~。憧れる使い方。
大学の経費削減で職を追われた理系学者が、新しいドラッグを開発して富を得るという風刺コメディの1作目。
神経生物学、化学、数理学、その持てる知識をフル稼働し新ドラッグを開発・販売、あっという間にゴージャスな生活を手にしてしまう。
それまでは中華料理店や夜のガソリンスタンドや工事現場で働いていた冴えない中年たちが、革のジャケットを着てサングラスをかけ、スローモーションで歩くとマジでかっこいいので笑ってしまう。
しかしそのかっこよさは裏を返せば、知識人たる学者たちがどんどん道を踏み外していった結果なわけだから面白い。
7人それぞれ個性的でキャラが立ってるのもよかった。何を言ってるのかは専門的すぎてわからないがそういう映画である。なにやらケンカばかりしてるがなんか楽しそうである。

主人公ズィンニの奥さんとの関係も秀逸すぎたな。
あくまで生計を立てるために「今のところは合法な薬物」を売ってる主人公と、対照的なことを仕事になさってる奥さん。
奥さんの仕事がわかった瞬間ヘンな声出そうになった。「おまえズィンニなに考えてんだ」と(笑)
もうとにかく「生計を立てる」が優先されるズィンニのサイコな思考も面白いな。ラストシーンも皮肉でしかない。



7/11 いつだってやめられる 7人の危ない教授たち 字幕 @チネ・ラヴィータ
オープニングからオフスプ流れてとっても上がりました、ずるい。
国から研究費の支給を打ち切られた学者たちが集まって合法麻薬作って金儲けする話。
せめて儲けた金でお前ら研究せぇよ…と思うけど………

イタリア男でその上学者ってことで喋り出したら早口だし大人数で口論するしうるさいのなんの… まくし立てるような演技と演出があっぱれでした。
人物は多いけどキャラが立ってるので面白かった、オチも秀逸。
じょり

じょりの感想・評価

3.5
①専門用語頻出時の字幕を消化できる確率 20%
②西村晃似のムカつく上役教授が我が国にも大勢いて幅を利かせていそう度 95%
③彼女や嫁にはウソついたらアカン度 99%

イタリア映画の俳優さんって顔面力ある方が多く、外国に来た感じにさせてくれるのはうれしいです。
ラストのvsワルい奴に対するトリック良い!結婚式の裏でデカい取引となると、短いクロスカッティングで緊張を高めてくるのかとは思ってましたが^^;
仲間の個性を際立たせるほどリーダーの存在が単純なものになっていく、、、キャラが多数いるとバランスが難しいと認識した本作、オチの弱さ等もう少し突き抜けた雰囲気がほしかった!邦画寄りの雰囲気かも。ただし社会問題をザクッと組み込んでくるのはさすがイタリア◎
教授たちが合法薬物を作ってさばいて稼ぐ。
教授たち賢すぎて何言ってるか所々理解できないけど、言い訳とか話し方とかその分野の個性で面白い。
バルトロメオ好き♡

最初の方はだらけるかなぁ?

音楽も良い!
ariri

aririの感想・評価

3.9
「いつだって…」シリーズの第1弾。公開が何故か2が先だった為、オチは分かってるし、今回はちょっとおさらい気分…w

とはいえやはり始まりの物語らしく、教授達の説明がしっかりあって、2でボンヤリと掴んでいた各々のキャラがよりハッキリ際立ったし、ギャング団らしさがあって、ワクワク感満載で楽しかった。相変わらず教授達の喧嘩はやたら早口で高レベルっぽいんだけど意味不明単語だらけの会話なのがおかしいw個人的には巻き込まれ型な数学の天才バルトロメオや、ラテン語コンビが面白可愛いくて好きw

最終章の公開が楽しみ!
alec

alecの感想・評価

4.0
11人の後日談かと思ったら、前日譚だった。これってエピソード 2 → エピソード 1 → エピソード 3 という流れで公開されるのか、1 を見る事でより 2 の内容が補足されてシリーズとしての面白さ、登場人物のキャラがより強くなったので、早く 3 を見たい。
>|