いつだってやめられる 7人の危ない教授たちの作品情報・感想・評価

「いつだってやめられる 7人の危ない教授たち」に投稿された感想・評価

あべべ

あべべの感想・評価

4.0
クライムコメディ、の一言ては片付けられない場面もチラホラ。

世の中を変えられる知識・技術を持った教授たちが中華料理のレストランや夜勤のガソリンスタンドて働いている。

第三弾まであるので続きも楽しみ。
FRAN

FRANの感想・評価

4.4
有楽町HTCにてまさかの満席御礼に押し出され、名古屋まで追っかけての一作目。比較すればやや社会派のカラー強めなれど、しっかり期待を裏切らない鑑賞後感です。さらにミリオン座で2作目を復習しストーリーを繋げ、個人的に3作目に向けて万全の体制が整った感あり。もう一度観たい映画に会える幸せを感じたい、コメディ&イタリア好きにおススメ。
頭よすぎるのも大変だなあって
おそらく女性との付き合い方も大金の遣い方もよくわからない教授たちが哀しい
観ている分にはおもしろかったけど笑

10人〜を先に観ちゃっていたので、ラストはネタバレを観てしまった感じ
kawaccio

kawaccioの感想・評価

3.0
最後に伏線を回収していくサマはなかなか爽快。
優秀だけど研究費が降りなくて貧しい暮らしをしてる癖のある教授たちの、それぞれのパーソナリティーが小気味よく、演技も良い。
暇つぶしには良い映画。
たいき

たいきの感想・評価

3.9
ちょー良い!ウケる
音楽も出だしからさいこー

せっかく理系だったんだし、ちゃんと勉強しとけばよかったと反省。笑
もっと言えば生物系じゃなくて化学系に進めばよかったなー

続編も楽しみですね
ym

ymの感想・評価

4.4
こういうのが観たかった!という感じのクライムコメディで満足
クライマックスが弱かったのが少し残念
続編も出たら絶対観ます
うめ

うめの感想・評価

4.5
2作目を先に観たので、その時わからなかった色々がわかって楽しかった。
さすがのイタリア、あれだけ男たちの口が上手いのに、それに流されない女性陣の強さよ……それでも見捨てない懐の深さにちょっと感動。
とにかくイタリアの街並みが観られるのも楽しい。楽しんでばかりいられないイタリアの現状を学びつつも、やはり映画は楽しんでなんぼなので、おおいに笑わせてもらいました。
研究職の現状はイタリアだけではなく世界的な問題で、どこも予算削減で大変らしい。彼らの能力を遺憾なく発揮する場所を取り上げないでほしいと思わせてくれたこの映画がヒットしたのは嬉しい。3作目も楽しみです!
watsipec

watsipecの感想・評価

4.0
Divertida... y la vida de un investigador no numerario es algo parecido en todo el mundo, me parece
yellowbird

yellowbirdの感想・評価

3.9
社会から弾き出された学者たちが、合法ドラッグでひと儲けしようとする姿を描いたイタリア製クライムコメディシリーズ・3部作の第1作。シドニー・シビリア監督。
神経生物学者のピエトロは研究に人生を捧げてきたが、大学から研究費を削減され職を失ってしまう。新しい職も見つからず路頭に迷った彼は、自分の知識を生かして合法ドラッグを製造しようと思いつき、自分と同じく社会から不遇な扱いを受けている経済学、化学、人類学、ラテン語の専門家たちを集めて犯罪集団を結成する…。
すでに第2作、第3作を鑑賞済で、ようやく第1作を鑑賞!
ピエトロたちが、どのようにギャング団を結成し、一儲けし、そして収監されることになったのかという経緯がよく分かる。
本作の大ヒットを受けて、第2作、第3作が作られることになったのだが、その原点たる本作では、大学を追われた教授たちの悲哀が色濃く描かれている。
どんなに勉強し優れた研究をしても、人から認められなければ、大学に残れず、生活費を稼げない。結局、先立つものはおカネ。
そんなシニカルな笑いが本作の魅力なのだと思う。
おいも

おいもの感想・評価

4.2
順番通り観たくて機会を待ってました。期待を裏切らない面白さ。冒頭の携帯の着信音でまずやられた。
販売システムの可笑しさとサクセスしてく展開にクラブミュージックが乗っかって、踊り出したくなるほど軽快。

イタリア語の畳み掛けがいいんだけど、字幕で拾えないセリフがたくさんあると思うから吹替も後々どこかで観られませんか。
続編も観る。

彼女のビンタが切れ味良くてめちゃくちゃ気持ちよかった。
>|