いつだってやめられる 7人の危ない教授たちの作品情報・感想・評価・動画配信

「いつだってやめられる 7人の危ない教授たち」に投稿された感想・評価

ucandoit

ucandoitの感想・評価

3.8
イタリアらしい楽しいコメディ。

高失業率のイタリア。学位があっても博士でも就職できない7人の男達。
違法ドラッグに指定前の新種合成麻薬の製造・販売で大成功。それぞれの専門知識を活かしたと言う設定です。
しかし皆さん脇が甘く警察とマフィアに目をつけられます。マフィアの親分も元食えないインテリでした。
主人公以外無罪放免されて低空飛行の生活に逆戻り。
主人公は刑務所で教鞭を振るい妻子の生活を支えます。貴方、釈放されないでw。

「自転車泥棒」のようなツラいネオリアリズムと違いどこまでも陽気な貧乏話でした。シナリオの練り込みはイマイチですが発想が好き。多分続編は話がもっとしっかりしているのでしょうが、1本でいいかな。

平気で麻薬を売ったり、ラマに対する差別発言したりと、大丈夫?と思ってしまう。イタリア的おおらかさなのでしょうかね。
seiji

seijiの感想・評価

3.5
職を追われた教授達が薬物の密造密売に手を染めるドタバタ痛快コメディ。
テンポがいい。
大学教授への道は茨の道なんだなぁ・・

本作は、色々あって教授への道を諦めた、様々な学問のプロフェッショナル達が、落ちぶれた日々から脱すべく、その優れた頭を使ってギリ合法麻薬の製造・販売に手を染めるというもの。

平たく言えば、ブレイキングバッドとハングオーバーを足して2で割った感じでしょうか(適当)ww

ハラハラドキドキという目線ではブレイキングバッドの方が上だし、コメディとしてはハングオーバーの方が優秀だし、正直どっちつかずとも言える感じではありましたが、ラストの絶望状態からの切り抜けっぷりはなかなかスマートでありました。

続編の方が評価高いみたいなので、次も観ます。

たかだか修士卒なので偉そうなことは言えませんが、どの先生の下に着くかで人生変わりますよね!
eno

enoの感想・評価

-
冒頭のとうとうと説明するところがmedianerasの冒頭みたいだった、語感がいい
ぴーと

ぴーとの感想・評価

3.5
合法の範囲内だから大丈夫とかそういうことじゃないのよ、クスリ、ダメ、ぜったい。

当然だけどあまりにも犯罪に関して素人丸出しすぎてこんなのうまくいくわけないじゃんと思いながらも社会の歯車にうまく噛み合えないまま追い詰められてしまった彼らに不思議な同情を覚えてしまう。

科学者や研究者や数学者として高い能力を持ちながらうまく生きていけない彼らを見て、学生からそのまま教員だったり研究員という職種になると(学校での経験しかない為)一般社会の常識がない人になるという話を思い出した。

ただただ転落していく彼らを嘲笑いながらもどこかで憎めない不思議なコメディの余韻…アルベルトのだめだめっぷりにちょっとイラつきながらも共感できてしまうところもあるんだよね~。

大学を追い出されたら犯罪に走るもんなの?
Chie

Chieの感想・評価

3.0
刺さる言葉とか大逆転みたいなのは特にないし、想像通りの感じだったけど、肩の力抜いて気楽に見られるのは良かった。

素人の部分とプロの部分の描き方のバランスに、妙な説得力があった。

結局、悪者になってみても理屈っぽいやつなのは変わらなかったり。

3まであるらしいが、見ないかも…
見る順番を間違えた
それでもホントに面白い!
イタリア映画のコメディの傑作です。

 大学の非常勤教授の給料ってこんなに低いのか〜。
 突然、大金を手にすると、本当の幸せが何かわからなくなってしまうのかもね。
910

910の感想・評価

3.6
ソウスリャナンデモは結局なんだったの?!
大事なところサラッと回想で終わっちゃうな
2も見たい!
ンまる

ンまるの感想・評価

3.0
2をすでに見ちゃったからフンフンて見た
3を見なきゃあかんねんけどまた今度にしよ
>|