ワイルド・スピード EURO MISSIONの作品情報・感想・評価・動画配信

ワイルド・スピード EURO MISSION2013年製作の映画)

Furious 6

上映日:2013年07月06日

製作国:

上映時間:130分

ジャンル:

4.0

「ワイルド・スピード EURO MISSION」に投稿された感想・評価

か

かの感想・評価

3.8
見捨てられない 撃たれても

命を懸けてレースをしたい

ドミニクはエレナと生活を共にし、ブライアンとミアの間には男の子が産まれ平穏な日々を過ごしていた。
そんな中、モスクワで英国特殊部隊の元軍人ショウによる軍隊襲撃事件が発生。
ドミニクの元に捜査の協力要請に訪れたFBIのホブスは、事件に関係するある人物の写真を手渡した。


まさかこんなに面白いアクション映画に大成するとは思ってなかったです。回を増すごとにクレイジーさも増し、ドミニクが超人化していってますね。すっかりワイスピファンになってます。
今回も終わり方が素晴らしい。


名シーン
スキンヘッドvsスキンヘッドの非合法尋問
スタジアックまた鼻を折られる
レディvsドミニク レース
ショウvsドミニクのトーク
高速ぶっこわし逆走戦車
飛行機爆発クレイジーすぎる
エレナの去り方最高
ドミニク、レティ記憶を越えた愛に感動
EDで東京カーレース
最強カーアクション映画。
ワイルド・スピードシリーズ第六弾。

FBIのホブスとファミリーの共闘!!
ラストの山場は嬉し涙と悲し涙で訳分からんくなりました!!

最後のローマンの祈り大好き。
ローマン大好き。
ひぃ子

ひぃ子の感想・評価

4.2
レティが帰ってきた!!
ジゼルかっこよすぎた切ないけど
2020年168本目
Shiho

Shihoの感想・評価

3.8
ワイスピ史上一番泣いたよ。泣泣
嬉し涙と悲し涙とMIX!!!
レティ帰ってきたのもうめちゃくちゃ嬉しい!!!
エレナ切ないけど…めちゃくちゃ切ないけど器デカすぎてびびる笑
カッコいいわ!
私やったらあんなカッコよく去れないわ。
ほんでレティ可愛い。
あーよかったわ。
Misaki

Misakiの感想・評価

2.3
5の盛り上がりがすごかったので、それと比較すると面白みに欠けた。
あと、わたしにはドムかブライアンかどっちが主役かわからなくなってきた...
20201123

お金かけてるなーって感じ。
中盤でストリートレースが始まった時はワイスピみたいだな、って思った。
シリーズ6作目。
MAX→MEGA MAX→EURO MISSION。

このMAX辺りからこのシリーズが一皮も二皮も剥けに剥けてくるわけで。

この後のSky MISSIONの途中でポールウォーカーが最後になっちゃうから、全編という意味ではこれが最後にはなる。

で、この作品。感慨深い。
この作品は、この“ドム”ファミリーにホブスが捜査の助けを求めるところから始まり、潜入捜査で行方不明になったドムの恋人レティを探し当て救い出そうとする。

つまり大悪党を捕まえるために悪党が出張る。
毒をもって毒を制す。

ブライアンとミアとの間に生まれた命。
ついに見つけたレティ。
新たにファミリーと手を組むホブス。
その中でいつでもどんな時でも手を差し伸べる仲間たち。

みんなで、大切なものを守る。
この“ファミリー”が、本当の家族のように手を取り、目的1つに、命懸けで戦う、、、それぞれ車1つで。

相手が戦車だろうと飛行機だろうと、やるべき時、やるべきことを、できうる手段で必ず実行し、やり遂げる。

というか、戦車って、、、。
というか、飛行機って、、、。

すげーな。もう。
よく思いついてそれを持ってきて存分にアクションさせて、爆発させて、めちゃくちゃにして、違和感なく成り立たせたな。

もうこんな破茶滅茶スケールのカーアクションはこのシリーズしかない。

そこに、ゴロツキどもが集結し、窮地を乗り切る絶妙な連携プレイ。まさに“正義の犯罪者”ファミリー。

そのファミリーの絆が最高に試されて、最高に強固だと言うことを証明する熱くて優しいシリーズ6作品目。

そして、ハン、、、。
このシリーズで、彼が1番好きかも知れない。
飄々として、スマートに、したたかに、生きながら、ファミリーのためには少し熱くなるハン。

彼のある意味分岐点、TokyoDRIFTに通ずる布石がここに描かれている。
その点においては何かスゴく悔しい物語。
masa

masaの感想・評価

3.4
シリーズ6作目のカーアクションもの
5作目の後で3作目の前の話
死んだはずの元恋人の写真
ヨーロッパを拠点にした国際的犯罪組織が相手
hiro

hiroの感想・評価

3.8
何も考えずに観れるアクション映画。
トレットが段々ターミネーターに見えてきた。
KOKI

KOKIの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

MEGA MAXでドミニクたちがファミリーになってからが最高にいい。カーアクションもチームでのカーアクションになって迫力も増し、ファミリーの絆も素晴らしく熱い作品になっている。戦車が加わり、ラストでは飛行機を離陸させないといった迫力がありすぎる素晴らしいアクションだった。
死んだはずのレティが記憶を失ってショウに利用されている中、負い目を感じるブライアン、必死に助けたいと思うドミニクの決死の行動に心動かされる。
ドミニクとホブスの共闘はめちゃくちゃかっこよかったし、ライリーとレティのタイマンも迫力があった。
ライリーが裏切り者だったことは最後までまったくわからなかったし、ジゼルの死には涙した。最後までハラハラドキドキ楽しめる作品。
レティおかえり。ジゼルの死は決して忘れない。

「I may not remember anything, but I know one thing about myself. Nobody makes me do anything I don’t want to.」(レティ)
>|